東邦薬品の中途採用事情~求人の傾向、社員の年収、労働環境など~

東邦薬品の中途採用事情

 

医療用医薬品、検査薬、医療機器の製造販売事業、及び、顧客支援システムの開発・販売事業、医院や薬局の開業・開局支援・経営コンサルティングサービス事業、人材支援事業など、医療分野において、様々な事業を多角展開している東邦薬品。

 

1948年の創業以来、吸収合併・経営統合を繰り返しながら、順調に事業を拡大、遂には売上高が1兆円を超えるまでの会社に成長しています。

 

今後は、ジェネリック医薬品や抗がん剤をはじめとするスペシャリティ医薬品の分野に重点的に注力していくことを表明するなど、市場環境の変化に対応する動きを活発化させています。

 

人材採用については、東邦薬品は新卒採用をメインとしているため、中途採用に関しては、チャンスが限られますが、求人がゼロということではなく、少ないながらも、常時、何らかの職種において募集がかかっています。

 

そのため、東邦薬品への転職を考えている人は、定期的に求人情報をチェックすることをオススメします。

 

このページでは、東邦製薬の中途採用求人の傾向、及び、勤務する社員の年収・給与水準、社内の就労環境についてまとめていますので、転職活動の際に参考にしてください。

 

東邦薬品の中途採用求人の傾向

中途採用に関しては、管理薬剤師、営業マン、物流管理スタッフが、主に募集されています。それ以外の職種に関しては、経理財務、人事、法務、総務、経営企画、社内SE、マーケティング、生産管理、品質管理などで、求人が出てくることがありますが、発生頻度は少ないです。

 

応募条件については、管理薬剤師については、もちろん薬剤師資格が必要となりますが、それ以外の職種においては、求人ごとに要件がバラバラです。

 

基本的には、該当業務に関する実務経験が必須となりますが、それに加えて、語学など、特定のスキルが必要になることもありますし、また、一部の求人においては、経験不問とされるケースもあるので、このあたりの詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

求人情報の入手方法について

東邦薬品の求人情報の入手方法ですが、管理薬剤師については、公式サイト内にある、採用情報ページに問い合わせフォームが設置されており、そちらから連絡を取ることで、教えてもらうことが出来ます。
http://www.tohoyk.co.jp/ja/career/

 

それ以外の職種については、転職会社経由での募集となるので、そちらにコンタクトする必要があります。このページの最後に、東邦薬品の中途採用求人を扱っている代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 


薬剤師専門の転職会社にコンタクトすれば、管理薬剤師の求人情報を教えてもらうことも出来ます。東邦薬品に直接、問い合わせるのと、特に入手出来る情報に変わりはないのですが、転職会社の場合、様々な企業の求人情報を保有しています。

 

そのため、東邦薬品だけでなく、ほかの企業の求人情報も入手して、比較してみたいといった時には、まとめて教えてもらえるので、是非、転職会社を活用してください。(自分で探す手間が省けて便利です。)

 

東邦薬品の社員の年収・給与制度について

東邦薬品に勤務する社員の給与水準ですが、幾つか具体的な年収例を挙げると、以下のようになります。

 

  • 営業 27歳 年収380万円
  • 営業 30歳 年収420万円
  • 営業 35歳 年収500万円
  • 営業 39歳 年収600万円
  • 営業 主任 42歳 年収480万円
  • 経理財務 35歳 年収500万円
  • MS 31歳 年収320万円

 

基本給に加えて、年2回賞与が支給されるというオーソドックスな給与体系となっています。昇給は年一回ありますが、大きく増額するわけではありませんし、業績に対してのインセンティブもないため、同業他社と比較すると、給与水準はやや低めといえます。

 

管理職に昇格すると、高額な役職手当が付くなど、給与レベルは大きくアップするのですが、役職なしの一般職だと、それほどでもないですし、ほぼ全員横並びなので、社員間の年収差も、そこまで大きなものにはならないです。

 

残業代については、みなし残業となっており、一日一時間程度の残業代が付きますが、契約社員に関しては、残業代は実費となり、働いた分だけ支払われる形となります。

 

また、福利厚生については、住宅手当や寮・借り上げ社宅、財形貯蓄、従業員持株会(奨励金あり)など、大手だけあって、一通り整備されているので、この点は安心です。

 

東邦薬品の評価制度について

東邦薬品の人事評価は、基本的には年功序列型であり、評価制度自体は整備されていますが、評価が、直接的に給与に反映されるということは、あまりありません。

 

一方、昇進については、こちらも年齢や勤続年数がベースになりつつも、そのなかで、評価が絡んでくるので、出世を目指すのであれば、人事評価は重要になってきます。

 

東邦薬品においては、直属の上司が査定することになりますが、その評価が、そのまま適用されることになるため、評価に占める上司の権限というのは、非常に大きなものとなります。

 

そのため、この会社において昇進を狙うのであれば、ただ、漠然だと、仕事に取り組むのではなく、日頃から、上司とコミュニケーションを取って、人間関係を良好に保ちつつ、上司から期待される役割を理解して、その期待に添うパフォーマンスを残すことが、重要です。

