マーケティングというのは、中途採用枠に関してもニーズが高い職種なので、求人は豊富です。あらゆる業種において募集がかかっています。これは部長職の求人に関しても同様ですが、マーケティングに関するスキル・経験だけでなく、経営分析能力やビジネスモデルの立案能力等、実質的に経営者としての能力が求められるケースが多くなっています。

 

マーケティング部長職の求人

 

また、日系・外資を問わず、ビジネスレベルの英語力が最低限要求されることになり、非常にハードルが高くなっているのが現状です。さらに最近の傾向としては、ウェブマーケティングに精通する人材に対する需要が高くなっています。

 

マーケティングと一言でいっても、守備範囲・業務内容は様々なので、転職を成功させるには、転職先に希望する条件、自分自身の経歴やスキルなど、あらゆる情報を棚卸ししてから適切な会社を選び出すことが重要です。

 

たとえば、ブランドマーケティングが得意なのか、ソーシャルメディアを使ったことが得意なのか、あるいはプロモーション全般が得意なのか、それぞれでアプローチの方法が変わってきます。

 

しかし、こんなふうに自分の得意分野と求人情報を紐付けるにしても、求人数が膨大なので、一個人が実行するには限度があります。

 

そのため、実際に仕事を探すときには、マーケティング職の求人に強い転職エージェントに相談することをオススメします。下記のエージェントであれば、国内外問わずマーケティング職の求人に精通しているので、問い合わせれば色々と求人を紹介してもらえるはずです。

 

なお、マネジメント職の求人というのは、どのエージェントにとっても貴重な情報なので、自社で囲い込むケースが多く、そのためエージェントごとに保有している案件が大きく違っています。

 

そのため、同時に複数のエージェントにコンタクトして、少しでも多くの求人情報を入手することが転職成功のコツとなります。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万(or 1000万円以上)レベルのハイクラス求人専門の転職エージェント。マネジメント職、専門性の高いプロフェッショナル職の求人案件を多数保有しています。マーケティング部門の責任者を募集する求人についても、様々な企業からの案件を扱っています。

 

特に、金融、IT、メディカル(製薬・医療機器)、自動車といった業種の企業からの求人が多くなっています。マスメディアを使ったマーケティング戦略が主担当となるポジション、PR・広報関係の役割が主となってくるポジション、商品開発が主となるプロダクトマーケティング的なポジション、ネットマーケティングが主となるポジション等、業務内容は様々です。海外マーケティング部長といったポジションの案件もあります。

 

また、マーケティング支援を主業務とするコンサルティング会社からの募集案件も出ています。自社コンサルタントチームのマネジメントが主業務となる案件もあれば、プラス、クライアントに対するアドバイザリー業務を兼任するといったプレイングマネージャー的なポジションとなる案件も出ています。

 

多種多様な案件が出ているので、詳細については直接確認するようにしてください。

 

リクルートエージェント

8万件の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。マネジメント職の求人の取り扱いに力を入れており、課長・部長クラスの募集案件についても常時、様々な業種の企業からの案件を扱っています。

 

営業・マーケティング部門の管理責任者を募集する求人としては、メーカー(自動車、エレクトロニクス、メディカル、消費財)、流通・小売業者からの求人が中心です。

 

海外における新規事業開発、及びマーケティング戦略を担当するといった業務内容の案件が多くなっています。海外の営業拠点に赴任することが想定される海外勤務案件も出ています。

 

ISSコンサルティング

約3000社に及ぶ外資系企業からの求人案件を保有する、外資専門の人材紹介会社。特にアパレル、ソフトウェア、自動車、保険、食品、IT、メディカルといった業種の企業からの求人を得意としており、部長職クラスの案件についても常時扱っています。

 

最近の傾向としては、これらの業種のなかでも、アパレル業界からの案件が目立ち、オフライン・オンライン問わずマーケティングのスペシャリストが募集されています。

 

勤務地は日本国内となりますが、海外本社・グループ会社との連携や海外事業の管理等が日常業務に含まれるため、ネイティブレベルの英語力が要求されるケースが大半です。外資企業における部長クラスの上級管理職ともなると、語学は必須と考えたほうが賢明です。

 

en転職コンサルタント

30代後半、40代の中堅ビジネスマン向けの転職エージェント。マーケティング部門の管理職レベルの求人案件を常時保有しており、そのなかには部長職の求人も含まれているので要チェックです。

 

流通・小売、食品、化粧品、製薬・医療機器、ITといった業種の企業からの求人が中心です。経験豊富な即戦力の人材を求める企業が大半なので、該当業種におけるマーケティング部門のマネジメント経験が最低でも5年以上は無いと相手にされないと考えてください。

 

メディアとのリレーションを持っていることを応募条件とする案件もあります。また、事業開発兼任部長といったような、会社経営に関与するポジションの求人も出ています。

 

日経キャリアNET

日経新聞グループが運営する大手人材紹介サービス。マーケティング系の部長職の求人案件を、常時40件前後取り扱っています。外資系企業と国内企業の比率は半々で、外資系企業に限っては、その分野において世界的に有名な一流企業や自動車関連企業からの案件が多くなっています。

 

ウェブマーケティングやECサイト運営のプロフェッショナルを求める求人が増加傾向にあるため、インターネットマーケティングに関するスキル・経験が豊富であれば、マネジメント経験に対しては、多少甘く見てもらえるケースもあるので、中間管理職から部長職へのキャリアアップを狙っている人にはチャンスです。

 

BNG partners

管理職レベルの求人案件を数多く取り扱っている人材紹介会社。国内大手、外資系、中小、ベンチャーなど取り扱い企業の規模は様々で、カバーしている業種もIT、不動産、福祉、建築、教育等、様々です。

 

部長クラスのマーケティング職の求人に関しても、常時20件前後の案件が掲載されています。ブランド・CIマーケティング、プロダクトマーケティング、サービスマーケティングというように、対象範囲が細かく分かれているので、自分の経歴・スキルを活かせる求人が見つけやすくなっています。

 

コンコード

IT・Web業界のハイクラス求人をメインに取り扱っている転職エージェント。大規模ECサイト、CRM関連、各種ウェブサービス、ビッグデータ関連会社等、IT企業からの募集案件を多数保有しており、課長、部長クラスの求人も常時扱っています。ネットマーケティング部門のマネージャーを募集する求人もカバーしています。

 

また、クライアントのマーケティングを支援するコンサルティングファームからの求人案件も扱っています。役員・幹部レベルの求人として、コンサルティング経験や、独自のビジネスモデルを持っていることなどを条件に、時期COO(最高執行責任者)候補として部長職として採用するといった案件も出ています。