三菱UFJモルガン・スタンレー証券の中途採用事情~社員年収、就労環境など~

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の中途採用事情

 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、三菱UFJフィナンシャル・グループとモルガン・スタンレーとの戦略的提携によって、2010年5月に新しく組織化された企業です。

 

個人・法人向けの資産運用コンサルティング、債券・デリバティブなどの市場商品販売、株式公開・M&A等の投資銀行業務、投資情報の収集・分析といったリサーチ業務などを、主軸事業として展開しています。

 

誕生して6年、大型クロスボーダーM&Aのアドバイザー 、大型IPO の主幹事兼グローバルコーディネーター等、数多くの実績をあげ、業界トップクラスの成長性・収益性・生産性を実現、日本の証券業界におけるリーディングカンパニーへと成長しています。

 

『証券会社の企業価値≒人材の価値』と考えている会社なので、優秀な人材の確保に余念がなく、三菱UFJモルガンは、中途採用の求人を、常時出しています。

 

一つの職種に対して、複数名を同時に募集するというのが、一般的なパターンなので、三菱UFJモルガン・スタンレー証券への転職のチャンスは、思いのほか、多いです。

 

このページでは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の労働環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の中途採用求人の傾向

現在、三菱UFJモルガン・スタンレー証券のキャリア採用は、営業職の募集がメインとなり、リテール営業、エリア総合、法人営業の3職種に分かれる形で、募集がかかっています。

 

それぞれ、応募資格が異なるので、詳細については、個々に確認するようにしてください。ただし、いずれの職種においても、証券会社、生保・損保、銀行での実務経験と、証券1種外務員資格が必須となるのは、共通しています。

 

また、営業職以外では、アナリスト、トレーダー、リスク管理、商品開発(アクチュアリー)、人事、経理財務、経営企画といった職種において、募集がかかることがありますが、営業職と比較すると、求人の発生頻度は少なめとなります。

 

こちらも、該当業務における実務経験を有することが、応募条件になると考えてください。(求人によっては、ビジネスレベルの英語力が必要要件に加わるケースもあります。)

 

求人情報の入手方法

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の公式サイト内に、採用情報ページが開設されており、そちらのページにおいて、中途採用求人の募集要項を確認することが出来ます。
http://www.sc.mufg.jp/company/recruit/career/index.html

 

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、転職会社経由でも募集をかけているので、金融業界における転職支援サービスを得意とする転職会社に問い合わせることでも、求人情報を入手することが可能です。

 

どちらでも、入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、様々求人案件を扱っているので、三菱UFJモルガンを含む、複数の求人を比較検討してみたいといった時には、まとめて求人情報を入手出来るので、便利です。

 

このページの最後に、金融業界に強い代表的な転職会社をリストアップしておきますので、必要に応じて活用してみてください。

 

※補足
転職会社は、様々な業種の企業の求人情報をカバーしているので、別業種の求人について、教えてもらうことも出来ます。

 

ちなみに、金融業界に強い転職会社の場合、コンサルティング業界、及び、業種を問わず、マネジメント層(経営・役員レベルを含む)の求人に力を入れているところが多いです。

 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の社員の年収・給与制度について

三菱UFJモルガン・スタンレー証券に勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 営業 25歳 年収400万円
  • 営業 26歳 年収500万円
  • 営業 26歳 年収450万円
  • 営業 27歳 年収600万円
  • 営業 28歳 年収600万円
  • 営業 28歳 年収700万円
  • 営業 30歳 年収1000万円
  • 投資運用アナリスト 25歳 年収800万円
  • 投資運用 29歳 年収500万円
  • 投資運用 部長代理 30歳 年収1000万円
  • 投資運用 エグゼクティブディレクター 40歳 年収2800万円
  • 経理財務 31歳 年収850万円
  • 経理財務 35歳 年収550万円
  • リスク管理 42歳 年収800万円
  • 法務 40歳 年収1100万円
  • 経営企画 30歳 年収800万円
  • 経営企画 40歳 年収1100万円
  • 経営企画 課長代理 32歳 900万円
  • 人事 25歳 年収500万円
  • 人事 30歳 年収650万円
  • 商品企画 30歳 年収1000万円

 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の給与体系は、月給に加えて、年2回のボーナスから構成されており、年収に対するボーナスの比率が高いのが特徴です。

 

