楽天証券の中途採用口コミ情報

 

楽天証券は1999年に旧DLJディレクトSFG証券(三井住友銀行系)として日本初のオンライン専業証券としてサービスを開始しました。

 

株式トレーディングツール『マーケットスピード』は、株価のリアルタイム自動更新サービスを個人向けとしては日本で初めて提供したことにより、多くの投資家をインターネットの株取引の世界へ引き込みました。

 

昨今では、次世代トレーディングツール『マーケットスピード2』やスマホアプリ『iSPEED』シリーズなど、トレーディングを行う人への快適な取引環境を提供するほか、『楽天スーパーポイント』や『楽天カード』での投資信託購入、楽天銀行とのシームレスな連携など、投資初心者の人にも資産形成を始めやすいサービス提供に力を入れています。

 

現在の取引口座数は300万超、預り資産は5兆円と成長を続けています。

 

このような背景から、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。楽天証券の転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

楽天証券の中途採用求人の傾向

現在、楽天証券の公式ページで確認できるキャリア採用は下記の通りとなっています。また代表的な職種をまとめていますので、転職希望の方は参考にして下さい。

 

  • IT企画・管理
  • DBA
  • ネットワークエンジニア
  • システム運用管理
  • システム運用設計・構築エンジニア
  • プロジェクトマネージャー
  • アプリケーション開発(ビジネスアナリスト/プロジェクトマネージャー)
  • マーケティングデータ分析
  • プロジェクトマネージャー(カスタマーエクスペリエンス部)
  • 投資信託 企画・管理業務
  • FXディーラー
  • 仲介業者サポート業務
  • カスタマーサービス業務

 

全職種の必須条件として、入社時にTOEICでの点数600点以上が必要です。また、入社後、格付(職級)に応じて必須点数が定められます。

 

IT企画・管理

【業務内容】
業務例として、プログラムマネジメント、IT部門対応事案の横断管理、ITファイナンス業務、システム投資・経費計画策定、モニタリング・分析・評価などが主な業務になります。

 

【必須経験】
エンジニア経験でなくとも可ですが、システム開発/管理に関する知識が必要です。また、業務プロセスの企画・構築・改善業務や、コスト管理、要員管理の経験が必須です。

 

DBA

【業務内容】
データベースアドミニストレータ(DBA)として、基幹システムとして稼働するデータベースシステムの管理運用業務が担当です。

 

【必須経験】
Oracle データベース設計・構築業務の経験、もしくはOracle データベース運用業務の経験(どちらか一つの経験でも可)や、OEMやStatsPack/AWRを利用した、Oracle Databaseチューニング経験が必須です。

 

ネットワークエンジニア

【業務内容】
大規模な新規・更改ネットワークの設計・構築に関して、リーダーとして提案、構築、設計、導入、試験、運用の一連を担当します。

 

【必須経験】
ルータ、スイッチ、ファイアウォール、ロードバランサの知識・経験、ネットワーク構成図(論理図、物理図)の作成、ネットワークの障害対応(モニタリング/解析)などの経験が必須です。

 

求人情報の入手方法

楽天証券の公式サイト内に、採用情報ページが開設されており、そちらのページにおいて、中途採用の募集要項、及び、募集がかかっている求人の一覧について、確認することが出来ます。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/company/recruit.html

 

また、楽天証券は、転職エージェント経由でも、人材を募集しており、そちらから、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職エージェント、どちらでも、入手出来る情報は一緒ですが、エージェントの場合、様々な企業の求人情報を押さえているので、楽天証券を他社の求人と比較してみたいといった時には、まとめて情報を入手出来るので、便利です。

 

また、エージェントは各社の社内事情を把握しているので、内部のことについて、より細かい情報を入手出来るのも、大きなメリットです。

 

このページの最後に、楽天証券の中途採用求人を扱う代表的な転職エージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

楽天証券の社員の年収・給与制度について

楽天証券に勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

Check!

  • マーケティング 25歳 年収500万円
  • マーケティング 28歳 年収400万円
  • マーケティング 30歳 年収650万円
  • マーケティング 31歳 年収700万円
  • マーケティング 37歳 年収600万円
  • 広告宣伝 28歳 年収670万円
  • 広告宣伝 31歳 年収1000万円
  • 開発 28歳 年収660万円
  • 開発 30歳 年収650万円
  • 経理 27歳 年収400万円
  • 人事 30歳 年収310万円
  • 経営企画 35歳 年収570万円
  • 経営企画 37歳 年収570万円
  • カスタマーサポート 26歳 年収390万円
  • 営業 37歳 年収650万円
  • 営業 40歳 年収770万円

 

楽天証券の給与体制は月給制で、それにプラスして年2回の昇給と賞与からなります。また、地域的に本社採用の場合と、地域限定職(福岡)の場合では、給与や残業代に違いがあります。残業に関しては、『ワークライフバランス』の項目を参照して下さい。

 

給与の額はグレード制を採用しており、1~6に分けられ、さらにそれぞれレートとして0~6まで分類されます。昇給にはレートが6から1つ上がるとグレードが1つ上がる仕組みで、グレードが1つ上がると年収が100万円以上上がることになります。一つのグレードが上がる期間は早くて半年ほどになります。

