外資製薬メーカーの転職案件

 

このページでは、外資製薬メーカーの求人に強い転職エージェントをリストアップしています。製薬メーカーというのは数が限られているため、案件を扱っているエージェントは限られてきます。

 

複数のエージェントが同じ案件を扱っている可能性も高いのですが、ここは実際に話を聞いてみないと分からず、独占案件を保有しているエージェントが存在する可能性もあります。

 

そのため、求人情報を問い合わせる時には、やはり複数のエージェントに同時に確認したほうが賢明です。下記のエージェントであれば、取り扱い実績が豊富なので安心出来ます。

 

補足

なお、どの転職エージェントも製薬業界全般を得意としているので、外資だけでなく、武田薬品、アステラス製薬、第一三共など、日系の製薬会社の求人もカバーしています。

 

こういった求人を紹介してもらうこともできるので、興味があるようでしたら、外資と日系、双方の求人を比べてみるのもアリです。

 

製薬業界に強い転職エージェント

アンサーズ

製薬業界専門の転職会社なので、内資、外資を問わず、様々な製薬会社からの求人案件をカバーしています。

 

また、製薬専門ということで、上市の予定、パイプライン数など、ほかの転職会社では知り合えないような内部情報を把握しているケースが多く、転職先を決める際には、有力な情報源となります。

 

各メーカーの組織編成、社風、職場環境について、細部まで押さえているので、自分の考えに合う会社を選びやすいというも、大きなメリットです。

 

製薬会社への転職を検討しているのであれば、一度は連絡を取って、相談してみることをオススメします。

 

アンサーズが扱う代表的な職種

  • 研究職(創薬研究 前臨床研究 細胞培養/テクニシャン)
  • 臨床開発(CRA 未経験CRA プロジェクトマネージャー/開発企画 DM/統計解析 QA/QC/監査 薬事/メディカルライター CRC)
  • CMC/製造(製剤研究/製剤設計 CMC薬事 品質管理 品質保証 生産技術/製造技術/製造 生産管理/SCM/購買)
  • MR/マーケ/学術(MR マーケティング 学術/DI/研修 メディカルアフェアーズ/MSL その他営業)
  • ファーマコビジランス/PMS(ファーマコビジランス(安全性情報) PMS(市販後調査))
  • 事業開発・ライセンシング(経営企画/事業開発/ライセンシング・特許)
  • クリエイティブ(メディカルコピーライター/広告制作 メディカルエディター/プランナー/ディレクター AE(アカウントエグゼクティブ))

 

アンサーズから紹介してもらえる企業の一例

  • 第一三共株式会社
  • グラクソ・スミスクライン
  • 日本イーライリリー
  • 塩野義製薬株式会社
  • 大日本住友製薬株式会社
  • ノバルティス
  • ノボノルディスク
  • アストラゼネカ
  • 大鵬薬品工業株式会社
  • ヤンセンファーマ株式会社
  • 大正製薬株式会社
  • マルホ株式会社
  • メルク・アンド・カンパニー
  • フェリング・ファーマ株式会社
  • 和光
  • メドトロニック
  • シミック株式会社
  • サノフィ
  • 大塚製薬工場

 

ビズリーチ

高年収のハイクラス求人専門の転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナル職、及びマネジメント職の求人案件を多数保有しています。外資製薬メーカーからの人材募集案件を常時扱っています。

 

マーケティングマネージャー、クリニカルプロジェクトリーダー、品質管理マネージャー、人事マネージャー、エリアマネージャー(MR)、財務経理マネージャー等、管理職レベルの求人が中心となります。

 

一方、一般職レベルとしては、システムエンジニア、企業法務といった職種において、求人が発生する頻度が高くなっています。

 

いずれも、即戦力とみなされるだけの能力・経験を有していることが応募条件となるので、ビズリーチは、経験豊富な人がキャリアアップを目指すことを目的として、求人を探す時には、最適な転職会社と考えてください。

 

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 


 

 

ビズリーチが扱う代表的な職種

  • MR
  • 医療機器営業
  • MSL(メディカル・サイエンス・リエゾン)
  • マーケティング・企画
  • その他
  • 研究
  • 非臨床研究
  • 臨床開発
  • CRA(臨床開発モニター)
  • 統計解析・SASプログラマー
  • GCP・GLP監査
  • メディカルライティング
  • PV(安全性情報担当)
  • 学術
  • PMS(市販後調査)
  • 薬事
  • 生産技術・生産管理・製造技術
  • QC(品質管理)
  • QA(品質保証)
  • 知的財産

