大正製薬の中途採用事情~求人の傾向、社員年収、就労環境など~

大正製薬の中途採用事情

 

リポビタンD、パブロン、リアップ、コーラックなど、知名度の高いベストセラー商品を数多く保有する大正製薬ですが、近年は、医療用医薬品の販売が不調なこともあり、好調を維持している製薬業界のなかでは、例外的に苦戦しています。

 

最近でも、抗菌薬「ゾシン」や「クラリス」、末梢循環改善薬「パルクス」といった主軸製品群の売上・利益が、薬価改定と後発医薬品の影響で、大幅減となっています。ただし、ルセフィ、ロコア、ボンビバなど、新薬上市の取り組みが活発化しており、回復の道筋が見えてきています。

 

業績も僅かなら上方修正されているので、今後は復調する可能性があります。(海外展開の動きも強化されています。)

 

人材採用の動きも活発であり、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。大正製薬への転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

このページでは、大正製薬の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の労働環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

大正製薬株式会社の中途採用求人の傾向

中途に関しては、研究開発部門からの求人が、かなり多くなっています。製剤研究、臨床開発、安全性研究、薬物動態研究、薬理、品質管理、生産技術、物流設計等、募集対象となっている職種は多岐に渡ります。

 

医療用医薬品、一般用医薬品の2部門に分かれる形で、募集がかかっており、それぞれ、応募資格が異なるので、詳細については、個々に確認するようにしてください。ただし、どちらにおいても、実務経験が必須となるのは一緒です。

 

研究開発部門以外では、管理部門関連の求人が多くなっており、具体的には、法務、財務(管理会計、海外連結決算)、経営企画、海外事業推進・管理といった職種の求人が出ています。こちらも、該当業務に関する実務経験が必須です。(語学力が要求されるケースもあります。)

 

なお、MRについては、大正製薬は新卒で大量に採用して、じっくり育てるという方針を取っているので、中途に関しては、あまり募集頻度は多くありません。

 

しかしながら、現場のスタッフを管理出来るリーダー、マネージャーを募集することがあるので、興味がある人は、こまめに求人を確認するようにしてください。(営業経験に加えて、マネジメントスキルを有することが応募条件となります。)

 

求人情報の入手方法について

大正製薬では、キャリア採用情報ページを開設しており、そちらのページにおいて、募集要項、及び、現在、募集がかかっている職種について、確認することが出来ます。
http://www.taisho.co.jp/recruit/career/

 

また、大正製薬は、中途に関しては、転職会社経由でも、募集をかけているので、そちらからでも、求人の内容について、確認することが可能です。

 

どちらでも、入手出来る情報は変わらないのですが、転職会社の場合、様々な企業の求人情報を押さえているので、大正製薬の求人を、他社の求人と比較してみたいという時には、便利です。

 

また、希望職種に関する求人が存在しない時には、求職者登録(会員登録)をしておけば、新規求人が発生するたび、その都度、メールなどで通知してもらえるので、自分で探す手間が省けますし、求人に気付かないというミスを防ぐことにもなるので、一石二鳥です。

 

このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますが、なかなか便利な存在なので、うまく活用してください。

 

大正製薬株式会社の社員年収・給与水準

大正製薬において働く社員の年収ですが、職種別に具体例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 営業 32歳 年収550万円
  • 営業 35歳 年収800万円
  • 営業部マネージャー 40歳 年収800~900万円
  • 研究主任 32歳 年収700~750万円
  • 研究主任 36歳 年収700万円
  • 研究課長クラス 37歳 年収720万円
  • 臨床開発 新卒5年目 年収500万円
  • 営業事務 30歳 年収500~600万円
  • 研究職 新卒4年目 年収520~600万円
  • 研究職 入社9年目 年収750万円
  • 製造品質 管理職クラス 入社20年目 年収800~950万円

 

従業員数の平均年齢は45.6歳、平均年収は844万円となっています。給与は製薬業界のごく平均と言える水準です。

 

給与体系としては、基本給と年2回の賞与(月給3ヶ月×2回)から構成され、営業に関しては個人業績によって、賞与額に差が出てくるので、同年代・同じポジションでも、年収差が大きく生じることになります。

 

なお、昇給に関しては、年初に設定した具体的な目標に対する達成度で算出される仕組みとなっていますが、査定の基準がかなり厳しく、あまり期待出来ません。よほど顕著に良い成績が出ない限り、昇給に結びつくことはないでしょう。

 

なお、内勤職の場合、営業と違って、管理職になるまでは、同一職種において、それほど給与額に差が生じることはありません。全員、ほぼ横並びです。

 

福利厚生については、大正製薬は充実しており、財形貯蓄、持ち株、確定拠出年金、社宅、営業手当、車の維持費補助、駐車料金負担、携帯、PC貸与など、様々な恩恵を受けられます。

 

また、営業職の場合、営業手当とは別に、1日4時間の外勤で、日当2500円(非課税)が、別途支給されるようになっています。

 

基本的に年功序列型の給与体系ですが、残業代に関しては上限がなく、全額、しっかり支払われています。管理職になると、別の給与体系に変わるので、一時的に給与が下がりますが、管理職手当など、給料ベースは、年々、着実に上がっていくので、収入の安定性は抜群です。

 

