このページでは、US CPAの資格と高いTOEICスコア(700〜900)を保有している人材を募集している会計事務所、企業からの求人案件を豊富に扱っている転職エージェントをリストアップしています。

 

TOEIC900 USCPA求人

 

米国公認会計士の資格が必要となる職場というのは外資系企業や外資会計事務所、もしくは外資企業を取引先としている日系会計事務所、グローバル展開している日系企業のいずれかです。

 

そのため、ネイティブ並の英語スキルを持ち合わせていることが、業務を遂行するうえでは当然とみなされることになり、必然的にTOEICスコアも高いものが求められます。

 

英文経理補助といったサポート的な役割を行う仕事を抜きにすれば、最低でも700、たいていは800〜900以上のスコアが求められます。

 

逆にいえば、米国公認会計士としての知識をフルに活かせる仕事に就こうとしたら、これぐらいの語学力も必要ということです。

 

実際に、どういった求人が発生しているのかという点については、下記の転職エージェントに問い合わせてみてください。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

経営幹部、中間管理職といったマネジメント職の求人、および極めて専門性の高いプロフェッショナル職の求人に特化している転職エージェント。大半の案件が年収1000〜2000万円レベルのハイクラス案件となっています。

 

外資企業からの会計経理、財務分析・経営分析、新規事業立ち上げ支援といったポジションの案件、会計事務所やコンサルティングファームからの案件で、TOEIC900以上のスコアを持つ人材で米国会計に精通している人材を募集する求人が出ています。

 

リクルートエージェント

語学が堪能な人材を募集する企業からの求人案件に力を入れている転職エージェント。US CPA保有者で、英語が堪能な人材を募集する案件を豊富に保有しています。

 

会計事務所、税理士事務所、金融機関、一般企業と募集元は様々です。一般企業だと、経理会計、財務といったポジションに加えて、内部監査・内部統制、情報管理、リスク管理といったポジションの求人も多くなっています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

 

ジャストネットキャリア

経理・会計・税務・財務職の求人専門の転職エージェント。外資系企業をクライアントとする会計事務所からの求人でUS CPA資格者を募集する案件が出ています。

 

エントリーレベルの案件で、日系企業での経理業務経験があれば、US CPAの資格は持っていなくてもいいといった案件もあります。エントリーレベルだと、TOEICの要求スコアも若干低めとなり、700以上のスコアがあれば良しとする案件が多くなっています。

 

コトラ

金融業界、コンサル業界の求人に特化している転職エージェント。会計事務所、コンサルティングファームの案件で、英語が堪能でUS CPAを保有する人材を求める求人が出ています。

 

マネージャー、マネージャー候補を募集する案件もあり、こちらは年収1000万円以上となっています。金融機関や会計事務所での勤務経験が5年以上あれば、資格は問わないとする案件も多いです。

 

en転職コンサルタント

財務分析、情報統制、内部監査といったポジションの求人を扱っています。日系・外資、どちらの案件もあります。

 

マイナビエージェント

コンサルティングファーム、シンクタンクからの案件で、ビジネスレベルの英語力とUS CPAの資格を保有している人材を募集する求人が出ています。財務・会計コンサルタント、経営コンサルタント、監査といった職種がメインとなります。