中卒者向け就職完全ガイド

 

『正社員として働きたいけど、中卒だと無理だよね・・・』
『中卒だと、まともな仕事に就くのは難しいのかな?』
『学歴がない自分には、将来はあるのだろうか』

 

日本は学歴社会なので、中卒というのは、大きなハンディキャップになるというのは事実です。実際、中卒でも働ける仕事というのは、バイトを除けば、限られたものとなりますし、求人も決して多くはありません。

 

でも・・・

 

諦める必要はありません。たしかに大変な状況ではありますが、中卒で働ける仕事があるのも事実ですし、そのなかには正社員として雇ってもらえるものもあります。

 

また、正社員登用制度といって、バイトや派遣社員で働いている人のなかで、勤務評価が高い人を正社員として、再雇用する仕組を導入している企業もあり、こういった会社で真面目に働くことで、正社員として雇ってもらえるチャンスが出てきます。

 

ここまでくれば、後は実力勝負となるので、学歴は関係ありません。その会社で昇進を目指すこともできれば、より良い条件で働ける別の会社へ転職することもできます。

 

大切なのは、最初の第一歩を踏むことです。

 

この記事を書いている私自身は大卒ですが、同じ会社の同僚や、社会人になって知り合った友人のなかには、中卒者もいましたが、正直、そうと言われなければ分からないぐらい、社会人として立派に働いている人が、たくさんいました。

 

20代の頃は、自分なんかよりも、仕事にもまれていて大人だなと感じたものです。

 

低学歴が不利になることはありますが、自分の価値を証明できる経験・スキルを身につければ、中卒というのは関係ないですし、なければ、これから作ればいいだけです。

 

絶対にやってはいけないのは、『どうせダメだから』と諦めて、動かないまま、ダラダラ過ごすことです。

 

仕事というのは、年齢が上がるにつれて、見つけるのが難しくなってきます。このページで、リストアップしている仕事というのは、20代であれば、かなりの確率で採用してもらえますが、30歳を超えると、かなり厳しくなります。

 

これは、高卒・大卒でも一緒です。でも、若い人であれば、中卒でも問題ありません。つまり、若さというのは、仕事を探すうえでは、学歴を上回る武器になるということです。

 

貴重な若さを活かさず、無駄に過ごしてしまうのは、あなたの一生を台無しにするのと一緒です。

 

ですから、学歴にハンディがあると感じているのであれば、なおさら、今のタイミングを逃さないでください。繰り返しますが、若さは武器です。

 

このページでは、中卒者が正社員の仕事に就くために、どんなことをすればいいのか、その方法について、お伝えしていきます。

 

最後まで読んで頂ければ、想像以上に色々なやりかたがあることが分かると思いますし、そのなかには、きっとあなたにシックリくる方法もあるでしょう。

 

この記事が、あなたの不安を解消することができれば、とても嬉しいです。

 

努力ってのは宝くじみたいなものだよ。
買っても当たるかどうかはわからないけど、買わなきゃ当たらない。

北野武

 

最初の一歩を踏みだすこと。結果は後からついて来る。
もちろん希望通りの結果とは限らない。
でも、踏みださない人に、結果は決してやって来ない。

唯川恵

 

「僕はずっと山に登りたいと思っている。
……でも明日にしよう」。

おそらくあなたは永遠に登らないだろう。

ナポレオン・ボナパルト

 

中卒でも働ける仕事と、求人情報の探し方

まずは、中卒者でも働ける仕事には、どんなものがあるか見ていきましょう。今の日本は人手不足なので、実は色々な仕事があります。(もちろん、全てマトモな仕事です。)

 

飲食店スタッフ

レストランやカフェの店員というのは、学歴に関係なく誰にでも就けます。接客を担当するスタッフと調理の補助スタッフに分かれますが、どちらも中卒で働けます。

 

大手のファミレスやファストフード店だと、アルバイトから正社員になる人も多いので、最初はバイトから始めるというのもありです。

 

給与

(3/5)

仕事のキツさ

(3/5)

将来性

(3/5)

求人数

(5/5)

採用の難易度

(5/5)

 

犬

求人が多く、採用されやすい。そこそこ忙しいけど、それなりの給与がもらえる。スタッフ→店長→本部と、キャリアを上げていけば、長期的に働ける

 