補足)中途採用で入社する時の注意点

大正製薬の給与体系は年功序列ですが、中途採用に関しては、事情が異なります。前職の実績を考慮して、給与額が決められるようになっており、いわば実力主義なので、個人差は大きなものとなります。

 

同時に、交渉次第で、数字が変わってくるという要素もあるため、会社側からの提示額に納得がいかない時には、自分の希望額をしっかりと伝えて、話し合うようにしてください。ここで妥協してしまうと、後々まで後悔することになるので、要注意です。

 

こういった条件交渉が苦手ということであれば、前述した転職会社に交渉を代行してもらってください。彼らはこういった交渉ごとに慣れているので、うまく話を進めてくれます。

 

何かしらの上積みを勝ち取るケースが少なくないので、交渉が苦手な人が無理に自分で何とかしようとするよりも、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

大正製薬株式会社の評価制度について

大正製薬の人事評価は、ノルマの達成率、及び、仕事に対する取り組みなどを、総合的に判断するものとなっていますが、最終的には、査定役である上司の考え次第となります。

 

そのため、大正製薬において、高評価を得るには、上司の期待に応えることが最重要であり、そのためには、日頃から、コミュニケーションを取って、自分が何を求められているのか、自分の役割を正確に把握しておくことが、必須事項となります。

 

その一方で、既存製品の売上高を大幅にアップすることに寄与した、自分が開発に関わった製品が正式に採用されたなど、目に見える実績を出した時には、大きな評価を得ることになり、それが、昇給や昇進につながることがあるので、仕事のパフォーマンスも、やはり重要です。

 

仕事の進め方・成長環境について

大正製薬といえば、一般用医薬品のリーディングカンパニーとして、知名度にもブランド力にも、素晴らしいものがありますが、この会社の良いところは、トップダウン形式の組織体系で、命令系統が明確であり、トップから末端まで、仕事の一貫性があるということです。

 

具体的には、新入社員から部門長までの複数名からチームが構成されて、そのチームでプロジェクトを運営するといったスタイルとなります。

 

これは、トップダウン形式の経営の威力が一番出る仕事のやり方と言えますが、逆に言うと、ボトムアップで意見が吸い上げられることが少ない環境とも言えます。

 

ただし、そういった環境のなかでも、自分から行動出来る人、新しいアイデアを提案出来る人というのは、高い評価を受けやすい傾向にあります。

 

その結果として、会社から期待されるようになり、重要な仕事を任せてもらえるようになりますし、複数の業務を同時に担当するといったことも出来るようになります。

 

ここで結果を出すと、さらに大きな役割が与えられるなど、好循環のサイクルに入っていきますが、そうなると、将来有望と見られるようになり、出世の道筋も見えてきます。

 

ワークライフバランスについて

大正製薬は、各部署によってかなり労働環境に差がある会社です。営業は会社の根幹に位置する部署ということもあり、他の製薬会社同様、多忙であり、特に、繁盛期や月末の数字を追い込む時期には、残業や休日出勤の機会が増えることになります。

 

しかし、個人の裁量で仕事を進められるので、スケジュールをうまく工面することで、プライベートの時間を確保している人も少なくないので、自分次第で何とかなるという一面もあります。

 

一方、営業部門以外の部署においては、ワークライフバランスはおおむね、良好と言えます。特に、研究職に関しては、実験そのものが各個人のペースで任されているうえ、残業が制限されています。定期的な休暇も取りやすいので、かなり自由度が高いと言えます。

 

女性の働きやすさについて

大正製薬は女性の活用が進んでいる会社であり、性別によって役割が変わるといったことはなく、多くの女性が第一線で活躍しています。キャリアアップの機会も開けており、女性管理職が多い会社でもあるので、キャリア志向が強い女性にはオススメの会社です。

 

その一方で、産休・育休、時短勤務など、子育て支援体制も充実しており、出産後も、仕事を続ける女性が多い会社でもあるので、子育てと仕事の両立を視野に入れている女性にも、大正製薬はオススメの会社です。

 

ただし、営業部門の場合、圧倒的に男性が多く、事業所によっては、女性が一人もいないところもあるなど、まだまだ男性社会的な色が残っているので、女性にはやりづらい環境です。

 

大正製薬の転職先としての価値

給与水準については、業界のごく平均的なレベルなので、製薬会社としては可も無く不可も無くというところですが、製薬自体、恵まれている業界なので、日本企業全体のなかで見れば、大正製薬の待遇面は、かなりのものです。

 

それでいて、それほど激務ではなく、ワークライフバランスも維持出来るので、そのバランスを考えると、優良企業と言えるでしょう。

 

ただし、人事評価が、昔ながらの日系企業そのもの制度設計となっており、年功序列の色が濃いので、成果主義的な雰囲気が好きな人にとっては、今ひとつ、やり甲斐を感じることが出来ない職場かもしれません。

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分が会社に対して、何を重視するのか、優先順位=価値観を明確にしたうえで、転職の判断を下すことをオススメします。

 

下記に、大正製薬の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしていますが、彼らは、社内事情に精通しているので、転職の判断に迷うようであれば、ぜひ一度相談してみてください。プロの視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、転職会社は様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人を紹介してもらうのもアリです。もしかしたら、大正製薬以上に魅力的な企業が見つかるかもしれないので、他社のことについても、聞いてみてください。

 

<大正製薬の中途採用求人を扱っている転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