LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの中途採用事情~社員年収、就労環境など~

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの中途採用事情

 

ルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオール、ブルガリなど、数々の高級ブランドを傘下に持つLVMHグループの日本法人である、LVMHウォッチ・ジュエリージャパン。社名が示すように、LVMHグループの時計・宝石を専門的に扱っています。

 

取り扱いブランドは、タグ・ホイヤーをはじめとする高級時計ブランドのほか、ショーメ、フレッド、デビアスなどが、主なものとなります。

 

日本国内における高級品市場の拡大、インバウンド需要の拡大に伴い、LVMHウォッチ・ジュエリージャパンは、2桁成長を続けるなど、好調を維持しています。

 

このページでは、LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、労働環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの中途採用求人の傾向

組織規模としては、それほど大きな会社ではないので、求人数自体は少なめです。ただし、LVMHは、新卒よりも中途採用を重視しているので、転職のチャンスは、それなりに存在します。

 

募集対象となる職種は、ストアスタッフ(店長候補を含む)、営業、営業事務、マーケティング、広報、人事、経理財務、経営企画などとなり、ストアスタッフ・営業・営業事務については、求人の発生頻度が高いです。

 

応募条件に関しては、即戦力の人材を求める会社なので、どの職種に関しても、該当業務に精通していることが、必須条件となります。ストアスタッフに関しても、高級商材の販売経験者でないと、まず採用されないなど、条件は厳しいです。

 

求人情報の入手方法

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンは、転職会社を経由して募集をかけているので、求人情報を入手する時には、転職会社に問い合わせる必要があります。このページの最後に、取り扱い実績が豊富な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

なお、LVMHグループの公式サイト内のなかには、求人情報を検索出来るページが用意されています。
https://www.lvmh.co.jp/%E4%BA%BA%E6%9D%90/%E6%8E%A1%E7%94%A8%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%B1%82%E4%BA%BA/%E5%8B%9F%E9%9B%86%E8%81%B7%E7%A8%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7/?job=&place=&experience=&activity=333&contract=&reference=#gt_offers-results

 

地域を『日本』、事業カテゴリーを『ウォッチ&ジュエリー』にすることで、LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの求人が出てくるはずですが、実際には何も表示されないケースが多いです。

 

その場合でも、転職会社に問い合わせると、求人を紹介してもらえるので、情報源として、どこまで役立つのかは微妙なところです。管理人個人の意見としては、最初から転職会社にコンタクトしたほうが速いと思いますが、念のため、お伝えしておきます。

 

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの社員年収・昇給制度について

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンに勤務する社員の給与水準ですが、職種別の年収事例をいくつか挙げると、下記の通りとなります。

 

【販売職】

  • 25歳 ショップスタッフ 年収340万円
  • 28歳 販売員 年収380万円
  • 40代 販売スタッフ 年収400万円
  • 副店長 年収500万円

【総合職】

  • 30歳 営業アシスタント 年収380万円
  • 30代 営業 年収500万円
  • 営業課長 年収800~1000万円
  • 営業部長 年収1200~1700万円
  • 35歳 販売促進 年収520万円

 

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンでは、年俸制が採用されており、16分割されたものが、毎月支払われています。プラス、年に2回(夏季、冬季)のボーナス月があり、その時には、2ヶ月ずつ支給される仕組みとなっています。

 

給与水準は、高級ブランドだけあって、アパレル業界内では、高めの設定となっており、総合職だと、年収1500万円を超えることもあるので、高所得を目指している人にとっては、やりがいのある会社と言えます。

 

昇給については、年に1回、給与が見直されるチャンスがあり、きちんと実績を出していれば、給与が上がる会社です。(毎年、昇給しているという社員も多いです。)

 

福利厚生に関しては、住宅手当のような一般的なものはなく、これらは給与に含まれていると考えてください。日系企業のような手厚い福利厚生は望めませんが、唯一、退職金制度だけは用意されています。(正社員限定です。)

 

また、LVMHグループのファミリーセールでブランドアイテムを安く購入出来る社員割引制度が用意されており、かなり好評です。(これだけで、福利厚生は十分という人もいます。)

 

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの評価制度について

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの評価制度ですが、売上や実績に関する個人目標の達成度をもとに査定する成果主義が採用しています。期のはじめに目標を設定して、年に2回のレビューを経て、期末に達成度がチェックされるという流れです。

 

