ビステオン・ジャパンの中途採用事情~年収、就労環境について~

アメリカの自動車部品メーカー、ビステオン。デンソー、コンチネンタルと並ぶ、コックピットエレクトロニクス製品市場におけるリーディングカンパニーです。元々は内装部品の製造販売を主軸としてきましたが、2015年までに売却、現在はエレクトロニクス製品に経営資源を集中させています。

 

ビステオン・ジャパンの中途採用事情

 

ビステオンの日本法人にあたるのが、ビステオン・ジャパン。1981年に設立されましたが、ビステオン自体が、フォードの電子部品製造部門から分離独立した会社であることもあり、日本の拠点は広島と横浜におかれています。

 

コスト重視の経営を行っているため、新卒で人を採って教育するといったことはせず、必要な人員は、他の自動車メーカーから、中途採用で採るという方針を貫いています。そのため、中途採用の求人については、頻繁に発生しています。

 

このページでは、ビステオン・ジャパンの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

ビステオン・ジャパンにおける中途採用求人の傾向

ビステオン・ジャパンには、会社の公式サイトが存在しないため、採用については、全て転職会社経由で行われることになります。

 

外資企業の求人に強い転職会社であれば、ビステオン・ジャパンの求人を扱っているので、詳細については、こちらに問い合わせるようにしてください。このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきます。

 

なお、冒頭でも触れたように、ビステオン・ジャパンは必要な人材を全て中途で採用するため、対象となる職種は多岐に渡ります。

 

特に多いのが、営業、設計開発、システムエンジニアの3職種となりますが、人事、経理・財務、法務、経営企画といった管理部門系の職種についても、募集がかかることがあります。

 

事務職については、派遣社員でカバーするケースが多いので、事務の仕事を探している人は、派遣会社に問い合わせてみてください。(広島にオフィスがある派遣会社であれば、まずどこでも大丈夫です。)

 

なお、時給は高めですし、優秀な人材は、正社員として再登用してもらえるケースもあるので、事務職として働きたい人にとっては、なかなか良い職場です。

 

話を正社員の求人に戻すと、ビステオン・ジャパンは即戦力の人材のみを採用する会社なので、どの職種においても、豊富な実績・経験が求められることになります。

 

営業職、技術職においては、自動車業界経験者であることが必須事項です。また、経理・財務についても、原価計算の知識・スキルが求められるケースが多いため、製造業の経験者でないと、厳しいです。

 

また、求人によっては、ビジネスレベルの英語力も必須とされるなど、ハードルは高めですが、それだけに高給与が期待出来るので、自信がある人は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

社員の年収について

外資系企業なので、手当はありませんが、その分、基本給は日系企業よりも高めです。ボーナスは年3回、夏と冬に月給の1.5月分が支給されます。また、春にもボーナスが支給されており、こちらは業績連動給となっていますが、実際には、毎年、月給の約2ヶ月分に落ち着いています。

 

退職金には401Kが導入されています。昇給は年1回、ポジションが同じ場合、1~2%程度、一律でアップすることになります。

 

具体的な給与額の目安としては、役職なしの一般職で年収600~800万円。これは全職種共通ですが、営業については、他の職種と比較して、年収ベースで50~100万円近く、高めになると考えてください。マネージャー以上のポジションについては、当人の実績次第です。

 

年収に関する重要な点としては、入社時の交渉が、非常に大きなウエイトを占めるということです。交渉次第で、高給与を勝ち取ることも出来るので、中途半端に妥協せず、納得出来るまで、交渉するようにしてください。

 

もし、こういった交渉が苦手ということであれば、転職会社に代行してもらうことをオススメします。彼らは転職のプロなので、交渉には慣れており、上手に話を進めてくれます。

 

もちろん、転職会社に依頼したからといって、100%うまくいくというわけではありませんが、一個人が自ら交渉するよりは、好条件を引き出せる可能性が高いです。

 

ビステオン・ジャパンの就労環境・人事評価制度について

外資らしく、ビステオン・ジャパンは、個人の裁量が大きく、自由に仕事をさせてもらえる会社です。やる気さえあれば、どんなことにも挑戦させてもらえるので、自発的に動ける人にとっては、やり甲斐を感じられる職場だと思います。

 

その反面、人事評価については、一貫していないこともあり、仕事で実績を出したからといって、それがストレートに評価につながるとは言えない状況です。アメリカ本社の意向が強いこともあり、本社の人間からの心証が良い人間が、高い評価を受ける傾向があります。