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業の求人専門の転職エージェント。外資製薬メーカーからの求人だと、マーケティング、MR、製品開発、法務(販売・取引契約の締結や医療機関、医療従事者、患者との法的問題における社内向けアドバイス)といった職種の転職案件を扱っています。

 

語学スキルに対する要求度が低い求人が多いので、英語に自信がない人が、転職先を探す時に、オススメの転職会社です。(TOEIC500~600程度で十分です。)

 

なお、実務経験については、必須とされるケースが大半なので、未経験者が仕事を紹介してもらうのは厳しいと考えてください。(最低でも、3年程度の経験は要求されることになります。)

 

JACリクルートメントが扱う代表的な職種

  • 実験/テクニシャン
  • 創薬(合成/探索)
  • 前臨床(薬効薬理/毒性/ADME)
  • 製剤/CMC
  • 分析/品質管理
  • 臨床開発モニター
  • 医療機器モニター
  • 臨床開発QC/GCP監査
  • 臨床開発リーダー/臨床開発プロジェクトマネージャー
  • 臨床開発メディカルライター
  • 医薬品ライセンシング
  • メディカルデータマネジメント
  • 統計解析
  • 薬事申請
  • メディカル学術
  • メディカル教育
  • 安全性情報(臨床開発/製販後GVP)
  • 製造販売後調査(GPMSP)
  • メディカルGQP/GMP/品質保証/品質管理
  • 流通対策担当者
  • CRC・治験コーディネーター
  • 管理薬剤師
  • テクニカルサポート/アプリケーションスペシャリスト
  • クリニカルスペシャリスト

 

JACリクルートメントから紹介してもらえる企業の一例

  • シーメンスヘルスケア株式会社
  • 株式会社MICメディカル
  • PSP株式会社
  • 株式会社コスモビューティー
  • バイエル薬品株式会社
  • クルツァージャパン株式会社
  • 株式会社リニカル
  • イーピーエス株式会社
  • サノフィ株式会社
  • パレクセル・インターナショナル株式会社

 

リクルートエージェント

国内最大手の転職エージェント。あらゆる業界の求人案件を扱っています。英語が得意な人材の転職支援に力を入れているため、日系グローバル企業、外資系企業とのコネクションが強く、製薬メーカーからの転職案件についても、多数保有しています。

 

特に品質管理、安全性管理、営業(MR)・マーケティングといった職種の求人を積極的に扱っています。

 

製品の長期戦略・マーケティングプラン策定、NPI業務マネジメントを担当するプロダクトマネージャー、品質保証部マネージャー、MRマネージャーといった管理職の転職案件も多くなっています。

 

上記のJACリクルートメントと違って、英語ができる人材を高く評価する求人が多いため、語学が活かせる仕事を探している人に、オススメのエージェントです。

 

リクルートエージェントが扱う代表的な職種

  • 医療機器・メディカルエンジニア(臨床開発・学術・薬事)
  • 医薬品研究・開発
  • 医薬品臨床開発モニター(CRA)・治験コーディネーター(CRC)
  • 医薬品製剤・学術・薬事申請
  • 化粧品・医薬部外品エンジニア(研究・臨床開発・学術・薬事)
  • 生産管理・品質管理(QC)・品質保証(QA)

 

リクルートエージェントから紹介してもらえる企業の一例

  • アステラス製薬
  • 旭化成株式会社
  • MSD株式会社
  • グラクソ・スミスクライン株式会社
  • 第一三共株式会社
  • イーライリリー株式会社
  • ノバルティス
  • ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
  • ブリストル・マイヤーズ スクイブ
  • ヤンセンファーマ株式会社
  • ユーシービージャパン株式会社

 

メディサーチ

製薬業界専門の転職エージェント。製薬会社の求人案件を多数保有しています。日系、外資、どちら求人もカバーしていますが、最近の傾向としては、【7:3】の割合で、外資からの求人のほうが多くなっています。

 

職種に関しては、圧倒的にMRの求人数が多いのですが、PMS、臨床開発、学術、GMP、創薬、DM、薬事、マーケティングといった分野の求人も押さえています。

 

25~35歳の若手層の転職支援実績が豊富なので、この年代の人は要チェックです。

 

メディサーチが扱う代表的な職種

  • 創薬(創薬/合成 薬理 バイオ)
  • 前臨床開発(毒性 薬物動態 製剤研究 製剤分析/CMC)
  • GMP(品質管理 品質保証 生産管理/生産技術 物流/購買)
  • メディカルドクター
  • 臨床開発(臨床開発リーダー 臨床開発モニター 開発企画/プロジェクトマネージャー 統計解析 データマネージメント 臨床薬理 開発薬事 メディカルライター QA QC)
  • 学術(PMC 学術 教育研修)
  • MR・マーケティング(MR マーケティング プロダクトマネージャー 代理店担当)
  • CRO(CRO SMO)
  • その他(人事 経営企画/その他 広報/法務/ライセンス SE/IT 特許/知的財産 薬価担当/その他)
  • 医療機器
  • 診断薬・理化学機器
  • 調剤薬局

