レッドブルジャパンの中途採用事情と転職者の年収について

世界で最も有名なエナジードリンク、レッドブル。数年前から日本でも人気が高まり、今では誰もが知る清涼飲料水となりました。そのレッドブルの日本法人がレッドブルジャパン。ブランド力がある会社なので、レッドブルで働きたいという人も増えていますが、採用情報や会社の実情については、あまり、表に出てきません。

 

レッドブルジャパンの中途採用事情と転職者の年収について

 

そのため、謎に包まれている部分が多いのですが、実際にはどうなのでしょうか? このページではレッドブルジャパンの中途採用情報と社員の年収、労働環境などについて、まとめてみます。

 

中途採用情報を入手する方法

レッドブルジャパンの中途採用情報を入手する方法は、二つあります。一つは公式サイトの採用情報ページをチェックすること、もう一つは転職エージェントに求人を紹介してもらうことです。

 

ただし、レッドブルの採用情報ページは、全世界共通となっており、日本法人からの求人は殆ど見つかりません。転職エージェントに問い合わせると、公式サイトに掲載されていない求人を紹介してもらえることもあるので、有効求人の全てが公式サイト上で公開されているわけではないようです。

 

そのため、求人情報を入手するためには、公式サイトをチェックするよりも、転職エージェントに問い合わせたほうが早そうです。このページの最後に、レッドブルの求人案件の取り扱い実績があるエージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

なお、レッドブルの中途採用求人では、下記のような職種に対して募集がかかる頻度が高くなっています。

  • ルートセールス(代理店営業)
  • マーケティング(デジタルマーケティング)
  • 財務経理
  • 広報
  • 生産管理
  • 物流管理

 

レッドブルジャパンの社員年収

レッドブルジジャパンの給与体系は基本給と賞与から構成されています。社員の年収例としては、下記のようになります。

営業 25歳 340万円
営業責任者 35歳 710万円
マーケティング 37歳 860万円
Webディレクター 27歳 480万円

 

数字を見ると、高収入のように見えるかもしれませんが、レッドブルジャパンには退職金制度がなく、その分が基本給に含まれています。これは外資ではよくあるケースですが、一般的には、外資系企業での年収900万円は日系大手企業での年収700万円程度と言われているので、このあたりは割り引いて考える必要があります。

 

なお、外資の場合、福利厚生が存在しないという企業が少なくありませんが、レッドブルでは、各種手当が用意されるなど、それなりに整っています。会社主催のイベントも多く、女性社員からは、なかなか楽しいという声も聞かれます。

 

労働環境、ワークライフバランスについて

会社の方針・体制はしっかりしているけど、自由に働けるというのが、現役社員の声として、共通していることです。新しいことにもチャレンジさせてもらえるし、若い会社なため、様々な業界から転職してきた社員が多く、みんな個性的で、楽しみながら仕事が出来るという声も多いです。

 

総じて、魅力度が高い職場ということで、社員の満足度はかなり高くなっています。

 

ワークライフバランスに関しては、マーケティング、営業部門は、イベントなどの関係で休日出勤が多くなりますが、代休が自由に取れるので、比較的良好と言えます。有給も取りやすいということです。

 

一方、間接部門では、仕事量に対して人員が追いついておらず、社員に対する負荷が大きいので、退職する人が少なくないようです。特に生産管理、物流管理といったロジスティクス部門では、その傾向が強いようなので、こういった職種において、転職を考えている人は、実情について事前にチェックしておくことをオススメします。

 

その他、レッドブルジャパンへの転職を考えている人が知っておくべきこと

レッドブルジャパンは外資であり、かつ若い会社であるため、ベンチャーのような雰囲気で自由に働けるし、実績に応じた評価を受ける完全実力主義なので、やり甲斐を感じられる職場であることは間違いありません。

 

その反面、それだけ責任も問われるということで、厳しい面もあります。日系企業の雰囲気に慣れている人にとっては、戸惑う部分もあるかもしれません。良い意味でも悪い意味でも典型的な外資なので、プラス面とマイナス面を比較して、本当に自分に合う会社なので、冷静に見極めることが重要です。

 

ただし、そうはいっても、社内の実情について、入る前から把握することは難しいので、このあたりは転職エージェントに相談することをオススメします。エージェントであれば、レッドブルジャパンの社内事情について精通していますし、会社側が望む人物像も理解しているので、あなたがレッドブルに合う人間なのかどうか、冷静に判断してもらえます。

 

また、実際にレッドブルジャパンへの転職を目指すという時には、面接のサポートを受けたり、給与などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。是非、積極的に活用してください。

 

下記にリストアップしているエージェントであれば、レッドブルの中途採用求人の取り扱い実績が豊富なので、相談先として最適です。

 

※補足
このところ、JACは現職者の転職支援に力を入れており、離職中の人の場合、よほどの経験・スキルがないと、有望な求人を紹介してもらうのは難しくなっています。

 

(経験・スキルの定義が難しいのですが、前職の給与が年収600万を超えるぐらいであれば、まず大丈夫です。)

 

この条件に当てはまらない人は、上記でも触れているリクルートエージェント、もしくはマイナビエージェントといった転職会社のほうがオススメです。

 

 

特に、マイナビは若手層の転職支援に力を入れているので、35歳ぐらいまでの人であれば、職歴などを問わず、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。

 

(この年代のビジネスマンであれば、経歴不問で募集をかけている企業の求人を多数扱っており、そのなかには大手も含まれているので、なかなか悪くないです。)

 

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • JACリクルートメント

    Doda

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

コメントを残す

このページの先頭へ