プルデンシャル生命保険株式会社の中途採用事情~社員年収、就労環境など~

プルデンシャル生命保険株式会社の中途採用事情

 

生命保険を主業とした世界最大級の金融サービス機関、プルデンシャル・ファイナンシャル。1875年創業と、歴史ある会社ですが、今では世界40カ国以上の法人、及び個人顧客に対して、金融商品とサービスを提供するまでに成長しています。

 

2016年には、米FORTUNE誌の「世界で最も称賛される企業(生命・医療保険部門)」において、第1位に選ばれるなど、世界を代表する保険会社の一つです。

 

そのプルデンシャル ファイナンシャルの100%現地法人として、日本国内における生命保険業務を担っているのが、プルデンシャル生命保険株式会社。

 

日本市場においても、非常に高い評価を得ており、J.D. パワーによる「生命保険が実際に役立つ場面となる保険金・給付金請求の満足度調査」において、2年連続(2015・2016年)総合評価で第1位を獲得しています。

 

2015年における保有契約件数は、334万件と27期連続で増加しているほか、契約継続率が1年経過後で95.2%、2年経過後でも89.1%と、業界内でも群を抜いた解約・失効率の低さを誇っている、優良企業です。

 

業績が好調なことから、人材登用を積極的に進めています。外部から優秀な人材を獲得することに力を入れているため、中途採用についても、常時、様々な職種において、求人が発生しており、転職のチャンスは豊富に存在します。

 

このページでは、プルデンシャル生命保険の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

プルデンシャル生命保険の中途採用求人の傾向

プルデンシャル生命保険の中核を担っているのが、非常に質の高い人材で占められている、営業担当のライフプランナー。

 

新卒採用は一切行わず、基本的にヘッドハンティングにて採用するという方針を採っています。また、その質を保つために、同業経験者は対象とせず、異業種において、優秀な営業成績を上げた実績を持つ人材のみを採用しています。

 

そのため、ライフプランナーについては、採用プロセスが独特なものとなっており、キャリア・インフォメーション・プログラムという、説明会に応募することが、最初のステップとなります。そのうえで、会社側が実力を認めた人材に対して、採用のオファーを出すという流れになります。

 

一方、内勤の営業部門、管理部門、システム部門については、中途採用希望者向けの専用サイトが用意されており、募集が行われている求人の一覧、詳細について確認することが出来ます。
http://www.prudential.co.jp/recruit/

 

中途採用の対象となる職種としては、商品企画・開発、営業教育開発、営業支援・企画、システム開発、経理財務、契約管理、商品数理、内部監査、リスク管理、経営企画、人事、総務などが挙げられます。

 

どの職種に関しても、即戦力の人材が求められているため、該当業務における実務経験が必須となりますが、ライフプランナー同様、選考基準が非常に厳しいので、経験年数を満たしているだけではダメで、真の実力が問われると捉えてください。

 

もし、事前に、どの程度の実力が必要なのか把握したければ、転職エージェントに確認してみることをオススメします。

 

プルデンシャル生命は、エージェント経由でも募集をかけていますが、プルデンシャルの求人を扱っているエージェントであれば、社内事情に精通しているので、このあたりの詳細について、かなり細かく教えてくれます。

 

このページの最後に、プルデンシャル生命保険の中途採用求人の取扱実績がある転職エージェントをリストアップしておきますので、ぜひ一度問い合わせてみてください。

 

プルデンシャル生命保険の社員の年収・給与制度について

プルデンシャル生命に勤務する社員の年収ですが、ライフプランナーと内勤業務では、契約形態・収入のレベルに関して、大きな違いがあります。そのため、別々に分ける形でお伝えします。

 

ライフプランナーの年収・給与制度

ライフプランナーの年収例をいくつか挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 25歳 男性 年収 360万円
  • 20代後半 男性 年収 570万円
  • 30歳 男性 年収 360万円
  • 30歳 男性 課長代理 年収 700~1000万円
  • 30代前半 男性 年収 1500万円
  • 40代後半 男性 課長クラス 年収 700万円
  • 40代後半 男性 部長クラス 年収 3600万円

 

昇進して営業所長になると、年収3000万円、支社長で年収4000万円と格段に上がりますし、ライフプランナーでも、トップは年収3億円と非常に高い報酬を得ています。

 

ライフプランナーの場合、入社2年目までは初期補給金として、月に30万円前後が支給されますが、3年目からは完全歩合制に移行します。成績が悪い場合には、2年以内に強制的に完全歩合制に移行することもあり、結果的に退職を強いられることになってしまいます。

 

(結果を残せなければ、給与がゼロなので、生活することが出来なくなるためです。)

 

給与の内訳としては、契約初年度は獲得した保険料の3~5割が給料として支払われるほか、2~4年目は保険料の5~8%程度が継続手数料として、支払われることになります。