飲食店スタッフの仕事を探しやすい求人サイト

 

 

販売員

アパレルショップや化粧品店、ジュエリーショップの販売員というのも、学歴不問の求人が多い仕事です。接客業務だけでなく、商品の在庫管理、品だし、発注、レジ打ち、売り上げ管理なども担当することになります。

 

特に、女性だと、仕事を見つけやすいです。

 

給与

(2/5)

仕事のキツさ

(3/5)

将来性

(3/5)

求人数

(5/5)

採用の難易度

(5/5)

 

犬

求人が多く、採用されやすいが、給与は安いし、30代後半になると、リストラに遭うリスクあり。それまでに、本社勤務に移るか、高級ブランドに転職できないと厳しい。

 

販売員の仕事を探しやすい求人サイト

 

 

警備員

交通整理の警備員、マンションやオフィスビルの常駐警備員など、色々な仕事がありますが、いずれも、男女ともに、中卒でも採用してもらえます。18歳以上であれば、夜勤の仕事にも就けますが、昼勤よりも、1日1000~2000円ぐらい、給与が上です。

 

アルバイト、正社員、どちらの求人もありますが、実は警備員というのは、バイトはバイト、社員は社員で固定されていて、バイトから正社員になれるチャンスは少ないので、正社員として働きたいのであれば、必ず正社員募集の求人に応募するようにしてください。

 

給与

(3/5)

仕事のキツさ

(2/5)

将来性

(1/5)

求人数

(4/5)

採用の難易度

(5/5)

 

犬

応募すれば、ほぼ間違いなく採用される。給料は、まあまあだが、いくら働いても、上がる可能性は低いので、将来性という点では、かなり微妙。

 

警備員の仕事を探しやすい求人サイト

 

 

営業

中卒でも、正社員になれるチャンスがある、数すくないホワイトカラーの仕事です。学歴不問で営業マンを募集する会社というのは、本人のやる気を重視するので、働きたいという姿勢をPRすれば、採用してもらえます。

 

営業はキツイ仕事ですが、インセンティブが付くので、結果を出せば、同年代の大卒以上の収入を手にすることもできるので、やり甲斐があります。

 

注意点としては、給与がフルコミッションの場合、成果を出せないと、収入がゼロになってしまいますが、営業経験がない人間が、いきなり結果を残すのは難しいので、フルコミッションの仕事は避けたほうが無難です。

 

中卒、未経験でも、20万円以上の固定給をもらえて、かつインセンティブが付く仕事がたくさんあるので、最初は、こういった仕事を選ぶようにしてください。

 

給与

(4/5)

仕事のキツさ

(1/5)

将来性

(4/5)

求人数

(4/5)

採用の難易度

(3/5)

 

犬

仕事は忙しく、厳しい。客から厳しい言葉を投げかけられることもあるので、メンタルの強さも必要。結果を出せば、給料は幾らでも上がるが、その前に挫折してしまうことも。人を選ぶ職業。

 

営業の仕事を探しやすい求人サイト

 

 

とび職、大工、建設現場スタッフ

ガテン系の仕事は、中卒者が就く定番の仕事です。最初から正社員として雇ってもらえるケースもあれば、1~2年程度は見習い的なポジションで働いて、仕事に慣れた段階で、正社員にしてもらえるというケースもありますが、どちらも給料は、ほぼ一緒です。

 

経験がモノを言う仕事なので、学歴に関係なく、実力で勝負できますし、けっこう、給与がいいので、中卒者にはオススメです。最近は、女性も増えており、男女に関係なく働ける仕事です。

 

給与

(4/5)

仕事のキツさ

(2/5)

将来性

(4/5)

求人数

(3/5)

採用の難易度

(3/5)

 

犬

仕事はキツイけど、頑張れるレベル。ぶっきらぼうだけど、根が優しい人が多いので、けっこう続けられる。技術を磨けば、一生食べていけるので、将来性もあり。

 

とび職の仕事を探しやすい求人サイト

 

 

ヘルパー、介護職

需要が伸びているのが、介護関係の仕事です。常に人手不足に悩まされている業種なので、中卒でも正社員として雇ってもらえます。

 

