有限責任監査法人トーマツの中途採用事情~社員年収、就労環境など~

有限責任監査法人トーマツの中途採用事情

 

世界の4大監査法人(いわゆるBig4)の一つ、デロイト トウシュ トーマツのメンバーファームである、有限責任監査法人トーマツ。Big4のなかで、日本の会計事務所の名前が使用されている、唯一の監査法人でもあります。

 

日本の上場企業の1/4の監査業務を担当するなど、日本を代表する監査法人として、安定した業績を挙げています。そのため、人材を積極的に募集しており、中途に関しても、常時、100以上を超える求人が出ています。(詳細については、後述します。)

 

もちろん、給与は高額ですが、決して激務というわけではなく、残業はそれほど多くはありませんし、休みもしっかりと取れるので、収入と就労環境のバランスが取れた理想的な事務所です。(ただし、仕事が楽というわけではありません。この点についても、後述します。)

 

転職を目指すだけの価値が十分にある職場なので、関心があるのであれば、真剣に考えることをオススメします。このページでは、有限責任監査法人トーマツの中途採用求人の傾向、社員の年収・給与水準、評価制度、就労環境などについて、まとめていますので、参考にしてください。

 

有限責任監査法人トーマツの中途採用求人の傾向

監査、コンサルティング、IT、金融系アドバイザリー、M&A、バックオフィスの各部署単位で、様々な職種において、募集がかかっています。対象となる職種が多すぎて、書き出すと紙面を取り過ぎてしまうので、詳細は省略させて頂きます。

 

トーマツの公式サイト内にある、『経験者採用』ページにアクセスすれば、募集中の求人の一覧が閲覧出来るようになっているので、そちらから確認するようにしてください。
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/careers/articles/tohmatsu-audit-experienced-hires.html

 

なお、求人の特徴としては、同じ職種でも、経験豊富な即戦力の人材を求めるものから、1~2年程度の経験があればOKという求人もあります。また、社会人としての就労経験があれば、該当業務に関する実務経験がなくても、応募可という求人もあります。

 

応募条件の幅は、かなり広くなっており、誰にでもチャンスはあると言えるので、『自分の経歴ではダメかな』と思う人でも、ぜひチェックしてみてください。

 

ちなみに、トーマツは、民間の転職会社経由でも、募集をかけており、そちらに問い合わせることでも、求人情報を入手することが可能です。

 

トーマツは求人の数が多いだけに、自分に合う求人がどれなのか、選び出すのが大変ですが、転職会社の場合、経歴や希望条件を伝えれば、ベストな求人を選び出して、提案してくれるので、楽です。

 

また、転職会社は、様々な会計事務所、監査法人の求人を扱っているので、他社の求人と比較して、トーマツがどうなのか、分析してもらうといったことも出来ます。転職先を決める際には、何かと便利な存在なので、うまく活用するといいです。

 

このページに、有限責任監査法人トーマツの中途採用求人を扱っている、代表的な転職会社を数社リストアップしておきますので、参考にしてください。

 

トーマツに勤務する社員の年収・給与水準

トーマツでは、階級制が敷かれていて、給与は階級に合わせて、算出されるようになっています。階級と年収の目安を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • スタッフ 年収500~750万円
  • シニアスタッフ 年収650~1050万円
  • マネージャー 年収900万~1200万円
  • シニアマネージャー 年収1000万~1400万円
  • パートナー 年収1500万円以上

 

スタッフ・シニアスタッフについては、年功序列の要素が強く、勤続年数1~4年の社員がスタッフ、4~8年の社員がシニアスタッフということになり、ここまでは、全員がほぼ確実に昇進出来ます。

 

マネージャー以上になると、実力勝負になってきますが、それでも、同期の3割ぐらいはマネージャーになれるので、ここまでは、見通しが立ちます。ただし、シニアマネージャー以上となると、一部の人材だけになるので、ここで差がつくことになります。

 

なお、同じ階級のなかでも、さらにA~Dの4段階で評価されるようになっています。階級が上がると、一番低いDからスタートとなるので、たとえば、昇格1年目のマネージャーは、評価Aのシニアスタッフよりも、給与が下になるといったことが起こります。

 

残業代については、全額支給となっていますが、あまりにも残業が多いと、仕事が出来ないという判断をされて、評価が下がり、減給となるうえ、昇進が遅れるか、もしくは出来なくなります。そのため、トーマツの社員は、勤務時間内に仕事を終えられるようにという意識で働いています。

 

結果として、残業が多い人でも、1ヶ月あたり30~50時間程度となっています。なお、1ヶ月50時間だと、年間700時間ということになりますが、これぐらいの残業を行うと、シニアスタッフで年収1000万オーバーは確実です。

 

賞与については、個人業績と法人業績を加味して算出されますが、階級があがるに連れ、法人業績の割合が高くなり、毎年の振れ幅が大きくなります。(スタッフレベルだと、基本給4ヶ月前後に落ち着くケースが多いです。)

 

福利厚生については、それほど特筆出来ることはありません。年間3万円相当のポイントを、健康美容関連グッズや家電用品、宿泊券などと交換出来るカフェテリアプランが導入されている程度です。

 

