英会話が得意な薬剤師を募集する求人案件の探し方

英会話が得意な薬剤師を募集する求人

 

看護師ほどではないのですが、英会話が出来る薬剤師を募集する求人案件というのは、東京、大阪といった大都市を中心として、徐々に増えてきています。勤務先も調剤薬局、病院から、製薬会社、CRO機関まで、幅広くなっています。

 

ちなみに、民間企業だと、食品、化学、化粧品といった業種のメーカーからも、求人が出てくることがあります。研究開発、薬事申請、安全性情報管理といった業務を担当することになります。

 

ただし、民間企業の求人に関しては、該当業務に関する実務経験が必須となるケースが大半を占めるため、たとえば、これまで調剤薬局で働いていた薬剤師が製薬会社に勤務するといったことは難しく、転職のハードルは高めです。

 

ただし、調剤薬局、病院、CRO機関であれば、未経験者の採用に積極的なところも多いので、仕事に就けるチャンスは十分にあります。(英会話スキルが求められるような職場だと、英語を武器に出来るので、尚更です。)

 

ちなみに、CRO機関で働いた経験を活かして、食品メーカーや化学メーカーに転職するといったことは、よくあるパターンなので、こういったキャリアパスを見据えながら、転職先を決めるというのもアリです。

 

英会話が得意な薬剤師を募集する求人

 

求人情報の探し方

求人情報を探す方法は色々とあるのですが、薬剤師の資格を持っているのであれば、転職会社に登録して、仕事を紹介してもらうのが、一番速いです。自分で求人を探すのは手間ですし、膨大な案件の中から見つけないといけないので、一個人では拾いきれないということもあります。

 

また、これが重要なのですが、英会話が出来る薬剤師というのは、転職市場においては、かなりレアな求人であり、こういったものは、あまり表に出てきません。

 

こういった薬剤師としては、特殊なスキルを身につけている人材を探す場合、雇う側は、転職会社にアプローチして、該当する人材を紹介してもらうというプロセスを踏むことが多いです。

 

そのため、転職会社に登録して、英会話スキルを活用出来る仕事を希望しているということを、あらかじめ、伝えておくことが重要です。

 

転職会社選びが重要

ただし、ここで重要なポイントは、転職会社であれば、どこでもいいというわけではないということです。英会話・薬剤師という珍しい組み合わせの求人というのは、大手でないと扱っていないからです。(小さな転職会社だと、一般的な求人しかカバーしていないものです。)

 

また、どんな勤務先を志望するかによっても、登録すべき転職会社というのは、変わってくるので、慎重に選ぶようにしてください。

 

ちなみに、調剤薬局・病院・CRO機関については、薬剤師の有資格者の転職支援に特化している転職会社に登録すれば大丈夫です。

 

なお、これまでに転職した経験がある人であれば、既に登録している会社があるかもしれませんが、その場合には、再登録は不要です。

 

仮に登録したのが数年前だとしても、登録情報は残っているので、連絡を取れば対応してもらえます。(ちなみに、当サイト管理人のもとには、20年前に登録した転職会社からも、定期的に現状確認の連絡が来ます。)

 

もし、未登録の転職会社があれば、そこだけ登録しておくようにしてください。なお、英会話が活かせるような仕事というのは、レアなので、どの転職会社から、求人が出てくるか分かりません。そのため、面倒なのですが、大手3~4社ぐらいには、登録しておいたほうが無難です。

 

(大手4社程度を押さえておけば、転職市場に出てくる求人ほぼ全てを網羅出来るので、これ以上は不要です。)

 

下記の4社は、薬剤師専門の転職会社としては、最も保有求人数が多いところなので、登録先として最適です。

 

<薬剤師の転職支援に特化している転職会社>

 

一方、民間企業への転職を考えているのであれば、薬剤師専門の転職会社よりも、様々な業種・職種の求人案件をカバーしている総合転職会社に相談したほうが確実です。

 

下記の3社は、英語が得意な人材の転職支援に力を入れており、医師・看護師・薬剤師等、医療資格の保有者を募集する求人を扱っているので、有効な情報源となります。

 

<大手総合転職会社>

 

英会話に対する要求度は?

こうやって、転職会社を利用して、求人情報を探していけば、働いてみたいと思う職場が見つかると思いますが、どれくらいの英会話スキルが要求されるのか、気になる人もいるかもしれません。

 

これは、求人ごとに異なるので、何とも言えないのですが(同じ職場でも、タイミングによって、要求度合いが異なるのが普通です)、TOEIC換算で600~900といったところです。

 

傾向としては、病院や調剤薬局だと、外国人患者を相手にすることになるため、相手に伝えるべき医療情報を、英語で正確に表現出来るだけの英会話力が必須となり、要求度は高くなります。

 

一方、メーカーの研究職だと、読み書きが出来ればOKということで、英会話スキルの要求度合いは低くなることが多いのですが、なかには、海外の支社や提携先企業、研究機関と協働することになるため、ネイティブレベルの英会話力が必須というケースもあります。

 

同じ職種でも、業務内容によって、英語スキルに対する要求度が、変わってくるということです。そのため、詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

英語が得意な薬剤師向けの求人情報に強い転職支援会社ベスト3

薬剤師の求人に強い転職エージェントをリストアップしています。様々なエージェントが存在しますが、そのなかでも、保有求人数が最も多いエージェントを3社選んでいます。英語が得意な薬剤師を募集する求人案件もカバーしているので、仕事を探す時には、まずは、この3社にコンタクトしてみてください。

  • ファルマスタッフ

    ファルマスタッフ 6万件以上の求人案件を保有する薬剤師専門の転職エージェント。年収700万円以上、時給3000円以上といった高収入案件を多数取り扱っているのが特徴です。

  • アプロ・ドットコム

    アプロ・ドットコム

    希望勤務地、勤務時間、給与などの条件を指定すると、希望条件に合う求人をコンサルタントが探し出して、紹介してくれます。細かい条件でも対応してくれるので、自分で探そうとしても、なかなか見つからないという人にオススメです。
  • 薬キャリ

    薬キャリ

    大手薬局チェーンから、メディカル企業まで、様々な求人案件を取り扱うエージェント。語学力が要求される求人もしっかりと押さえています。

コメントを残す

このページの先頭へ