このページは公認会計士向けの求人のなかで、英語力が求められる案件を多数保有している転職エージェントを扱っています。

 

公認会計士向けの英語転職案件

 

転職先としてはグローバル展開している日系企業、外資企業、もしくはこういった企業をクライアントとしているコンサルティング会社、監査法人、会計事務所、税理士事務所、および事業再生会社、M&A会社、投資銀行といった金融業界の企業となります。

 

転職市場は活況で、選択肢は豊富に存在していると言えます。英語を活かせる場も多いので、語学が出来る公認会計士というのはとても有利です。どんな転職案件があるのか、ぜひエージェントに問い合わせてみてください。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円以上のハイクラス求人の取り扱いに特化している転職エージェント。公認皆生市向けの転職案件だとコンサルタント職が中心となります。

 

M&Aコンサルタント、リスクコンサルタント、財務・会計コンサルタント、あるいは監査法人のコンサルタント・アシスタントといったところです。

 

一般企業からの求人では、経理・財務・税務の担当者(CFO、ファイナンシャルコントローラー)といった管理職の転職案件が出ています。

 

いずれの職種についてもビジネスレベルの英語力が求められるケースが増えています。(ほぼ必須と言えます。)

 

リクルートエージェント

保有求人案件数が日本で最も多い国内最大手の転職エージェント。英語力が求められる転職案件の紹介を得意としています。(特にTOEIC700以上のスコアを持つ人材を求める案件を多数扱っています。)

 

公認会計士向けで、英語力が求められる転職案件となると、管理会計、経理(決算業務)、英文経理、内部監査といった職種が中心となります。管理職の案件もあります。

 

財務・会計コンサルティング会社、監査法人からの転職案件でも、英語力が必須とされる求人が多数出ています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

エリートネットワーク

20代、30代の若手ビジネスマンの転職支援に長けているエージェント。日系グローバル企業、外資企業の財務・会計管理担当者、M&A仲介会社、監査法人などから、英語が出来て、公認会計士の資格を持つ人材を募集する転職案件を扱っています。

 

USCPA、税理士、日商簿記1級といった資格保有も歓迎条件となっている求人が多くなっています。

 

ジャスネットキャリア

会計・税務・経理・財務分野専門の転職エージェント。公認会計士の資格が活きる仕事で、英語力が求められる求人案件だと、下記のような職種が中心となります。

 

経理(決算業務)、管理会計、内部統制、M&Aコンサルタント、税務・会計コンサルタント、ファイナンシャルコントローラー、FP&A、会計監査

 

英語力に関しては上級レベルが求められる案件の割合が多くなっています。

 

VRPパートナーズ

アクチュアリー、公認会計士、金融業界に特化したヘッドハンティング会社。公認会計士向けの転職案件だと、事業再生・M&A会社、会計コンサルティングファーム、監査法人、税理士法人からの求人が中心となります。

 

ビジネスレベルの英語力が求められる転職案件の割合が高くなっています。

 

アンテロープ

金融機関、コンサルティングファーム専門の転職エージェント。公認会計士向けの求人としては、経営コンサル、財務コンサル、投資銀行、投資ファンドからの転職案件を多数扱っています。

 

ビジネス英語が出来る、監査業務に加えてコンサルティングやデューデリジェンスの経験がある

 

この二点を押さえている人材を求める転職案件が多くなっています。