財務管理職の求人のなかで、高度な語学力(英語力)が要求される案件は多数発生しているので、財務経験者でかつ、英語が得意という人であれば、幾らでも転職先はみつかります。特に海外子会社の財務管理経験、IFRSに沿った財務処理経験があれば、かなりの好条件を提示される可能性があります。こういった条件に当てはまる人はチャンスなので、色々と可能性を模索してみてください。

 

要英語力の財務職求人

 

また、海外絡みの業務経験がなくても、日本国内での財務管理業務経験があり、英語に支障がないということであれば、転職のチャンスはたくさん存在するので大丈夫です。ただし、勤務地ということでいえば、関東首都圏、大阪関西圏に求人が集中しているのが事実なので、この2地域から離れた場所で仕事を探そうとすると、苦戦するのは必至です。

 

下記に、財務管理職の求人案件に強い転職エージェントをリストアップしていますので、このあたりの詳細については、直接確認してみてください。なお、エージェントごとに保有する求人情報に違いがあるので、同時に複数のエージェントにコンタクトして、多角的に情報を集めることをオススメします。

 

リクルートエージェント

9万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。語学(英語)が堪能な人材を募集する案件を多数保有しており、そのなかには財務管理職の求人も含まれています。海外に進出しているグローバルメーカー(自動車・輸送機器、電気・電子機器、エネルギー、建築材料、アパレル、消費財等)からの求人が中心です。

 

業務内容は各種財務業務(財務諸表の作成、会計士監査対応、年度収支計画、実績分析など)が中心となりますが、海外における新規事業立ち上げ、財務部門立ち上げに携わるといった業務内容の案件も出ています。

 

いずれも、海外経験豊富な人材が求められていますが、国内勤務からスタートし、ゆくゆくは海外赴任といった計画のもとで採用活動を行っている企業もあります。TOEICスコアが700点台でも応募可能の求人も少なくないので、英語に関しては若干スキルが劣るという人でもチャンスがあります。ぜひ、可能性を探ってみてください。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万レベル、もしくは1000万オーバーのハイクラス求人専門の転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナル職の求人の取り扱いに長けており、英語力が必須とされる財務職の求人案件についても常時、数十の案件を保有しています。

 

海外に積極的に進出しているグローバルメーカー(化学、医療用機器、自動車部品、化粧品、医薬品、衛生用品)からの求人が中心です。いずれも取引先の海外企業や自社グループ内の海外支社との連携・折衝において、英語でのビジネスコミュニケーションが必須となってきます。

 

具体的な業務内容に関しては、企業により異なりますが、財務管理、資金管理・運用、海外子会社の管理・指導、財務レポーティング(欧米・豪州・東南アジア)といった業務内容の案件が多くなっています。

 

外資系企業(特にメーカー)における経理・財務の実務経験者を募集する企業が増加傾向にあるので、条件が合致している人は一度チェックしてみてください。ビジネスレベルの英語力に加え、公認会計士資格、USCPA資格、マネジメント経験、USGAAP・JGAAPの高度な知識等、グローバル企業において強みとなるポイントがあれば好条件での転職も期待できます。

 

また、ビズリーチはマネジメントレベルの求人案件の取り扱いに力を入れているエージェントでもあるため、財務経理マネージャー、財務部長、CFO等、管理職の求人を探している人は要チェックです。

 

ジャスネットキャリア

経理・財務・人事・法務・経営企画等、管理部門職に特化した転職エージェント。ビジネスレベルの英語力が必須とされる財務管理職の求人案件についても多数保有しています。

 

日系・外資を問わず、メーカー(自動車、電子機器、消費財、アパレル)、及び金融企業(銀行、投資ファンド、保険会社)から多数の求人が発生しています。

 

メーカーからの求人に関しては、東南アジアを中心にプレイングマネージャーとして海外拠点に常駐して、海外子会社の決算業務、財務諸表作成・財務管理業務に従事する人材を募集する案件が急増しています。

 

IFRSなどの資格を重視する案件、海外での就業経験を重視する案件等、求人ごとに求められる人物象が違っているので、これまでの職歴・経歴を活かせる案件があるかどうか、是非チェックしてみてください。

 

これらの求人の大半が東海・関東地方に集中していますが、メーカーからの求人であれば、大阪・兵庫・広島など西日本でも発生しているので、気になる人は詳細をチェックしてみてください。

 

英語に関しては、業務を遂行出来るだけのレベルにあれば、TOEICのスコアなどは、特に要求していない企業が多く、資格よりも実績・実力(実践力)重視と言えます。

 

JACリクルートメント

グローバル企業・外資系企業の求人に特化している人材紹介会社。英語、中国語等、語学力を活かせる求人が複数発生しています。不動産、金融、教育、旅行、商社、物流といった業種の企業からの求人が多くなっています。

 

大企業、中小企業、いずれの会社規模の企業からも求人が発生しています。前者だと財務管理専任職としての募集となる案件、後者だと管理会計・経理業務との兼任となるポジションの案件が主流となっています。

 

また、財務部長、財務マネージャーといったマネジメントレベルの案件、財務マネージャーのアシスタントといったポジションの案件も出ています。後者については、サポート役として管理職レベルの業務に携わることが出来るため、キャリアアップを図りたい人におすすめです。

 

英語力に関しては海外子会社の現地スタッフとのビジネスコミュニケーションに支障がないだけのレベルにあることが採用条件となっています。

 

人材バンクネット

外資系企業をはじめ、国内大手企業の求人案件を多数保有している人材紹介会社。財務管理職の求人のなかで、英語力が必須とされる案件としては、メーカー(化学、医療機器・製薬、化粧品)からの人材募集案件を保有しています。

 

国際会計基準(IFRS)に則った財務処理や海外子会社の財務管理を担当することになり、IFRSの経験者であれば、すぐに転職先が決まる可能性が十分にあります。また、財務部門のマネジメントを担うマネージャーの募集案件も常時発生しています。

 

一般企業以外では、会計事務所や監査法人からもIFRSに対応出来る人材を募集する案件が出ています。財務管理に関するアドバイザリー業務に従事することになるため、コンサルティング経験者が重宝されています。