ロイヤルカナンジャポンの中途採用事情~求人の傾向、年収、就労環境etc~

ロイヤルカナンジャポンの中途採用事情

 

フランスに本社を置くペットフードメーカー、「ロイヤルカナン」。1968年、南フランスの獣医師、ジャン・カタリ―博士が、犬の加齢に伴うトラブルを薬に頼らず、普段の食事で改善しようとした研究の末、オリジナルレシピを開発したことを発端として、立ち上げられたメーカーです。

 

品質の高さから、フランスのみならずに、世界各国で愛用されており、現在では、世界90ヵ国以上において、販売されています。(日本でも、犬やネコを飼っている人であれば、必ず一度は聞いたことがあるような、人気ブランドとなっています。)

 

そのロイヤルカナンの日本法人に当たるのが、ロイヤルカナンジャポン合同会社。1991年設立され、日本国内市場におけるロイヤルカナン商品の輸入・販売を一手に担っています。

 

動物病院食の分野では、国内シェア№1を誇るなど、日本においても、売上は好調であり、創業以来、安定した業績をあげ続けている優良企業です。

 

このページではロイヤルカナンジャポン合同会社の中途採用求人の傾向、及び社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

ロイヤルカナンジャポン合同会社における中途採用求人の傾向

ロイヤルカナンジャポンでは、会社の公式サイト内に、採用情報ページを用意していますが、公式サイトからの募集については、今現在、停止されています。
https://www.royalcanin.co.jp/new/company/recruit.html

 

ただし、これは求人がないということではありません。ロイヤルカナンは、人材確保を転職会社に委託しており、求人需要が発生した時には、転職会社経由で、募集をかけています。

 

営業、物流管理、生産管理・品質管理・品質保証、経理財務、人事、経営企画等、様々な職種を対象に、求人が出ているので、詳細については、転職会社に直接、問いあわせてみてください。(タイミングによって、求人が発生している職種は異なります。)

 

なお、転職会社であれば、どこでもロイヤルカナンの求人を扱っているというわけではないので、その点は要注意です。このページの最後に、ロイヤルカナンの中途採用求人を扱っている代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ちなみに、いずれの職種においても、該当業務に関する経験があり、実務知識に精通していることが応募条件となるので、未経験者は応募不可となります。また、語学力の保有が必須条件に加わるケースが多いので、英語も重要なスキルになると考えてください。

 

ロイヤルカナンジャポン合同会社の年収・給与制度について

ロイヤルカナンジャポンに勤務する社員の年収ですが、幾つか具体的な事例を挙げると、以下のようになります。(職種別に羅列しておきます。)

 

  • 営業 32歳 年収600万円
  • 営業 34歳 年収650万円
  • 営業 42歳 年収600万円
  • 営業 45歳 年収800万円
  • 営業 51歳 年収750万円
  • 経営企画 35歳 年収800万円
  • マーケティング 37歳 年収700万円
  • マーケティング 42歳 課長 年収1000万円

 

ロイヤルカナンは、優秀な人材を確保するため、業界の上位25%に位置する給与水準を維持することを社是としており、同業他社と比較すると、給与額は全体的に高くなっており、社員の満足度も高いです。

 

なお、給与は年棒制となり、マネージャー以下は残業代が全額支給されるようになっています。賞与は年1回、年棒の10%を上限として、支給されています。

 

また、定期賞与とは別に、会社の業績に基づき、全世界の社員で利益を分け合う『プロフィットシェアリング』と呼ばれるボーナスが支給されるようになっています。

 

昇給については、年1回、見直しがされるようになっており、毎年の成果(個人業績)に応じて、年俸額が決まることになります。

 

実績ベースなので、年功序列という要素は全くないですし、外資としては、インセンティブの割合が少ないので、社員間の給与格差が、それほど大きくはならないような制度設計となっています。

 

福利厚生に関しては、各種保険が完備されているほか、ロイヤルカナン商品を割安な金額で購入出来る社内割引制度が用意されています。

 

住宅手当に関しては、基本的に『なし』ですが、会社都合による転勤が生じた場合、3年間、家賃補助を受けられるようになっています。

 

人事評価・昇給制度について

フランスのロイヤルカナン本社では、相対評価を基にした評価制度が導入されており、日本法人も、そこは真似ていますが、フランス本社と比較すると、査定における上司の権限が大きく、高い評価を受けるには、上司とのコミュニケーションが必要不可欠となってきます。

 

また、職種を問わず、語学力が高く評価される傾向にあり、英語が出来ないと、一定ポジション以上には、昇進出来ないようになっているので、注意してください。

 

