デルの中途採用事情

 

言わずとしれた、世界を代表するPCメーカー、デルの日本法人であるデル株式会社。川崎の本社と、宮崎のカスタマーセンターの2拠点を軸に、事業を展開していますが、法人営業の拠点は全国各地に存在するので、営業職に関しては、勤務地の選択肢が豊富です。

 

従来の個人向けPC・タブレット販売事業に加えて、法人向け販売事業、ストレージ、サーバー、ネットワークといったソリューションサービス事業にも力を入れており、年々、取扱商品のラインナップが拡充するなど、事業分野を拡大しています。

 

成長ペースが昔ほどではないので、今現在は、あまり目立ってはいませんが、着実に業績を伸ばしており、事業の安定性という点では抜群ですし、給与、福利厚生が充実しているので、転職先として考えた場合においても、十分に魅力的な会社です。

 

中途採用の求人についても、営業、エンジニア、カスタマーサポートなどを中心に、常時募集がかかっているので、転職のチャンスは豊富に存在します。このページでは、デルの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

最近は、あまり目立たないデルですが、世界有数のITソリューション企業であり、業績は順調に推移しています。その状況を反映して、社員の給与水準は、高いレベルで安定しています。

 

デルは非上場の企業なので、従業員の平均年収が公開される有価証券報告書は存在せず、社員の年収は、実際に働いている人の口コミ情報や、求人情報から推移するしかないのですが、下記のように高い数字が並んでいます。

 

職種

年収

内勤営業

500~650万円

外勤営業

800~2000万円

テクニカルサポート

500~650万円

セールスエンジニア

550~800万円

営業マネージャー

700~1200万

マーケティング

650~1000万円

 

デルは実力主義の会社で、社員間の給与格差が激しいので、目安らしい目安を挙げるのが難しいのですが、最低ラインを見て頂けると、なかなかの年収水準であることが、お分かりになると思います。

 

外勤の営業であれば、年収1000万円を超えるような社員が、ゴロゴロいる会社なので、そこをみても、デルは高額給与の会社と言えます。

 

デルは営業マンがインセンティブを獲得しやすい会社

デルは、市場動向の変化を見極めながら、臨機応変に事業モデルを修正していく会社なので、変化が激しいIT業界のなかでも、常にトップのポジションに君臨しています。

 

(需要が伸びる分野、需要が手堅い分野を把握するセンスがある会社です。)

 

これは営業マンから見れば、常に自社商品を売りやすい環境で勝負できるということを意味しています。

 

どれだけ、能力の高い営業マンでも、そもそもニーズがない商品を売ることなど、できないので、どんな市場を攻めるのかという会社の事業戦略は、自分の収入に直結します。デルは成果主義で、インセンティブの割合が高い会社なだけに、なおさらです。

 

それだけに、常に的確な事業戦略を構築しているデルというのは、営業マンにとっては、収入を上げやすい企業と言えます。

 

デルへの転職難易度は、決して高いわけではない

それだけに、デルは人気の企業で、新規で求人が発生すると、採用希望者が殺到する状況なので、競争倍率は高めです。

 

そういった意味では、転職の難易度は高めと言えますが、デル自体は間口を広げていて、経験が浅い人でも積極的に採用していますし、様々な職種において、求人がでているので、競争が緩い穴場的な案件が見つかることもあります。

 

デルの中途採用求人の傾向

デルの中途採用求人は、営業、エンジニア、カスタマーサポートの3職種がメインとなり、これらの職種であれば、いつでも求人が見つかる状況です。

 

加えて、マーケティング、広報、経理財務、人事、経営企画、法務といった職種においても、募集がかかることがありますが、数としては限定されたものとなります。

 

いずれの職種においても、該当業務に関する実務経験が必須となりますが、求人ごとに要求される経験年数、経験の内容が異なります。

 

なかには、社会人経験が1年以上あれば良しとするといった緩い求人もあれば、逆に、『IT業界における法人営業10年以上』といった極めてハードルが高い求人も存在します。同一職種においても、差が大きいので、詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

