MSDの中途採用事情~年収、評価制度、就労環境、etc~

米国ニュージャージー州に本社を構える、世界的な製薬会社、メルク・アンド・カンパニー。ドイツの化学・医薬メーカー、メルクのアメリカ事業が、第一次世界大戦中に接収され、分離独立したことを発祥とする企業です。

 

MSDの中途採用事情

 

ドイツのメルクが、今でも、存在するため、区別する意味で、米国メルクとも呼ばれることもある会社です。

 

2009年11月の米国メルクによる大手製薬会社シェリング・プラウの買収に伴い、米国メルクの日本法人とシェリング・プラウの日本法人が事業統合したことによって、2010年に設立されたのがMSD株式会社です。

 

医療用医薬品、医療機器の開発・輸入・販売を手掛け、特に、糖尿病治療薬、アレルギー性鼻炎治療薬、高脂血症用薬、筋弛緩回復薬などにおいて、大きなシェアを誇っています。

 

波はありつつも、安定した業績を挙げ続けており、それに伴い、人材採用の動きが活発です。新卒・中途を問わず、積極的に人材を募集しています。

 

このページでは、MSDの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収水準、就労環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

MSDの中途採用事情

MSDでは、各種事業部において、通年で中途採用を実施しています。募集がかかっている部署・職種については、グローバル研究開発本部やメディカルアフェアーズが主となっており、領域はオンコロジーがメインです。

 

そのため、求められている人物像は、高い専門性を持つ即戦力人材であり、厳しい応募条件が設定されています。

 

具体的な応募資格としては、どの職種でも基本的に、募集されている職種に関する高度な知識と専門性を有すること(生物・薬学系学科の学士、修士以上の資格もしくはそれに準ずる経験を有すること)、当該分野の実務経験を有することが、最低条件となっています。

 

経験年数については、求人ごとに異なりますが、最低でも3年は必要となり、なかには、15年程度の経験が求められるケースもあります。シニアクラスになると、どの職種においても、10~15年程度の実務経験を求められるのが、一般的です。

 

また、語学スキルに対する要求度も高く、ほぼ全ての求人において、ビジネスレベルの英語力(TOEIC650~800程度)が求められています。

 

現在、募集がかかっている求人の詳細については、公式サイト内の採用情報ページにおいて、公開されているので、興味がある人は確認してみてください。
http://www.msd.co.jp/careers/index.xhtml

 

一方、営業・マーケティング、経理財務、人事、総務といった職種においては、専門職と比較すると、応募条件が緩くなりますが、求人数はかなり少なめです。

 

また、これらの職種に関しては、転職エージェント経由で、募集がかかることが多いです。このページの最後に、MSDの中途採用求人の取扱実績が多いエージェントを数社リストアップしておきますので、直接問い合わせてみてください。

 

なお、これらのエージェントは専門職の求人も扱っていることが多いので、専門職での転職を狙っている人も、利用することが可能です。

 

MSDの社員年収について

MSDの社員年収について、幾つか具体例を挙げると、下記のようになります。

 

  • 入社6年目 営業 年収600万円
  • 入社5年目 35歳 研究開発 年収670万円
  • 入社3年目 31歳 営業 年収600万円
  • 45歳 生産 年収1300万円
  • 入社9年目 営業 年収860万円
  • 入社5年目 30代前半 臨床開発 年収650~700万円
  • 入社3年目 32歳 営業 年収700万円前後
  • 入社6年目 財務 マネージャー 年収1300万円
  • 入社10年目 46歳 品質 年収1100~1150万円

 

業界のリーディングカンパニーということもあり、製薬会社のなかでも、給与水準は高いほうです。給与体系は年功序列の部分が大きく、突出した成果を上げたとしても、大幅な昇給が期待出来るわけではありませんが、毎年コンスタントな昇給が望めます。

 

昇給の機会は年に一回で、賞与は年に一回、3月に支給されます。また、借り上げ社宅制度、退職金制度、保育料補助制度など、外資では珍しく、給与以外の福利厚生の補助が非常に充実しています。こういったことも含めると、MSDの給与条件は、かなり良好と言えます。