介護を必要とする利用者の食事や排せつのほか、入浴などの介助も行うため、それなりの体力が必要なので、若い人は喜ばれます。

 

資格を取ることで、より責任のある仕事にステップアップできるので、将来にわたって、末永く働ける仕事です。(資格を取るには、お金がかかりますが、施設側で負担してくれます。)

 

給与

(1/5)

仕事のキツさ

(1/5)

将来性

(4/5)

求人数

(4/5)

採用の難易度

(5/5)

 

犬

求人需要が高く、間違いなく採用してもらえるけど、給料が安い。そして、仕事は厳しい。上級の資格を取って管理職になれば、状況は良くなるけど、それも大変。やり甲斐はあるけど、覚悟がいる職業。

 

介護の仕事を探しやすい求人サイト

 

 

タクシードライバー

全国各地で求人が出ているので、すぐに仕事が見つかるのが、タクシードライバーです。その7割近くが、経験不問、学歴不問なので、中卒でも問題ありません。

 

普通自動車免許を持っていることが前提になるので、そこだけが唯一の条件となります。タクシーの運転手になるには、2種免許が必要となりますが、ここは会社負担で取得させてもらえます。

 

タクシー会社には、寮を完備しているところが多いので、生活費を節約することもできますし、10~20万円の祝い金を支給する会社もあるので、所持金が少ない人でも、どうにか当面の生活を工面できるというメリットがあります。

 

注意点としては、基本給が15万円ぐらいで、あとは歩合となるケースが多いので、売上を伸ばせないと、収入がカツカツとなる危険性があります。

 

逆に言えば、自分の努力で給料を増やすことができるので、やり甲斐がある仕事とも言えます。

 

給与

(3/5)

仕事のキツさ

(1/5)

将来性

(3/5)

求人数

(3/5)

採用の難易度

(3/5)

 

犬

歩合の割合が高いので、営業と同じように、給料は自分しだい。下手したら、悲惨なことに。頑張れば、大企業のサラリーマンなみに稼げるので、夢はあるけど大変。

 

タクシードライバーの仕事を探しやすい求人サイト

 

 

トラック運転手

運転ということでいえば、タクシードライバーと同じように、トラックの運転手も、中卒者が就ける仕事です。

 

人手不足で、給料がどんどん上がっており、製造業求人情報サイト『工場ワークス』が実施した【製造業平均賃金調査】だと、小型トラックで414万円、大型トラックで454万円が平均年収となっています。

 

体力を消耗する仕事で、肉体的に強くないと厳しいので、体に自信がある人にオススメです。

 

ただし、タクシードライバーと比較すると、採用のハードルは高く、少なくても車の運転に慣れていないと、雇ってはもらえないでしょう。最初に選ぶとしたら、タクシードライバーのほうがいいです。

 

給与

(4/5)

仕事のキツさ

(1/5)

将来性

(3/5)

求人数

(3/5)

採用の難易度

(2/5)

 

犬

運転の技術・経験が必要なので、仕事に就くのは少し大変。間違いなく稼げるけど、仕事はキツイ。若い時は問題ないけど、中年以降は・・・

 

トラック運転手の仕事を探しやすい求人サイト

 

 

工場の製造スタッフ

工場の製造スタッフと一口に言っても、色々な仕事があるのですが、将来のことを考えると、ダントツでオススメなのが、自動車メーカーや機械メーカーが募集している期間従業員(期間工)です。

 

車や建設機械、産業用機械を作る仕事ですが、大半の仕事は自動化されているため、作業は単純で、誰にでもすぐに覚えられます。

 

それでいて、募集をかけているのが、トヨタ、日産、クボタ、キャノンといった大手メーカーということもあり、期間工は待遇が良く、月収25~30万円になりますし、そこに勤続ボーナスや慰労金など、様々な手当が付くので、年収だと400~500万円になります。

 

また、期間工のもう一つの魅力は、正社員登用制度があって、定期的に行われる試験に合格すれば、正社員として再雇用してもらえるということです。

 

上司からの推薦を受けた人間のみが、試験を受けられるようになっていますが、推薦された時点で、合格する可能性が高いです。そして、推薦を得られるかどうかというのは、日頃の仕事ぶりで決まるので、真面目に働いていれば、かなりの確率で正社員になれます。

