ムトウの中途採用事情~求人の傾向、社員年収、労働環境など~

ムトウの中途採用事情

 

約100年に及ぶ社歴を持つ医療機器販売会社、ムトウ。1918年の創業以来、着実に成長を続けて、今では、国内で約160の事業所を構えるだけでなく、タイ、アメリカなど、海外にも拠点を設けるまでになっています。

 

注射針からメディカル・エレクトロニクスを駆使した大型機械まで、1500以上のメーカーの商品をカバーする商品ラインナップの豊富さに加えて、自社ブランド製品の展開を積極的に進めるなど、顧客の多様なニーズに応える対応力を武器に、売上を伸ばしています。

 

人材採用の動きが活発な企業でもあり、新卒・中途を問わず、募集がかかっています。このページでは、ムトウの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境などについてまとめていますので、転職を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

ムトウの中途採用求人の傾向

中途に関しては、ルート営業を中心に、募集がかかっています。全国にある157拠点のうちのいずれかにおいて、医療機器、理化学機器、介護・福祉用品などの提案営業を担当するといった業務内容となります。

 

提案先となるのは、病院・クリニックなどの医療機関をはじめ、大学、研究機関、福祉施設など。過去に実績のある取引先へのルート営業となるので、営業経験が少ない人でも、取り組みやすいでしょう。

 

そのため、応募条件のハードルは低いです。学歴など最低限の条件は設定されていますが、そこさえ満たせば、実務経験などは、それほど重視されていません。それよりも、医療の仕事に対する意欲が選考基準になってきます。

 

経験がなくても、自分なりに一生懸命調べた業界のデータや改善点などを選考時に話せば、採用される確率は高まるので、興味がある人はチャレンジしてみてください。

 

なお、営業以外の職種に関しては、医療機器の開発・設計、修理・メンテナンスといった業務内容で、エンジニアの募集がかかることがあります。また、経理財務、経営企画、人事、法務といった管理部門系関連の職種においても、求人が出てくることがありますが、発生頻度は少ないです。

 

ムトウの求人情報の入手方法について

ムトウでは、公式サイト内に中途採用情報ページを用意しており、そちらのページにおいて、現在、募集がかかっている求人の一覧について、確認することが可能です。
http://www.wism-mutoh.co.jp/career/graduates

 

また、中途採用に関しては、ムトウは転職エージェント経由でも募集をかけているので、そちらに問い合わせる形でも、求人情報を入手することが出来ます。

 

どちらからでも、入手出来る情報に変わりはありませんが、エージェントの場合、様々な企業の求人情報を扱っているので、ムトウを含めて、複数の会社の求人を比較してみたいといった時には、まとめて教えてもらえるので、便利です。

 

このページの最後に、ムトウの求人を扱っている代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてみてください。

 

ムトウにおける社員年収・給与制度について

ムトウに勤務する社員の給与水準ですが、幾つか具体的な年収例を挙げると、下記の通りとなります。(職種別にまとめています。)

 

  • 営業 25歳 年収350万円
  • 営業 26歳 年収360万円
  • 営業 27歳 年収370万円
  • 営業 28歳 年収320万円
  • 営業 28歳 年収400万円
  • 営業 29歳 年収330万円
  • 営業 30歳 年収450万円
  • 営業 32歳 年収500万円
  • 営業係長 34歳 年収400万円
  • 東京事業本部 新卒3年目 年収350万円
  • 支店長 30代 年収550万円

 

あらゆる医療機器を総合的に扱う専門商社としては、トップクラスのムトウですが、給与水準自体は、それほど高いわけではありません。

 

また、給与体系は、昔ながらの日系企業の年功序列型、かつ、支店長や直属の上司の意向に左右される傾向が強いので、大きな成果を出したとしても、それが給与アップにつながるということは、まずないと考えてください。

 

ただし、扱っている商品が人間を治療する医療機器であり、かつ、国内トップシェアを誇りながら、さらにタイやアメリカに事業拡大をしています。

 

