三和化学研究所の中途採用事情~求人の傾向、社員年収、就労環境など~

三和化学研究所の中途採用事情

 

糖尿病・腎疾患の治療薬を中心とした医薬品、診断薬の研究開発・製造販売事業、及び、医薬品の受託製造事業を展開する製薬会社、三和化学研究所。多種多様な製剤を高品質・低コストで製造する世界初の技術、OSDrC(オスドラック)を実用化するなど、開発力の高いメーカーです。

 

自社の新薬開発への応用はもちろん、大手製薬メーカーから、製品の大規模生産を受託したり、海外製薬メーカーへの技術供与を行ったりするなど、他メーカーとの協働も盛んであり、こういった状況を反映して、業績は好調に推移しています。

 

人材採用の動きも活発であり、中途に関しても、MRを中心に、様々な職種において、募集がかかっています。三和化学研究所への転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

このページでは、三和化学研究所の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の労働環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

三和化学研究所の中途採用求人の傾向

医療用医薬品、診断薬、医療用食品の三事業を柱に企業活動を続けてきた三和化学研究所ですが、なかでも糖尿病分野においては、非常に高い評価を得ており、年々、業績が伸びています。

 

そのため、更なる事業拡大に向け、各拠点の営業力を強化することを、中途採用の最大の目的としており、MRを大々的に募集しています。応募資格は学歴・年齢不問となっており、間口は広いです。MR未経験者でも応募可なので、異業種からの転職も可能です。

 

その一方、医薬品メーカーでのMR経験者(MR認定資格取得者/コントラクト可)は優遇されるので、実績次第では、前職を大きく上回る好条件を提示される可能性もあります。

 

MR以外では、研究開発(製剤研究、探索研究、開発モニター)、生産技術、生産管理、経理財務、経営企画、人事、法務といった職種を対象に、求人が発生することがありますが、これらの職種においては、新卒採用を軸にしているため、中途での募集頻度は、かなり少ないです。

 

求人情報の入手方法

三和化学研究所の公式サイト内に開設されている、キャリア採用ページにおいて、募集要項が公開されているので、そちらから、求人情報を入手することが可能です。
http://www.skk-net.com/recruit/recruit/02/index.html

 

もしくは、民間の転職会社を通す形でも、募集がかかっているので、そちらから、求人情報を入手することも可能です。

 

公式サイト、転職会社、どちらからも、入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、様々な企業の求人情報を扱っているので、三和化学研究所の求人を他社のものと比較してみたいといった時には、まとめて紹介してもらえるので、自分で探す手間が省けて便利です。

 

また、転職会社に一度登録しておけば、その後は、自分が希望する条件に合致する求人が発生するたびに、メールなどで通知してもらえます。

 

三和化学研究所は、MR以外だと、求人がいつ発生するか分からないこともあるので、登録しておいて、後は連絡を待つだけという体制にしておくと便利です。(自分で、こまめにチェックするのは面倒なので、転職会社を活用するのが賢明です。)

 

このページの最後に、三和化学研究所の中途採用求人を扱っている代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

三和化学研究所の社員年収・給与水準

三和化学研究所において働く社員の年収ですが、職種別に具体例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 生産管理 30歳 年収500万円
  • 生産管理 30歳 年収550万円
  • 営業 27歳 年収450万円
  • 営業 28歳 年収510万円
  • 営業 28歳 年収480万円
  • 営業 29歳 年収600万円
  • 営業 30歳 年収500万円
  • 営業 32歳 年収550万円
  • 営業 副主任 35歳 年収650万円
  • 営業事務 27歳 年収450万円
  • 研究開発 28歳 年収600万円
  • 研究開発 30歳 年収550万円

 

毎月の給与に加え、年2回(実質4.78月分)の賞与があります。また、会社の業績次第では、4月に、特別賞与が支給されることもあります。

 