 

中卒でも、誰もが知っている一流企業の正社員になれるチャンスがあるのですから、見逃す手はありません。

 

逆に、同じ工場でも、小さな町工場となると、給料は安いですし、将来性という点でも、正直、微妙なところです。

 

小さな工場だと、アットホームで働きやすいので、居心地はいいと思うのですが、生活のことを考えると、シビアに考えたほうがいいです。

 


期間工については、こちらに詳細をまとめているので、あわせて参考にしてください。

 

給与

(5/5)

仕事のキツさ

(3/5)

将来性

(4/5)

求人数

(3/5)

採用の難易度

(4/5)

 

犬

どの工場で働くかによって、状況が変わってくる。大手メーカーであれば、好待遇だけど、小さな工場だと、安月給を覚悟する必要がある。仕事のキツさは、どこでも、それほど変わらないので、待遇重視で決めること。

 

工場スタッフの仕事を探しやすい求人サイト

 

 

警察官・消防官

公務員になれば一生安泰なので、人気が高い仕事ですが、中卒でもなれる職種としては、警察官、消防官があります。どちらも、年齢制限があるのみで、学歴不問で、誰でも応募できます。

 

応募できる年齢については、各自治体によって異なりますが、おおむね、18~27歳ぐらいで、自治体によって、上限の年齢が違ってきます。

 

以前は、30歳を超えると無理でしたが、最近は若い世代が減っているので、年齢制限を上げる自治体が増えています。特に、若い人が少ない地方に、その傾向があります。

 

東京に住んでいる人が、地方の試験を受けるといったこともできるので、年齢が気になる人は、地方自治体の求人をチェックしてみてください。

 

公務員になるには、地方公務員試験を受けて、合格しなければいけませんが、高卒程度の学力がないと厳しいので、通信制の高校に通うなどして、勉強する必要があります。そのため、ここまで紹介してきた仕事と比較すると、難易度は高いです。

 

給与

(4/5)

仕事のキツさ

(1/5)

将来性

(5/5)

求人数

(3/5)

採用の難易度

(1/5)

 

犬

人気の職業で、競争倍率が高いので、試験に受かるのは大変だけど、なれたら、天下の公務員なので、一生安泰。仕事はキツいけど、追い込まれることはないので、そこは安心。

 

参考サイト

 

  • 東京都 警察官採用案内ページ

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyo/31/recruit/info-police.html

  • 東京都 消防官採用案内ページ

http://tfd-saiyo.jp/

※各自治体で、募集ページを用意しています。

 

自衛官

公務員というくくりでいえば、自衛官も中卒者でも就ける職業ですが、中卒者の場合、年齢によって入隊できるルートが三つあります。

 

まず、15~17歳の人が自衛官になる時には、陸上自衛隊高等工科学校に入学することになります。3年間、普通高校と同じ一般教養と、自衛隊特有の専門知識を学ぶことになり、卒業すると、高卒資格と防衛大学校の受験資格を得られます。

 

卒業後の進路としては、最初の1年間は、初級陸曹としての教育を受けることが義務付けられており、その後は、陸上自衛隊の陸士長に就任するか、防衛大学校や航空学校を受験するというのが、一般的です。

 

工科学校に入学した時点で国家公務員扱いになるため、授業料は無料、かつ、毎月8万円程度の生徒手当がもらえるほか、ボーナスも支給されます。

 

一方、18歳以上の人が自衛官になるには、『一般曹候補生』の試験を受ける必要があります。(これは、陸海空、全ての自衛隊が対象です。)

 

試験の内容は、高校1年レベルなので、警察官や消防官の試験よりも簡単です。ただし、競争倍率は高く、毎年5~8倍ぐらいになっており、そのなかで勝ち抜かなければいけないので、試験の難易度としては、警察官・消防官よりも上です。

 

もう一つ、18~33歳の人が受験できるもので、『自衛隊候補生』があります。合格すると、3ヶ月間の教育を受けたあと、陸上だと1年9カ月、海上・航空だと2年9カ月を1任期とする、いわゆる期限付きで自衛隊の隊員になる方法です。

 