 

エリートネットワーク

20代、30代の若手ビジネスマンの転職支援に長けているエージェント。様々な業種の求人を幅広く扱う総合エージェントですが、製薬業界における転職支援実績が増えており、日系、外資を問わず、求人を紹介してもらえます。

 

安全性管理、品質管理、製造技術管理、統計解析、臨床開発といった技術系統の求人が中心となっています。

 

なお、エリートネットワークは、製薬会社出身者を、食品メーカーや消費財メーカーといった別業種の企業へ紹介するということにも力を入れており、前職を上回る条件での転職を実現させているので、異業種に興味がある人にもオススメです。

 

エリートネットワークが扱う代表的な職種

  • MR
  • OTC営業
  • 医療機器営業
  • 研究(創薬・薬理・非臨床・製剤・有機合成)
  • 臨床開発(CRC/治験コーディネーター)
  • 臨床開発(CRA/治験モニター)
  • 臨床開発(メディカルライター)
  • 臨床開発(統計解析/データマネジメント)
  • 臨床開発(PMS/市販後調査)
  • 臨床開発(QC/品質管理)
  • 薬事(申請・CMC・開発薬事)
  • 薬剤師
  • 医師・看護師
  • 学術・テクニカルサポート
  • 医療/サービスエンジニア・FAE

 

エリートネットワークから紹介してもらえる企業の一例

  • 武田薬品工業株式会社
  • アボット・ラボラトリーズ
  • アルコン
  • アステラス製薬株式会社
  • アストラゼネカ
  • ロート製薬株式会社
  • 日本イーライリリー
  • 参天製薬株式会社
  • ベーリンガーインゲルハイム
  • ボストン・サイエンティフィック
  • IQVIAソリューションズジャパン
  • 第一三共株式会社
  • フレゼニウス・メディカルケア
  • 富士レビオ株式会社
  • グラクソ・スミスクライン
  • 大日本住友製薬株式会社
  • ヤンセンファーマ株式会社
  • 塩野義製薬株式会社
  • 大正製薬株式会社

 

ヘイズスペシャリストリクルートメント

外資系企業専門の転職エージェント。製品広報、社外・社内広報、MR、品質保証ディレクター、工場長といった職種で、製薬メーカーからの求人案件を扱っています。中間管理職・経営幹部の転職案件が多いのが特徴です。

 

MSD、イーライリリー、メドトロニックなど、外資大手の求人を一通り押さえています。

 

マイケルペイジ

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。製薬メーカーからの求人案件を多数保有していますが、ほかのエージェントと違って、人事、財務(ファイナンシャルコントローラー)、法務といったバックオフィス系の案件が中心となっています。

 

次いで、品質管理、安全性管理といった技術職の求人が多いという状況です。ちなみに、マイケルペイジは、紹介予定派遣の案件も扱っており、正社員(無期雇用)と比較して、採用条件が緩いので、経験年数やスキルがネックになって、仕事が決まらない人には、オススメです。

 

外資の製薬メーカーであれば、時給が2500~4000円と高額で設定されているものばかりなので、正社員(無期雇用)とも遜色がない収入で働けます。

 

メディカルエージェント

製薬業界専門の転職エージェント。MR、臨床開発、PMS、QA、マーケティング、MSLなど、あらゆる職種の求人を網羅しています。

 

能力重視で、経験があれば、定年後の再雇用もOKという求人が少なくないので、シニア層の人が転職先を探すうえで、非常に頼りになる存在です。

 

また、医師、薬剤師、看護師など、医療系資格保有者の転職支援にも力を入れているので、民間の製薬会社への転職を考えている人は、一度連絡を取って、相談してみてください。

 

製薬オンライン

製薬業界専門の転職エージェント。日系、外資、双方の求人を押さえていますが、中国語が話せること、獣医師免許があることなど、ほかのエージェントでは、あまり見かけないような、ちょっと変わったレアな求人が多いです。

 

また、製薬オンラインは、バイオベンチャーからの人材募集案件の取り扱いにも、力を入れており、ほかのエージェントとは、ちょっと違う独特な存在感を持っています。

 

転職エージェントを利用する時に、注意すべき7つのポイント

 