 

就業環境、ワークライフバランスについて

MSDは、職種によって多少の違いはありますが、総じて優れた就業環境を提供している企業であると言えます。

 

裁量労働制が導入されているため、業務の進め方や時間の割り振りなど、自分次第で、自由にスケジュールを組み立てることが可能です。残業するかどうかということについても、自分で決めることが出来ます。

 

在宅勤務も無制限で認められており、出社が難しい場合でも、問題なく業務に取り組むことが出来ます。

 

有給休暇の取得に関する自由度も高く、長期休暇が取りやすいですし、飛び石連休の平日に有給を取得して、大型連休を取っている社員も多いです。

 

なお、どの会社でも一緒かもしれませんが、営業職に関しては、本社勤務の職種よりも、忙しいという傾向があります。ですが、特に担当エリアが広いわけではなく、直行直帰が可能ですし、新薬上市時期などの繁忙期を除けば、有給休暇の取得についても、融通が利きます。

 

所属部署によっては、学会参加や講演会の手伝いなどで、土曜出勤が課せられる場合もありますが、頻度は2週に1度ぐらいです。そのため、他の製薬会社と比較すると、MSDの営業マンは恵まれた状況にあると言えます。

 

成長環境について

MSDは社員教育に力を入れている企業であり、社員の能力開発を積極的にサポートしています。教育プログラムのほとんどが、eラーニングとなっており、カフェテリア形式で受講することが可能なので、成長意欲の高い人は、いくらでもスキルの獲得や研鑽に、取り組むことが出来ます。

 

申請すれば、勤務時間内に、社外研修を受けることが出来ますし、費用も補助してもらえるので、MSDではカバーしていない分野の能力開発についても、問題なしです。

 

また、MSDは社内公募制度がしっかりと機能している企業であり、本人の希望を最大限尊重してくれるので、全く別の職種にチャレンジすることも可能です。

 

女性の働きやすさについて

MSDは、ダイバーシティ&インクルージョンを会社として掲げて、女性が働きやすい環境を整えることに注力しており、女性の働きやすさについては、定評があります。

 

女性特有のライフイベントに対する配慮が厚く、産休・育休制度の取得率は高いですし、復職後には、時短勤務を利用して、子育てをしながら仕事を続けている女性社員が多いです。

 

またMSDでは、一般的に男性社員が多数を占める傾向にある営業職においても、全体の3割程度が女性であるなど、職種問わず、女性が活躍しています。女性の管理職を増やそうという動きもあるため、精力的に働いてキャリアアップを目指すことも可能です。

 

MSDの転職先としての価値

ここまで、MSDの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、給与水準が高いうえ、就労環境も整っており、転職を目指すには、申し分がない企業です。それだけに、人気が高く、転職を考える人は多いです。

 

ただし、先ほども触れたように、MSDが転職希望者に課す条件は厳しく、ハードルはかなり高くなります。そのうえ、職種によっては、求人数自体が少ないので、競争率が高く、狭き門となります。

 

なかなか大変ではありますが、目指すだけの価値がある企業なので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

最後に、MSDの中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしておきます。彼らは、MSDの社内事情に精通しており、会社側が求める人物像についても把握しています。

 

そのため、どうすれば、会社側に、うまくアピール出来るかなど、採用面接対策に関して、アドバイスを受けることが出来ます。こういった事前情報をどれだけ知っているかによって、転職に成功する確率が大きく変わるので、ぜひ活用してください。

 

なお、転職エージェントは様々な企業の求人情報を扱っているので、他の製薬会社の求人について、教えてもらうことも出来ます。もしかしたら、MSD以上に満足出来る会社が存在するかもしれないので、興味がある人は、併せて確認してみてください。

 

<MSDの中途採用求人を扱う転職エージェント>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • JACリクルートメント

    Doda

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

コメントを残す

このページの先頭へ