任期終了後は、そのまま自衛隊員として勤務を継続することもできれば、除隊して、民間企業に就職することもできます。自衛隊出身者は、転職市場において評価が高いので、中卒でも、仕事を探しやすくなります。

 

『自衛隊候補生』の試験内容は、『一般曹候補生』と、ほぼ一緒ですが、競争倍率は低めで、よりなりやすい制度と言えます。

 

給与

(4/5)

仕事のキツさ

(1/5)

将来性

(5/5)

求人数

(2/5)

採用の難易度

(1/5)

 

犬

自衛官もなれたら一生安泰の仕事だけど、試験をパスするのは大変。任務は言うまでもなくハード。生半可な覚悟だと後悔することに・・・。体育会系と自信を持って言える人にオススメ。

 

参考サイト

 

  • 高等工科学校

https://www.mod.go.jp/gsdf/yt_sch/

  • 一般曹候補生|自衛官募集ページ

 https://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/recruit/08.html

  • 自衛隊候補生|自衛官募集ページ

https://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/recruit/09.html

 

水商売(ホスト、キャバ嬢)

これの職業を、このリストに加えるかどうか迷ったのですが、中卒でも働ける仕事ですし、特に、女性にとっては、生活費や学費を得る手段として、働く人が現実には多い職業なので、あえて、ふれておきます。

 

アルコールを飲む仕事なので、20歳以上でなければ無理ですが、採用の条件となるは、それぐらいです。

 

あとは、実力勝負となりますが、客商売なので、コミュニケーションスキルがないと勤まらないですし、厳しい世界なので、精神的な強さも必要です。

 

容姿も重要ですが、ホストでもホステスでも、見た目がパッとしない人が、店No.1というケースも珍しくないので、いかに、お客さんを満足させられるかということに尽きます。

 

給与

(3/5)

仕事のキツさ

(1/5)

将来性

(5/5)

求人数

(2/5)

採用の難易度

(1/5)

 

犬

求人は多いので、仕事には就けるかもしれないが、ハードだし、人間関係も厳しい仕事。完全に向き・不向きが分かれる職業。(女性にとっても)、イメージほど、楽な仕事ではないので、要注意。気合いが入っている人が多いです。

 

水商売の仕事を探しやすい求人サイト

 

 

中卒者が仕事を探す時に、利用できる公的機関

厚生労働省は、若年層の雇用対策に力を入れており、就職支援サービス『ジョブカフェ』を、各都道府県に設置しています。

 

仕事を紹介してくれるだけでなく、様々な相談に乗ってくれますし、職場体験や就職セミナーに参加することもできます。全てのサービスを無料で利用できます。

 

採用面接に通過するためのポイント

就職するうえで、どうしても避けることができないのが面接です。慣れないと、緊張すると思いますが、中卒でも応募できる求人というのは、雇う側も、あまり過度な期待はしておらず、人間性に問題がなければ採用するので、あまり心配する必要はありません。

 

『真面目で、キチンと働いてくれそう』という印象を与えることができればOKです。そのためには、抑えておくべきポイントがいくつかありますが、下記にまとめておきますので、事前にしっかりと対策しておいてください。

 

身だしなみに気をつける

面接においては、第一印象がとても重要です。好印象を持ってもらえるように、清潔感のある身だしなみを心がけてください。

 

どんな仕事であっても、面接の時にはスーツで行くほうが無難ですが、シャツがよれていないか、スーツにシワがついていないか、ボタンが外れていないかなど、細かい部分までチェックするようにしてください。

 

金髪、ピアスといったものも印象を悪くするので、面接の時だけでも、黒髪にして、ピアスは外したほうがいいです。

 

Check!

スーツを持っていないという人は、1着購入しておきましょう。会社の面接では、スーツのブランドなどは、なんら関係ないので、激安スーツで問題なしです。

 

イオンあたりだと、10000円ぐらい買えるセールを、ひんぱんに行っているので、こういうので十分です。
https://shops.aeonsquare.net/shop/c/c184085/
https://shops.aeonsquare.net/shop/c/c18406210/

 

なお、質にこだわる必要はないとしても、サイズ感は重要です。サイズが合っていないと、だらしない印象を与えてしまいます。

 