ちなみに、緩い求人でも想定年収600万円以上、ハードルが高い求人だと、年収1000万円、1500万といった数字が並んでいるので、かなりの好待遇です。

 

求人情報の入手方法

デルの日本法人では、採用情報ページを用意しておらず、アメリカ本社が用意している人事採用システムを活用しています。日本法人で募集をかける場合、そのシステムに求人を掲載するという流れになりますが、けっこう抜けがあるようです。
http://www.dell.com/learn/jp/ja/jpcorp1/applying-for-a-job?c=jp&l=ja&s=corp&cs=jpcorp1

 

また、アメリカのシステムなので、英語表記となりますし、日本人にとっては分かりづらい仕様となっているので、特に英語が苦手という人に対しては、あまりオススメ出来ません。

 

デルの日本法人は、大手の転職エージェント経由でも、募集をかけているので、エージェントに問い合わせたほうが楽ですし、速いです。

 

また、最近は、デルはクローズドで、募集をかけることがあります。クローズドというのは、一般的には求人を公開せず、エージェントに登録している求職者のなかから、めぼしいと思える人材に声をかけるというやりかたです。

 

この背景には、人材を厳選したいから、他社に採用状況から自社の事業動向を推測されることを防ぎたいからといった理由がありますが、会社の中核を担うような、重要なポジションの求人に、多く見受けられます。

 

重要度が高いだけに、条件面では厚遇されているので、実務経験が豊富で、キャリアアップの機会を模索しているような人にとっては、見逃せない種類の求人となります。

 

そのため、デルへの転職を検討するのであれば、転職エージェントに登録して、求人状況について教えてもらうことをオススメします。(このほうが、抜けがなく確実です。)

 

下記のエージェントであれば、デルの中途採用求人の取り扱い実績が豊富なので、情報源としてオススメです。

 

デルの中途採用求人を扱っている転職エージェント


ちなみに、転職エージェントは、様々な企業の求人案件を扱っているので、デルだけでなく、他社の求人のことについても知りたいという時には、まとめて情報を教えてもらえるので便利です。

 

デルの年収・給与水準

冒頭でも触れましたが、デルの給与水準は高めです。下記に、社員の年収例を、職種別に幾つか記載しておきますが、全職種の企業と比較しても、良い水準にあることが分かると思います。

 

デルの社員年収

  • 内勤営業 29歳 年収500万円
  • 内勤営業 35歳 年収700万円
  • 外勤技術営業 35歳 年収850万円
  • 外勤技術営業 50歳 年収1700万円
  • 営業マネージャー 30歳 年収650万円
  • 営業マネージャー 40歳 年収900~950万円
  • 営業マネージャー 53歳 年収1100万円
  • 営業シニアマネージャー 48歳 年収1400万円
  • テクニカルサポート 27歳 年収350万円
  • テクニカルサポート 30歳 年収300万円
  • テクニカルサポート 32歳 年収600万円
  • テクニカルサポートマネージャー 39歳 年収700万円
  • マーケティング 31歳 年収700万円
  • マーケティング 34歳 年収650万円
  • マーケティング 37歳 年収1100万円
  • マーケティングマネージャー 37歳 年収1400万円
  • SE 28歳 年収630万円
  • SE 36歳 年収1000万円
  • 経理財務 37歳 年収950万円
  • 経営企画 34歳 年収1200万円

 

デルは外資でありながら、福利厚生が充実している会社なので、そのことも踏まえると、条件面については申し分がない会社と言えるでしょう。

 

(主な福利厚生をあげると、確定拠出年金制度、団体生命保険、社員&家族向け健康プログラム、長期障害所得保障保険、スポーツ補助金、デル製品社員割引、育児・介護費用補助制度、セミナー受講・資格取得費用補助制度、英語学習プログラムなどが存在します。)

 

給与体系については、インセンティブ(賞与)を含めた年俸制となりますが、基本給とインセンティブの割合は職種ごとに異なります。(営業職はインセンティブ重視、管理部門やカスタマーサポートは基本給重視、エンジニアはその中間といった感じです。)

 