 

諸手当として、食事手当て(福岡勤務のみ)、時間外手当などがあります。保険などは、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険など各種保険が完備されています。

 

その他の福利厚生は、健康保険組合加入、福利厚生倶楽部加入、社内カフェテリア(朝昼晩すべて無料)、楽天株式会社ストックオプション制度、社内表彰制度、業務支援補助金制度、資格取得支援制度など充実しています。

 

中途採用で入社する時の注意点

楽天証券は、年功序列型の給与体系となっており、中途採用の場合にも、同年代の現役社員の給与額を軸に、初任給が決まることになりますが、前職までの経歴・実績も加味されるので、交渉次第では、上積みが期待出来ます。

 

そのため、会社側からの提示額に満足出来ない時には、納得がいくまで、話し合うことをオススメします。転職時というのは、ある意味、最も、自分の希望を通しやすいタイミングなので、ぜひ、活かしてください。

 

もし、条件交渉が苦手ということであれば、前述した転職エージェントに代行してもらうことをオススメします。彼らはプロなので、この手の交渉事に慣れており、うまく話を進めてくれます。実際、ベースアップに成功するケースが多いので、安心して任せてしまって大丈夫です。

 

楽天証券の評価制度について

楽天証券の評価制度はグレードに分けられており、半年ごとの評価になります。どちらかと言えば、部署間より個人の成績が重視されていますので、絶えず勉強をしていかなければなりません。

 

また、TOEICの取得に力を入れており、入社時点で600点が必要になり、入社後半年以内で800点に達していなければ10%カットなどの措置が採られます。

 

楽天証券の教育制度・成長環境について

基本的に事業目標は、トップダウン形式で常に高いものが求められます。そのためやりがいもあり、多くのことが経験できる環境です。そういったことにチャレンジしてみたい人にとっては絶好の会社と言えます。

 

その他、楽天証券では個人のやる気次第では、どんどんスキルを身に付けられる環境ですので、結果が伴えば給料に反映されます。この環境は、各人のモチベーションアップに繋がっているようです。

 

教育面に関しては、JOTが主で社員教育は少ないといったところです。仕事を通じて様々なスキルが身に付きますから、将来的なキャリア開発に役立ちます。

 

英語に非常に力を入れていることもあり、英語を勉強する上で非常に良い環境です。また外国人の社員も多いため、必然的に英語を使用することになります。そのため、英会話スクールに通うよりはるかに活きた英語を学ぶことが可能です。

 

ワークライフバランスについて

楽天証券では、みなし残業制を採用しており、総合職の場合、月30時間分の固定残業代(61,088円)、地域限定職(福岡のみ)の場合は、 月30時間分の固定残業代(58,125円)が支給されます。

 

月30時間を超えた時間外労働については、別途時間外手当があります。月の平均残業時間は、30.2時間ですので、おおよそ月給内の範囲と言えます。

 

休日休暇は、完全週休2日制(土日)、祝日、年末年始休暇(12月31日~1月3日)、年次有給休暇、慶弔休暇休日、土日祝勤務の場合は振替休日ありなどが定められています。

 

プライベートには干渉されることはなく、業務の調整や引継ぎが出来れば、比較的簡単に長期休暇を取得することができます。各役職にそこまで差が無く有給休暇を取得できています。ちなみに年間の有給休暇取得率は、61.8%と高くなっていますので。まずまずの数字です。

 

女性の働きやすさについて

楽天証券での女性の環境は、女性に対して積極的に裁量が与えられ、男女差を感じるような場はありません。むしろ、女性の意見を経営陣は尊重する傾向があり、女性にとってはやりがいのある恵まれた環境と言えます。

 

管理職のポストにも多くの女性が採用されていることもあり、将来的にバリバリ活躍したいと考えている女性にとっても安心して働ける環境と言えるでしょう。

 

育児支援制度に関しては、楽天証券では、従業員、特に女性の活躍のさらなる推進をめざし、行動計画を策定し、平成26年9月2日付で厚生労働省より子育てサポート企業の認定を受け『次世代認定マーク(くるみん)』を取得しています。

 

そのため、産休、育休に関してはかなりの円滑に運用されています。多くの女性が利用していますし、復職後も問題なく仕事が出来る環境です。

 

楽天証券の転職先としての価値

楽天証券の最大の強みは、そのブランドにあります。楽天のグループ会社として、他の部門との連携が非常に強力で、盤石の基盤で仕事が出来ます。経営陣の意思決定も異様なほど早く、ライバル会社を常に意識して進んでいこうとしています。

 

業界ナンバーワンの地位を目指しているので、これからもサービスの向上や社員のレベルアップは必然的に達成されると思われます。

 

こうした楽天証券に向いている人は、金融の仕事をしていきたい人でもっと学びたい人や、英語に力を入れているために将来的にグローバルの環境に身を置きたい人などは最適ではないでしょうか?逆に金融知識が無い人や外国語に抵抗がある人は、前職で実績を残していても、かなり厳しいと言えます。

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、楽天証券への転職の判断を下すようにしてください。

 

楽天証券の中途採用求人を扱っている転職エージェント

最後に、楽天証券の中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職エージェントは、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。楽天証券以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。