日本ベーリンガーインゲルハイムの中途採用事情~社員年収、就労環境など~

医療用医薬品、一般用医薬品、動物薬など、様々な医薬品の研究開発を手掛けるドイツの製薬会社、ベーリンガーインゲルハイム。1885年創業の歴史ある会社ですが、順調に成功をおさめ、現在では世界トップ20の製薬メーカーの一つに挙げられるまでになっています。

 

日本ベーリンガーインゲルハイムの中途採用事情

 

その日本法人にあたるのが、日本ベーリンガーインゲルハイム。ベーリンガーインゲルハイムジャパン、ベーリンガーインゲルハイム製薬など、4社とグループを形成、ベーリンガーインゲルハイムの日本国内における事業展開を担っています。

 

親会社であるベーリンガーインゲルハイムが、グローバル企業として、世界各国で、積極的に事業展開しているということもあり、日本法人においても、常に有能な人材を求めており、中途採用案件についても、様々な職種において、求人案件が発生しています。

 

このページでは、日本ベーリンガーインゲルハイムにおける中途採用求人の傾向、及び、社員年収、就労環境などについてまとめていますので、転職活動の際に、役立ててください。

 

日本ベーリンガーインゲルハイムの中途採用求人の傾向

中途採用求人の詳細については、公式サイト内にある採用情報ページにおいて、掲載されています。募集がかかる職種はタイミングによっても異なりますが、募集頻度が高い職種としては、MR・マーケティング・製造・品質管理・開発・薬事・物流などが挙げられます。
https://www.boehringer-ingelheim.jp/%E6%8E%A1%E7%94%A8%E6%83%85%E5%A0%B1

 

また、これらの職種と比べると、発生頻度が落ちますが、経理財務、人事、法務、総務、経営企画といった管理部門系の職種においても、募集がかかることがあります。

 

中途採用に関しては、応募条件のハードルを厳しく設定している企業であり、どの職種においても、5年以上の実務経験が求められる求人が大半を占めています。(最低でも、3年程度の経験は必須になってくると考えてください。)

 

加えて、品質管理、開発、薬事といった職種においては、経験の内容が、求人ごとに細かく指定されているので、個々に確認するようにしてください。

 

また、海外本社・支社も含めて、海外企業と協働して、業務を遂行することが一般的となっているため、ビジネスコミュニケーションに支障がないだけの英語力を身につけていることも、必須応募条件になってくると考えてください。

 

日本ベーリンガーインゲルハイムの社員年収・昇給制度について

日本ベーリンガーインゲルハイムに勤務する社員の年収ですが、具体的な事例を挙げると、下記のようになります。職種によっては、インセンティブが支給されることもあります。

 

  • 28歳 MR 年収650万円
  • 35歳 MR 年収700~800万円
  • MRチームリーダー 年収800万円
  • 28歳 開発 年収600万円
  • 35歳 マーケティング 年収1000万円
  • 35歳 マーケティング課長 年収1200~1300万円
  • 35歳 管理マネージャー 年収1100~1200万円
  • 営業 年収1000万円

 

日本ベーリンガーインゲルハイムの給与水準は、業界内では、ごく平均的なものとなりますが、製薬業界自体が、他の業種より、給与水準が高いため、ベーリンガーインゲルハイムには、年収が1000万を超えるような高所得の社員が多くなっています。

 

昇進や昇給については、外資としては珍しく、年功序列の側面があり、毎年、ある程度の給与アップが期待出来ます。そのため、40代になると、年収が1000万円を超える社員の割合が、高くなります。(役職なしでも、このラインに達する人が少なくありません。)

 

また、これも外資としては珍しいことですが、年齢制限なく使用出来る社宅制度が用意されているなど、福利厚生も充実しており、高く評価する社員が多いので、こういったことも含めると、条件面では、かなり恵まれている職場と考えて間違いなしです。

 

なお、中途採用で入社する場合、前職までの経歴をもとに、給与が算定されることになりますが、面接時の話し合い次第で、結果は大きく変わってくるので、自分で納得出来るまで、しっかり交渉するようにしてください。

 

中途半端に妥協すると、後々まで後悔することになるので、要注意です。こういった交渉が苦手ということであれば、転職会社に交渉を代行してもらうことをオススメします。

 

あくまでも、転職会社が日本ベーリンガーインゲルハイムの求人を扱っていることが前提となりますが、中途採用者向けの求人であれば、取り扱っている転職会社が少なくないので、こういった会社に依頼すれば大丈夫です。

 

このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 


実際に、ベーリンガーインゲルハイムの求人を扱っているかどうかというのは、時期によって異なるので、現在、有効な求人があるかどうかは、直接問い合わせて、確認するようにしてください。

 

また、その時々で、取り扱い先となる転職会社が異なるので、複数の会社に同時に問い合わせるほうが、より確実です。

 