インセンティブの額は目標の達成度合いによって決まりますが、デルの商品力は圧倒的なので、営業職の場合、目標達成率は100%を超えるのが当たり前であり、まず満額回答となるようです。(こういったことを見ても、デルは魅力的な会社です。)

 

また、業績によっては、3月に決算賞与が支給されることもあります。支給額は、寸志程度ということもあれば、月収1ヶ月分になることもあり、その年によって違います。

 

さらに、特に優秀な成績を挙げた営業マンは、年1回開催される総会において、表彰されるとともに、追加報酬が与えられるなど、デルは追加のインセンティブが何かと多い会社です。

 

昇給については、年1回、給与見直しの機会がありますが、年功序列的な一律の昇給といったものはなく、グレードが上がった人、昇進した人のみが、大幅にベース給が上がることになります。グレードが変わらない人は、仮に昇給したとしても、少額にとどまることになります。

 

Check!

年俸には、みなし残業代(30時間)が含まれています。残業が30時間を超えた時には、実働分が追加支給されることになりますが、デルは残業が少ない会社なので、みなし分を超えることは、まずないです。

 

デルの評価制度について

デルでは、目標達成度をもとに、5段階で人事評価を行う仕組みとなっています。一番評価が高い5を獲得する人は、ごく少数のようですが、大半の人は3以上になるので、先ほどもふれましたが、賞与の支給額については、社員の満足度は高いです。

 

そういった意味では、デルは恵まれた状況にある会社ですが、営業で2期連続目標未達成となった時には、退職勧告の対象となります。こうなると、日報の提出が求められるなど、厳しく行動を管理されることになります。

 

なお、バックオフィス、サポート部門など、成果を数値化することが難しい部署だと、仕事のパフォーマンスを目に見える形にするのが難しく、上司の意向によって、評価が左右される状況となっていました。

 

そのため、あいまいな評価をされたと感じる社員が少なくなかったのですが、近年は、360度評価が取り入れられ、複数の上司、及び、周囲の同僚からの評価も考慮されることになりました。

 

さらに、自分自身が上司を評価できるようにもなったので、公平性が格段にアップしています。

 

昇進については、部署内の相対評価なので、自分自身の結果だけでなく、周囲の人達のパフォーマンスが影響してきます。また、外資らしく、面接の場で、どれだけ自分をうまくアピールできるのかというのも、重要な要素となっています。

 

アピールが下手な人だと、他人を上回る実績を出しているのに低評価にとどまり、昇進できないというケースに陥ることになります。実際、こういった人は、現役社員のなかにも少なからずいるので、この点は要注意です。

 

また、デルは部長以上のレベルの役職については、本社から派遣したり、外部から採用したりすることが少なくないので、内部昇格というのは、かなり狭き門となっており、なかなかチャンスに恵まれません。

 

ただし、デルは昇進しなくても、高い給与をもらえる会社なので、あまり気にしていないという人も多いですし、他人を大きく上回る実績を残せば、嫌でも目立って、昇進していける会社でもあるので、キャリア志向が強い人にとっても、デルは十分にやり甲斐を感じられる職場です。

 

補足1:デルで昇進するには、英語のスキルが重要

社内メールやイントラネットなどは、英語表記なので、英語ができる人のほうが、仕事のスピードが速く、結果的に評価が高くなる傾向にあります。

 

特に、バックオフィスに関しては、英語できないと仕事に支障をきたすこともあるぐらいなので、注意してください。

 

また、職種に関係なく、ある程度のポジションに就くと、本社幹部とのコミュニケーションなど、英語でのやり取りが増えるので、英語力がないと昇進しにくくなる傾向があります。

 

こう考えると、キャリアアップを狙っている人にとっては、英語のスキルは、デルにおいては必要不可欠と言えます。

 

補足2:デルでは柔軟性も重要

デルでは、スピード感を持って働くことが求められるので、変化への対応が上手な柔軟性のある人のほうが評価される傾向にあります。

 

業績の悪い部署が急に無くなったり、合併による部署閉鎖が起きたりといったことが珍しくなく、社内環境の変化が激しいので、そこに対応する意味でも柔軟性は必要です。

 