試着は必ずしておくべきなので、ネット通販はやめて、必ず店頭で購入するようにしてください。(一度試着すれば、自分のサイズがわかるので、次に買う時にはネットでもいいでしょう。)

 

また、レンタルという手段もあるのですが、1回4000円ぐらいはしてしまうので、激安スーツを買ったほうが、結果的に安く済みます。

 

明るく挨拶する

はじめの挨拶も、相手の印象を大きく左右するものなので、ハキハキと元気よく、挨拶するようにしてください。

 

また、挨拶をする時には、相手の目をしっかりと見ること、挨拶の後に、深々とお辞儀をすることも忘れてはいけないポイントです。

 

下記の動画は、大学生向けの面接対策を解説しているものですが、挨拶のやりかたについては、そっくりそのまま真似て大丈夫です。
https://www.youtube.com/watch?v=QiiYX0A4Lk0

 

態度・言葉遣いに注意する

態度や言葉遣いが悪い人は採用されません。落ちついた態度で、丁寧に話をするようにしてください。かといって、変に普段、使ったことがないような敬語を使う必要はありません。

 

自分のことは『私』と言うこと、『です・ます』調にすること、『はい・いいえ』とハッキリ答えること

 

こういったことを意識するだけでも、十分です。こういうと何なのですが、会社のほうも、あなたが中卒ということは分かっているので、そこまで厳しいビジネスマナーは求めません。

 

あくまでも、一人の人間としての性格を見ているので、相手に対して、丁寧に接しようという気持ちを持ってのぞめば大丈夫です。

 

高校に進学しなかった理由を説明できるようにしておく

中卒だと、『なぜ、高校に進学しなかったのか?』、もし、高校中退であれば、『なぜ、途中で辞めたのか?』ということは必ず聞かれるので、答えをまとめておいてください。

 

その理由が、いじめ、病気、家庭の事情、経済的な理由など、ネガティブなことであったとしても、隠す必要はありません。変に隠そうとしても、相手は面接のプロなので、バレますし、そうなると、『この人はウソをつく』と悪い印象を持たれてしまい、逆効果です。

 

理由がネガティブな時は、『学校に馴染めず、辞めてしまいました』と、一言で短く伝えるようにしてください。

 

そのうえで、『なんとか、やりなおしたいと思っています』、『これからは、真面目に努力するつもりです』と、前向きな姿勢をアピールできるような一言を添えておくと、印象が良くなります。

 

志望動機を聞かれた時の模範回答は?

面接の時には、志望動機も必ず聞かれることです。その会社や仕事に、興味があったのであれば、そのことを素直に伝えればOKです。

 

  • 料理が好きで、将来的には、自分で料理を作る仕事に就きたいので、その第一歩として、レストランで働こうと思いました

 

  • 子どものころから、モノを作るのが好きだったので、手に職をつけられる大工になろうと思いました

 

こんな感じですね。

 

なお、テクニックとしては、『西洋の料理が好きで、将来的には、自分で料理を作る立場になりたいので、その第一歩として、イタリアンレストランで働こうと思いました』といった感じで、細かい内容になれば、より本気度が伝わりやすいです。

 

また、『お金を稼ぎたい』という以外に、何も理由が思いつかないという人は、『自分で稼いで、親を楽にさせたい』、『お金を稼いで、看護師の資格を取りたい』など、お金を稼ぐ理由を伝えるようにすれば、好感度が上がります。

 

Check!

この会社に入ったら、こんな役割を果たしたい、仕事において、こんな成果を出したいといった、入社後の将来を想定した答えができると完璧です。

 

中卒者に対して、そこまで求める会社はありませんが、それだけに、あなたがこんな話をしたら、評価が上がるのは確実です。

 

でも、これも適当な話をすると、逆効果なので、あくまでも本気で考えていることがある時だけ、伝えるようにしてください。無理に、こんな話をする必要はないです。

 

中卒者が、あらためて高卒の資格を得るには、どうする?

このページでは、中卒でも働ける仕事について、お話をしてきましたが、高卒と中卒では、就ける仕事の種類には、明らかな差があるので、高卒という肩書きは持っておいて損はありません。

 

かといって、もう一度、高校に通うというのは、現実的な話ではありません。そこで、中卒者が高卒の資格を得るための方法をまとめておきます。

 

ちなみに、定時制高校、通信制高校、ともに社会人でも、就学支援金をもらえるので、以前と比較すると、金銭面の負担を抑えることができます。

 

Check!