必ず複数のエージェントに登録する

エージェントを利用する時には、3~4社に同時に登録するのがポイントです。エージェントごとに、扱う求人が異なっており、どのエージェントが自分にとってベストの求人を持っているか分からないためです。

 

実際、転職に成功した人というのは、複数のエージェントに相談しています。大手転職会社の調査結果を見ると、最低でも4社、多い人だと、10社以上に登録しています

 

ただし、最初から何も考えずに、片っ端からエージェントに登録するというのは、オススメできません。登録するにも労力がいりますし、登録した後も、エージェントの担当者と面接をしたり、継続的に電話やメールで連絡を取り合うことになります。

 

あまりも登録するエージェントを増やすと、やりとりが追いつかなくなるので、かえって逆効果になります。

 

特に、製薬業界というのは独自性が高いので、この業界に慣れているエージェントを厳選して、登録したほうが効果的です。

 

転職する意志が固いことを伝える

登録後、エージェントと初めて会う時には、転職の意欲が強いことをアピールしてください。『この人は本気度が高い』と判断されると、担当者から手厚いサポートを受けられるからです。

 

エージェントというのは、企業に人材を紹介する見返りに、報酬を受け取る成果報酬型のビジネスモデルを展開しているため、転職する人が多ければ多いほど、自社も儲かることになります。

 

従って、転職に対する真剣度が高い人を優先的にサポートする傾向があります。

 

『良い会社があれば、今すぐにでも転職したい』と伝えておけば、あなたが希望する条件に合う求人を、積極的に探してくれるので、アピールすることを忘れないようにしてください。

 

自分の経歴、スキルについて、ありのままを伝えておく

エージェントは、経歴・スキルを分析したうえで、あなたに合う求人を紹介してくれます。そのため、担当者に伝えた経歴・スキルに誤りがあると、ミスマッチが起こります。これでは、転職はうまくいきません。

 

特に、製薬会社は、『こんな人が欲しい』という要望を細かく設定する傾向があるので、担当者も、その条件に合う人材をシビアに見極めます。

 

経歴、スキルにウソをついても、すぐにバレますし、そうなると、エージェントからの信頼を失い、最悪のケースとしては、登録を解除され、そのエージェントからは、仕事を紹介してもらえなくなります

 

また、仮にウソがばれずに転職できたとしても、企業側が求めるスキルを持ち合わせなければ、仕事についていけず、結局、自分が苦労することになりますし、そこで経歴詐称がバレたら、解雇ということもあり得ます。

 

自分の経歴については、素直に、ありのままを伝えるようにしてください。『あまり言いたくないな』、『隠しておきたいな』と思うようなことほど、伝えたほうがいいです。

 

そのほうが、エージェントも、あなたの欠点が欠点にならないような会社、あるいは欠点が長所となりえるような会社を探してくれるので、成功の確率が高まります。

 

自分の希望についても、率直に伝えておく

給料、勤務時間、休暇、仕事の内容など、どんなことでもいいので、転職先に希望することは、全部、エージェントに伝えておいてください。そのほうが、エージェントも求人を紹介しやすいです。

 

あまりにも条件が細かいと、求人を紹介してもらえないのではと、心配になるかもしれませんが、そんなことはないので、安心してください。

 

ただし、あなたが希望する条件だと厳しいと言われた時には、エージェントの意見を参考にしながら、条件を修正するようにしてください。

 

希望条件の優先順位を付けておく

全てが自分の希望通りという求人が見つかる可能性は、極めて低いので、どこかで妥協することになります。そのため、どの条件ならどこまで妥協できるのか、あらかじめ考えておいたほうがいいです。

 

また、どうしても、ここは譲れないという条件もあると思いますので、それは最初の面談の時に、エージェントにしっかりと伝えておいてください。

 

外資製薬メーカーの転職案件

 

レスポンスを早くする

面談が終わったら、エージェントは、すぐに求人探しに入ります。その後は、めぼしい求人が出てきた時に、その都度、連絡を受けることになります。

 

通常はメールでの連絡となりますが、できるだけ早く返信するようにしてください。どんなに遅くても、24時間以内です。レスポンスの速さというのは、熱意のあらわれとみなされるので、返信が遅い人は、それだけで、エージェントからの評価が落ちます

 

逆に言えば、レスポンスを速くすることで、エージェントからの信頼を高めることができます。これは意識さえすればできることなので、必ず実践してください。

 

電話連絡は重要度大

エージェントからの電話で連絡がくるというケースは少ないのですが、もし、電話があったら、好条件の求人が見つかったなど、重要度が高い連絡であると考えてください。

 

同時に、緊急を要する連絡である可能性もあります。事情があって、電話に出られないというのは仕方がないことですが、なるべく早くかけ直すようにしてください。

 