成長環境、キャリア開発の機会について

デルは、やる気がある社員をサポートする意識が高い会社であり、年齢に関係なく、自ら手を挙げれば、仕事に対する裁量権を与えてもらえるので、様々な経験を積むことができます。

 

その反面、上司や先輩から受け身の人物だと判断されると、全く声をかけてもらえなくなるので、重要な仕事に関わりたければ、遠慮せずに、どんどん自分をアピールすることが重要です。

 

ちなみに、『そうはいっても、そんなに経験があるわけではないので、自信がない・・・』といった人もいるかもしれませんが、デルには、メンター制度が設けられており、経験が浅い社員を先輩スタッフがサポートする体制が確立されています。

 

力量不足でも、業務を遂行できるようにフォローしてもらえますし、経験が浅いからといって、本人の希望を却下することもないので、挑戦しないほうが損です。

 

そこで、結果を残せば、さらに重要な仕事を任せてもらえますし、海外出張の機会をもらえるようにもなるなど、活躍の場がどんどん広がっていくので、成長意欲が高い人には、デルはオススメの転職先です。

 

補足1:デルでは職種転換が可能

デルは社員のキャリアパスに対して、非常に柔軟な考えを持っており、異職種間の異動を積極的に行っています。そのため、入社後、違う職種で働きたくなった時には、会社に相談することで、チャンスを得られる可能性が大です。

 

特に、高い実績を出している優秀な社員に対しては、手厚いサポートを行っている企業なので、デルにおいては、自分の努力で、幾らでも様々な道を切り開いていくことが出来ます。

 

補足2:英語を活用できる場が多い

デルは業務で英語を使用するケースが多く、働きながら英語力を養うことができる会社ですし、国外で働くチャンス、グローバルなプロジェクトに従事するチャンスが多いので、海外で活躍したいという人にとっても、デルはオススメの転職先です。

 

デルの社内教育制度

福利厚生のところでも触れましたが、デルは社員が自己研鑽を図れるように、社内教育制度を充実させており、自分が志望すれば、ほぼ希望通りに利用することができます。

 

特に、最新の製品や技術についての研修が充実しており、これらは、業界内であれば、どの会社でも通用するスキルとなるので、転職市場におけるデル出身者の評価が非常に高く、デルを離職することになったとしても、有利な条件で、次の職場が決まる可能性が高いです。

 

ただし、職種によっては、他社では、役立たないようなスキルしか使われていないケースもあるので、次の転職を考えているのであれば、その点には注意が必要です。

 

なお、スキルアップという観点で見ると、デルはチーム制の部署が多いうえ、他部署とのやり取りが盛んな職場の割合が高いので、業務を通じて、コミュニケーション能力が向上しやすい環境と言えます。

 

ワークライフバランスについて

IT企業となると、夜遅くまで働いているイメージがあるかもしれませんが、デルに関しては、決してそんなことはありません。営業職であっても、1ヶ月あたりの残業時間が30時間を超えるケースは稀です。

 

取引先の状況など、一時的に忙しくなる時期はありますが、全体的にならせば、職場に拘束される時間は、ごく常識的なものとなっています。

 

会社として、残業することを良しとはしておらず、定期的に社員の勤務状況をチェックしながら、残業なしで業務を遂行できる環境作りに努めています。

 

『定時に帰る人=効率良く働いている仕事ができる人』という風土が、元々ある会社でもあるので、今後も、残業が増えるということは、まずないでしょう。

 

Check!

強いていえば、管理職になると、業務量が一気に増えるので、忙しくなりますが、それでも残業が長時間に及ぶという人は、一握りです。

 

休日についても、週休二日をしっかり確保できますし、有給の消化率に関しても、全社員平均で60%を超えているので、まずまずです。

 

補足

サポート部門だと、有休消化率が100%の職場も存在します。

 

病気の時には、シックリーブという有給とは別の休暇制度を、年間10日間利用できるようになっており、これは家族の看護や介護にも利用可能なので、これも有休と考えると、デルは公休が非常に多い会社です。

 

