英語力を活かして働くことが出来るスポーツ関係の仕事だと、求人数が最も多いのはスポーツ用品メーカー、スポーツアパレルに力を入れているアパレルブランドとなります。

 

英語のスポーツ関係求人

 

また、ブランド、メーカーのマーケティングやPRを支援する広告代理店、マーケティングコンサルティング会社からの求人も多くなっています。

 

この2つの業種を中心して、プラス、プロスポーツチームのサイト管理者、スポーツ学の教授といったちょっと変わった求人が存在するといった状況です。

 

下記にスポーツ関係の仕事で、英語スキルが求められる求人案件に精通している転職エージェントをリストアップしていますので、詳細は直接確認してみてください。

 

ビズリーチ

年収1000万円レベルのハイクラス求人専門の転職エージェント。外資系企業からの人材募集案件の取り扱いに力を入れており、業種を問わず、様々な求人案件を保有しています。

 

スポーツ関連の求人で、英語のスキルが要求される案件としては、一般消費者向けのスポーツ用品を扱うスポーツメーカーからの求人に加えて、スポーツ施設や多目的施設向けの家具を製造する、恒久施設家具メーカーや競技用製品専門メーカーなど、ニッチな事業を展開する企業からの求人を扱っています。

 

業務内容に関しては、海外市場における売上高を拡大するための、販路開拓営業(海外営業担当)といったポジションの求人が大半を占めています。英語スキルについては、ビジネスレベルが最低限のスキルとして、必須要件となります。

 

なかには、海外駐在経験も必要とされる案件もあるなど、英語力も含めて、全体的に求められるスキルのレベルが、かなり高いものとなっています。

 

給与水準については、800~1000万円がモデル年収となっていますが、そういった背景があるため、実際には交渉次第となっており、これまでの職歴・経歴次第では、かなりの好条件を引き出せる可能性があるので、興味がある人は、ビズリーチに相談してみてください。

 

リクルートエージェント

8万件以上の求人案件を扱っている国内最大手転職エージェント。英語が堪能な人材の転職支援に力を入れており、様々な業種・職種の英語スキルが求められる求人案件を多数扱っています。

 

スポーツ関連の仕事だと、スポーツ用品メーカー、スポーツアパレルブランドやスポーツウォッチを開発販売している時計メーカーなどからの求人案件が中心となります。

 

営業(国内・海外)、海外事業開発、商品企画開発、広報といった職種で求人数が増えています。いずれもビジネス英語が出来ることが採用条件の一つとなっています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

クリ―デンス

アパレル業界、ファッション業界に特化している転職エージェント。スポーツブランドメーカーやスポーツ分野のマーケティング・PR戦略支援に特化している広告代理店、マーケティングコンサルティング会社からの求人案件を多数保有しています。

 

営業、マーケティング、広報といった職種の求人が中心です。ビジネス英語が出来ることが採用条件としている案件が多くなっています。

 

マイナビスタッフ

大手総合人材サービスグループ、マイナビが運営する求人情報サイト。派遣社員、正社員の求人案件が多数掲載されています。

 

ヨーロッパのサッカークラブの日本公式サイトを運営するメディア企業、スポーツ関係のポータルサイトを運営するIT企業からの転職案件を扱っています。

 

営業、コンテンツ企画制作、サイト運営業務全体を管理するプロデューサーといった職種が中心となります。海外コンテンツのリサーチや海外向けコンテンツの開発、パートナー企業との折衝といった業務も担当するため、英語が出来る人材に対する採用ニーズが高くなっています。

 

ただし、管理系の職種については読み書きが出来る程度で十分とされている案件も出ています。

 

アージスジャパン

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。消費財業界を得意としており、アパレル、ファッション関係の求人案件を多数保有しています。

 

スポーツ絡みの案件だと、日系・外資スポーツアパレルメーカーからの商品企画、マーケティング(イベント運営・販促企画)、商品設計、生産管理、品質管理、コーポレートサイトの運営を担当するWebディレクター・コーダーといった職種の求人で、ビジネスレベルの英語力を持つ人材を募集する転職案件が出ています。

 

また、スポーツアパレルメーカーのマーケティング・PR支援を行う広告代理店、マーケティング会社からのコンサルタント募集案件も扱っています。

 

アズール&カンパニー

こちらもアージスジャパン同様、消費財業界を得意としている転職エージェント。外資企業からの求人を中心に、多数の案件を保有しています。

 

外資スポーツアパレルブランド、及びスポーツアパレルに力を入れているファッションブランドからの求人で、高い英語力を持つ人材を募集する転職案件を扱っています。営業、マーケティング、商品企画といった職種が中心となっています。

 

JREC-IN

独立行政法人科学技術振興機構が運営する研究者向けの求人情報データベース。全国各地の教育機関(大学、高校等)、研究機関からの人材募集案件が掲載されています。

 

そのなかで、スポーツ科学講座やスポーツ実習、作業療法学を担当出来る講師を募集する求人が掲載されていることがあります。大学からの求人ですが、助教授・准教授待遇となるケースも多いです。

 

英語で指導が出来るだけの語学力を身につけていることが採用条件の一つとなる求人も出ているので、こういった仕事に興味がある人は要チェックです。