ロート製薬の中途採用事情~求人の傾向、社員年収、就労環境など~

ロート製薬の中途採用事情

 

明治32年創業の『信天堂山田安民薬房』を前身とする、老舗医薬品メーカー、ロート製薬。胃腸薬や目薬をはじめとする一般用医薬品やスキンケア製品を主力商品としており、医療用医薬品には一切参入していませんが、知名度が高い製品が多いこともあり、常に安定した業績を挙げています。

 

製薬業界のなかでも、常にトップ10前後の売上高を積み上げていますし、近年は、海外市場における売上高が右肩上がりで伸びているなど、業界を代表する優良企業と言える存在です。

 

人材採用の動きが活発な会社でもあるので、中途採用に関しても、様々な職種を対象に、求人が発生しています。このページでは、ロート製薬株式会社の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

ロート製薬の中途採用求人の傾向

中途採用の募集対象となる主な職種としては、研究開発、臨床開発、薬効薬理、品質管理、生産管理、グローバル事業開発・管理、営業企画、マーケティング、経理財務、人事、経営企画、法務などが挙げられます。

 

応募条件については、研究・開発系の専門職においては、薬学系の大学院を卒業していること、該当業務に関する実務経験を有することが絶対条件となり、かつ、求人によっては、英語力が必要となるケースもあるなど、かなりハードルが高くなっています。

 

一方、それ以外の職種については、こちらでも、実務経験・語学力の双方が求められることになりますが、研究・開発系の職種と比較すると、具体的な要求レベルは低めです。

 

ただし、同じ職種でも、海外業務がメインとなる求人もあり、その場合には、要求度が高くなる傾向があるので、その点は注意してください。

 

なお、ロート製薬独自のユニークな制度として、過去にロート製薬を退職した人、内定はしたものの他社へ行くことを決めた人のみが応募出来るカムバック採用、リベンジ採用というものがあり、不定期で、求人が発生しています。

 

また、契約社員としての採用となりますが、コールセンターのカスタマーサポートやスキンセラピスト(エステティシャン)を募集する求人が、たびたび発生しています。こちらでは、学歴・経歴不問なので、基本的に誰でも応募可能です。

 

求人情報の入手方法

ロート製薬では、中途採用希望者向けの専用サイトを用意しており、こちらのサイトから、募集がかけられている求人の一覧・詳細について、確認することが出来ます。
http://www.rohto.co.jp/recruit/career/

 

また、ロート製薬は、転職エージェント経由でも人材募集をかけていますが、求人によっては、一般公開はせずに、転職エージェントに登録している人材の中から、条件に合う人をリクルートするというケースもあります。

 

いわゆる非公開求人と呼ばれるものとなりますが、好条件の求人が少なくないので、ロート製薬への転職を目指すのであれば、公式サイトをチェックするだけでなく、転職エージェントにも、問い合わせておくことをオススメします。

 

このページの最後に、ロート製薬の中途採用求人の取扱実績がある転職エージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ロート製薬の社員の年収・給与制度について

ロート製薬に勤務する社員の給与水準ですが、具体的な年収例を職種別に挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 経理財務 課長 52歳 年収1200万円
  • 研究開発 30歳 年収650万円
  • 研究開発 30歳 年収600万円以上
  • 研究開発 31歳 年収700万円
  • 研究部門 課長 45歳 年収1100万円
  • 営業 27歳 年収500万円
  • 営業 28歳 年収630万円
  • 営業 31歳 年収368万円
  • 営業 34歳 年収480万円
  • 営業 37歳 年収500万円
  • 営業 58歳 年収752万円
  • ソフトウェア開発 35歳 年収766万円
  • ハードウェア開発 36歳 年収760万円
  • 店長・店長候補 27歳 年収412万円
  • マンション・ビル管理 29歳 年収412万円
  • マーケティング・企画 28歳 年収716万円
  • マーケティング・企画 40歳 年収1138万円

 

