タイは経済成長が著しく、多くの日系企業が進出しています。現地企業とのやりとりは基本的に英語で行うことになるため、英語力を持つ人材に対する需要が高くなっています。

 

タイの英語転職案件

 

タイ語に関しては、もちろん出来ることに越したことはないのですが、日本企業と取引するようなタイ企業の社員であれば、英語を流ちょうに話すので、タイ語が話せるかどうかというのは絶対的な要素ではありません。

 

そのかわり、英語に関してはビジネスコミュニケーションが出来るだけのスキルが要求されるので、タイと関わる形で働きたいと考えているのであれば、語学に関しては十分に英語を磨いておくことです。

 

ただし、タイに赴任する駐在員の募集案件や技術職の求人だと、語学は出来なくても構わないとするケースもあるので、このあたりは転職エージェントに確認してみてください。

 

下記にタイに進出している日系企業の求人案件を多数保有している転職エージェントをリストアップしていますので、参考にして頂ければと思います。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円以上のハイクラス求人の取り扱いに力を入れている転職エージェント。管理職、専門性の高いプロフェッショナル職の求人を多数扱っています。

 

タイに進出している日系グローバルメーカーからの管理職の案件を、常時複数保有しています。現地工場の生産管理や技術管理、品質保証管理、人事管理、あるいは海外事業の企画実行スタッフといったポジションの求人が中心となります。

 

ビジネスコミュニケーションが出来るだけの英語力を持つ人材が求められる案件が多くなっています。

 

JACリクルートメント

日系グローバル企業の求人案件の取り扱いに力を入れている転職エージェント。タイに進出している日系メーカーの転職案件を多数扱っています。

 

生産技術、生産管理、品質保証、海外営業といった職種の求人が中心となります。現地子会社、支社の事業管理を行うマネジメント職の求人も多く出ています。

 

[jac-hosoku]

リクルートエージェント

国内最大手の転職エージェント。あらゆる業種・職種の求人案件を網羅しています。タイ絡みの案件だと、現地に進出している日系メーカー、及びそれらの企業を支援するコンサルティング会社からの転職案件が中心となります。

 

前者の場合、海外営業、事業統括・運営、人事、法務、生産管理、品質保証、物流・購買、貿易事務といった職種、後者の場合、不動産コンサルタント、マーケティングコンサルタント、経営コンサルタントといった職種での求人数が多くなっています。

 

求められる英語力に関しては、案件によってまちまちなので、直接エージェントに確認するようにしてください。

 

[recruit]

エリートネットワーク

20代、30代前半の若手ビジネスマンの転職支援に長けているエージェント。タイに進出している日系企業からの現地事業を統括するマネージャー、及びマネージャー候補を募集する求人を扱っています。

 

タイ語と英語の両方、もしくはいずれかが出来ることが採用条件となる転職案件が中心となります。将来的に現地に駐在することが予定されている案件も出ています。

 

コトラ

金融業界、コンサルティング業界専門の転職エージェント。タイに進出しているリース会社からの求人を扱っています。海外営業、海外事業管理といった職種の転職案件となります。

 

入社後、一定の経験を積んでからタイに赴任するといった内容の求人も含まれています。

 

doda

英語力を活かせる仕事の取り扱いに積極的な転職エージェント。タイに進出している日系メーカーの求人を多数扱っています。営業、生産管理、貿易事務といった職種の転職案件が中心となります。中級程度(TOEIC600前後)の語学力が求められる案件が多くなっています。