あとは、首都圏に勤務する社員に対しては、月額数万円の首都圏手当が支給されているぐらいです。基本的に、福利厚生は給与に含まれると考えてください。

 

トーマツの人事評価制度

トーマツの評価制度は、年功序列を基本として、そこに成果主義が組み合わさるといったものとなります。先ほども触れたように、階級の昇格は、勤続年数によってタイミングが決められていますが、その一方で、優秀な人材は、そのタイミングを超えるペースで昇進することになります。

 

かなり例外的なケースでは、入所後から10年でシニアマネージャーやパートナーまで、上り詰めるような人もいます。優秀な学生が飛び級で進級するようなものですが、そこは、やはり監査法人は実力主義の世界です。

 

トーマツは、年功序列の要素が強くはありつつも、仕事が出来る人間を、優先的に上級職に引き上げる文化はあるので、自分次第でキャリアアップのチャンスは幾らでもあると考えてください。

 

ちなみに、もう一つの要素として、人事評価はパートナーが中心に行うため、上層部との人間関係が重要となってきます。パートナーとの関係が良くない人間が、昇格することは、まずないと考えてください。

 

トーマツの成長環境

トーマツは、会社として社員教育を行うようなことはないので、仕事に必要なスキル・知識は、自分自身で習得していくことになりますが、実際には、膨大な業務量をこなすなかで、スキル・知識をブラッシュアップしていくことになるので、仕事が最大の学習教材と言えます。

 

トーマツでは、早い段階で、プロジェクトを任されることになるので、マネジメントを嫌でも覚えることになりますし、仕事が遅いと、評価が悪くなるため、いかに効率良く仕事を回すかという意識が身に付き、業務マネジメントのスキルも磨かれることになります。

 

また、業務内容についても、監査とコンサルティングの両方にタッチすることが多いので、幅広い経験を積むことが出来ます。

 

会社からの要求水準が高いこと、成果に対する上司やクライアントからの視線が厳しいこと、優秀な人材に囲まれていることなど、嫌でも、自分を鍛えようという気にさせられる環境であることも、自己成長という観点では、大きいです。

 

ただし、こういった環境のなかでも、やる気がない人間というのは、必ず出てきます。トーマツも例外ではないのですが、そういった人は、どんどん落ちていって、最終的にはトーマツを離れざるを得なくなっています。

 

ワークライフバランスについて

アサインされているプロジェクトにもよりますが、トーマツの場合、仕事の繁忙期と閑散期が1年のうちで、ハッキリ分かれます。繁忙期には、1ヶ月で100時間を超えるような残業が発生することも珍しくなく、仕事が最優先という毎日を送ることになります。

 

一方、閑散期だと、かなりに自由に休みが取れますし、残業もゼロに近いなので、自分の時間をしっかり確保することが出来ます。元々、トーマツは、フレックスのような働き方が可能なうえ、1時間単位で休みを取ることも出来るので、スケジュール調整の自由度は、かなり高いです。

 

マネージャー以上になると、責任を追う仕事の量が増えるため、スタッフと比較すると、自由度はなくなりますが、激務をこなしつつ、海外旅行に行くなど、プライベートを満喫している人もいるため、自分次第で、どうにかなる要素もあります。

 


繁忙期、閑散期というのは、会社として決まっているわけでなく、プロジェクトの進捗具合ということになります。どのプロジェクトにアサインされているかで、状況は違ってくるので、各個人で、忙しい時期、暇な時期は変わると考えてください。

 

忙しくしている人と、ノンビリしている人が併存している職場という言い方も出来ます。

 

女性の働きやすさについて

トーマツは実力主義の会社なので、女性であっても、男性と同じように、自分のやる気・能力に応じて、働くことが出来ます。昇進のチャンスも開かれているので、自分の好きなように、キャリアを追求していくことが可能です。

 

その一方で、産休・育休、時短勤務といった育児支援制度も整備されており、無条件で利用出来るので、子育てをしながら、働き続けることも出来ます。(これらの制度は男性が利用することも可能です。)

 

ただし、マネージャー以上のポジションに昇格しようとすると、どうしても労働時間が増えるため、家庭との両立を図るのは、不可能に近いです。実際、マネージャー以上のポジションで活躍している女性というのは、バリバリ仕事をしている人達ばかりです。

 

管理職クラスで、本当の意味で、仕事と家庭を両立している、ロールモデルとなるような人は、いないというのが現状ですが、トーマツはスタッフレベルでも、高年収を得られるので、家庭を優先する人だと、割り切って働いているケースが多いです。

 

有限責任監査法人トーマツの転職先としての価値

トーマツは、給与水準が高いうえに、就労環境も悪くない会社なので、この業界で転職先を探すのであれば、やはり有力候補と言えますが、前述したように、膨大な数の求人が出ているので、自分に合う最適な仕事を選び出すことが重要です。

 

また、別の事務所・監査法人の求人と比較することも、本当にトーマツが、自分が職場に望むものを満たしているのかどうか、冷静に判断するうえでは、必要不可欠です。様々な求人を見比べながら、じっくり考えてみてください。

 

最後に、有限責任監査法人トーマツの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、判断に迷うようでしたら、彼らに転職先選びについて相談するのもオススメです。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、ぜひ話をしてみてください。

 

<有限責任監査法人トーマツの中途採用求人を扱っている転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