前持って段取りをしておけば、連休と有給を組み合わせて、長期休暇を取得するといったことも可能なので、ワークライフバランスを重視する人にとっては、デルはこのうえなく魅力的な転職先と言えるでしょう。

 

ただし、デルは部署ごとに、勤務スタイルが異なるので、どの職種に就くかによっても、ワークライフバランスは変わってきます。たとえば、営業は直行直帰、フレックス勤務OK、カスタマーサポートはシフト制勤務になるといった感じです。

 

そのため、ワークライフバランスを重視する人は、転職後、自分が配属されることが想定される部署の状況について、確認しておくことをオススメします。

 

在宅勤務で働く人が増加中

デルでは、バックオフィス系の職種を中心に、在宅勤務を選択する人が増えています。会社が、ノートパソコンを支給して、自宅でも仕事ができる態勢を整えたからですが、今まで以上に、自分の時間を作りやすい状況となっています。

 

女性の働きやすさについて

デルは外資らしく、性差別というものが全くなく、女性も男性と同じように活躍できますし、結果を出して、昇給・昇進を手にしている女性社員が、非常に多いです。

 

アメリカ本社から管理職の男女比をチェックされているため、会社として、女性の登用に力を入れており、キャリアアップに関しては、男性よりも有利な状況となっているぐらいです。

 

結果として、職種を問わず、女性マネージャーの数が、年々増加しているので、キャリアアップの機会を求めて、転職先を探している女性には、デルは文句なしにオススメです。

 

補足

女性の役員も存在するため、女性社員が意見を言いやすい職場環境となっています。

 

育児支援体制もしっかりしており、産休・育休はもちろんのこと、在宅勤務、時短勤務、時差出勤といった制度を利用できるようになっています。

 

産休・育休を取ったからといって、ポジションが変わることはないですし、復帰後には、保育所の費用を一部補助してもらえる、家族(子供)都合による休暇取得が認められている、夜勤のある部署では、子供が小学生になるまでは、夜勤が免除されるといったサポートを受けられます。

 

会社だけでなく、社員も子育てに対する理解があり、積極的に支えていくという雰囲気があるため、小さな子供を持つ人にとっては、非常に働きやすい職場環境となっています。

 

そのため、デルでは結婚・出産を理由に会社を辞める人は、ほとんどいないですし(復帰率が90%を超えている部署もあります)、管理職クラスでも、周囲のサポートを受けながら、仕事と子育てを両立させて、働いています。

 

ちなみに、デルでは、男性社員が育休や在宅勤務を利用するケースも多く、この点については、かなり先進的な企業と言えます。

 

Check!

女性向けの休暇制度として、生理休暇もあります。

 

デル株式会社の転職先としての価値

ここまで、デルの就労環境についてお伝えしてきましたが、様々な点で魅力を感じる会社であり、転職先候補として見た場合、十分にオススメ出来る会社です。

 

外資なので、仕事の成果に対するプレッシャーはキツくなりますが、相応する見返りが得られますし、就労環境はかなり良いので、毎日、やり甲斐を感じながら、働くことが出来るでしょう。

 

誰にとっても合う会社というのは存在しないので、最終的には、自分の考えや趣向と照らしあわせて、デルとの相性を判断すべきですが、少なくても真剣に検討するだけの価値がある会社なので、転職を視野に入れている人は、ぜひ一度じっくり時間を取って、考えてみてください。

 

デルの中途採用求人を扱っている転職エージェント

最後に、デルの中途採用求人を扱っている転職エージェントを、下記にリストアップしておきます。現在、募集がかかっている求人の詳細については、直接、確認するようにしてください。

 

なお、転職エージェントはデルの社内事情を把握しているので、就労環境や社内制度について、より細かい話を聞くことが出来ますし、様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人と比較するといったことも出来ます。

 

転職先を決める際には、何かと頼りになる存在なので、ぜひ色々と話をしてみてください。

 

デルの中途採用求人を扱っている転職エージェント


ちなみに、転職エージェントは、様々な企業の求人案件を扱っているので、デルだけでなく、他社の求人のことについても知りたいという時には、まとめて情報を教えてもらえるので便利です。