ロート製薬の給与レベルは、製薬業界のなかでは、それほど高いほうではありませんが、他業種の上場企業の平均額と比較すれば、十分に高いレベルにあり、主任クラスで年収 700万円~800万円、係長クラスで年収 1000万円というケースも、珍しくありません。

 

給与体系は、基本給+賞与の形となり、賞与の比率が高くなっています。基本給のベースアップはそれほど大きくありませんが、減給は基本的にありません。

 

賞与は年2回の支給となります。業績連動のため、前年の業績によって、アップダウンが大きくなりますが、それでも、最低で各2か月、合計4か月分は支給されるので、かなり恵まれていると言えます。

 

部署によっては残業が多くなりますが、残業代は、全額がしっかり支払われているので、サービス残業の心配はなく、安心です。

 

福利厚生については、一通り揃っており、特徴としては、家族手当が充実しています。また、社内には、薬膳料理を食べられるレストランやマッサージを受けられる施設が用意されているなど、ロート製薬独自のユニークなものが多いです。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途で入社する場合、前職の給与やそれまでの経歴、業績などをもとに、基本給が決められることになりますが、交渉次第では、数字が変わってくるので、会社側からの提示額に納得がいかない時には、そこで妥協せず、しっかりと交渉するようにしてください。

 

もし、こういった交渉ごとが苦手ということであれば、下手に自分で実行しようとはせず、前述した転職エージェントに、交渉を任せてしまうことをオススメします。

 

彼らは、転職のプロなので、この手の交渉に慣れており、より良い条件で転職出来るように、うまく話を進めてくれます。結果的に、数字の上積みに成功するケースが少なくないので、一任してしまったほうが賢明です。

 

(苦手な人にとっては、条件交渉というのは、かなりストレスフルなことなので、そういったストレスから解放されるというのも、大きなメリットです。)

 

ロート製薬の評価制度について

ロート製薬の評価制度は、自己評価を提出して、その内容をもとに、上長が最終評価を下すという形になりますが、特徴的なのは、自己評価の内容に関する自由度が高いということです。

 

提出する用紙のフォーマット自体は決められているものの、書くテーマと内容に関しては、制約はなく、数字の実績を書くことも出来れば、そういったことには一切触れずに、努力する姿勢、仕事への取り組みといったプロセス的なことのみを書くということも可能です。

 

業績・プロセス、いずれにおいても、自分が最も自信があることをPR出来るので、自分の長所や特性(得意なこと)を活かすことを、自然と意識するようになる人が多いです。

 

そのため、社員一人一人の仕事に対する意欲は高いですし、自己啓発的な面での努力を熱心に行う人も多いなど、社員の成長を促進させるユニークな評価体制と言えます。

 

ちなみに、ロート製薬の上層部には、社員の人間性をしっかり理解しようという意識が強く、実際、社員の声に耳を傾けてくれるので、自分の思いや考えを、しっかりと伝えることができます。

 

キャリアパスに関しては、ランクアップチャレンジという制度が設けられており、昇進を希望する人が、自主的に応募する形になっています。あくまでも本人の実績・実力をベースに判定されるため、年齢や在籍年数を問わず、実力のある人が、速いスピードで昇格出来る体制となっています。

 

キャリア志向が強い人にとっては、良い環境と言えますし、その反面、今のポジションで仕事を続けたいので、昇進を望まないということであれば、そういったキャリアも追求出来るので、このあたりの自由度も高いです。

 

成長環境について

ロート製薬では、数多くの社内研修や勉強会が活発に行われており、希望すれば社外研修にも自由に参加出来るなど、学ぶための環境は十分用意されています。

 

また、土日・祝日と平日の就業後における副業を認める『社外チャレンジワーク』、複数の部門・部署を同時に担当出来る『社内ダブルジョブ』といった制度が用意されているなど、自分の希望に合わせて、様々な経験を積むことが出来るようになっています。

 

