会計士の求人のなかでも、最近では、英語力があることを前提とする募集が増えています。国際会計基準に基づく財務諸表監査、米国企業改革法に基づく内部統制監査、国際税務・財務関連コンサルティングといった業務内容の案件が一例です。

 

要英語力の会計士求人

 

グローバル企業や外資系企業をクライアントに持つ、公認会計事務所、監査法人、コンサルティングファームなどが主な求人元となりますが、一般企業の経理財務部、法務部などからも求人が出ており、転職先の幅が広がっています。

 

勤務地に関しても、従来は東京、大阪といった主要都市に集中していましたが、近年は地方都市でも求人が常時発生するようになっており、こちらも幅が広くなっています。(海外勤務案件も少なくありません。)

 

応募条件としては、該当業務に関する実務経験やビジネスレベルの英語力を有すること、公認会計士やUSCPAの資格を保有していることなど、全体的にハードルは高くなりますが、それだけに給与水準も高めです。

 

これまでの勤務実績次第では、年1000万円以上が提示されることも珍しくありません。

 

一方、エントリーレベルであれば、会計士(USCPAを含む)の資格があれば、実務未経験者でも採用するという求人も出ています。年収は500万前後と低めになりますが、勤務実績を積み重ねれば、昇給のチャンスは十分にあるので、スタート地点としてはオススメです。

 

おおむね、こういった状況となりますが、下記に、会計士の転職支援を得意とする転職会社をリストアップしていますので、具体的にどんな求人が出ているか知りたい人は、是非問い合わせてみてください。

 

希望条件やプロフィールを伝えれば、自分に合う求人を探し出して紹介してもらえますし、転職を目指す会社・事務所が決まった場合には、給与などの条件交渉を行ってもらうことも可能です。何かと便利な存在なので、うまく活用してください。

 

マイナビ会計士

公認会計士、及び会計試験合格者向けの求人を専門的に取り扱う転職エージェント。大手転職会社マイナビが運営する転職支援サービスなので、信頼性は十分です。ビジネス英語に対応出来る公認会計士を募集する監査法人やコンサルティングファームからの求人案件を常時扱っています。

 

クライアント企業の国際財務報告基準(IFRS)および米国会計基準(USGAAP)にもとづく財務報告作成支援を担当するといった内容の案件が中心です。東南アジア、北米等、海外拠点に赴任することが想定される案件も出ているので、海外勤務に興味がある人は要チェックです。

 

ジャスネットキャリア

公認会計士、税理士の資格を保有する人材の転職支援を行っている転職会社。英語力を有する会計士を募集するコンサルティングファーム、監査法人からの求人についても、常時扱っているので、要問い合わせです。

 

経営コンサルティング、M&A 支援、会計コンサルティング、IPO 支援、内部統制構築支援、事業再生支援などの業務を担当するといった内容の案件が中心です。M&A に関してはクロスボーターM&A(海外企業とのM&A)が含まれるケースもあります。

 

該当業務に関する実務経験を有することが応募条件となっています。会計監査法人との協議経験や海外法人の事業管理経験がある人材も歓迎されています。また、英語力に関しては、ビジネスレベル(TOEIC800 以上)が必須とされています。

 

ハードルは高くなりますが、それだけに提示される給与も高くなっており、該当する人は高収入を得るチャンスです。気になる求人があれば、是非チャレンジしてみてください。

 

リクルートエージェント

国内最大手の転職エージェント。様々な業種の求人を取り扱う総合人材会社であり、上記のマイナビ会計士やジャスネットキャリアのように、会計専門というわけではありません。

 

そういった意味で、会計士向けの求人に強いというわけではないのですが、英語が得意な人材の転職支援に力をいれており、語学力が必須となる求人については、多数保有しています。

 

公認会計士の有資格者向けの求人もそうですが、US CPAを保有する人材を募集する求人の保有数が多く、この点については、会計専門のエージェントを上回ります。

 

業務内容については、IFRS、USGAAP絡みの監査業務、財務税務業務、管理会計業務が中心となっており、監査法人や会計事務所だけでなく、一般企業の管理部門からの求人も多くなっています。

 

CFO、財務部長等、上級管理職レベルの求人も押さえているので、興味がある人は要チェックです。

 

なお、全体的な傾向として、リクルートエージェントが扱う求人は、英語力に対する要求度が高い案件が多くなっているので、TOEICで言えば、最低800、出来れば900以上は欲しいところです。

 

アカウンタントキャリア

公認会計士、税理士専門の転職支援会社。会計事務所、監査法人、コンサルティングファームからの人材募集案件を多数保有しています。また、一般企業の経理・財務部門からの求人もカバーしています。

 

監査法人に関しては、税務・財務関連のコンサルティング業務が中心となりますが、国際会計基準に基づく財務諸表監査、米国企業改革法に基づく内部統制監査が業務に含まれるケースも多々あります。

 

民間企業からの求人の場合、ビジネスレベルの英語力(最低、TOEIC700 以上)が求められるケースが少なくないので、語学スキルを有していれば、尚有利です。

 

マイナビ税理士

税理士、及び税理士試験合格者向けの求人を専門的に取り扱う転職エージェント。マイナビ会計士の姉妹サービスといった存在です。こちらも、マイナビが運営母体となっているので、信頼性については問題なしです。

 

会計士向けの求人としては、M&Aや事業再生などの財務コンサルティングを展開するコンサルティングファーム、公認会計事務所、税理士事務所、監査法人からの求人が中心となり、そのなかで英語力が必須とされる案件が多数含まれています。

 

マイナビ会計士とは、また違う事務所からの求人が見つかるので、合わせて確認してみることをオススメします。

 

レックスアドバイザーズ

公認会計士、及び会計試験合格者、税理士向けの求人を専門的に取り扱う転職エージェント。英語が堪能な会計士を募集する民間企業からの求人の取り扱い数が多くなっています。

 

海外法人との連結決算処理、海外現地法人(アジア・米国等)の経営管理・財務経理管理といった業務内容の案件です。国際会計基準に精通していること、ビジネス英語に対応出来ることが応募条件となっているので、該当する人は要チェックです。