外国案件を取り扱う国際特許事務所を中心に、英語が出来る人材を募集する特許事務所の求人数は増えています。どちらかといえば、英語力不要とする求人のほうが少ないぐらいです。そのため、英語が得意な人にとっては転職のチャンスが広がっていると言えます。

 

要英語力の特許事務所転職案件

 

ただし、特許事務所の数に限りがあるため、絶対的な求人数は少なめです。弁理士の資格を活かす、実務経験を活かすということであれば、企業の法務部に転職するというのもオススメです。こちらは求人数が多いので、選択肢も広がります。

 

グローバル企業、外資であれば、英語力が求められるケースが大半です。

 

下記のページに企業からの知財業務の求人案件を扱っている転職エージェントをまとめていますので、参考にしてください。

 

外資系企業の知財職求人案件に強い転職エージェント7選

 

ここまでの話を前提にして、このページでは『特許事務所』の求人案件を扱っているエージェントをリストアップしています。英語が出来る人材が求められる案件の取り扱い実績が豊富なエージェントのみを集めていますので、今現在、どんな案件があるのか直接問い合わせてみてください。

 

リクルートエージェント

保有求人案件数が日本で最も多い国内最大手の転職エージェント。あらゆる職種の求人を扱っています。英語が得意な人材が求められる求人案件の取り扱いに力を入れています。

 

特許事務所の案件に関しては、化学、電気、機械、製薬といった業界の知財案件を扱う事務所の求人を多数扱っています。(外資事務所も含まれます。)また、書類の翻訳に携わるスタッフの募集案件も保有しています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

 

パテントジョブ

特許、知財、弁理士の求人に特化した転職エージェント。国際特許事務所の求人を豊富に扱っており、英語力が必要とされる案件が多数あります。

 

クリエイトインターナショナル

機械・電気・化学・化粧品・医療といった業界の転職案件を得意としているエージェント。これらの業界の知財案件を扱う特許事務所の求人を保有しています。数は少なめです。

 

DODA

日系グローバル企業の求人を得意とする転職エージェント。その絡みで、数は少ないのですが、メーカーの知財案件を扱う国際特許事務所の求人も扱っています。機械・電子・化学といった業界の企業と取引がある事務所の求人が中心となっています。

 

マイナビエージェント

大企業の案件を積極的に扱っている転職エージェント。特許事務所の案件を保有しています。ただし、数は少なく、常時扱っているわけではないので、そこは差し引いて考えてください。

 

ハローワーク

外国の特許業務に携わる特許事務所の案件を常時、複数扱っています。機械・電子といった分野に精通している人材を募集する案件の割合が多くなっています。