自社ブランドも持っており、他社よりも安い価格で商品を売ることが出来る会社なので、いきなり業績が悪化するという可能性は少なく、従ってリストラの心配はありません。(100年近い歴史のなかで、過去にも、こういった事例は起きていません。)

 

給与・雇用の安定性という点では、申し分がない会社なので、安定的な職場環境を望む人にとっては、ムトウはオススメの会社です。

 

なお、具体的な給与体系としては、基本給と年2回の賞与から構成されるものとなっており、賞与に関しては、所属する支店、もしくは部署の業績に連動したものとなっています。

 

モデル年収の推移としては、35歳(6等級 副課長)で年収 480万円、40歳(7等級 課長)で 年収 550万円、45歳(8等級 副部長)で年収 620万円、となっています。

 

また、持家融資制度、社員持株会、確定拠出年金制度、高額家賃制度など、ムトウは福利厚生については、なかなか充実している会社です。

 

評価制度について

ムトウでは、主に直属の上司が人事査定を行うようになっていますが、上司の権限が非常に大きいため、同じ成績の人間ならば、より上司とのコニュニケーションが取れている人のほうが、高い評価を得る傾向があると考えてください。

 

昇進についても同様ですが、注意点としては、ムトウは転勤の機会が多い会社です。上司と良好な関係を築けたとしても、転勤になってしまった場合には、ゼロからやり直しということになるので、そこは面倒ではあります。

 

ちなみに、転勤に関して補足すると、ムトウは育児・親の介護など、特別な理由がある社員に対しては、転勤の対象外とするので、この点は安心です。また、管理職に就くと、転勤の機会は減ってきます。

 

なお、ムトウは支店・部署の業績によって、賞与額が決まることになりますが、給料で不満がある人だと、敢えて、好業績が望める部署への転勤を申し出ることもあります。

 

そのまま、受け入れられるケースが多いので、やり甲斐を手にするきっかけとして、転勤が活用されている会社でもあります。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用者の場合、前職までの経歴・実績を加味して、給与額が算出されることになりますが、具体的な金額は、交渉次第で変わってくるという要素もあるので、会社側からの提示額に納得がいかない時には、自分の希望を伝えて、しっかり話し合うようにしてください。

 

ムトウは、それほど給与が高い会社ではないだけに、ここで妥協してしまうと、後々まで後悔することになるので、要注意です。

 

こういった交渉は苦手ということであれば、前述した転職エージェントに、代行を依頼することをオススメします。彼らはプロなので、うまく話を進めてくれます。

 

交渉ベタな人が自分で何とかしようとするよりも、良い結果になる可能性が高いので、最初から任せてしまったほうが賢明です。(苦手なことをやらなければいけないというストレスからも解放されるので、一石二鳥です。)

 

社内教育体制・成長環境について

ムトウは、ルート営業に関しては、メーカー勉強会などが定期的に開催されており、仕事に必要なスキル・知識を身につけることが出来ますが、内容としては、あくまでも基礎的なものとなり、そのうえで重要なことについては、仕事のなかで、学んでいくことになります。

 

ちなみに、医療機器の専門商社ということで、医療業界の裏も表も見える部分がありますし、担当する病院によっては、専門的な知識を得ることも多いです。さらに、ムトウは、部署の転属希望を受け入れる会社なので、定期的に自分から異動を志願することで、経験の幅を広げることが出来ます。

 

これらの経験は、他社へ転職する時や独立する時にも役立つので、メディカル業界において、キャリアを追求していくことを考えているのであれば、ムトウで働くということは、確実にプラスになると言えます。

 

なお、営業以外の職種に関しては、研修制度といったものはなく、仕事に必要な知識は、業務に取り組むなかで、覚えていくことになります。

 

キャリアという点では、営業ほど有利な面はありませんが、それでも、自社製品や業界の情報に触れる機会は多いので、この業界で働き続けるという前提で考えると、やはりプラスになる部分がある会社です。

