外資投資銀行の転職案件

 

外資投資銀行の採用ニーズは高いものがあり、様々なポジションで求人が出ています。基本的には高いレベルでの実績・経験・スキルが求められる業界ですが、アシスタント職の案件もあり、こちらだとハードルが下がるので、経験が浅い人でも転職のチャンスが出てきます。

 

転職者に求められるものは案件によってマチマチなので、詳細は転職エージェントに直接、確認するようにしてください。

 

下記のエージェントは金融業界に強く、外資金融機関からの転職案件にも精通しているので、相談先として頼りになると考えて間違いありません。問い合わせれば、最新の動向を教えてくれるはずです。

 

JACリクルートメント

日系グローバル企業の転職案件に力を入れているエージェント。投資銀行からの求人だと、カバレッジバンカー、M&Aアドバイザリー、トレジャリー、法人営業といったポジションが中心となります。

 

リクルートエージェント

外資、日系を問わず、あらゆる業界の転職案件情報を保有している国内最大手転職エージェント。全国規模で幅広く活動している人材紹介会社です。

 

外資投資銀行の案件についても豊富に扱っています。株式・債券アナリスト、不動産投資アナリスト、PEアナリスト、M&Aアドバイザリー、アセットマネージャー、FP&A、商品開発、セールス、コンプライアンスといったポジションの求人が中心です。

 

社内システムの運用・管理を担当するデータエンジニア、システムエンジニアの募集案件も多くなっています。

 

また、アシスタント系の職種では、アナリストアシスタント、グループアシスタント、フロント付きアシスタント、役員秘書の転職案件も多数出ています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

ムービン

金融機関、投資ファンドや監査法人、会計事務所に特化した金融業界専門の転職エージェント。日系、外資を問わず、様々な転職案件を扱っています。

 

外資投資銀行の転職案件に関しては、リスク管理業務、M&Aアドバイザリー、アソシエイト、法人営業、ITエンジニア、アナリストといったポジションの求人が中心となります。

 

コトラ

金融業界、コンサルティング業界専門の転職エージェント。外資金融機関の求人案件の保有数が豊富です。もちろん、そのなかには投資銀行の案件も含まれています。

 

コンプライアンス業務、不動産ソリューション・アセットメント、アソシエイト(投資先選定、戦略選定・実行)、金融ソリューション(金融法人向けRM)、ECM業務といったポジションが中心となります。

 

アンテロープ

金融機関、コンサルティングファーム専門の転職エージェント。外資投資銀行に関する求人だと、米系、欧州系のインベストメント・バンクの日本法人、独立系M&Aアドバイザリーからの転職案件が中心となります。

 

株式・債券のセールス・トレーディング業務、資金調達、M&Aアドバイザリー、アナリスト、クライアントアカウントマネージャー、債権スペシャリスト、リレーションシップマネージャー、インベストコンサルタント、インベストストラテジースペシャリスト等、様々なポジションで求人が出ています。

 

ロバートウォルターズ

外資系企業、日系グローバル企業の求人専門の転職エージェント。正社員、契約社員、派遣社員といった各雇用形態の求人を扱っており、英語を活かした転職をしたい方にはうってつけです。

 

様々な業種・職種の案件に精通していますが、特に専門分野は製造業、IT、金融、小売、ヘルスケア、自動車、エネルギー、化学、オンライン、サプライチェーン、不動産など多岐に渡ります。

 

英語を活かした求人が多いため、英語がビジネスレベル以上の方は登録しておいて損はないでしょう。また、提出するレジュメは英語のものがあるといいでしょう。

 

英語が話せる、且つスキルを持ち合わせた人材向けの求人のため、給与も高い求人が多い傾向にあります。

 

またロバート・ウォルターズのコンサルタントはチーム体制でサポートしており、全員バイリンガルです。定期的にトレーニングを受けているため、質が高く満足度も90%を超えます。

マイケルペイジ

外資系企業専門の転職エージェント。常時3000件以上の求人案件を保有しています。

 

投資銀行からの求人だと、コーポレートファイナンスアナリスト、インベストバンキングアナリスト、M&Aアナリスト、M&Aアドバイザリー、キャピタルマーケットバンカー、インベストバンカー、マーケットアナリストといったポジションの転職案件が中心となります。