 

(仮に、仕事で結果を出したとしても、それが上司の望むものでなければ、評価にはつながらないということです。)

 

なお、営業職の場合、個人の成績が人事評価に直結するケースが多いのですが、東邦薬品の場合、個人目標は存在せず、チームや営業所単位での目標のみが設定されています。

 

つまり、東邦薬品は、個人としての実力がどうこうよりも、チームとして、結果を残せるような人間を重視しているということです。そのため、この会社では、協調性のある人間、リーダーシップを持って、周囲を引っ張っていけるような人間ほど、高い評価を得やすいと考えてください。

 

東邦薬品の成長・キャリア開発について

東邦薬品では、社員のキャリアアップを支援するための各種研修制度が用意されていますが、どちらかと言えば、基礎的・汎用的なものが多く、業務に必要な専門知識・スキルは、仕事を通じて習得していくことになります。

 

また、研修の受講も含めて、個人の自主性に任せる会社なので、自ら知識やスキルを学ぶ積極性がないと、なかなかスキルアップは望めない環境です。

 

会社から、それほどプッシュされないので、その気になれば、幾らでもサボれてしまうのですが、それだけに、真面目に努力している社員とは、大きく差が付くことになるので、注意が必要です。(数年も経てば、同期とは思えないほどの違いが出てしまいます。)

 

ワークライフバランスについて

東邦製薬の就労環境は、部署によって異なります。内勤職であれば、それほど業務負荷は高くないので、残業は少ないですし、休日出勤の機会も殆どありません。有給の消化率も良いので、ワークライフバランスという点では、かなり良好です。

 

一方、営業職に関しては、毎晩、遅くまで残業になることが多いですし、始業時間が8:30であるにもかかわらず、7:00ぐらいに出勤して働いている社員が少なくないなど、平日には、長時間労働が常態化しています。

 

また、仕事がら、土日に得意先との行事が入ったり、営業所によっては、当番制で、定期的に土日に出勤することになったりというケースもあり、週末にも働かざるを得ない状況ですが、平日が、上記のような状況なので、代休の取得も見込めません。

 

また、こういった環境下にあるため、有給の取得率も低いです。配属先によって、勤務状況が異なるので、なかには、繁忙期以外には、極端な残業を行うことはないというところもありますが、かなり例外的です。

 

基本的に営業として働くのであれば、ワークライフバランスは期待出来ないと考えておいたほうがいいでしょう。

 

女性の働きやすさについて

東邦薬品は、男女が分け隔てなく働ける会社です。女性が働きにくいという印象がある営業職に関しても、取引先が産婦人科であったりした場合は、女性の営業マンのほうが歓迎されるなど、女性が活躍出来る機会が多いです。

 

また、会社としても積極的に女性を育てていこうという方針を打ち出しているので、しっかりと実績を挙げていけば、女性にも、昇進のチャンスがあります。

 

ただし、上記でも触れましたが、営業では、長時間の残業が常態化していることから、子育てとの両立というのは、かなり難しいです。

 

そのため、産休・育休からの復帰後は、内勤職へ転向する人が多いです。なお、内勤職だと、就労環境は良好なので、仕事と子育てとの両立が、十分に可能です。また、時短勤務も活用出来るようになっているので、子育てを優先した働き方も出来ます。

 

東邦薬品の転職先としての価値

ここまで、東邦薬品の就労環境について、様々な角度からお伝えしてきました。業界を代表する大手企業なので、福利厚生が充実していますし、内勤職であれば、それほど忙しくなく、ワークライフバランスを維持しながら働けるので、悪くない職場です。

 

一方、営業の場合、平日はプライベートの時間が一切持てないぐらい、仕事に追われることになりますし、土日にも出勤する機会が多いので、かなり大変ですし、給与が、この労働環境に見合うものかと言えば、決してそうとは言えないところなので、なかなか厳しいです。

 

また、これは全社的な傾向となりますが、年功序列の会社なので、外資のように、努力して結果を出せば、どんどん昇進していけるということはありません。そのため、キャリア志向が強い人にとっては、やり甲斐を保つのが、難しいと思います。

 

ただし、逆の見方をすれば、仕事の結果うんぬんを抜きにして、一定の待遇は保障されていますし、大手だけあって、リストラや減給ということもないので、そういった意味では、安定した職場環境であり、人によっては、魅力を感じるのではないでしょうか。

 

仕事が忙しいだけに、営業マンとして鍛えられるので、そこで実力を付けて、将来的に再転職するといった考え方もあります。

 

いずれにしても、東邦薬品の場合、中途採用の求人自体が少ないので、まずは、求人情報を入手することが最優先となります。下記に、東邦薬品の求人を扱っている代表的な転職会社をリストアップしておきますので、今現在、どんな求人が出ているのか、直接問い合わせてみてください。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。東邦薬品以上に、自分に合う企業が見つかるかもしれないので、ぜひ、ほかの会社のことについても、話をしてみてください。

 

<東邦薬品の中途採用求人を扱っている転職会社>


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