 

一つ一つのプロジェクトがグローバルなので、外国人と協働して、仕事を進められるかどうかというのも、評価を左右する、重要な要素となってきます。

 

社内教育制度・成長環境について

冒頭でも触れたように、社員教育という発想がない会社なので、教育制度については、ほぼゼロであり、期待しないほうがいいです。ただし、業務上、必要と認められる知識を学ぶために、社外セミナーを受講する場合には、参加費を会社側が支払うといったケースはあります。

 

また、ビステオン・ジャパンは社内の公用語が英語ということもあり、英会話スキルを習得するためのフォローについては行っています。(TOEICを、会社で受験することが可能です。)

 

ワークライフバランスについて

ビステオン・ジャパンは、ワークライフバランスについては極めて良好な会社です。やるべきことをやっていれば、勤怠管理は、自分で自由に調整出来ますし、有給の取得についても、希望通りにいきます。お盆や正月などの休暇と合わせて、長期休暇を取る社員も多いです。

 

家族を第一とする風潮を持つ会社なので、家庭を重視する人、子供がいる人にとっては、働きやすい会社と言えます。

 

もちろん、外資なので、仕事に対する責任の追求度は厳しく、自分が担当する業務が勤務時間内に終わらなければ、残業や休日出勤をしてでも、完了させることが求められます。

 

ただし、そういったケースは極めて稀であり、1ヶ月あたりの平均残業時間が30時間を下回るなど、定時を超えて、働かざるを得なくなる状況になることは、少ないと考えてください。

 

女性の働きやすさについて

外資系らしく、女性だからといって、不利な立場に置かれることはなく、男性と同じように、責任ある仕事に就くことが出来ますし、正社員に関しては、全員総合職なので、給与水準も男性と同等です。キャリアアップの機会も開かれています。

 

産休・育休の取得に対する理解もありますし、フレックス勤務を選択することも出来るので、子育てと仕事の両立がしやすい会社でもあります。

 

自分の仕事をしっかりこなしていれば、あとは好き勝手に出来るので、女性にとっても、働きやすい職場と言えるでしょう。実際、自ら辞める人は少なく、勤続年数が長い女性社員は多いです。

 

ビステオン・ジャパンの転職先としての価値

ここまで、ビステオン・ジャパンの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、総じて、働きやすい会社と言えます。

 

あえて、注意点を挙げるとすれば、アメリカ本社の意向が絶対となり、トップマネジメントは外国人が占めているので、外資のなかでも、ビステオン・ジャパンは、アメリカのビジネス慣習が強い会社なので、その雰囲気に馴染めるかどうかということです。

 

ドライでリーズナブルなので、自立志向が強い人にとっては、日系企業よりも働きやすいと思いますが、このあたりは相性の問題もあるので、自分にとってどうなのかということは、じっくり考えたほうがいいです。

 

もう一つ、エンジニア・技術者として転職する場合ですが、技術開発はアメリカが中心となっているので、日本では、独自の技術力を発揮するのは難しくなっています。(ここも、アメリカ本社の言うなりとなります。)

 

そのため、仕事の面白さ・やり甲斐という点では、不十分な点があるかもしれないので、注意してください。

 

こんなふうに、マイナスの要素もありますが、ビステオン・ジャパンは、高利益体質の会社なので、給与は安定しており、仕事に対するプレッシャーも、それほど厳しくなく、そういった意味では、ストレスなく働ける職場と言えます。

 

ビステオン・ジャパンの中途採用求人を扱う転職会社

最後に、ビステオン・ジャパンの中途採用の求人情報を入手する時に、情報源として、オススメの転職会社をリストアップしておきます。

 

いずれも、外資に強い転職会社、もしくは、製造業に強い転職会社であり、ビステオン・ジャパンの中途採用求人の取扱実績もあります。ただし、今後、求人が発生した時には、どの会社が扱うのか分からないので、同時に、複数の会社にコンタクトすることをオススメします。

 

なお、これらの転職会社は、様々な企業の求人を扱っているので、他社の求人情報について、教えてもらうことも可能です。転職先に希望する条件を伝えれば、それらの条件に合う会社の求人を紹介してくれるので、興味がある人は、併せて、問い合わせてみてください。

 

<ビステオン・ジャパンの中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職エージェント>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • JACリクルートメント

    Doda

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

コメントを残す

このページの先頭へ