就学支援金の支給条件、支給額は、本人の収入によって異なります。(10代の人だと、親の収入で判断される可能性もあります。)

 

また、高校を中退している人の場合、どれぐらい通っていたかによって、就学支援金の支給期間が変わってきます。このあたりの規定は、かなり細かいので、詳しいことについては、自分が通う高校に相談してみてください。

 

定時制高校

最も一般的な手段が、定時制高校に通うことです。公立だと、授業料が安いので、就学支援金をもらうことで、自己負担額が月額8000円ぐらいで済みますし、授業は夜間に行われるので、昼間の仕事にも、さしつかえることがありません。

 

一方、私立高校は、授業料が公立の3~4倍ぐらいになりますし、10~25万円ぐらいの入学金も発生するので、金銭的な負担が大きくなります。

 

そのかわり、私立だと、午前の部、午後の部といったかんじで、昼間でも授業を受けられるので、夜の仕事をしている人でも通えますし、大学進学を目指すのであれば、よりレベルの高い授業を受けることもできます。

 

通信制高校

通信制には、月数回のスクーリング(学校で授業を受けること)以外は、自分の好きな場所・好きな時間に勉強できるのが、大きなメリットです。

 

ほかの人と会う必要がないので、人間関係のわずらわしさがないですし、授業料も公立だと、3年間で10万円ほどなので、定時制と比べても、圧倒的に安いです。就学支援金の対象となるので、すべて無料になる可能性もあります。

 

ちなみに、私立だと、授業料が年間20~30万円というのが基本で、そのうちの10万円ぐらいは、就学支援金でカバーできることが多いです。

 

何かと便利ではあるのですが、通信制にはデメリットもあります。それは、通信高校は単位制なので、必要な単位を取れないと、いつまでも、卒業できないということです。

 

定時制だと、基本的に通い続けていれば、よほど試験の成績がヒドイものでない限り、卒業させてもらえます。

 

しかしながら、通信制の場合、レポートを提出して、添削指導を受けたうえで、認定試験を受けるというステップが必要なので、けっこう大変です。

 

かつ、自由度が高いため、自分で計画的に勉強しないと、いつまでたっても、卒業に必要な単位を取得できないので、そこは注意してください。

 

高卒認定試験

高卒認定試験は、8科目から構成されていて、この8科目、全てに合格することで、高校卒業程度の学力があると認定される制度です。

 

高校に通っていないので、厳密にいえば、『高卒』ではないのですが、社会的には、高卒者と同じ扱いを受けることになります。大学の受験資格も得られます。

 

8科目もあると聞くと、大変だと思うかも知れませんが、試験の内容は中卒~高1レベルなので、それほど難しくはありません。

 

また、高卒認定試験は、年2回行われていますが、何度でも受験できますし、一度、受かった科目は、その後はパスできます。

 

ですから、2科目ずつ試験を受けて、2年かけてクリアするといったことも可能です。期限はないので、5年かけてといったことでも、問題ありません。

 

ただし、独学で勉強しなければいけないので、大変です。勉強が苦手という人は、予備校に通うことが多いです。

 

中卒者に最もオススメの仕事『期間工』

仕事を探している中卒者にオススメなのが、メーカーの期間従業員です。最長3年間の契約で、工場のライン作業員として働くという仕事です。

 

法律で、契約期間の上限が定められているので、期間限定の仕事となりますが、それでもオススメするのは、色々なメリットがあるからです。

 

メリット1:中卒でも採用してもらえる

期間従業員は学歴不問なので、中卒者でも応募できます。『応募すれば、雇ってもらえる』と言われているぐらい、採用基準が緩いのですが、最近は人手不足なので、その傾向が、ますます強くなっています。

 

力仕事なので、体力が劣る人、肉体的に問題がある人だと、不採用となる可能性もありますが、若い健康的な人であれば、まず大丈夫です。

 

ただし、基本的に、どのメーカーも18歳以上という条件は付けているので、18歳以下の人は応募不可です。

 