能力が認められれば、大きな仕事を任されるので、実力のある人が、順調にキャリアアップ出来る会社です。このあたりは、典型的な外資のイメージ通りと考えておけば大丈夫です。

 

なお、LVMHウォッチ・ジュエリージャパンにおいて、管理職に就くには、ビジネスレベルの英語力が必要となります。フランス語も出来ると、さらに出世しやすくなるなど、語学スキルの重要度が高い会社です。

 

教育制度・成長環境について

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンは、社員教育に力を入れており、商品知識や業務に必要なビジネススキルを学ぶための研修制度が、多数用意されているので、こういった機会を利用して、効率良くスキルアップを図ることが出来ます。

 

実務においても、レベルの高い上司の下で働くことが出来るので、日頃の仕事を通じて、自分を成長させることが出来ます。

 

管理職に就いた場合にも同様であり、他社よりも、マネジメントスキル、取引先との交渉・折衝スキルが磨かれる環境なので、同業他社のマネージャーよりも、LVMHウォッチ・ジュエリージャパンのマネージャーは優秀であると、業界内では位置づけられています。

 

そのため、数年、マネジメント職を務めた人が、他社からヘッドハンティングされるというケースが珍しくないので、キャリア志向が強い人にとっては、このうえない環境といえます。

 

その一方で、LVMHは、仕事に対する意欲が高い人が集まっている会社なので、自己成長やキャリアアップには興味がない、のんびりと仕事をしたいという人にとっては、あまり向いていません。

 

先ほどの研修・勉強会に関しても、強制参加となるものが多いのですが、そもそも、自ら参加を希望する人達ばかりです。

 

ルイ・ヴィトンやブルガリが好きだから、タグ・ホイヤーが好きだからといった理由だけでは、働き続けることが出来る会社ではないので、その点は注意してください。

 

ワークライフバランスについて

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンは、ワークライフバランスが良好な企業です。職種やポジションにより、多少の差はありますが、基本的に残業は少なく、有給の取得率も高いです。(会社が積極的に有給消化を奨めています。)

 

ただし、営業職や販売職の場合、担当する仕事の内容、配属先店舗の状況によっては、勤務時間が長くなったり、休日出勤の機会が頻繁に発生したりするなど、プライベートと仕事の両立が難しくなることもあります。

 

そのため、ワークライフバランスを重視する人は、転職後、自分が配属されることが想定される部署・店舗の状況について、事前に調べることをオススメします。

 

女性の働きやすさについて

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンは、女性社員の比率が高いうえ、管理職に就いている女性が多数存在するなど、女性が主軸として仕事を回している会社なので、バリバリ働きたいという女性にとっては、申し分がない職場です。

 

仕事内容で男女差が生じることはないですし、キャリアアップのチャンスも男女平等なので、その気になれば、幾らでも上を目指すことが出来ます。

 

産休・育休といった育児支援制度も整備されており、復帰後には、時短勤務も可能なので、出産後も仕事に復帰して、育児と仕事を両立している女性社員が多いです。

 

しかしながら、産休や育休の取得時に、自分の仕事に対する主張を周りの社員にきちんとしておかないと、休みを取りにくくなることがあるので、はっきりと意見を言える人でないと長期間働き続けるのは難しいです。

 

LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの転職先としての価値

ここまで、LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、ワークライフバランスが良好なうえ、給与設定が高めなので、この業界で転職を目指すのであれば、文句なしに、選択肢の一つと言える会社です。

 

(社員の平均勤続年数が高いことが、この会社の良さを実証しています。)

 

ただし、典型的な成果主義の会社であり、キャリア志向が強い積極的な社員が集まっているので、マイペースで働きたいという人にとっては、居心地の悪い会社であるかもしれません。

 

そういった意味では、LVMHウォッチ・ジュエリージャパンは、人を選ぶ会社とも言えるので、自分がどんな職場を求めているのか、自分自身の価値観と照らし合わせたうえで、転職を目指すのかどうか、判断するようにしてください。

 

下記に、LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、判断に迷うようであれば、相談してみることをオススメします。プロの視点で冷静に分析してくれるので、参考になります。

 

また、仮に、LVMHウォッチ・ジュエリージャパンは自分には向いていないという判断になった時には、他社の求人を紹介してもらうといったことも可能です。転職先を決める際には、何かと頼りになる存在なので、うまく活用してください。

 

<LVMHウォッチ・ジュエリージャパンの中途採用求人を扱っている転職会社>


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