ボーナスの支給額については、会社の業績・市場の動向によって左右されるため、1ヶ月分を下回る年もあれば、5ヶ月分が支給される年もあり、その時期によってバラバラです。

 

なお、三菱UFJモルガンでは、ボーナスを算出するための計算式が設定されていますが、この内容は、こまめに変更されているので、興味がある人は、最新の内容について、直接問い合わせてみてください。(転職会社に聞けば、教えてもらえるはずです。)

 

基本給については、役職と勤務年数によって決まる、年功序列型です。昇給については、年1回10月に給与見直しの機会があり、ほぼ全員、アップすることになります。

 

残業代に関しては、部長代理までが支給対象となり、実働分が全額、支給されることになります。(三菱UFJモルガンの残業時間は、1ヶ月平均38時間程度です。)

 

福利厚生については、従業員持株制度、財形貯蓄制度、退職金制度、確定拠出年金制度、社宅・寮制度など、かなり充実しており、特に社宅・寮制度に関しては、30歳になるまで、月5000円の借り上げ寮に住むことが出来ます。

 

30歳を過ぎ、寮を出た後も住宅手当は厚く、3万円ほどの自己負担で、かなり高級なマンションに住むことが出来ます。ただし、自己都合で30歳になる前に寮を出ると、その後の住宅補助は、一切受けられなくなるので、注意してください。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途の場合、前職までの経歴・実績を加味して、基本給が算出されることになりますが、ここは交渉次第で数字が変わってくるので、会社側からの提示額に満足出来ない時には、納得がいくまで、話し合うことをオススメします。

 

下手に妥協してしまうと、後々まで後悔しかねないので、要注意です。(三菱UFJモルガンの場合、外資ように、大幅に基本給がアップすることはないので、入社時に設定される金額というのは、かなり重要です。)

 

こういった条件交渉が苦手ということであれば、前述した転職会社に交渉の代行を依頼してください。彼らはプロなので、この手の交渉事に長けており、快く引き受けてくれます。

 

しこりが残らないように、うまく話をしてくれますし、その結果、給与額のアップに成功するケースも多いので、交渉ベタな人が自分で何とかしようとするよりも、最初から任せてしまったほうが、賢明です。

 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の評価制度について

基本給に関しては、年功序列が基本となり、年齢・勤続年数や役職をベースに算出されることになるので、人事評価が大きく影響することはありません。

 

その一方で、ボーナスの支給額については、半期ごとの個人実績次第で、支給額が変わることになります。

 

ただし、営業のように、個人実績が数値化される職種の場合、指標が明快なので分かりやすいのですが、バックオフィスだと、そのあたりが曖昧になることもあり、結局、基本給同様、個人差が殆ど生じないような状況となっています。

 

一方、営業のような職種においては、数字を挙げていれば、評価も高くなり、ボーナスもアップします。なお、営業目標については役職ごとに設定されていますが、ランキング制が導入されているため、日本国内全体で、順位付けがなされることになります。

 

成績は絶対評価のため、自分に割り当てられた目標を達成したとしても、同一ポジション(役職)の社員で、より高い成績を残した人間がいれば、当然、その人よりも、順位は劣ることになります。

 

評価においては、対目標比ではなく、あくまでもどれだけ収益や売上を残したかということで判断されるので、営業目標は設定されるにしても、あくまでも一つの目安に過ぎないと捉えておいたほうがいいです。

 

なお、三菱UFJモルガンでは、各社員の人事評価の内容については、細部まで本人に開示されているので、透明性は高いです。

 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の教育制度・成長環境について

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、能動的に動ける社員を高く評価する会社であり、自ら手を挙げることで、年齢や経験、役職を問わず、プロジェクトの主担当として案件を任せてもらえるので、意欲さえあれば、仕事を通じて、幾らでも自分を成長させる機会が得られる環境です。

 

社内転職制度も用意されているため、幅広い職種を経験して、キャリアの幅を広げることも出来ます。(現在の職種において、業務経験を積んで、スムーズに仕事がこなせるようになると、さらに自分を成長出来る機会を求めて、異動を志望する人が多い会社です。)

 

また、三菱UFJモルガンは、社内教育体制が整備されている会社でもあり、職種や役職に応じた社内研修が用意されているのはもちろんのこと、社外セミナー・研修への参加補助制度や海外留学制度、モルガン・スタンレーグループの海外支社への派遣制度なども設けられています。

 