女性で働いている人も多い

今では、肉体労働の仕事にも女性の姿が見られるようになりましたが、そこは期間従業員も同じです。メーカーが採用に力を入れていることもあって、年々増えています。

 

女性の場合、品質検査や部品整理といった、軽作業を割り当てられるのが一般的なので、体力的な負担は軽いです。

 

中卒でもまとまったお金を稼げる

期間従業員を募集しているのは、トヨタ、マツダ、小松製作所といった大手メーカーなので、待遇が抜群です。

 

日給が1万円以上もらえるうえ、残業が発生すれば、残業代ももらえますし、交替勤務で働くと、交替勤務手当、夜勤手当といったものももらえます。

 

無遅刻・無欠勤であれば、皆勤手当がもらえますし、数ヶ月勤務を継続すれば、特別手当といった実質的な賞与も支給されます。

 

さらに、期間従業員の魅力度を高めているのが、満了慰労金という制度です。これは、一定の契約期間をまっとうした従業員が辞める時に、退職金代わりとして支給されるものですが、100万円以上になるメーカーが少なくありません。

 

これらの手当も含めると、年収換算で、400~500万円になります。中卒でこれだけ稼げる仕事をみつけるのは大変ですが、かつ、メーカーは期間従業員に対して、寮を用意しており、光熱費も含めて、無料で利用できるので、生活費を抑えることもできます。

 

そのため、3年間働いて、500万円の貯金を作ることができたといった話も珍しくなく、何か目標があって、まとまったお金を稼ぎたいという人には最適です。

 

真面目に働けば、大手メーカーの正社員になるチャンスがある

メーカーの大半が、正社員登用制度を用意しており、毎年100名以上の期間従業員を、正社員として再雇用しているメーカーも少なくありません。

 

トヨタやホンダ、日産といった大企業だと、競争倍率が高く、大卒でも入社できるのは、ほんの一部ですが、そんな会社の正社員に中卒でもなれるわけです。

 

本人が辞めると言わない限り、リストラを行うことがないのが、日本の大企業なので、一度正社員になれたら、一生安泰です。まさに一発逆転のチャンスです。

 

個室で、人付き合いもない職場なので、自分の時間を持てる

もう一つ、期間従業員という仕事の大きな魅力が、自分の時間を確保しやすいということです。1日8時間勤務が基本で、残業が発生したとしても、1~2時間なので、けっこう自由な時間が多いです。(残業が発生するのは、繁忙期だけで、1年間でせいぜい、2ヶ月ぐらいです。)

 

寮に住んでいると、通勤時間がかからないというのもあります。プラス、週休2日が確保されていますし、定期的に長期休暇も取れます。かつ、半年ぐらい働けば、有休を使えるようになるので、休みも多いです。

 

そのため、たとえば、高卒の資格を取りたいということであれば、仕事のあとは、部屋に戻ってひたすら勉強するといったこともできます。

 

寮は個室なので、誰にも邪魔されることなく、自分のことに集中できます。(期間従業員には、おとなしい人が多く、お互いに干渉しないので、仕事のあとに遊びに誘われるといったことも、あまりありません。)

 

期間従業員になるには、専門の求人サイトから応募する

まとまったお金と自由な時間を手に入れられるうえ、その気になれば、大企業の正社員になるチャンスもあるというのが、期間従業員というわけです。オススメというのも、分かると思います。

 

単純作業で、仕事は簡単なので、誰にでもできるというのも大きいです。肉体労働が嫌いでなければ、かなりいい仕事だと思います。

 

期間工.JPという求人サイトを見ると、現在、期間従業員を募集しているメーカーの求人情報を、まとめてチェックできますし、気になる求人が見つかったら、そのまま応募できるので、求人を探す時には、このサイトをチェックしてみてください。
期間工JP

 

まとめ:中卒でもチャンスはたくさんある

最後まで読み進めて頂いたのであれば、中卒でも、色々な可能性があることに気がついたと思います。

 

高卒、大卒と比べると、不利な立場にあることは、否定できませんが、そのなかでも、状況を変えられるチャンスが存在するのが、今の社会です。

 

日本の人口が減るなか、国も企業も若い人を大切にするようになってきており、真面目に努力すれば、必ず、這い上がることができます。

 

中卒だからといって諦めることなく、目標に向かって進んでください。