このページでは企業の社内通訳(正社員(無期雇用)職)の求人案件を扱っている転職エージェントをリストアップしています。

 

どこかの通訳エージェントに登録して派遣される、あるいは契約社員・派遣社員として働くという勤務形態が多いのが通訳ですが、外資を中心に正社員(無期雇用)として採用する企業は多数存在します。

 

英語通訳転職案件

 

金融、IT等、その業界の専門知識に精通していて、業界用語も話せることが前提と条件となりますが、場合によっては年収700?1000万円レベルの収入を取れるケースもあります。

 

いわば通訳のなかでもプロフェッショナルと言えるかもしれませんが、プロの通訳者として活躍出来る人であればチャンスなので、ぜひ可能性を探ってください。

 

下記の転職エージェントであれば、通訳の求人案件の取り扱い実績が豊富なので、色々と案件情報を教えてくれるはずです。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円以上のハイクラス求人の取り扱いに特化している転職エージェント。会議や打ち合わせの通訳対応、海外本社・日本支社間のコミュニケーション促進(業務に対する認識のすりあわせ)といった業務を担当する社内通訳の転職案件を扱っています。

 

部署のリーダー役のポジションだと、年収が1000万円を超えるケースもあります。

 

 

リクルートエージェント

保有求人案件数が日本で最も多い国内最大手の転職エージェント。英語力が必要となる職種を積極的に取り扱っており、社内通訳者の求人案件も保有しています。

 

求人が多い案件の特徴は次の通りです。

 

  • 日系グローバルメーカーの技術通訳、パートナー企業やクライアント企業の外国人技術者と自社技術者のコミュニケーションをサポートする役割
  • 外資IT企業の通訳、外国人エンジニアとクライアント企業の日本人担当者間の同時通訳
  • 外資メーカーの通訳、電話・WEB・TV等で行われる海外事業所等との会議通訳全般、プレゼンテーション等の同時通訳

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

アージスジャパン

外資系企業専門の転職エージェント。エンターテイメント業界や消費財業界、機械・電機業界からのインハウス通訳転職案件を多数扱っています。翻訳業務を兼ねる案件も多くなっています。

 

ヘイズインターナショナル

外資系企業専門の転職エージェント。外資消費財企業からの役員秘書兼インハウス通訳(会議通訳)の求人案件を複数扱っています。どちらかといえば秘書としての比重が多い業務内容の案件が多くなっています。

 

ハローワーク

自衛隊や米軍、大学や各種独立法人からの通訳者の募集案件をハローワークは扱っています。正社員(無期雇用)(正社員(無期雇用)に準ずる雇用形態)の案件が少なくありません。ちょっと変わった職場ではありますが、英語を活かして働きたい人は要チェックです。