沢井製薬の中途採用事情~求人の傾向、社員の年収、労働環境など~

沢井製薬の中途採用事情

 

ジェネリック医薬品の製造販売事業を展開する、沢井製薬。生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病等)治療剤、抗がん剤など、約700品目の医療用医薬品および一般用医薬品を取り扱っています。全国に支店・営業所を置き、同業種の上場会社のなかでは、最大手となるメーカーです。

 

国の方針もあり、ジェネリック医薬品の市場は拡大していますが、その流れに乗って、沢井製薬は順調に売上を伸ばしており、また、今後は既存事業以外の新規領域への展開にも、注力していくことを表明しており、そういった背景から、積極的に人材採用を行なっています。

 

このページでは、沢井製薬の中途採用求人の傾向、及び、勤務する社員の年収・給与水準、社内の就労環境についてまとめていますので、転職活動の際に参考にしてください。

 

沢井製薬の中途採用求人の傾向

研究開発、生産管理、品質管理、経理財務、人事、法務、経営企画、営業、マーケティングなど、様々な職種を対象にして、沢井製薬は中途採用の募集をかけています。

 

どの職種においても、該当業務に関する実務経験、及び、専門知識を有することが応募条件となります。また、研究開発職など、一部の職種については、薬剤師などの資格が必要になる場合があるので、このあたりの詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

また、日本国内に点在する工場勤務となる求人が、別途発生しています。こちらは、設備管理、品質保証、生産技術、製造、包装といった業務内容となりますが、応募条件が緩くなっており、未経験者が応募可能な求人も多くなっています。

 

いずれも正社員としての採用となるので、正規雇用の仕事を探している人は要チェックです。(未経験者でも、経験を積むことで、別の業務にステップアップすることが可能です。)

 

なお、沢井製薬では、職種を問わず、すべての求人において、非喫煙者であることを応募条件に挙げています。喫煙者の場合、入社と同時に禁煙宣言を行い実行することを確約しないと、採用されないので、注意してください。

 

求人情報の入手方法

沢井製薬の公式サイト内にある、採用情報ページにおいて、現在、募集がかかっている求人の一覧について、確認することが出来ます。
https://www.sawai.co.jp/recruit/career/

 

また、沢井製薬は、転職会社経由でも、募集をかけているので、こちらから、求人情報を入手することも可能です。

 

公式サイト、転職会社、どちらでも、入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、様々な企業の求人案件を扱っているので、沢井製薬を含めて、複数の会社の求人を比較してみたいということであれば、まとめて教えてもらえるので、便利です。

 

このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

沢井製薬の社員の年収・給与制度について

沢井製薬に勤務する社員の給与水準ですが、幾つか具体的な年収例を挙げると、以下のようになります。

 

  • 製剤研究 30歳 年収400万円
  • 研究開発 30歳 年収600万円
  • 生産管理 27歳 年収550万円
  • MR 24歳 年収420万円
  • MR 26歳 年収650万円
  • MR 36歳 年収750万円
  • MR チーフ 30歳 年収700万円
  • MR 課長 44歳 年収850万円
  • マーケティング 34歳 年収600万円
  • 経営企画 35歳 年収730万円

 

基本給に加えて、年2回賞与が支給されるというオーソドックスな給与体系となっていますが、会社の業績次第では、臨時ボーナスが支給される年もあります。

 

給与水準については、製薬会社としては、ごく普通、もしくは、やや低めです。年功序列型で若いうちは、昇給について、あまり多くは期待出来ませんが、管理職に就くと、年収1000万を超えるケースもあるので、高年収を目指すことも、不可能ではない会社です。

 

(また、MRであれば、インセンティブがあるので、実力次第では、それなりの給与を得ることが出来ます。)

 

残業代については、全額支給となっており、働いた分はきっちりと支払われますし、住宅手当や家族手当などの福利厚生もしっかりした会社です。

 

なお、福利厚生に関して、付け加えると、沢井製薬では、カフェテリアプランが導入されており、保険や医療費補助などを、選択出来るようになっています。また、退職金を前払いで、毎月受け取れる制度も用意されています。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途で入社する時には、前職までの経歴・実績をもとに、給与額が算出されることになりますが、ここは、会社側との交渉次第で変わってくるので、提示額に納得がいかない時には、そこで妥協せずに、キチンと交渉するようにしてください。

 

中途半端に受け入れてしまうと、後々まで後悔することになるので、要注意です。この手の交渉が苦手ということであれば、前述した転職会社に交渉の代行を依頼してください。彼らはプロなので、条件交渉の経験が豊富です。

 

そのため、後腐れがないように、うまく会社側と話をしてくれます。結果として、何らかの上積みを勝ち取れるケースが少なくないので、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

沢井製薬のモチベーション・評価制度について

沢井製薬では、社内で統一された人事評価基準がなく、査定者である上司の意向に左右されることになります。

 

営業のような、個人のパフォーマンスを明確に数値化出来る職種であれば、実績をベースにした評価となるので、透明性が担保されていますが、数値化出来ない部署だと、上司との関係性次第で決まると言っても過言ではありません。

