商社といえば、一昔前は男性の世界、女性社員といえば一般職が殆どで、男性社員のお嫁さん要員と言われていましたが、今は状況が一変しました。総合職でも新卒採用者の3割近くが女性になってきていますし、管理職としてバリバリ働くような人も増えてきています。

 

女性の商社への転職

 

それに伴い、女性が商社へ転職することも普通になってきました。求人サイトを見れば、幾らでも案件を探すことが出来ますが、そのなかで女性の転職に力を入れているサイトを幾つかピックアップしてみましたので、参考にしてみてください。

 

尚、商社の一般事務職だと、派遣社員から正社員に登用という傾向も強いので、紹介予定派遣の求人案件に強い派遣社員の求人サイトも取り上げています。

 

リクルートエージェント

商社の求人案件に強い転職エージェントですが、女性の転職支援にも力を入れており、女性向け(女性が働きやすい環境の職場)の案件も多いです。

 

女性が商社の転職情報を探す時には、いちおしのサイトです。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

DODA

リクルートエージェントと同じく、DODAも商社の求人に強い転職エージェントですが、案件数では一歩劣るかなというところです。ただ、絶対数は多いので、登録して話を聞いておきたいエージェントの一つです。

 

@type

女性の転職支援に力を入れている大手エージェント。語学を活かす仕事の紹介に強いので、商社だと英文経理や貿易事務、海外営業といったところが範囲に入ってきます。ただ、数としては少なめです。

 

マイナビ転職Woman

商社の案件に強いわけではないのですが、女性の転職サポートに長けているということで、リストアップしました。マイナビも大手なので、情報量は豊富です。

 

エンジャパン

地方の専門商社に関する案件を中心に、求人情報を豊富に抱えているエージェント。

 

アビタス

会計業界専門の転職支援サービスを手掛けている会社。会計事務所やコンサルティング事務所の案件が中心なのですが、そのなかで経理・財務、内部監査、法務といった専門職で商社の求人案件もあります。

 

若手向けの求人案件に関しては、公認会計士やUS CPAの資格を持っている人であれば、業務経験を問わない求人も出てきているので、未経験者でもチャンスがあります。

 

はたらこねっとリクナビ派遣

派遣社員の求人情報サイト。商社向けの紹介予定派遣の求人が掲載されています。

 

子育てとの両立について

 

働く女性にとって、最大の悩みとなるのが子供だと思います。今は、大企業を中心に子育てをしながら働けるように環境を整えている職場が増えてきましたが、商社でも普通に育児休暇が取れるようになったり、保育園代の補助をしてくれるところが多くなってきました。

 

三井物産のように、社内に保育園を用意してある企業まであります。

 

そういった意味では、働きやすくなっていますが、それでも営業職に関しては、子供を持つ女性が仕事をこなすのは厳しいと思います。1ヶ月、2ヶ月といった長期間の出張も珍しくないですし、外回りをして帰ってきた後に、書類の作成や社内調整などをしなければいけないので、どうしても残業が多くなります。

 

子育てと両立させるというのは、かなり至難の業です。家庭がある女性にとっては、避けておいたほうがいい職種かなと思います。

 

Vorkersというサイトをご存じでしょうか? 社員が自分の会社の実情について、体験談を投稿している転職情報サイトです。

http://www.vorkers.com/

 

このなかに『女性の働きやすさ』という項目があるので、参考にしてみてください。