日本ヒルズ・コルゲートの中途採用事情~求人の傾向、年収、就労環境、etc~

日本ヒルズ・コルゲートの中途採用事情

 

米国本社に拠点を置き、最新の小動物臨床営業学をもとにペットフードの開発を行っているヒルズ・コルゲート。ペットフードの開発販売メーカーのリーディングカンパニーとして、世界95ヵ国に販売拠点を持っているグローバル企業です。

 

日本でも、ペットショップに行けば、必ず販売されている商品であり、動物病院でも推奨されているので、犬や猫を飼っている人であれば、社名は知らなくても、商品自体は、必ず一度は目にしたことがあるでしょう。それぐらい知名度が高いブランドです。

 

その日本法人として、日本市場における販売事業を担っているのが、日本ヒルズ・コルゲート株式会社。1977年の設立以来、日本のペット市場拡大にあわせて、順調に売上を伸ばしてきています。

 

近年は、他メーカーの参入が相次ぎ、競争が激化しているため、売り上げの伸び率が低下していますが、ペットフードにおける業界トップの地位は健在であり、不動のブランド力と製品力を後ろ盾に、安定した売上を出している、優良企業です。

 

このページでは、日本ヒルズ・コルゲートの中途採用求人の傾向、及び社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

ヒルズ・コルゲートにおける中途採用の求人傾向

ヒルズ・コルゲートでは、現在、新卒の募集は見合わせていますが、中途の人材採用は積極的に行っています。販路拡大営業、獣医師向けのルート営業を担当する営業マンの募集案件が最も多くなり、営業経験豊富なビジネスマンが求められています。

 

ただし、前職の業種は不問とされているので、食品業界やペット業界での就労経験がなくても、大丈夫です。

 

また、営業以外では、マーケティング、品質管理、カスタマーサポート、経営企画、経理財務、人事、法務、社内SE、物流管理といった職種において、募集がかかることがありますが、求人数自体は、かなり限られたものとなります。

 

なお、日本ヒルズ・コルゲートは外資とはいっても、基本的に日本市場を相手にビジネスを展開しているため、どの職種においても、語学力については、不要とされています。

 

逆に言えば、語学を活かして働けるような機会はないということですが、マーケティング部門であれば、海外拠点との人事交流・情報交換や、各国支社合同での部門研修があるので、こういった機会を通じて、グローバルの感覚を味わいながら、働くことが可能です。

 

求人情報の入手方法について

日本ヒルズ・コルゲートでは、公式サイト内に、キャリア採用ページを開設しており、そちらから、現在、募集中の求人の詳細について確認することが出来ます。
http://www.hills.co.jp/company/recruit/index.shtml

 

また、日本ヒルズは、転職会社経由でも募集をかけることがあるので、転職会社に問い合わせることでも、求人情報を入手することが出来ます。このページの最後に代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

なお、日本ヒルズの公式サイト、転職会社、どちらを利用しても、入手出来る求人情報は一緒なので、その点は変わらないのですが、求人の発生頻度が低い職種の求人を探す時には、転職会社を利用したほうが便利です。

 

一度登録しておくと、自分が希望する求人が発生した時に、自動的に通知してもらえるので、探す手間が省けるからです。

 

公式サイトの採用ページで確認する場合、自分からこまめにアクセスしなければいけません。これは、けっこう面倒ですし、うっかりチェックすることを忘れて、せっかく新しい求人が出ていたのに、自分が知らないうちに締め切られていたといったことも起こりえます。

 

こういったミスを防ぐうえでも、転職会社というのは便利です。日本ヒルズの場合、営業職の求人であれば、すぐに見つかりますが、それ以外の職種だと、苦戦するケースが多いので、そういった時には、転職会社を活用するほうが、確実です。

 

ヒルズ・コルゲートの年収・給与制度について

ヒルズ・コルゲートに勤務する社員の年収ですが、幾つか具体的な事例を挙げると、以下のようになります。(職種別に羅列しておきます。)同業他社と比較すると給与水準は高く、社員の満足度は高いです。

 

  • 営業 32歳 年収550万円
  • 営業 主任クラス 37歳 年収640万円
  • 営業 マネージャー 35歳 年収800万円
  • マーケティング 36歳 年収550万円
  • マーケティング マネージャー 40歳 年収1000万円
  • 経理 39歳 年収600万円
  • 人事 43歳 年収650万円
  • 管理部門 統括マネージャー 45歳 年収1200万円

 

賞与は年3回あり、2回の固定ボーナスに加えて、インセンティブボーナスが業績に応じて支給されています。業績が良ければ、賞与のみで7~8ヶ月に相当する額になるので、かなり大きいです。(トヨタや日産のような大手メーカー並みです。)

 

昇給は年1回、年功序列を基本としているので、毎年、社員全員が必ず一定額、上がることになります。また、日本ヒルズでは、ジョブグレード制を導入しており、グレードが昇進することによっても、給与が上がるようになっていますが、昇進することは難しく、こういった機会は滅多にないようです。

 

福利厚生については、各種保険に加えて、ペットフードの販売会社らしく、扶養手当として一時金とペットフードを支給する扶養ペット制度が用意されています。(ペット用の忌引制度もあります。)

 

