2014年7月22日現在、求人の募集を行っている大使館の情報をまとめてみました。3ヶ国しかみつからなかったのですが、参考情報としてお伝えします。

 

今後も、1ヶ月に1回くらい、最新情報をまとめてレポートさせて頂きます。

 

領事館求人

 

アメリカ大使館

期限が7月24日なので、締め切り間近なのですが、2つのポジションで求人が出ています。一つは『agricultural specialist』という農業関連の貿易政策に対する提言をまとめるといった専門的な仕事となっています。

 

年収も1000万円以上となっており、高度なプロフェッショナル職と言えます。

 

大使館求人

 

フランス大使館&商工会議所

フランスの商工会議所が経理アシスタントの募集を行っています。応募期限が明記されていないため、採用者が決まったら募集終了といったタイプの求人だと思いますので、興味がある人は、すぐにコンタクトしてみることをオススメします。

 

また、今月はフランス大使館でも秘書の求人が出ていました。こちらは先週末が応募期限だったため、もう間に合わないかもしれませんが、参考情報としてお伝えします。(ダメ元で問い合わせてみてもいいと思います。)

 

イギリス大使館

日本企業のイギリス投資を支援する対英投資副担当官の募集がかかっています。産休する職員の代替スタッフということで、8ヶ月間限定の採用となります。健康保険や厚生年金もカバーされるフルタイム職のポジションです。

 

※こちらは民間の転職支援会社、リクルートエージェントでも取り扱っている求人案件となっています。

 

[recruit]

オーストラリア大使館

職員の求人情報ではないのですが、今年の10月から2015年の大使館インターンシップの募集受付を開始するという告知がされています。現役学生の方で、大使館関連の仕事に興味があるという人にとっては、貴重な機会と言えます。

 

ハイヤー乗務員(役員付運転士)の募集案件

日本のタクシー・ハイヤー会社、日本交通がハイヤーの乗務員を募集しています。国内外のVIPを送迎する仕事で、顧客が各国大使館、官公庁、大手企業の役員となるため、間接的に在日大使館と関わりを持って働くことが出来る可能性があります。

 

未経験者が応募出来るので、語学を活かして働きたい人にはチャンスです。