 

ワークライフバランスについて

ムトウの就労環境は、おおむね良好です。全体的に業務量自体は多いのですが、長時間労働を美徳とするような風潮はないので、自分の責任さえ果たしていれば、定時に退社しても、何も言われません。(大きな企業ということもあり、コンプライアンスがしっかりとしています。)

 

そのかわり、仕事が終わらなければ、残業をしてでも、カバーすることが求められるので、この点は自分次第と考えてください。(全社的にみれば、残業時間が少ない会社なので、真面目に働いていれば、遅くまで残業するといったことは、まず避けられるはずです。)

 

その反面、有給については、ムトウは取得率が低い会社であり、今現在においても、その傾向を引きずっており、それが当たり前という雰囲気があります。

 

ただし、休日出勤は少ないので、週休2日は維持出来ますし、カレンダー通りに休みが取れるので、総合的に見れば、休暇体制に関しても、それほど悪くはない会社です。

 

かつ、有給の取得については、近年、改善傾向にあります。現時点においては、他社で見受けられるような、まとめて取得して、長期休暇を取るといったことは、まず不可能ですが、今後は状況が変わる可能性が高く、この点は期待出来ます。

 

なお、ワークライフバランスに関する注意点として、先ほども触れましたが、ムトウは転勤が多い会社です。おおよそ、3年サイクルで発生するので、勤務地を変えたくない、引っ越しを避けたいという人は、注意してください。

 

(正直なところ、こういった人に対しては、ムトウは、オススメ出来ない会社です。)

 

女性の働きやすさについて

ムトウは、女性も男性と同等の立場で働くことが出来る会社ですし、昇進の機会も男女平等なので、キャリア志向が強い女性にとっては、やり甲斐がある環境と言えます。

 

ただし、これを裏返せば、女性も男性と同等のパフォーマンスが求められることになり、そういった意味では大変です。

 

特に、営業職の場合、残業はもちろんのこと、携帯電話が貸与されるため、時間外・休日にも、連絡を受けることになるなど、プライベートの時間が浸食されることになります。

 

また、仕事をするうえでは、体力面でも精神面でも、強さが求められるので、注意してください。ちなみに、営業職の女性は少なく、社内でも貴重な存在なので、男性並に働ければ、評価は高くなる傾向があり、そういった意味では、チャンスもあります。

 

育児支援体制に関しては、産休・育休は取得出来るようになっていますが、復帰後のフォローについては、微妙な部分があります。

 

仕事量が少ない部署に異動させてもらえるといったことはありますが、基本的にフルタイムで働くことになり、時短勤務は認められていないので、大変です。早退や遅刻も難しいですし、有給も取りづらいです。

 

周囲の同僚、家族の協力を受けながら、出産後も、バリバリ働いている女性もいますが、育児をしながらムトウで働くというのは、かなり厳しいことと考えたほうがいいです。

 

ムトウの転職先としての価値

ここまでムトウの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、医療機器の専門商社としては、トップシェアを誇っている会社なので、安定性という点では、申し分なしです。

 

他社では経験出来ないことを数多く経験出来る会社でもあるので、医療業界でのキャリアという観点で見た時にも、メリットがあると言えます。

 

ただし、仕事は転勤が多いですし、長期の休暇を取りづらい職場なので、労働環境という点では、他社と比較して、一歩劣る部分があるというのが、正直なところです。

 

仕事を最優先する人にとっては、悪くない会社ですが、プライベートも重要という人にとっては、不満を感じるところが出てくるかもしれないので、注意してください。

 

下記に、ムトウの中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、ムトウが自分にとって、本当に合う会社なのかどうか、判断に迷うようでしたら、ぜひ一度相談してみてください。

 

客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。また、エージェントは様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。ムトウ以上に、自分に合う会社が見つかるかもしれないので、ぜひ聞いてみてください。

 

<ムトウの中途採用求人を扱っている転職エージェント>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