沖縄が勤務地となる商社の求人案件が決して少なくありません。常時、一定数の求人が発生しています。東京や大阪に本社を置く商社からの求人もあれば、地元ベースの専門商社からの求人もあります。

 

沖縄の商社求人

 

企業規模や業務内容は案件によって大きく違うのですが、求人を扱っている転職エージェントは限られているので、自分の要望を伝えれば、希望に合った案件を探してもらうことが出来ます。

 

自分の条件に合った求人がどれだけあるか、是非一度問い合わせてみてください。

 

リクルートエージェント

8万件以上の求人案件を保有する国内最大転職エージェント。グローバル企業からの求人の取り扱いに力を入れており、商社の転職案件を多数保有しています。

 

東京や大阪に本社を置く総合商社、大手専門商社からの求人で、勤務地が沖縄県内(主に那覇市)となる案件を複数扱っています。営業、人事、経理・財務、ITといった総合職、一般事務、営業事務、貿易事務といった一般職、どちらの案件も出ています。

 

絶対数は少ないので、沖縄県での転職を考えているのであれば、求人がみつかった時には素早く動いて、チャンスを逃さないことです。常時、エージェントと連絡を取り合うのもオススメです。

 

ただし、リクルートエージェントは沖縄県内に支社がなく、福岡が担当支社となるので、やりとりなどが少し大変なので、そこはデメリットとなりますが、情報量が豊富なので、ぜひ一度は連絡をとってみてください。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

琉球人

沖縄の地元企業が運営する、沖縄全域の求人情報を集めた情報ポータルサイト。那覇市、宜野湾市、浦添市、沖縄市を中心に様々な業種の求人案件が掲載されています。

 

地元の専門商社からの転職案件も常時、複数掲載されています。営業、貿易事務といった職種で求人数が多くなっていますが、小さな会社で複数の業務を兼任するような形の案件も少なくありません。

 

ハローワーク

沖縄県内に営業拠点を置く専門商社(食品商社、インテリア卸商社等)からの求人案件を扱っています。営業、物流、一般事務、経理といった職種が中心となります。那覇市、浦添市が勤務地となる案件が多くなっています。

 

通常、ハローワーク経由の求人は民間の転職エージェントが扱っている求人案件よりも給与水準が低めになっていることが多いので、沖縄の場合、ほぼ同等のレベルになっています。

 

DODA

日系グローバル企業の求人案件に強い転職エージェント。東京に本社を置く専門商社からの求人で、勤務地が沖縄県となる転職案件を複数保有しています。(食品商社・資財商社など、業種は様々です。)

 

一点注意点としては、最初から勤務地が沖縄と決まっている案件もあれば、沖縄は勤務候補地の一つで、入社後、他地域になる可能性があるといった案件もあるので、エージェントの担当者に沖縄勤務を希望する旨を最初に伝えておくようにしてください。