日本ベーリンガーインゲルハイムの評価制度について

日本ベーリンガーインゲルハイムは、売上や実績といった数字をもとに、人事評価を行う成果主義を掲げている企業であり、実際、高い目標達成率を挙げた社員に対して、業績賞与を支給しています。

 

しかしながら、先ほども触れましたが、全体的な傾向としては、年功序列の色が濃くなっているので、外資で見受けられるような、実績を挙げれば、それだけで、昇給・昇進が思いのままといったことはないので、注意してください。

 

その一方で、この点は典型的な外資なのですが、人事評価における直属上司の権限が強く、上司の裁量で、評価が決まってしまうため、公平な評価制度とは言い辛い状況です。そのため、高評価を得るのであれば、上司との関係性に気を配ることも必須事項と捉えてください。

 

教育制度・成長環境について

日本ベーリンガーインゲルハイムは、社内教育に力を入れており、基本的なビジネスマナーから専門的な高度スキルまで、様々なことを学べる研修制度が整備されています。自分の希望に合わせて受講出来るので、スキルアップを図りやすい環境です。

 

また、実務を通じて、社員を育てようとする社風がある会社なので、本人が希望すれば、様々な業務にチャレンジさせてくれますし、会社側としても、専門バカにならないように、仕事を通じて、多角的に知識を吸収出来るように、色々と配慮してくれます。

 

また、海外出張も含めて、グローバルで仕事をすることが多いため、英語力に関しても、自然と上達出来る環境となっています。(語学スキルそのものだけでなく、英語を使ったコミュニケーションがうまくなる社員が多いです。)

 

このように、能力の向上を温かくサポートしてくれる会社ですが、決して社員に甘いわけではありません。あくまでも、仕事で結果を出すためのサポートなので、パフォーマンスが悪ければ、評価が落ちますし、業績に対するプレッシャーも強くなります。

 

会社からの要求に応えきれず、退職せざるを得なくなった社員も存在するので、厳しい会社であるということは、頭に入れておいてください。

 

ワークライフバランスについて

日本ベーリンガーインゲルハイムは、家族を大切にする企業文化を持つドイツの会社ということもあり、ワークライフバランスは良好です。部門や職種によって、多少の違いはありますが、おおむね、仕事とプライベートの両立がしやすい職場が大半です。

 

会社が推進していることあり、有給の消化率は高いですし、業務に支障がなければ、まとめて休暇を取得することも許されています。(計画的に業務を遂行して、毎年、長期旅行を楽しんでいる社員もいます。)

 

女性の働きやすさについて

外資なので、男女平等が基本であり、女性だからといって、仕事の振り分けなどで、男性と差別されることはありません。男性と同じように責任ある仕事に就いて、業務に取り組むことが出来ますし、そこで結果を出して、本人が希望すれば、昇進も可能です。

 

元々は、男性管理職の割合が高く、女性が昇進するには、難しい面があった会社でしたが、近年では、ダイバーシティの観点から、女性管理職を増やすことに、会社として積極的に取り組んでいるので、キャリアアップしたい女性にとっては、チャンスです。

 

また、子育て支援体制も万全です。産休・育休制度は一通り整備されており、実際に利用している社員が多数存在します。出産一時金が支給されるなど、金銭面でのサポートも受けられます。

 

復帰後には、子育てと仕事を両立出来るように、勤務時間を調整するなど、配慮してもらえるので、無理なく働き続けることが出来ます。

 

もちろん、既に小さな子供を持つ人が転職する時にも、こういった制度は活用出来るので、大丈夫です。(ただし、子供がいることを隠したまま入社して、制度を利用しようとすると、揉める可能性もあるので、面接の時に伝えておくことをオススメします。)

 

転職先としての価値

ここまで、日本ベーリンガーインゲルハイムの就労環境について、様々な角度からお伝えしてきましたが、給与水準は高いにもかかわらず、それほど仕事に追われるような環境ではないということで、転職先として見た場合には、なかなか良い会社と言えます。

 

自分を成長させられる環境でもあるので、成長意欲が高い人にとっても、満足出来るはずです。ただし、最大のネックは、中途採用希望者に対する要求度が極めて高いということです。即戦力となる人材を求めている企業なので、このあたりは、かなりシビアと考えてください。

 

下記に、日本ベーリンガーインゲルハイムの中途採用求人の取り扱い実績がある転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情を把握しており、実際に採用してもらえる可能性があるのかどうか判断してもらうことも出来るので、気になる人は相談してみてください。

 

また、仮に難しいという話になった時には、別会社の求人を紹介してもらうことも出来ます。転職会社は、多数の求人を抱えているので、ベーリンガーインゲルハイム以上に魅力的な求人が存在する可能性があります。

 

そのため、ぜひ、他社の求人情報についても、尋ねてみてください。

 

<日本ベーリンガーインゲルハイムの中途採用求人の取り扱い実績がある転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • JACリクルートメント

    Doda

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

コメントを残す

このページの先頭へ