また、社員全員に、自己啓発、住宅手当、家族サービス、カフェテリアプランなどに使える、年間固定のポイントが付与されており、各個人が、自由に用途を決められるようになっています。

 

人事評価・昇給制度について

ヒルズ・コルゲートではグローバルで統一された人事考課制度として、MBO制度が導入されており、日本法人においても、その制度をもとに、人事評価が行われています。

 

具体的には、期初に設定した目標を半期ごとにレビューしたうえで、期末に最終査定が下されるという仕組みとなっており、この評価をもとに、昇給の有無とインセンティブボーナスの支給額が決定されることになります。

 

制度自体は他社と大差はないのですが、日本ヒルズの評価基準は透明性が高く、フェアなもので、内容は本人にも開示されます。

 

半期のレビュー時には、上司からアドバイスを受けられますが、おざなりのレビューではなく、かなりしっかりとしたものとなっているので、目標を達成するための軌道修正を、的確に行うことも出来ます。(その結果として、目標の達成率が上がり、人事評価も良くなります。)

 

日本ヒルズは、社員が前向きに取り組める環境作りに力をいれており、長期的な視点で、自己成長を図ることが出来るので、この点は社員からも好評です。

 

成長環境について

日本ヒルズ・コルゲートは研修に力を入れている会社です。中途採用の場合、入社時に一定時間の研修を必ず受講するシステムとなっているほか、200種類以上のトレーニングコースが用意されており、自由に受講することが出来ます。

 

内容としては、実務に直結するものではなく、汎用的なビジネススキルを磨くものとなっています。それとは別に、リーダー研修なども用意されていますが、こちらは、一定の職責を持つ人に限定されています。

 

ちなみに、グローバル企業ならではの独特な一面として、研修自体が英語で行われるので、英語が苦手だと、思うように活用出来ないというデメリットがある反面、嫌でも英語が鍛えられるという側面もあります。

 

一方、現場での教育については、それほど力を入れておらず、個々に任されていますが、日本ヒルズは、仕事に対して大きな裁量を与える会社なので、やる気があれば、幾らでもチャンスを掴むことが出来ますし、そういった機会を活かして、充分にスキルアップすることが可能です。

 

なお、前述しましたが、マーケティング部門だと、グローバルとのコミュニケーションの機会が多いため、実務を通じて語学力とコミュニケーション力が磨かれることになるので、英語をマスターしたいという人にとっては、実践的な良い環境と言えます。

 

ワ―クライフバランスについて

日本ヒルズ・コルゲートはワークライフバランスの良い会社です。在宅ワーク制度があるうえ、営業では直行直帰が基本スタイルとなっているので、自分のペースで仕事を進められる自由度が高いですし、残業も多くありません。

 

有休においても、自分の希望通りに取得出来るようになっており、仕事の責任を果たしている限り、上司や会社から、申請を拒否されることは、まずありません。

 

少人数の会社なので、1人あたりの仕事量は多いので、その点は大変ですが、長時間労働を美化するような風潮は一切ないので、効率的に業務を遂行して、しっかり定時に退社している人が多いです。

 

なお、営業の場合、イベントなどで、土日に出勤することがありますが、代休が取れるなど、休日はしっかりと確保出来るので、プライベートを重視する人にとっても、日本ヒルズは、十分に満足出来る会社でしょう。

 

女性の働きやすさについて

日本ヒルズ・コルゲートは女性にとって働きやすい会社です。元々、女性社員が多い会社ということもあり、現場の中核を担う立場で、活躍している人が多いです。昇進の機会についても、男女平等であり、管理職に占める女性比率は、高くなっています。

 

育児支援制度もしっかりしており、産休・育休制度は取得しやすいですし、復帰後も、子育てをしながら働き続けることが可能であるため、育児休暇を取得した社員のほぼ全員が、職場復帰を果たしています。

 

一方、営業職においては、男社会の風習があり、小さな子供がいる人にとっては、働きづらい環境となりますが、出産後、内勤に配置転換してもらうなど、会社として対応してくれるので、女性にとっては、安心して長く働き続けられることが出来る会社と言えます。

 

日本ヒルズ・コルゲートの転職先としての価値

世界的にも業界をリードする会社なので、待遇面はかなり良いですし、就労環境も整っているので、この業界で働くのであれば、日本ヒルズは有力候補の一つと言えます。(最優先で考えてもいいぐらいです。)

 

もちろん、相性の問題もあるので、最終的には、自分にとって納得出来る会社なのかどうか、見極めたうえで、判断を下すべきですが、少なくても、真剣に検討するだけの価値はあるので、転職を考えているのであれば、ぜひ考えてみてください。

 

下記に、日本ヒルズの中途採用求人の取り扱い実績がある転職会社をリストアップしておきますが、彼らは、社内事情を把握しているので、転職の判断に迷うようでしたら、相談してみてください。的確にアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、興味があるようでしたら、他社の求人を紹介してもらうことも出来ます。複数の求人を比較することで、考えがまとまりやすくなることが多いですし、もしかしたら、日本ヒルズ以上に、魅力を感じる会社があるかもしれません。

 

紹介してもらって損はないので、ぜひ、他社のことについても、聞いてみてください。

 

<日本ヒルズ・コルゲートの中途採用求人の取り扱い実績がある転職会社>

 


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