CFAの資格を活かせる仕事というのは、専門性が高いため、金融や会計に強い転職支援会社、もしくは専門性の高い職種の転職支援を行う会社でなければ、案件を紹介してもらうことは出来ません。

 

マイナビやリクルートといった名の通っているエージェントよりも、知名度は低い金融に特化したエージェントのほうが求人案件を抱えているので、そういったエージェントに相談する必要があります。

 

このページでは、CFA絡みで転職したい人にとって利用価値の高い転職エージェントをリストアップしてご紹介します。

 

CFA求人

 

JACリクルートメント

外資系企業、グローバル展開している日系企業に特化した転職エージェント。JACも未経験者でも応募可能なポテンシャル採用の案件を紹介してくれます。

 

マンパワーグループ

世界 80 カ国に3,500のオフィスを展開している米国ManpowerGroupの100% 出資の日本法人です。海外オフィスを通じて、海外現地の求人情報を紹介してもらうことが出来ます。 最近ではアジア太平洋地域での大手日系企業の求人情報が充実しています。

 

マイケルペイジ

世界35ヶ国にオフィスを展開しているイギリスの転職支援会社。日本では外資系の転職案件に特化しています。金融、不動産関連の求人に強く、スタッフレベルからシニアレベルまで豊富な案件を抱えています。

 

リクルートエージェント

日本(日系)最大手の転職エージェント。日系企業の求人案件を探すのであればベスト。金融業界ではアナリストよりも、コンサルティングの転職案件が多い。未経験者でも応募可能な案件も抱えています。

 

[recruit]

Robert Half

財務・会計、銀行・金融の求人に特化した転職支援会社。年収1000万円クラスの案件が多い。

 

エンワールドジャパン

金融・財務を中心に管理職、専門職の転職支援を行っているエージェント。アジア太平洋地域7ヶ国にオフィスを展開しており、アジア現地の求人案件を紹介してもらうことも可能。

 

CFAは有利な資格

 

CFAは日本の資産運用関係者でも、取得している人が約1000人とかなり少数なので、転職には有利な資格です。金融業界は元々、実務経験が重視される業界ではありますが、CFA取得者であれば、アシスタントのようなエントリーレベルの仕事であれば、未経験者でも採用されるチャンスは十分にあります

 

金融業界での実務経験が豊富な人であれば、チャンスは幾らでもあります。有利な条件で転職出来る可能性が高いので、エージェントの話を聞いてみてください。ただし、エージェントによって、紹介してもらえる企業が違ってくるので、必ず複数のエージェントに話を聞いて、内容を比較検討するようにしてください。