 

実際、沢井製薬では、上司や周囲の同僚と良好な人間関係を築けている人、かつ、自分の仕事や成果を、上手にアピール出来る人が、高評価を得ている傾向にあります。

 

ただし、これは、上司と仲良くしていれば、それだけで済むというわけではありません。あくまでも、仕事で一定の結果を出していることが、前提の話となります。

 

仕事が出来ない人が、いくら上司や周囲におべんちゃらを使っても、それだけで評価が良くなるといったことはないので、その点は誤解がないようにしてください。

 

沢井製薬の成長・キャリア開発について

沢井製薬では研修制度が用意されていますが、あくまでも基礎的なものであり、業界未経験者向けといった内容にとどまります。そのため、新卒であればともかく、中途採用で入社する人にとっては、それほど役立つものではありません。

 

基本的に、仕事に必要な知識・スキルは、日常業務を通じて、OJTで覚えていくものと考えてください。かと言って、沢井製薬は、上司や先輩が手取り足取り教えてくれるということもありません。

 

自分から、積極的に聞いたり、教えを請うたりすれば、親切にフォローしてくれますが、待っていれば教えてもらえるというものではないので、自ら情報を取り入れていくという姿勢が重要です。

 

沢井製薬は、社員のキャリア開発をサポート出来る体制作りに取り組んでいますが、まだまだこれからといった印象があるので、現時点においては、あまり期待出来ないと考えておいたほうが、無難です。

 

なお、仕事を通じての成長という視点で見ると、製薬業界に関しての知識や動向に詳しくなるということはありますが、沢井製薬はジェネリックということもあり、先発の製薬会社と比較すると、吸収出来る専門知識というのは、限られたものとなります。

 

※補足
営業(MR)については、MR認定資格取得のための研修期間が半年ほど設けられており、会社としても資格取得を全面的にバックアップしているので、これからMRとして働きたいという人にとっては、無理なく、キャリアをスタートさせられる環境と言えます。

 

ワークライフバランスについて

沢井製薬の就労環境は基本的には良好です。有給休暇が取りやすくなっていますし、フレックスタイムが導入されているため、スケジュール調整の自由度は高いです。

 

一方、残業については、殆ど発生しない部署もあれば、かなり多い部署もあるなど、職場によって全く状況が異なるので、残業の有無が気になる人は、転職後、自分が配属されることが想定される部署の状況について、事前に確認しておいたほうが、無難です。

 

なお、営業に関しては、沢井製薬の場合、ほかの製薬会社と違い、ドクターが相手ではないため、学会やセミナー等で、土日に出勤をするといったことは、ほとんどありません。従って、週末にしっかりと休みを取ることが出来ます。

 

女性の働きやすさについて

沢井製薬は、元々は男性が主軸として活躍して、女性はサポート役的な立場にとどまっているような会社でしたが、ここ数年は、ダイバーシティの観点から、女性登用の推進を積極的に進めており、女性が第一線で活躍出来るようになってきています。

 

管理職に就いている女性は、まだまだ少ないのですが、会社としては、女性管理職を増やす意向を持っており、今後は女性社員が、積極的に管理職に登用されていくと考えて、まず間違いないでしょう。

 

一方、育児支援体制については、沢井製薬は、産休・育休・時短勤務といった制度を整備しており、実際に、これらの制度を活用している女性は少なくありません。休暇終了後は、基本的に元の職場に復帰出来るようになっているので、出産前と同じように、働き続けることが可能です。

 

元々、フレックスタイムを敷いている会社なので、スケジュール調整がしやすく、育児と仕事の両立が図りやすい環境です。

 

沢井製薬の転職先としての価値

ここまで、沢井製薬の就労環境について、様々な角度から見てきましたが、医薬品メーカーとしては、ごく標準的な待遇、就労環境となっており、あまり特筆することはないのですが、製薬業界自体が恵まれている業界なので、他業種の企業も含めれば、十分に魅力的な会社と言えます。

 

転職先候補として捉えた場合でも、沢井製薬は、十分に有力候補の一つになり得る存在です。その反面、絶対に、この会社にすべきと即断出来るだけの大きなメリットがあるわけでもないので、最終的には、他社との比較ということになってくると思います。

 

そういった意味では、医薬品メーカーをはじめとして、様々な企業の求人情報を入手して、沢井製薬の求人と比較検討したうえで、転職の判断を下すのが、賢明です。

 

下記に、沢井製薬の中途採用求人を扱っている代表的な転職会社をリストアップしておきますが、彼らは、様々な企業の求人案件を保有しているので、ぜひ、色々な企業の求人案件を紹介してもらってみてください。

 

また、そのうえで、どの会社を候補にすべきか、判断に迷うということであれば、転職先選びについて、相談してみるのもオススメです。プロの視点で、客観的に分析してくれるので、参考になることが多々あるはずです。

 

いずれにしても、転職会社は、転職先を決める際には、何かと助けになる存在なので、うまく活用してください。

 

<沢井製薬の中途採用求人を扱っている転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