 

別途ボーナスも支給されますが、全ライフプランナーによる相対評価となり、平均値との差によって0~8%が上乗せされる形となります。

 

完全歩合制であるうえ、交通費やお客様との食費、確定申告のための税理士への手数料などの経費も、全て自己負担となるので、実質的には個人事業主のようなものであり、経営者的な観点で、業務を遂行することが求められると考えてください。

 

ちなみに、月に最低50万円程度の経費が発生するため、ライフプランナーの多くは、新人時代に数百万の貯金を崩すことになりますが、その期間にしっかり顧客をつかむことが出来れば、大きな収入を手にすることが出来ます。

 

内勤スタッフの年収・給与制度

内勤スタッフに関しては、歩合制ではなく、通常の給与体系となります。年収の一例を挙げると、以下のようになります。

 

  • 人事 26歳 男性 年収 400万円
  • 契約管理 29歳 男性 年収 500万円
  • アクチュアリー 30歳 男性 年収 800万円
  • アクチュアリー 38歳 男性 年収 900万円
  • 経営企画 33歳 男性 年収 700万円
  • 内部監査 30歳 男性 年収600万円
  • 商品企画 マネージャー 35歳 男性  年収 1000万円

 

ボーナスが年4回支給されるほか、本社勤務の社員で、賃貸に住んでいる場合には、住宅手当も支給される仕組みとなっています。また、年1回、昇給する機会が設けられています。

 

サービス残業は一切なく、全額が支給されていますが、管理職になると、残業手当が出なくなり、役職に就くことで、かえって年収が下がることもあるので、その点は注意してください。

 

プルデンシャル生命保険の評価制度について

ライフプランナーの場合、歩合制ということもあり、完全に実力主義で、業績がすべての評価を決定します。成果を上げている限りは、何も言われず、好き勝手に行動出来ます。評価を保つために、社内の人間関係に留意するといったことも、一切不要です。

 

一方、内勤業務の場合には、期初に設定した目標の達成度合いをベースに、査定が行われる、MBO評価制度が基本となります。(レビューの機会を含めて、査定の機会が年2回、あります。)

 

ライフプランナーと異なり、内勤スタッフは5段階での絶対評価となっており、その評価に応じて、グレードが決まります。及第点レベルの仕事をこなせていれば、評価は3となり、2年連続4以上の評価を得ることが出来れば、次年度にグレードが上がります。

 

グレードが上がることで、給与額がアップしますし、昇進のチャンスも出てきます。実力がある人が、相応する評価を受けられる公平な評価制度となっています。

 

プルデンシャル生命の社内教育制度・成長環境について

ライフプランナーについては、基本的に全員が異業種からの転職となるため、生命保険のことを一切知らなくても、問題なく仕事がスタート出来るように、充実した初期研修が行われています。

 

同時に、親会社プルデンシャル・ファイナンシャルの教育システムと保険ノウハウが凝縮された、ブルーブックと呼ばれるマニュアルをもとにしたロールプレイングが実施されています。

 

おざなりの内容ではなく、100年以上に渡って積み上げてきたプルデンシャルの経験・実績をもとにした、かなり実績的なものとなっており、『生命保険のバイブル』と他社からも高い評価を受けるほどなので、ロールプレイングを通じて、現場で使えるスキルを身につけることが出来ます。

 

また、実際に業務が始まった後にも、うまくいった事例をシェアする場が、設けられており、成功事例を共有することで、お互いにスキルを高めることが可能です。

 

(ライフプランナー同士というのは、ある意味ライバルともいえる立場にありますが、プルデンシャル生命には、知識・経験を共有する文化があるため、結果を出した人が惜しみなく、その経験を同僚・後輩に伝えて話してくれます。)

 

定例のミーティングにおいても、マネージャーから、アドバイスを受けることが出来ますし、モチベーション維持など、心理的な部分についても、相談出来るなど、現場に出てからのバックアップ体制もしっかりしています。

 

一方、内勤スタッフについては、ライフプランナーほど、充実した内容とはなっていませんが、社内研修・社外研修が、ともに用意されています。参加は個人の自由となっているので、自分の希望に応じて、受講の有無を決めることが出来ます。

 

また、部署によっては、業務に関する勉強会が開かれており、そういったものに参加することで、効率良く、知識を身につけることが出来ます。

 

ただし、ライフプランナーと比較すると、仕事で必要な知識は、仕事のなかで身につけるというOJTが基本になると考えてください。

 

キャリアパスについて

ライフプランナーの場合、マネジメントレベルへのキャリアアップに関しては、資格制となっており、アセスメントを受験してパスすることによって、昇格するための資格を得ることが出来ます。

 

一方、内勤業務に関しては、人材の流動化を図るために、ジョブポスティングと呼ばれる社内公募制が用意されており、自由に別部署への異動を申請することが出来るようになっています。

