新潟県には、グローバル展開しているメーカーが多く、その兼ね合いで商社や物流といった業種の企業もあるため、英語が話せる人材に対する需要は高くなっています。

 

新潟の英語正社員求人

 

給与額が高い案件が多いので、転職市場としては悪くない状況だと思います。

 

下記に新潟県の求人案件に強い転職エージェントをリストアップしていますので、転職活動の時に、参考にして頂ければと思います。

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社なので、応募資格として、英語が出来ることを必須要件とする求人案件を多数保有しています。新潟県内の求人に関しては、外資系・日系を問わず、自動車関連企業からの求人を扱っています。

 

職種に関しては、営業(国内・海外)、購買・物流、生産管理、サービスエンジニアなどがメインとなります。

 

海外顧客や自社海外現地法人とのやりとりに必要となるため、ビジネスレベルの英語力(TOEIC700以上)が求められることになります。(海外出張の機会が、定期的に発生することが想定される求人もあります。)

 

いずれの求人に関しても、即戦力の人材が募集されているので、該当業務に関する2~3年程度の実務経験が必須となります。

 

※補足
このところ、JACは現職者の転職支援に力を入れており、離職中の人の場合、よほどの経験・スキルがないと、有望な求人を紹介してもらうのは難しくなっています。

 

(経験・スキルの定義が難しいのですが、前職の給与が年収600万を超えるぐらいであれば、まず大丈夫です。)

 

この条件に当てはまらない人は、後にも触れているリクルートエージェント、もしくはマイナビエージェントといった転職会社のほうがオススメです。

 

 

特に、マイナビは若手層の転職支援に力を入れているので、35歳ぐらいまでの人であれば、職歴などを問わず、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。

 

(この年代のビジネスマンであれば、経歴不問で募集をかけている企業の求人を多数扱っており、そのなかには大手も含まれているので、なかなか悪くないです。)

 

 

リクルートエージェント

グローバル展開している日系企業の優良求人が多い。営業系、技術系の職種が中心となっています。海外支社、事務所への転勤が見込まれる案件もあり、海外駐在を目指す人にとっては狙い目です。

 

語学力に関してはマチマチですが、技術系だとTOEIC600、営業系だとTOEIC800ぐらいが平均的なラインとなっているようです。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

 

新潟転職.com

新潟県に特化した転職支援サービスを行っているスタッフエースが運営する求人情報サイト。英語力が必要とされる案件については、数は少ないのですが、常時何らかの仕事が掲載されているので要チェック。

 

貿易事務、海外営業、営業アシスタントといった職種が中心となっています。

 

マイナビエージェント

全国的に転職支援サービスを行っている大手エージェント。Uターン、Iターンの転職案件にも力をいれており、新潟県内の求人もアリ。英語力が求められる仕事に関しては、営業・販促・マーケティングといった職種が中心となります。

 

WIP Japan

翻訳・通訳、HPの多言語化サービス、海外調査など、グローバル展開している企業向けに様々な支援サービスを提供している会社。

 

語学が得意な人材を常に募集しており、新潟県でも求人が発生しています。翻訳・通訳といった職種だけではなく、海外営業、海外事業部の各種スタッフといった求人もあります。高い語学力を持つことが条件となる求人ばかりでハードルが高いのですが、それだけに条件面が良い案件が多いです。

 

ハローワーク

地元の中小企業からの求人案件が集まっています。翻訳、通訳、社長秘書、英文経理、海外営業、貿易事務といった職種が中心となります。未経験者が応募出来る案件は少ないのが現状なのですが、営業職でたまに経験を問わない求人が出てくることがあります。

 

未経験者でも正社員採用なので、異業種からの転職を考えている人は、一度案件内容を確認してみるだけの価値があると言えます。

 

リージョナルスタイル

こちらもUターン、Iターンの転職支援を行っている転職エージェント。新潟県内の案件だと、営業職の求人が多いのですが、大きく二つの傾向に分かれます。一つは外国市場で顧客を開拓する海外営業、もう一つは海外から輸入したものを日本国内の顧客に販売する国内営業。

 

英語という観点でいえば、前者はバリバリ使う、後者は補助的に使う程度なので、それほど高いスキルを求められるわけではありません。このあたりの違いを考慮すると、自分のスキルや希望に合った求人を見分ける基準になるのではと思います。

 

キャリアパレット

テレビ新潟のグループ会社、プロメディア新潟が運営する人材派遣会社。地元の優良企業の案件を多数扱っています。事務系、技術系の職種が中心となっており、正社員登用を前提とした紹介予定派遣の案件も多くなっています。