三和化学研究所は、福利厚生が充実している会社であり、主なものだけでも、健康保険組合、企業年金基金、財形貯蓄、住宅融資、社員福祉共済会、社員持株会、総合福利厚生サービス(ベネフィット・ステーション)、再雇用制度、育児・介護休業制度などがあります。

 

住宅手当に関しては、内資系製薬会社だけあって、かなりの額が支給されており、入社後数年は会社が家賃の9割を負担してくれます。また、保険に関しては、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険が完備されています。

 

なお、住宅手当以外の手当に関しても、営業日当(2000円)、子供一人当たり1万円の育児手当、通勤手当、私有車制度(3000円)等があります。

 

三和化学研究所は、製薬メーカーとしては、給与水準はごく一般的なものであり、特筆出来るものではありませんが、福利厚生の充実度を合わせると、待遇面はなかなかのものです。定期昇給もしっかりありますし、リストラの心配もないので、安定して仕事に打ち込める環境と言えます。

 

(業界平均とはいっても、製薬業界自体が高水準なので、給与額自体も、他業種の企業と比べれば、高額と言える部類に入ります。)

 

中途採用で入社する時の注意点

三和化学研究所は、年功序列型の給与体系となっており、中途採用の場合にも、同年代の現役社員の給与額を軸に、初任給が決まることになりますが、前職までの経歴・実績も加味されるので、交渉次第では、上積みが期待出来ます。

 

そのため、会社側からの提示額に満足出来ない時には、納得がいくまで、話し合うことをオススメします。転職時というのは、ある意味、最も、自分の希望を通しやすいタイミングなので、ぜひ、活かしてください。

 

もし、条件交渉が苦手ということであれば、前述した転職会社に代行してもらうことをオススメします。彼らはプロなので、この手の交渉事に慣れており、うまく話を進めてくれます。実際、ベースアップに成功するケースが多いので、安心して任せてしまって大丈夫です。

 

三和化学研究所の評価制度について

三和化学研究所の評価制度は、年功序列を基本として、半期ごとの業務目標達成率、及び、直属の上司との面談によって、人事考課が為されるようになっています。

 

なお、評価基準に関しては、平成27年度より、チーム評価を廃止、個人評価のみとなりました。また、経験の少ない若手とベテランとで、行動評価と実績評価のウエイトを変えるなど、公平を期すための工夫がされています。

 

(ただし、導入されたばかりということもあり、今後、方針が変わるかもしれません。)

 

昇進に関しては、三和化学研究所では、昇格試験制度が導入されています。一定の勤務年数を経ること、かつ、自己研修や自己啓発の通信教育講座を受講することが、受験資格となるので、条件としては、けっこう厳しいです。

 

目安としては、チームマネージャーへの受験資格が得られるのが、40歳前後になります。

 

教育制度・成長環境について

三和化学研究所は、年齢・経験年数を問わず、重要度の高い仕事を割り当てる会社であり、入社後、早い段階から、責任あるポジションに就いて、他社ではなかなか経験出来ない仕事に従事することが出来ます。

 

冒頭でも触れましたが、特に、糖尿病・腎疾患の治療薬や診断薬の開発に関しては、日本有数の技術を誇る会社なので、極めて高度な専門知識を、幅広く身に付けることが出来ます。

 

また、希望すれば、様々な業務を担当させてもらえるので、仕事を通じて、色々な領域の知識を習得することが可能です。

 

三和化学研究所は、研修制度も充実しており、新入社員に関しては、一般研修、MR導入研修、MR認定試験対策研修、OJT(ブラザーシスター制度)などがあり、特にMR資格取得のための研修制度は、非常にレベルが高く、そのため、業界でも合格率が高いことで有名です。

 

三和化学研究所は、異業種からの転職者も採用しているので、これから、MRとして働いてみたいという人が、キャリアを始める場所としては、最適です。

 

また、在来社員や転職者のための研修についても、2年目フォローアップ研修、中堅社員・管理者の職種別・階層別研修、MR継続研修、自己啓発通信教育など、学べる機会が豊富にあります。