成長環境について

ロイヤルカナンジャポンは、社員のスキルアップに力を入れており、毎年1~2回、必ず、全員参加型の社内研修が行われています。

 

研修は講義だけでなく、同行営業等の実践形式のほか、異文化コミュニケーションスキルを磨くといった、グローバルで対応出来る人材になるためのトレーニングが含まれているなど、かなり充実したものとなっています。

 

また、ロイヤルカナンでは、日頃から、海外本社・支社、取引先企業と連絡を取りながら、業務を遂行することになるケースが多く、グローバルで働く機会に恵まれているので、仕事を通じても、グローバルなビジネスに対応するスキルを磨くことが出来ます。

 

社員のチャレンジ精神を尊重する会社でもあるので、自ら手を挙げれば、やりたいことに、どんどん取り組ませてもらえますし、大きな裁量が与えられるため、自らの責任において、仕事をマネジメントすることになり、管理能力を磨くことも出来ます。

 

このように、ロイヤルカナンは、成長意欲が高い人にとっては、このうえない環境ですが、その反面、人材登用については、ヘッドハンティングにも力を入れているため、常に外部から優秀な人材が入ってきます。

 

そのため、昇進競争は厳しく、キャリアアップを目指すのであれば、環境を活かしながら、常に自己研鑽の努力を続けていくことが、必要不可欠となります。

 

ワークライフバランスについて

ロイヤルカナンジャポンは、基本的にワークライフバランスが良い会社です。フレックス制度が導入されているうえ、就業時間自体が他社よりも短く、残業についても、会社として制限しているため、それほど多くはありません。

 

ただし、社員一人一人に課せられる業務量が大きいため、常に効率良く仕事をこなしていくことが求められます。有休についても、取得自体は問題ありませんが、仕事が間に合わないため、取得することを諦めるという社員が多くなっています。

 

自分の仕事をこなし、成果を出していれば、幾らでもワークライフバランスを調整出来る会社ですが、逆に言えば、責任を果たせなければ、仕事を最優先せざるを得なくなるので、自由度の高さと、厳しさが表裏一体となっている会社とも言えます。

 

また、より細かい話を言えば、上司の意向や、担当する業務内容によっても、状況は変わってきます。(特に、海外絡みの業務が、どれだけあるのかというのは、ワークライフバランスを大きく左右する要素となっています。)

 

そのため、ワークライフバランスを重視する人は、転職後、自分が配属されることが想定される部署の状況について、事前に確認しておくことをオススメします。

 

女性の働きやすさについて

ロイヤルカナンジャポンでは、人権意識が高いフランスの会社ということもあり、性別の違いによって、待遇面が異なるということは、一切ありません。また、キャリアアップの機会についても、平等であり、女性も男性と同じように、チャンスが与えられています。

 

キャリア志向が強い女性にとっては、十分にやり甲斐を感じることが出来る環境と言えるでしょう。また、産休・育休、時短勤務といった育児支援制度が充実しており、子どもの突然の病気や行事を理由として、休みを取ることが認められているなど、周囲の理解もある会社です。

 

そのため、ストレスを感じることなく、子供を育てながら、働くことが出来ます。ちなみに、こういった制度については、女性だけでなく、男性社員が取得することも可能です。

 

※補足
営業など、一部の部署においては、子育てに対する理解度が低く、周囲との関係から、制度を利用することが難しいというケースもあるようです。

 

例外的なことではありますが、こういったこともあるということで、気になる人は、やはり事前に、自分が配属されることが想定される部署の状況について、確認しておくことをオススメします。

 

(会社側に問い合わせても、こういったマイナスの情報は、それとなくお茶を濁される可能性があるので、転職会社に確認したほうが確実です。)

 

ロイヤルカナンジャポンの転職先としての価値

業界をリードする会社ということもあり、ロイヤルカナンジャポンの待遇・就労環境は良好です。ペットフード業界・食品業界での転職を考えている人にとっては、有力な選択肢の一つと言えるでしょう。ぜひ、真剣に検討してみてください。

 

最後に、ロイヤルカナンジャポンの中途採用求人の取り扱い頻度が高い転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情にも精通しているので、転職の判断に迷うようであれば、相談することをオススメします。プロの視点でアドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は様々な会社の求人情報を押さえているので、他社のことが気になるという人は、ぜひ、ロイヤルカナンのこととあわせて、聞いてみてください。(より魅力的な企業を紹介してもらえるかもしれません。)

 

<ロイヤルカナンジャポンの中途採用求人の取り扱い頻度が高い転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