1ヶ月に2~3回は連絡を取る

タイミングによっては、良い求人がなかなか見つからず、エージェントからの連絡が途絶えることもありますが、その時には、『どんな状況でしょうか?』と、自分のほうから、定期的に問い合わせるようにしてください。

 

ちょっとしたことですが、これだけでエージェントの心象が良くなり、優先的にサポートしてもらえます。これも結局は熱意を示すということになりますが、結局は、ここが転職を成功させるための最重要ポイントとなります。

 

ただし、あまり頻繁に連絡すると、しつこいと思われてしまうので、2週間に1回ぐらいのペースが無難です。

 

担当者に疑問を持ったら、すぐに変えてもらう

エージェントに登録したら、専任の担当者が付きますが、人間同士ですから、相性が合わないということもあります。

 

また、製薬業界だと、たまにあることですが、あなたが研究・開発系の仕事を探しているのに、その担当者はMRの支援が専門で、あまり研究開発部門には詳しくないという、ミスマッチが発生することがあります。

 

話をしていて、『おや?』と違和感を覚えるはずですが、そんな時には、担当者の変更を要望してください。

 

転職は、あなたにとっては、今後の人生を左右する重要なことなので、『変更を要求するのは、言いづらい・・・』などと、エージェントに気を遣う必要はなしです。

 

遠慮することなく伝えてください。それで、嫌がるようでしたら、そのエージェントは、それだけの存在ということです。そのエージェントには見切りをつけて、別の転職エージェントを利用するようにしてください。

 

補足

このページで取り上げているエージェントは、製薬業界に精通しているプロなので、こういったアマチュア的な対応は、まずないと思います。

 

外資製薬メーカーの転職案件

 

外資系製薬会社の求人動向

研究開発職の求人が増えている

日本の製薬市場というのは、アメリカ、中国に次ぐ世界3位の規模となり、毎年、10兆円を超えています。高齢化社会の影響もあり、年々、市場は拡大しているのですが、そのなかで、シェアを伸ばしているのが、外資メーカーです。

 

外資製薬会社の市場シェアは、1990年には13%に過ぎなかったのに、2018年には40%近くになっています。

 

 

その背景にあるのが、新薬開発力の高さであり、日本市場に注力する動きから、国内において研究開発職を募集する動きが活発化しています。

 

ただし、どの企業も即戦力となる人材を募集しているので、最低でも5年以上の実務経験がないと、厳しいでしょう。できれば10年以上の実務経験がほしいところです。

 

また、研究開発職は、国境がなくなりつつあるので、ビジネスレベルの英語力(TOEIC700以上)があると、有利になります。特に、CRAはその傾向が強くなっており、語学スキルの有無が、転職に大きな影響を及ぼす可能性が高いです。

 

MRの採用数が、全体的に増えている

大手製薬会社が、MRを大量解雇するなど、リストラの動きが激しい一方で、組織改編のため、新しいMRを採用する動きが活発化しています。

 

最近の傾向として、外資は認定資格を持つ経験者の採用にシフトしているため、未経験者にとっては、チャンスが狭まっています。

 

CSOのコントラクトMRであれば、未経験者でも応募可能な状態なので、ここで経験を積んで、製薬会社のMRに再転職するというのが、現実的なキャリアパスとなります。

 

IT業務の求人が急増している

日系の製薬会社と比較して、外資はIT化が進んでおり、ここが強みとなっています。その強みを活かすために、外資製薬会社は、ITスキルを有する人材の採用を、積極的に進めています。

 

 

そのなかでも、需要が高いのは、社内のIT戦略を立案するプロジェクトマネージャー、社内のシステム運用をサポートする社内SE、デスクトップサポートといった職種です。

 

  • 社内各部署のニーズをヒアリングして、必要とするシステムを見極めて導入する
  • 導入したシステムの運用実績を分析して、改善する
  • 社内スタッフのITシステム運用をサポートする

 

こういった業務を担える人材に対する価値が上がっています。

 

特に、生産管理システム、営業支援システム、市販直後調査システム、安全性情報の管理システム、厚生労働省への報告業務システム、CRFデータの管理システムの導入・構築・サポート経験がある人材は、引く手あまたです。

 

かつ、専門疾患領域における知識、英語でのコミュニケーションスキルがあれば、完璧です。

 

これらの要件を満たす人物に対しては、どの会社も高年収を提示して、自社に誘い込もうとしています。現在の年収を100万円単位で上回るオファーを受けるケースも少なくないので、該当する人は、ぜひエージェントに連絡を取ってみてください。