 

ある部署で新しい人材が必要になった時には、まずは社内で公募され、そこで、興味を持った人が応募するという流れです。この時には、所属部署の部門長の許可などは、一切不要です。(報告する義務すら、ありません。)

 

そこで合格した場合には、必ず異動出来ますし、不合格だったとしても応募した事実は開示されないため、後腐れがなく、安心して応募することが出来ます。

 

こういった制度があるため、自分が望むようなキャリアパスを追求しやすくなっており、そういったこともあり、プルデンシャル生命では、優秀な人が辞めずに長く働き続けています。

 

ワークライフバランスについて

ワークライフバランスに関しては、ライフプランナーと内勤スタッフ、それぞれで事情が大きく異なります。ライフプランナーの場合、月、木の午前に各支社で行われる定例ミーティング以外は、基本的に自分の裁量で、仕事のスケジュールを調整することが出来ます。

 

(一部の支社では、夜どんなに遅くても、一度は会社に戻ってくることを義務付けているところもあるので、このあたりの詳細については、個々に確認するようにしてください。)

 

そのため、結果さえ出していれば、平日に休む、半日だけ働くといったことも可能です。ただし、完全歩合制のため、毎日、仕事詰めという人が多いです。特に最初の2年間は正月以外、朝から深夜までフルで働くという人が大半です。

 

成果を出せなければ、生き残っていけない環境なので、がむしゃらに働くことを厭わないような人でないと、プルデンシャル生命で働き続けることは難しいと思いますが、その反面、仕事をうまく調整して、プライベートを充実させている人もいます。

 

仕事は大変だけれども、全ては自分次第で、どうにでもなるので、そういった意味では、やり甲斐がある職場環境と言えます。

 

一方、内勤スタッフについては、所属部署や上司の考え方によるところが大きく、残業が少なく、休みをしっかりとれる部署もあれば、残業が多い部署もあります。(人員不足などが原因で、長時間労働を余儀なくされる部署もあります。)

 

そのため、プライベートを重視したい人は、自分が配属されることが想定される、職場の状況について、事前に確認しておくことをオススメします。

 

(会社側に問い合わせても、転職希望者にとっては、あまりよろしくない情報は、それとなく伏せられたりすることがあるので、転職エージェントに聞いたほうが確実です。社内事情に精通しているので、詳しく教えてくれるはずです。)

 

女性の働きやすさについて

プルデンシャル生命は外資系ということもあり、ダイバーシティを推進しており、女性差別は一切ありません。女性の採用や管理職への登用についても、積極的なので、働きにくさを感じることはないでしょう。

 

ただし、ライフプランナーの場合には、激務であるため、仕事一筋という考えを持てる人でないと、続けることは難しいです。実際、女性でも非常に高い成績を上げて、大成功している人が増えてきてはいるものの、仕事最優先という人ばかりです。

 

子育てをしながら、働きたいという人にとっては、ライフプランナーは向いていない仕事です。(文字通り24時間対応といったような仕事ですし、休日もあってないようなものなので、子供がいる人にとっては、かなり厳しい環境です。)

 

一方、内勤の場合、産休・育休・時短勤務といった制度が利用出来るようになっており、かつ、近年では、自宅勤務が可能なように、環境整備が進められているため、子育てをしながら働き続けるには、良い会社です。

 

プルデンシャル生命保険の転職先としての価値

ここまで、プルデンシャル生命の社内環境について、様々な角度から見てきました。職種によって、就労環境が大きく異なるので、一概には言えないのですが、基本的には激務の会社で、完全成果主義で、実力がなければ生き残ることが出来ません。

 

その分、高収入が望める会社ですし、働き方の自由度は高いので、自分次第では、プライベートを充実させることも出来ます。

 

ただし、結果に対するプレッシャーは強く、甘えは許されないので、自己責任で、主体的に動ける人でないと、プルデンシャルで働き続けることは出来ないでしょう。

 

自分が、そういった環境を望むのかどうか、じっくり検討したうえで、転職の判断を下すようにしてください。(収入の高さに惹かれて、安易に転職すると、痛い目に合うので、注意してください。)

 

下記に、プルデンシャル生命の中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職エージェントをリストアップしていますが、彼らは社内事情を把握しているので、転職の判断に迷うようでしたら、一度相談してみてください。客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、エージェントは様々な企業の求人情報を押さえているので、他社のことについて、聞いてみるのもオススメです。もしかしたら、プルデンシャル以上に、自分に合う会社を紹介してもらえるかもしれません。

 

転職先に希望する条件等を伝えれば、それらの条件に合う求人が存在するかどうか、探してくれるので、興味がある人は、ぜひ調べてもらってみてください。

 

<プルデンシャル生命の中途採用求人の取扱実績が豊富な転職エージェント>

 


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