リクルートテクノロジーズの中途採用事情

進学・就職・結婚・住宅購入などのライフイベントに関する領域から、 旅行・グルメ・美容・お稽古などのライフスタイルに関する領域まで、200以上のサービスを提供しているリクルートグループ。

 

その中でも、IT・ネットマーケティング領域に特化して、 リクルートグループ全体に横断的に携わっているのが、リクルートテクノロジーズです。

 

直近の動向は、現実とVR空間を融合させるMR技術を活用したイベント『リアル-バーチャル勉強会』の実施や、ラスベガスで毎年行われる『コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2019』の参加など幅広い業務展開を行っています。

 

このような背景から、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。リクルートテクノロジーズへの転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

リクルートテクノロジーズの中途採用求人の傾向

現在、リクルートテクノロジーズの公式ページで確認できる中途採用職種は下記の通りになります。

 

募集職種

・事業IT(Web・セキュリティ)企画
・アプリケーションエンジニア
・Webマーケティング
・ビッグデータ
・プロジェクトマネジメント
・基幹・勘定・業務系システムマネジメント
・ITアーキテクト・AP基盤
・インフラエンジニア
・セキュリティ
・R&D
・コーポレートスタッフ

 

事業IT(Web・セキュリティ)企画

【仕事内容】
リクルートIDポイントを提供する基幹システムのシステム戦略立案・プロジェクト推進・エンハンス開発・システム運用を担当します。高い品質のサービス提供を目指し、会員数拡大、利用サービスの拡大、会員のアクティブ化を図る業務です。

 

【必須条件】
SIer、Net系、ITコンサル系企業において、システム開発や企画経験がある人。
業界や開発領域・規模等は不問です。

 

アプリケーションエンジニア

【仕事内容】 
リクルートグループにおけるWebアプリケーションのフロントエンド基盤の開発が主な業務です。

 

【必須条件】
Java/Go/Ruby/Python/PHP/Node.js等を使ってサーバサイドの開発にも関わった経験がある人。
React/Vue.js/Angular/Ember/Backbone等、フロントエンドエンジニアとしてフレームワークを使ってリッチなウェブアプリケーションを構築した経験がある人。

 

Webマーケティング

【仕事内容】
リクルートグループ全社に向けて、アクセス解析・マーケティング施策ツールにおける企画立案から実装・運用までの担当が主な業務です。

 

【必須条件】
導入/要件設計、施策提案/企画立案/実行/分析、ツール選定もしくは提案経験が必要とあります。

 

求人情報の入手方法

リクルートテクノロジーズの公式サイト内に、採用情報ページが開設されており、そちらのページにおいて、中途採用の募集要項、及び、募集がかかっている求人の一覧について、確認することが出来ます。
https://recruit-tech.co.jp/recruitment/mid-career.html

 

また、リクルートテクノロジーズは、転職エージェント経由でも、人材を募集しており、そちらから、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職エージェント、どちらでも、入手出来る情報は一緒ですが、エージェントの場合、様々な企業の求人情報を押さえているので、リクルートテクノロジーズを他社の求人と比較してみたいといった時には、まとめて情報を入手出来るので、便利です。

 

また、エージェントは各社の社内事情を把握しているので、内部のことについて、より細かい情報を入手出来るのも、大きなメリットです。

 

このページの最後に、リクルートテクノロジーズの中途採用求人を扱う代表的な転職エージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

リクルートテクノロジーズの社員の年収・給与制度について

リクルートテクノロジーズに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

  • ネットワークエンジニア 27歳 年収540万円
  • ネットワークエンジニア 31歳 年収660万円
  • SE 28歳 年収650万円
  • SE 29歳 年収600万円
  • SE 30歳 年収600万円
  • SE 32歳 年収660万円
  • SE 34歳 年収700万円
  • SE リーダー 32歳 年収630万円
  • SE リーダー 33歳 年収800万円
  • プロジェクトマネージャー 35歳 年収900万円
  • プロジェクトマネージャー 39歳 年収1170万円
  • プロジェクトマネージャー 41歳 年収1020万円
  • 企画 29歳 年収800万円
  • 企画 37歳 年収840万円
  • 企画 56歳 年収1000万円
  • 財務 30歳 年収700万円

 

リクルートテクノロジーズの給与体制は、年俸制を採用しており、中途採用者のレンジは、想定年収580万円~1,200万円と幅があります。賞与は年2回あり、現状としては夏冬ともに100万円は見込めます。昇給は1つのグレードが上がると100万近く上がります。

 

諸手当として、深夜・休日勤務手当、追加割増手当、通勤交通費等があります。深夜勤務の場合、タクシー帰宅が必要な場合も上長承認を得られれば、普通に支給されます。

 

保険は、健康保険、介護保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険の各種保険を完備しています。福利厚生としては、下記の制度があります。

