東京で英語に精通している人材を募集する求人は、いくらでもあります。TOEIC900以上を最低条件とする案件も少なくありません。

 

ただし、これぐらいのレベルの語学力を求める求人だと、職場において中核として働くことを期待されるような案件、マネジメントが出来る人材を求める案件が多く、実務能力に関しても高いレベルが求められます。

 

東京のTOEIC900求人

 

必ずしもTOEICが基準になるというわけではありませんが、700ぐらいのスコアを条件としている案件だと、スタッフレベルの求人が増えてくるので、実務能力に関してハードルを低くしたいという人は、こういった案件を狙ったほうが賢明です。

 

下記にTOEIC900レベルの語学力を持つ人材を募集する求人案件に強い転職エージェントをリストアップしていますが、もっと要求度が低い案件にも強いので、事情に合わせて相談してみてください。

 

あなたの希望、実力に適切な求人案件を教えてくれるはずです。

 

ビズリーチ

年収1000万円レベルのハイクラス求人専門の転職エージェント。高度な語学スキルを有する人材を募集する企業からの求人案件を多数保有しており、TOEIC900というスキルをフルに発揮出来るような仕事を、いつでも紹介してもらえます。

 

東京であれば、選びきれないだけの選択肢があるので、ぜひ一度相談してみてください。なお、ビズリーチの特徴としては、コンサルタント、弁護士、会計士といった特定分野における高度な専門知識を持つ人間、及び、マネジメント経験(課長、部長、執行役員、CEO等)を有する人材向けの求人が多くなっています。

 

また、東京都内であれば、エンジニアや海外営業、海外事業企画といった職種において、豊富な経験・知識を有するプロフェッショナルを募集する求人の数も多くなっています。

 

いずれも、語学に関しては、ネイティブと渡り合えるだけの英語力は要求されます。実践力が勝負なので、TOEIC900以上のスコアを持っているけど、外国人とのコミュニケーションに問題があるという人だと、採用される可能性はなくなるので、ここは注意してください。

 

逆に言えば、ビジネスレベルのコミュニケーションに支障がなければ、TOEICのスコアは900以下という人でも、まず問題なしです。

 

最初に、年収1000万円レベルと書きましたが、東京であれば、1000万というのは、むしろ低い部類に入る数字であり、2000万、3000万といったレベルの案件が珍しくないので、収入アップの機会を狙っている人は、要チェックです。

 

JACリクルートメント

日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェントなので、英語が得意な人材を募集する求人案件を、多数保有しています。東京都内であれば、TOEIC900以上のスキルが要求されるような求人案件を、常時300件以上確保しているので、オススメの情報源です。

 

業種、職種は多岐に渡り、とてもではありませんが、書ききれないので、直接確認して頂きたいのですが、おおまかな傾向を挙げると、メーカーからの求人を主軸として、金融、ITといった業種の求人が増えています。

 

応募条件は、ビジネスレベルの英語力を有すること、該当職種に関する、3~5年程度の実務経験を有することとなり、職種未経験者は応募不可と考えてください。(マネージャークラスの求人だと、10年以上の経験年数が要求されることもあります。)

 

また、語学に関しては、必ずしもTOEICスコアの提出が要求されているわけではなく、業務を遂行出来るだけのスキルがあるとみなされれば問題ないので、900以上のスコアを持っていなくても、ビジネスの現場で、日頃から英語を使っているということであれば、まず大丈夫でしょう。

 

(もちろん、TOEIC900以上のスコアを取得していれば、立派な武器となるので、面接の際には、しっかりとアピールしてください。)

 

かなり大雑把なまとめ方となってしまいますが、東京は、それだけ求人が豊富なので、詳細については、個々に確認してみてください。

 

ちなみに、応募条件を見ても分かるように、JACが扱う求人は全体的に、レベルが高めとなっており、それだけに、想定年収も高めです。年収800万、900万といった案件はザラにありますし、1000万、2000万といった数字の案件も珍しくありません。

 

収入水準が高い東京都内においても、これだけの年収が見込める案件というのは貴重なので、年収アップを狙って、転職を検討している人は、JACに問い合わせてみてください。

 

リクルートエージェント

語学が得意な転職希望者の転職支援に力を入れているエージェント。海外営業、貿易営業、技術営業といった営業職の案件で、TOEIC900レベルの語学力を持っていることが条件の求人を保有しています。

 

海外出張、現地駐在に対応出来ることが前提となる案件の割合が多くなっているのが特徴です。もう一つの傾向として、管理職、あるいは将来の管理職候補を求める案件が増えています。

 

また、数は少ないのですが法務、財務会計職の求人で高度な語学力を持つ人材を募集する案件も出てきています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

マイケル・ペイジ

外資系企業専門の転職エージェント。TOEIC900以上の英語力を持つ人材を募集する案件を多数、保有しています。東京エリアの求人だと、セールスエンジニア、サポートエンジニア、秘書といった職種の案件が中心となっています。

 

マネージャー職の求人も増えています。

 

ランスタッド

事務系、製造・物流系の求人をメインに扱っている総合人材サービス会社。正社員、派遣社員、紹介予定派遣と様々な勤務形態の案件を保有しています。

 

勤務地が東京だと、外資企業の役員秘書の求人案件で、TOEIC900クラスの語学力を持つ人材に対する募集がかかっています。

 

ディスコキャリアエージェント

日本語と英語のバイリンガルの転職支援に強みを持っているエージェント。帰国子女、留学生の転職支援から出発したエージェントなので、日系グローバル企業、外資企業の求人案件を豊富に扱っています。

 

人事、総務、広報といった職種の求人が中心となっています。

 

ヒューマンリソシア

英語、中国語に精通している人材を募集する求人案件、海外勤務が可能な人材を募集する案件に力を入れている人材紹介会社。

 

社内翻訳、通訳の求人でTOEIC900以上の語学力を求める案件が発生しています。化学、医療、精密機械といった業界からの求人となるため、その業界に対する専門知識を身につけていることが必須となります。