神戸のTOEIC900求人

 

勤務地が神戸となる求人の場合、TOEIC900クラスの能力が求められるケースは殆どありません。TOEIC900が要求される時には、日本語と同じ感覚で英語を話せるネイティブ同然の能力が求められていると考えて間違いないのですが、神戸エリアでは、ここまでのレベルを求める企業はありません。

 

このレベルの人材を求める求人というのは、けっこう特殊であり、大半が東京に集中しています。求人全体の8割が東京、1割が大阪、残り1割が日本各地といった感じです。(ちょっと大雑把な表現になりますが、おおよそこういった数字になります。)

 

これがTOEIC800となると、そこまでの流ちょうさは求めないけど、仕事をこなすうえで支障がないぐらい、外国人と普通に会話が出来る程度の能力が欲しいといった意味合いになり、求人数も一気に増えます。

 

神戸でも、営業や会計財務、エンジニア、人事、総務等、幅広い職種で求人が出てきます。

 

これは全体的に言えることですが、仮に要求レベルがTOEIC800、600と低いスコアであったとしても、企業側が英語の出来る人材を求めていることには変わりがなく、TOEIC900のスコアを持つ人が応募すれば、語学力という点では間違いなく評価が上になります。

 

決して不必要な能力というわけではなく、応募時に立派な武器となります。ですから、自分が希望する職種があれば、どんどん応募してください。

 

下記の転職エージェントであれば、勤務地が神戸となる求人で、TOEIC500~800のスコアが要求される案件に精通しているので、一度相談してみてください。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

 

年収1000万円レベルのハイクラス求人専門の転職エージェント。神戸市内が勤務地となる求人案件を多数保有しています。

 

そのなかで、TOEIC900クラスの英語スキルを有することを条件とする求人となると、大手日系メーカー、専門商社、及び、外資メーカーからの案件が中心となります。

 

業種は、機械、自動車部品、医薬品、医療機器、電機、消費財、物流機器、生産機器といったところが主軸となり、メーカー、商社以外では、エンジニアリング会社や建設会社、航空会社などからも、求人が出てくることがあります。

 

募集対象となる職種は、営業(セールスエンジニア)、サービスエンジニア、品質保証、製造管理、物流管理、製造技術、人事、経理財務、電子設計・制御設計、アプリケーションエンジニア、データベースエンジニアなど、多岐に渡ります。

 

即戦力とみなされるだけの有能な人材が募集されているので、いずれの職種についても、該当業務に関する豊富な実務経験・スキルと、語学力が求められることになります。

 

ちなみに、語学に関しては、日本語を業務で使用するレベルで、英語を運用出来ることが求められるケースが多く、TOEIC900でも厳しいかもしれません。(実際、TOEICスコアの提出自体は、要求されていません。)

 

語学を活かす仕事という観点で見ても、かなり、ハードルが高くなりますが、それだけにTOEIC900レベルの英語スキルを持つ人にとっては、やり甲斐がある職場とも言えるので、興味がある求人があれば、ぜひチャレンジしてみてください。

 

なお、ビズリーチは、マネージャークラス(課長、部長クラス)の求人の取扱数も多く、他社と比較しても、保有数は上なので、神戸において、管理職としての転職を検討している人にとっても、オススメの情報源です。

 

JACリクルートメント

日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェントということもあり、上級レベルの英語スキルを有する人材を募集する求人案件を多数保有しています。勤務地が神戸市内となる求人についても押さえているので、TOEIC900のスコアを活かして、転職したい人は要チェックです。

 

JACは、様々な業種・職種の求人をまんべんなく扱っていますが、神戸勤務という条件だと、メーカー、もしくは専門商社からの募集案件が中心となります。

 

業種は、自動車・自動車部品、製薬・医療機器、化学、機械、素材、アパレル、食品、消費財、FA機器、鉄鋼、職種については、営業、マーケティング、人事、広報、海外事業企画、経営企画、経理財務、調達購買、内部統制、カスタマーサービス、研究開発など、多岐に渡ります。

 

いずれの職種においても、該当業務に関する実務経験があること、ビジネスレベルの英語力を有することが応募条件となっているので、職種未経験者が応募するのは不可です。

 

なお、英語のスキルについては、TOEIC800~900のスコアが目安とされている求人が、最も多いのですが、スコアの提出自体が求められるケースは少ないので、TOEIC800に相応するスキルを持っているのであれば、受験履歴がなくても大丈夫です。

 

P&G、神戸製鋼、明石機械、関西化学、大日本住友製薬など、業界を代表する企業からの求人ばかりということもあり、想定年収が600~1000万円といった求人が多く、神戸市内で発生している求人のなかでも、高収入の部類に入る案件が多くなっています。

 

上記の業種・職種と、自分の希望がマッチすれば、JACは神戸で転職先を探す時には、かなり頼りになる存在なので、ぜひ一度連絡を取ってみてください。

 

リクルートエージェント

英語が出来る人材の求人に力を入れている転職エージェント。特にTOEIC700以上のスコアを持つ人の転職支援を積極的に行っており、神戸エリアでも高いスコアが要求される求人を多数、保有しています。

 

TOEIC800が求められる求人を最も多く保有しているエージェントでもあります。職種としては営業・マーケティング、物流・生産管理、エンジニア(セールスエンジニア、サービスエンジニア)といったものがメインとなっています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

マイケルペイジ

外資系企業専門の転職エージェント。数は少ないのですが、勤務地が神戸となる案件も扱っているので、外資企業への転職を考えているのであれば、一度は話を聞いておきたいところです。医療メーカーからの求人が多いのが特徴です。

 

キャプラン

商社、グローバルメーカーと強固なネットワークを持っており、貿易・物流関連の求人に強い転職エージェント。神戸エリアの求人でも、日系・外資を問わずメーカーの求人で語学が出来る人材を募集する案件を保有しています。

 

TOEIC700~750のスコアが求められる求人の割合が多くなっています。

 

エリートネットワーク

20代、30代の若手ビジネスマンの転職支援に強いエージェント。600前後のTOEICスコアが要求される求人を多数、扱っています。商社や製造メーカーの営業マン、貿易・物流担当者、工場の生産管理・工程管理者といった職種が多いのですが、海外取引があるので、補助的に英語を使うためといった意味合いになります。

 

営業も基本的には国内向けの営業になり、全体の業務のなかで英語も使うといった内容です。