あすか製薬の中途採用事情

あすか製薬は1920年に『帝国社臓器薬研究所』として発足し、2020年には創立100周年を迎えます。

 

創立当初からホルモン製剤に注目して医薬品の研究開発を行い、現在では内科、産婦人科、泌尿器科の3領域に特化したスペシャリティファーマとして医薬品を提供しています。

 

現在の事業展開として、内科領域では、国内で初めて『肝性脳症における高アンモニア血症の改善』を適応症にもつ『リフキシマ』、産婦人科領域では不妊症治療薬『ルテウム腟用坐剤』を発売し、治療において新たな選択肢を提案しています。

 

また、泌尿器科領域では、米国製薬会社が開発中の新規経口テストステロン剤の国内における開発および販売に関する提携契約を締結するなど、他社とのアライアンスによる開発パイプラインの拡充を行っています。

 

あすか製薬株式会社の中途採用求人の傾向

あすか製薬の採用枠は公式サイトでは新卒を中心として行われており。中途採用は確認できません。しかし、過去に転職会社経由で募集が行われていますので、転職希望者の方は公式ページ、転職会社ともどもチェックを行ってください。

  • 医薬品製造業務
  • 営業事務
  • 化学分析補助
  • 医薬情報担当者(MR職)

 

<医薬品製造業務>
業務内容は、経口薬の製造業務と医薬品の包装業務がメインとなります。本人の適性を判断し配属が決定されます。

 

応募資格に関しては、スキル・経験共に不問となっています。

 

<営業事務>
各支店における来客、電話対応や文献等の資材管理、発注、配送業務などがメインとなります。その他、PCを使った販売実績データー加工や社内外文書作成業務なども含みます。

 

応募資格は不問で、スキル・経験は、Word,Excel,powerpoint等のPCスキルを使った事務経験が必要になります。

 

<化学分析補助>
業務内容は、医薬品等の分析作業がメインとなります。

 

応募資格は、普通自動車免許 (通勤用)、スキル・経験は、分析業務従事経験者に限定されています。

 

<医薬情報担当者(MR職)>
仕事内容は、医薬品の品質・有効性および安全性等に関する情報の提供・収集・伝達が主な内容です。

 

応募資格は、MR認定資格が必須で、普通自動車免許が必要になります。

 

求人情報の入手方法

あすか製薬の公式サイト内に、経験者採用ページが開設されており、そちらのページから、求人情報を入手することが出来ます。(現在はありません)
http://www.aska-pharma.co.jp/aska_recruit/index.html

 

また、あすか製薬は、転職会社経由でも募集をかけているので、転職会社に問い合わせることでも、求人情報を入手することが可能です。

 

どちらのルートでも、入手出来る情報は一緒ですが、転職会社の場合、様々な企業の求人情報を押さえているので、あすか製薬を含めた、複数の企業の求人を見比べてみたいといった時には、まとめて紹介してもらえるので、便利です。(自分で探す手間が省けます。)

 

また、一度、転職会社に登録しておけば、自分が希望する条件に合う求人が発生するたびに、メールで通知してもらえるので、募集頻度が少ない職種での転職を狙う時には、情報源として活用することをオススメします。(連絡を待つだけなので楽です。)

 

求人情報を入手する際には、転職会社は何かと役立つ貴重な存在なので、うまく活用してください。(このページの最後に、あすか製薬の中途採用求人を扱っている代表的な転職会社をリストアップしておきます。)

 

あすか製薬株式会社の年収・給与制度について

あすか製薬株式会社に勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

  • MR 27歳 年収600万円
  • MR 28歳 年収570万円
  • MR 29歳 年収560万円
  • MR 30歳 年収600万円
  • MR 32歳 年収550万円
  • MR 32歳 年収600万円
  • MR 35歳 年収600万円
  • MR 41歳 年収720万円
  • 営業管理 25歳 年収300万円
  • 営業管理 27歳 年収500万円
  • 営業管理 28歳 年収550万円
  • 営業管理 28歳 年収540万円
  • 本社管理部門管理職 44歳 年収800万円
  • 研究開発 41歳 年収720万円

 

あすか製薬の給与体制は毎月の給与にプラスして年2回の賞与と年1回の昇給から成ります・主任級、係長級、課長級など、ゾーン別の職能資格等等級制度により給与テーブルが決定される給与体制を採っており。昇給しないと給与は頭打ちになるシステムです。

 

手当として、家賃の25%の住宅支援金、超過労働手当、通勤費ほか、営業は毎月5万円別途支給されます。保険は、健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金など完備しています。

 