  • グループや部の親睦、組織活性を目的とした飲食費用を、会社が負担します。
  • 結婚祝金・出産祝金として、社員が結婚した場合は結婚祝金として5万円、社員またはその配偶者が出産した場合は、出産祝金として3万円を支給しています。
  • 勤続年数が10年および20年経過した日に、勤続年数に応じて、10万円相当の金品、50万円相当の金品が永年勤続祝金として社員に支給されます。
  • ミッショングレードに応じたポイントが毎月積み立てられ、退職時に一時金として支給されます。

 

その他諸制度として、社員持株制度・育児休職制度・介護休職制度・看護休暇制度・退職一時金制度があります。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴・実績をベースにして、年俸額が算出されることになりますが、交渉次第で、具体的な数字は変動するので、会社側からの提示額に満足出来ない時には、納得出来るまで、話し合うことをオススメします。

 

特にリクルートテクノロジーズは、中途入社者の割合が73.6%と非常に高く、この交渉が鍵になります。

 

もし、こういった条件交渉を自分で行うのは、気が進まないということであれば、前述した転職会社に交渉を代行してもらうことをオススメします。彼らはプロなので、うまく話を進めてくれます。

 

実際、何らかの上積みを勝ち取ってくれるケースが多いので、任せてしまって大丈夫です。(苦手な人が、自分で無理に何とかしようとするよりも、よほどうまくいきます。)

 

リクルートテクノロジーズの評価制度について

リクルートテクノロジーズの評価制度はミッショングレード制と言って昇給によって1つグレードが上がるたびに100万円近く上がるため、評価が上がれば上がるほど、年収額も増えます。

 

具体的には、社員は、半期に一度『Will Can Mustシート』を記入します。これは以下の項目からなる目標管理シートです。これらを上長との話し合いを半年ごと行います。

  • 本人が実現したいこと(Will)
  • 活かしたい強みや克服したい課題(Can)
  • 能力開発につながるミッション(Must)

 

リクルートテクノロジーズの教育制度・成長環境について

中途入社が多いリクルートテクノロジーズは、早期に会社に慣れてもらうために、様々な導入サポートとともに、社外研修・フォーラム、RBC(リクルートビジネスカレッジ)、資格取得一時金・合格お祝い金など制度が充実しています。

 

また、OJTのほかにも、組織ごとに専門性に特化した研修を実施しています。コーディングや、スクラムマスター、プロジェクトマネジメント、インフラ、UI・UXなど、必要に応じてテーマや機会を設定し、継続して技術力を高められる風土が根付いています。

 

リクルートテクノロジーズの特徴として、裁量性が強いことが挙げられます。その結果、総合的なビジネス力が育ち、会社で働く上での決済の取り方、人とのやり取りの仕方、お金の稼ぎ方等、想定とは異なる能力が身に付く環境になっています。

 

ワークライフバランスについて

完全なフレックス制を採っており、夜型の人は朝遅く出勤することも可能です。しかし、多忙なプロジェクトに入れば、当然稼働時間は長くなります。その辺は臨機応変に対処していくしかありません。また、どんなに平日忙しくても土日勤務ということはありませんので、ワークライフバランスは保つことが出来ます。

 

残業に関しては、みなし残業制を採っており、それを越えると全額支給されます。深夜残業代や休日出勤代はそれとは関係なく支給されます。月平均の残業時間は37.4時間となっています。

 

休暇に関しては、年末年始・夏季・GW・婚姻・産前産後・慶弔・忌引き・転勤休暇など設定されています。会社として、働きすぎないように会社を挙げて取り組んでいますので、有給等も比較的容易に取得できます。ちなみに年間の有給取得率は、58.7%となっています。

 

女性の働きやすさについて

女性比率が比較的高く、女性ならではの体調の変化やライフイベントについて当たり前に向き合うという組織理解があります。仕事の面でもマネージャーに昇格しているワーキングマザーもいますし、そうした環境を違和感なく受け入れる企業文化が整えられています。したがって、キャリアアップを考えている人も十分チャンスがあります。

 

育児支援制度も十分整備されており、出産後も職場復帰する人がほとんどで、周辺も戻ってくることを前提に準備をしてくれます。また、復職前の部署に基本的に戻れますので、キャリアとしても継続して復帰することが出来ます。

 

リクルートテクノロジーズの転職先としての価値

各社員に裁量権を持たせ自由に働くことが出来る企業です。風通しもよく、上司部下関係なく意見交換する風土があります。なにより、チームワークを尊重している会社です。

 

また中途採用が多いので、チャンスも多く、自分の実力を試したいと考えているならリクルートテクノロジーズは最高の舞台が整えられています。

 

ただし、個人プレーが好きな人や、職人気質の人は、リクルートテクノロジーズとは違った価値感かもしれません。

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、リクルートテクノロジーズへの転職の判断を下すようにしてください。

 

リクルートテクノロジーズの中途採用求人を扱っている転職エージェント

最後に、リクルートテクノロジーズの中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職エージェントは、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。リクルートテクノロジーズ以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。