向上意欲が高い社員を、積極的にバックアップしている会社なので、学びの機会についても、申し分なしです。

 

なお、こういった企業風土を持つ会社なので、三菱UFJモルガン・スタンレー証券においては、主体性があることを、人事採用の条件としており、面接の過程において、厳しくチェックされるので、積極的にPRすることが重要です。

 

ワークライフバランスについて

証券会社となると、激務というイメージがあるかもしれませんが、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の場合、それほどでもありません。繁忙期を除けば、残業や休日出勤の機会というのは、それほどないですし、繁忙期というのも、期間としては極めて短いです。

 

そのため、基本的には、毎日、ほぼ定時に帰宅して、週末には休める会社と考えてください。ただし、営業など、職種によっては、取らなければいけない資格が多くなるため、終業後は試験対策の勉強に追われることもあります。

 

もちろん、これは、残業とはカウントされませんが、仕事に関する拘束時間とも言えるので、ワークライフバランスを重視する人は、この点は頭に入れておいたほうがいいです。

 

具体的に、どれだけの勉強時間が必要になるのかというのは、担当業務、及び、その人の経歴によっても違ってくるので、気になる人は、詳細について事前に確認しておくようにしてください。

 

休暇に関しては、年に2回(夏・冬)、リフレッシュ休暇として5日ずつ、合計10日間の有給が付与されており、夏に関しては、全員取得が義務づけられています。

 

そういった意味では、定期的に必ず、まとまった休みが取れることになりますが、営業の場合、月ごとで営業成績が集計されることになり、休暇のせいで、予算達成が難しくなることもあるので、休暇が多い月には、その分を前持ってフォローしておくなど、自己管理が必要となってきます。

 

女性の働きやすさについて

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、完全に男女平等の会社なので、性別に関係なく、役職等に応じて、個人目標が割り当てられることになり、そこで結果を出せば、その結果に応じた評価を受けられます。

 

最近では、元々、男性中心だった営業部門においても、女性社員が増加傾向にあるので、営業職としての転職についても、問題なしです。

 

ただし、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、全社的に、結婚・出産後も仕事を続ける人が多い会社なのですが、営業に関しては、職種がら、育児と仕事の両立が難しく、常に一定の割合で、辞めていく人がいます。

 

一方、営業以外の職種に関しては、時短勤務が使えることもあって、子育てをしながら仕事をしている人が多いです。ただし、成果目標の数値について、大目に見てもらえることはないので、その点においては、大変です。(覚悟しておいたほうがいいです。)

 

三菱UFJモルガンは、社内に女性活躍推進室を設けて、女性が積極的に働くことが出来る環境作りに取り組んでおり、実際に、年々、環境が良くなっているので、今後に関しては、ますます期待出来ます。総じて、女性に対しても、オススメ出来る転職先と言えます。

 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の転職先としての価値

社名を見ると、勘違いしてしまうかもしれませんが、三菱UFJモルガンは日系の会社なので、待遇面については、年功序列が基本であり、外資のように、自分の実力で一気に年収をアップさせたり、ポジションを上げたりといったことは難しい会社です。

 

そういった意味では、つまらなさを感じる人がいるかもしれませんが、仕事そのものは、外資のように、自分が主体的に動けますし、仕事の割り振りについても、実力主義で幾らでもチャンスをもらえるので、仕事自体に対するやり甲斐は、十分に感じられるはずです。

 

残業や休日出勤が少ないので、プライベートを充実させながら働くことが出来ますし、待遇面についても、横並びという面はありつつも、業界トップクラスの企業だけあって、高いレベルで安定しているので、満足出来る人が多いと思います。(福利厚生が充実しているというメリットもあります。)

 

総合的にみて、オススメと言える会社なので、この業界に興味があるのであれば、転職先候補として、真剣に検討してみてください。

 

下記に、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に詳しいので、より細部について知りたいことがあれば、直接問い合わせてみてください。

 

また、転職会社は様々な企業の求人案件を保有しているので、他社のことについて聞いてみるのもアリです。

 

他社の求人と比較することで、三菱UFJモルガンの価値が、より客観的に把握出来ますし、その過程で、より魅力を感じる企業と出会えるかもしれません。転職先を探す際に、候補が多くて困ることはないので、ぜひ、他社のことについても、話をしてみてください。

 

<三菱UFJモルガン・スタンレー証券の中途採用求人を扱っている転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