これは、単に決められた仕事をこなすだけではなく、新しい働き方を見つけることにもつながり、自分のキャリアを広げるという意味では、かなり有用な制度となっています。

 

元々、ロート製薬には、社員の自主性を尊重する風土があるので、自分の意見をどんどん言えますし、上層部も積極的に、それらの意見を吸い上げてくれるので、日常業務のなかにおいても、主体性を持って働ける職場です。

 

そういった意味では、やる気さえあれば、幾らでも自分を磨ける環境と言えるでしょう。

 

ちなみに、ロート製薬は、スペシャリストよりもマルチプレーヤーを重視する会社なので、頻繁に社内異動をさせて、幅広い経験を積ませることを、社員教育の基本においています。

 

そのため、一つの仕事を深く追求したいという人にとっては、自分の理想を追い求めるのは、難しい部分があります。しかしながら、自分からキャリアに対する希望を会社側に伝えれば、受け入れてもらえる余地は、十分にあるので、何かあれば、遠慮なく伝えるようにしてください。

 

ワークライフバランスについて

ロート製薬は、『休まず働け』といった体育会系のような雰囲気はないものの、プライベートとのバランスの取り易さについては、所属部署や仕事の内容によって異なります。

 

日常的に残業が多く、仕事を持ち帰るような部署もあれば、毎日、ほぼ定時に帰宅出来るような部署もあります。ただし、ここには、時期的なものも加わるので、一概に、ここが忙しいということは言えないというのが、正直なところです。

 

なお、全社的な傾向としては、ロート製薬では、フレックス勤務が導入されてはいますが、コアタイムが長めのため、スケジュール管理の柔軟性は、それほど高いものではありません。

 

その反面、休日出勤は基本的になく、土日祝日は確実に休めますし、夏季休暇や年末年始休暇のほかに、連続有給休暇制度もあるため、オフの時間は、しっかり確保出来ます。

 

働く時はしっかり働き、休む時は休むといった、メリハリのある働き方がしたい人にとっては、ロート製薬は、満足出来る環境と言えるでしょう。

 

女性の働きやすさについて

ロート製薬には、多数の女性社員が在籍しており、若い女性であっても活躍出来る場が数多くある会社です。たとえば、柱となるプロジェクトや海外事業を、若手の女性に任せるケースが多々あり、実際にそれで成功を収めている事例も多いです。

 

管理職の女性比率は、それほど高くはありませんが、リーダークラスであれば、活躍している女性は多いです。

 

家庭との両立という点においても、産休・育休の制度が整っており、復帰後には、時短勤務を選択出来るようになっているため、子育てをしながら働くことが、十分に可能です。実際に産休から復帰して、働いている女性社員は多いですし、2~3人の子供を持つお母さんも多いです。

 

最近では、託児所を設置する事業所が増えつつあるなど、全般的に女性にとっては、働きやすい環境が整っている会社と言えます。

 

ロート製薬の転職先としての価値

ここまで、ロート製薬の待遇・就労環境について、様々な角度から見てきましたが、トータルで考えれば、転職を目指すだけの魅力が十分にある会社と言えます。

 

もちろん、誰にでも合う完璧な会社というのは存在しないので、自分との相性については、じっくりチェックすべきですが、少なくても、真剣に考慮するだけの価値がある企業なので、ぜひ、自分自身の価値観と照らしあわせながら、転職の有無について、考えてみてください。

 

下記に、ロート製薬の中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職エージェントをリストアップしていますが、彼らは社内事情にも精通しているので、このあたりの判断に迷うところがあれば、一度相談してみてください。第三者の立場で、客観的にアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、エージェントは、様々な企業の求人案件を扱っているので、他社の求人を紹介してもらって、ロート製薬と比較してみるのもアリです。比較することで、はじめて見えてくることもありますし、ロート製薬以上に、自分にピッタリの会社が見つかるかもしれません。

 

転職先を決める際に、候補が多いに越したことはないので、ぜひ、他社のことについても、話をしてみてください。

 

<ロート製薬の中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