 

三和化学研究所は中堅製薬会社のため、自主的に動く社員ほど、優先して仕事を得られるようになっていますし、同時に、仕事に対する裁量も与えられるので、自分の判断で業務を進めることが出来るなど、自ら成長したいと考えている人にとっては、理想的な職場と言えます。

 

ワークライフバランスについて

繰り返しになりますが、三和化学研究所は、社員に大きな裁量を与える会社なので、スケジュール管理の自由度は、非常に高くなっています。

 

MRの場合、直行直帰が可能なので、さらに自由度は高いです。取引先が医療関係者やドクターということから、休日に出勤したり、平日に夜遅くまで働いたりといったことはありますが、その分、平日の昼間に休みを取るなど、調整出来ますし、多忙期を除けば、休日はしっかり取れます。

 

三和化学研究所は、社員のワークライフバランスに対する意識が高い会社なので、無駄な残業を強いられることはないですし、定時に帰宅すること、有給を消化することも、積極的に推奨しているので、自分の責任を果たしていれば、オフの時間を確保することは、十分に可能です。

 

三和化学研究所は労働組合の力が強い会社ですが、組合内にワークライフバランス委員会を設置して、就労環境の改善に精力的に活動しているというのも、大きいです。

 

女性の働きやすさについて

三和化学研究所は、女性社員が少ない会社ではありますが、女性でも働きやすいように、会社として配慮しているので、問題なく働くことが出来ます。(中核的な業務を担って、活躍している優秀な女性が多い会社です。)

 

男性管理職の定年に伴い、女性管理職の数も増えているなど、キャリアアップのチャンス開けています。

 

営業部門だと、元々が男性社会ということもあり、管理職に就いている女性は皆無ですが、現場では男女平等なので、働きにくいということはないです。

 

また、育児支援体制については、三和化学研究所は、子育てサポート企業として、『くるみんマーク』を厚生労働大臣から認定を受けるなど、子育てに対する意識が高い会社です。そのため、女性が産休・育休を取得することに対する理解も厚いです。

 

出産前後休暇として、産前6週間、産後8週間の休みが取れますし、復職も問題なく出来ます。(キャリアに影響が出ることはありません。)復帰後には、短時間勤務が選択出来るようになっているので、育児と仕事の両立も、十分に可能です。

 

三和化学研究所の転職先としての価値

給与額自体は、ごく平均的な会社ですが、福利厚生の充実度、雇用の安定性といったことも含めると、三和化学研究所は、なかなか好条件の会社といえます。

 

キャリア開発という視点で見ても、外資のように、短い期間に、飛び級で出世していくということは不可能ですが、段階を追ってステップアップしていけるので、じっくり・コツコツというタイプの人にとっては、無理なくキャリアも追求していける、理想的な職場環境と言えるでしょう。

 

(成果に対するプレッシャーは、それほど厳しくないですし、同僚との出世競争もないので、変に焦らなくて、済みます。)

 

一方、これらを裏返しで見れば、バリバリ働いて、結果を残して、どんどんのし上がっていくといったことは出来ない環境ではあるので、成果主義の世界が好きな人にとっては、やり甲斐に欠ける部分もあるでしょう。

 

このあたりは、自分がどのような働き方を選択するのか、タイプの問題ともなってくるので、自分自身の価値観と照らし合わせながら、三和化学研究所への転職を目指すのかどうか、判断するようにしてください。

 

下記に、三和化学研究所の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うようでしたら、相談してみるのもアリです。プロの視点で評価してくるので、参考になります。

 

また、前述しましたが、転職会社は、様々な企業の求人情報を押さえているので、別会社の求人を紹介してもらって、三和化学研究所の求人と、比較してみるのもオススメです。より魅力的な職場が見つかるかもしれないので、ぜひ、他社のことについても、確認してみてください。

 

<三和化学研究所の中途採用求人を扱っている転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