福利厚生に関しては、退職金制度、厚生年金基金、確定拠出年金、財形制度、共済会、持株会、保養所・スポーツ施設(提携施設)、各種厚生行事、サークル活動など利用できます。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴や実績を加味して、基本給が決まることになりますが、交渉次第で数字が変わってくるので、あすか製薬から提示された金額に納得がいかない時には、そこで妥協せず、会社側と交渉するようにしてください。特にあすか製薬では年功序列型の給与体制が残っていますので、交渉は重要です。

 

もし、お金のことで話をするのは気が引けるということであれば、前述した転職会社に交渉を代行してもらってください。彼らはプロなので、この手の交渉事に慣れており、うまく話を進めてくれます。何らかの上積みを勝ち取ってくれるケースが多いので、安心して任せてみてください。

 

あすか製薬株式会社の評価制度について

成果主義と年功序列型を上手く組み合わせた制度を採っており、内資系の良い部分が生きている制度です。最近では成果主義にシフトしようとしていますが、まだ年功序列型の要素が強い制度です。

 

具体的には上司との面談と営業成績で決まります。やる気があり、出来る人はやはり成果を得ることができ、中途入社であっても、マネージャーなどに上がる人もおり、結局は
真面目に仕事に取組んでいる人が結果を残しているようです。

 

また部署によっては評価方法も異なります。例えば、営業の場合は、外部評価を得ていても内部評価しづらいと言った面もあります。そういった点から製品別の数字評価や講演会や説明会など別の努力評価によって決められます。

 

あすか製薬株式会社の教育制度・成長環境について

あすか製薬は大手メーカーと比べて製品力などは規模が小さく、売り上げを上げるためには各社員の活動力というもが必要になります。若手の段階からこうした考えの元、行動していきますので、こうした経験は将来的にどんなシチュエーションも戸惑うことなく進んで行ける力を養ってくれます。

 

現に業界では、あすか製薬でのリーダークラスは、ほとんどの企業での仕事を賄うことが出来ると言われているくらいです。色々と自分でやらざるを得ない環境なので、やる気次第では様々な業務で経験値を上げることが可能で、そうして得たスキルを他のステージで発揮することが出来ます。

 

教育面に関しては、あすか製薬は、『社員の成長・活力が会社の発展を支える』という基本理念のもと、人材育成を行っています。この理念に基づき、会社が目指す方向性のなかで求められる人材像を明確にし、その上で年次や階層にあわせた様々な内容の研修プログラムを用意しています。

 

研修などは、通信教育をはじめ、各階層別研修、海外語学研修などあり、e-ラーニングなどの自己啓発支援も豊富です。その他、職場の先輩がメンター(育成者)として身近な相談相手となり、仕事を円滑に進めるためのサポートを行うメンター制度が有ります。

 

ワークライフバランスについて

基本的には直行直帰のスタイルであるため、普段の営業時間も自分次第で調整が可能です。極端に言えば、就業時間内に帰宅することも可能です。残業に関しては、みなし残業制を採用しており、月平均所定外労働時間も4.4時間と少なく、給与の範囲内です。

 

休日休暇は、基本的に完全週休二日制(土・日)ですので、ワークライフバランスは調整しやすい環境です。その他、祝日、GW、夏季、年末年始ほか年間125日程度は休みが取れます。年次有給休暇、特別有給休暇(慶弔など)もありますが、年間の有給休暇取得率は38.3%と少し少ないようです。

 

女性の働きやすさについて

あすか製薬での男性女性の評価の差というものはなく、全て成果で決められます。成果を上げていれば当然評価は上がります。しかし、全体的に見て女性の割合は少なく、管理職という立場の人はまだまだ少ないのが現実です。これは、これからの課題と言えるでしょう。

 

育児支援制度に関しては、2017年4月から時短勤務、在宅勤務制度など女性のライフスタイルに合わせた『女性活躍推進室』が設立しています。これにより、出産後の職場復帰の女性も増え、女性採用の割合も増えてきており、ますます会社側も女性の働きやすい環境を作ろうとする働きは加速すると思われます。

 

あすか製薬株式会社の転職先としての価値

あすか製薬株式会社は、経営陣自ら陣頭指揮を取る極めて士気の高い会社です。今は年功序列型の風土が残っていますが、能力があれば中途でもどんどん出世が出来ていますので、そのうち実力主義に移行するでしょう。

 

組織としても風通しがよく、皆でワイワイと意気投合できる環境です。しかし、人数と言えば大手に比べて多くないので、必然的に業務は増えますが、その分成長できます。

 

こうした、あすか製薬株式会社に向いている人と言えば、組織を重んじ、チームワークを大切にしていきたい人や、MRとして医療に貢献したいと考えている人などが向いていると考えます。

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、あすか製薬株式会社への転職の判断を下すようにしてください。

 

最後に、あすか製薬株式会社の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。あすか製薬株式会社以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。

 

<あすか製薬の中途採用求人を扱っている転職会社>