オーストラリア大使館・領事館では、思いのほか求人が発生しているケースが多く、各国領事館のなかでは狙い目です。求人情報を得るには、まずは公式サイトの募集ページをチェックすることです。

http://japan.embassy.gov.au/tkyo/jobs.html

※英語表記となります。(日本語表記の募集ページは、存在しません。)

 

不定期ではありますが、秘書、事務員、調査官、広報といった職種を対象に、募集がかかることが多いです。

 

ちなみに、最近では、オーストラリア企業の日本市場進出支援、オーストラリア特産品のPR、日本市場調査、日本企業のオーストラリア投資促進、各種商用イベント立案実行等、経済・ビジネス関連の業務に従事するスタッフを募集する求人が、増えています。

 

マーケティング、広報の経験者が求められており、実績を認められれば、800~1000万の年収が提示されることもあるようです。こんな感じです↓

 

オーストラリア領事館の求人

 

オーストラリア大使館は、転職会社経由で募集をかけるケースが多い

オーストラリア大使館の求人情報を探す時に、必ず押さえておくべきなのが、転職会社です。欧米の大使館には、人材を募集する際、リクルート活動を転職会社に一任するところが、少なくないのですが、オーストラリア大使館も、積極的に活用しています。

 

こんな感じです。

オーストラリア大使館の求人

 

大使館のサイト内では、告知せずに、転職会社一本で募集をかけるというケースすら、あるぐらいです。そのため、上記でお伝えした、募集ページをチェックしても、求人が掲載されていないのに、転職会社に問い合わせたら、求人を紹介してもらえたというケースが、多々あります。

 

そのため、大使館の公式サイト、転職会社、双方をチェックするようにしてください。ちなみに、大使館の求人というのは、転職会社にとっても、特殊な案件なので、どの転職会社でも、扱っているというわけではありません。

 

昔から、取り扱い実績が豊富なのは、リクルートエージェントです。ほかにも、取り扱い実績がある転職会社が幾つか存在するのですが、リクルートには負けるので、とりあえず、この会社だけ押さえておけば、大丈夫です。

 

(一応、触れておくと、マイナビエージェントミドルの転職の2社は、比較的、扱っている頻度が高いです。)

 

なお、リクルートエージェントに会員登録(求職者登録)をしておくと、自分が希望する求人が、新規で発生した時に、メールで通知してもらうことが出来ます。

 

オーストラリア大使館から、いつ新しい求人が出てくるのか分からないので、求人情報を入手するには、こまめにサイトにアクセスしないといけないのですが、これはかなり面倒です。

 

リクルートエージェントに登録することで、この手間が省けるので、楽になりますし、ついチェックするのを忘れてしまい、せっかく、新しい求人が出ていたのに、自分が気付かないうちに、締め切られてしまったというミスを防ぐことにもなるので、今のうちに登録しておくことをオススメします。

 

(リクルートエージェントは、様々な国の大使館の求人を扱っているので、もし、オーストラリア以外の大使館の求人についても、興味があるのであれば、まとめて、求人情報を教えてもらうことも可能です。)

 

オーストラリア領事館の採用条件、待遇・福利厚生

職種にもよりますが、ビジネスレベルの日本語・英語が出来れば、語学に関してはパス出来るようです。事務や総務関係の仕事では、他には求められるスキルはないので、早い者勝ちです。

 

専門職の場合、業務をこなすスキルが求められるので、対象者は狭まりますが、その分、給料は良くなります。

 

雇用形態については、数ヶ月から半年の試用期間を経てからの正社員雇用、もしくはパート・アルバイトというのが標準パターン。正社員の場合、給与形態は年俸契約で、そこに年1?2回のボーナスがつくという感じです。

 

給与に関しては、試用期間から正社員と同等の待遇を受けられます。(若干、年俸は低めになります。)

 

健康保険や年金はないので、日本人の場合、国民健康保険・国民年金を自分で利用することになります。これはどこの領事館でも一緒なので仕方がないのですが、オーストラリアの場合、職種によっては退職金制度が設けられていることもあり、好条件といえます。

 

労働保険については付与されることが多いようです。

 

こんな感じですが、オーストラリア大使館・領事館の求人は他国と比べると、好条件であることが多いので、求職者からすれば有り難い状況です。

 

ただし、それだけに求められるレベルも高く、正社員の場合、年1回の給与レビュー、パフォーマンスチェックが入ります。働きぶりがチェックされ、求められる基準に達していないと判断されれば、容赦なく給与カット、退職の憂き目にあいます。

 

逆にいえば、高い評価を得ることが出来れば、給与があがる可能性があります。ここは良い意味で欧米なので、バリバリ仕事をしたい人には、良い職場だと思います。

 

ちなみに、オーストラリア大使館・領事館の場合、要求される語学は英語なので、求人が発生した場合、すぐに応募者が殺到する可能性が高く、時間との勝負でもあります。随時チェックして、ピンとくる求人があったら、すぐに連絡するようにしましょう。

 

<補足>民間企業で働くという選択肢

最後に、これは補足としてお伝えさせて頂きます。オーストラリア大使館は、在日大使館のなかでも、求人の発生頻度が高い大使館であり、こまめに探していれば、必ず見つかります。

 

ただし、それでも絶対数は限られており、恐らく、1年間を通じても、10件の求人が存在するかどうかです。極めて少ないですし、大使館というのは、密かに人気の仕事なので、募集倍率は、かなり高くなります。

 

20~30倍程度であれば良いほうであり、下手したら一人の募集枠に、100人以上の応募者が殺到することもあります。かなり、狭き門となるので、そういった意味でも、働くチャンスを得るというのは、現実的には、かなり難易度が高いことです。

 

そのため、時間をかけて、仕事を探したのにダメだったという結果にも、なりかねません。そこで、オーストラリア大使館の求人を探しつつ、代替となる選択肢についても、同時に模索することをオススメします。

 

それは、民間企業で働くという選択肢です。日本とオーストラリアは、経済の結びつきが強いので、オーストラリア市場に進出している日系企業は多数存在します。

 

そういった企業に就職すれば、オーストラリアと関わりを持つ形で、働くことが可能です。(オーストラリアに駐在するといった可能性もあります。)

 

様々な業種、職種において、求人が出ているので、色々とチェックすれば、満足出来る仕事が見つかるかもしれません。もちろん、そう簡単なことではありませんが、オーストラリア大使館で働く機会を得るよりは、可能性があることと言えます。

 

グローバルな日系企業の求人を扱っている転職エージェントに問い合わせれば、候補になるような求人が存在するかどうかチェックしてくれます。自分で探さなくてもいいので、手間が省けて簡単です。

 

紹介してもらった求人が、気に入らなければ、断ればいいだけなので、ぜひダメ元で調べてみてください。

 

上記で触れた、リクルートエージェントもそうですが、下記のエージェントも、グローバル企業の求人を得意としているので、問い合わせ先としてオススメです。

 


特に、JACリクルートメントは、アジア・オセアニア地域に関連する求人案件の取り扱いに特化しているので、オーストラリア絡みの求人を探す時には、情報源として最適です。

 

オーストラリア大使館、領事館連絡先情報

■東京大使館
港区三田2丁目1-14
TEL:03-5232-4111

 

■大阪総領事館
大阪市中央区城見2丁目1-61 Twin21 MIDタワー16階
TEL:06-6941-9271

 

■福岡総領事館
福岡市中央区天神1丁目6-8 天神ツインビル7階
TEL:092-734-5055

 

■札幌総領事館
札幌市中央区北五条西6-2-2 札幌センタービル17階
TEL:011-242-4381