住信SBIネット銀行の中途採用事情

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同設立したインターネット専業銀行です。

 

インターネットが普及し、オンライン証券取引等のインターネットによる金融取引が加速しつつある中、決済利便性、リアルタイム性、魅力ある多様な商品の提供などの観点から、ネット銀行で資産形成・運用を行う顧客が、益々増加することを想定し設立がスタートしました。

 

住友信託銀行グループ(現三井住友信託銀行)は銀行経営およびALM 運営のノウハウを、SBI グループはインターネット金融サービスおよびインターネット関連事業のノウハウを、各々提供しています。

 

2007年9月の開業以来、2010年4月には預金残高1兆円を突破し、営業開始後わずか3期目で黒字化を達成しています。

 

また、『JCSI(日本版顧客満足度指数)』の2009年度調査結果において『顧客満足度指数』が銀行業界で第1位となる等、数々の顧客満足度調査等において高い評価を得ています。

 

このような背景から、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。住信SBIネット銀行への転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

住信SBIネット銀行の中途採用求人の傾向

住信SBIネット銀行の公式ページでは新卒を中心とした募集が行われており。中途に関しては確認できません。しかし、転職会社経由で多種多様な職種の募集が確認できます。ここでは代表的な職種と募集条件等をいくつか挙げていますので、参考にされてください。

  • ビッグデータ分析/マーケティング担当
  • 人事担当者
  • 社内SE(フロントシステム/プロジェクトリーダー)
  • インフラエンジニア
  • 勘定系システム担当
  • 投融資関連業務(案件開拓、アレンジメント、モニタリング等)
  • 市場運用または市場事務

 

<ビッグデータ分析/マーケティング担当>

業務内容は、デジタルマーケティング領域における先進的なデータアナリティクス手法の導入、イベントベーストマーケティング等の新たなマーケティング手法の構築や、ファイナンス・ローン等に係わるクレジットプランニングおよび審査スコアリングモデルの開発となっています。

 

応募条件は、大学院、大学卒以上で、必須経験は、デジタルマーケティング領域における深い経験、知見をお持ちの方となっています。

 

<人事担当者>
業務内容は、給与計算を中心に人事業務全般となっています。

 

応募条件は、大学院、大学卒以上で、必須経験は、人事業務(給与計算)の経験を有する方、歓迎経験として、人事業務(採用業務)の経験を有する方となっています。

 

<社内SE(フロントシステム/プロジェクトリーダー)>
業務内容は、チャネル系フロントシステム(WEB、モバイル系)に関する企画、開発管理となっています。

 

応募条件は、大学院、大学卒以上で、必須経験は、アプリケーション開発プロジェクトにおいて、要件定義~開発迄の経験を3年以上程度お持ちの方(オープン系必須)、開発ベンダーとのコミュニケーションスキル、歓迎条件として、金融システム経験となっています。

 

<インフラエンジニア>
業務内容は、銀行システムのインフラ構築/保守、社内OAシステムの企画立案、保守サポートとなっています。

 

応募条件は、大学院、大学卒以上で、必須経験は、下記いずれかのご経験(2年以上)をお持ちの方都なっています。

  • Linux/Windowsによるサーバ構築・運用経験
  • クラウドやVM基盤の構築、運用経験
  • ネットワーク(特にCisco社製スイッチ・ルータ)構築・運用経験

 

その他にも多数の職種募集が確認できます。希望者は、このサイトで紹介している転職会社への登録後、確認を行うようにしてください。

 

求人情報の入手方法

住信SBIネット銀行は中途採用に関しては、転職会社経由で募集をかけており、公式ページ内においては、募集要項の記載がありません。(新卒採用の記載のみとなっています。)

 

そのため、住信SBIネット銀行の求人情報を入手する際には、転職会社にコンタクトする必要があります。このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、一度連絡を取ってみてください。

 

住信SBIネット銀行の社員の年収・給与制度について

住信SBIネット銀行に勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

  • 営業 27歳 年収600万円
  • 営業 29歳 年収650万円
  • 営業 主任クラス 30歳 年収720万円
  • システムエンジニア 40歳 年収800万円
  • カスタマーセンター 30歳 年収560万円
  • カスタマーセンター 32歳 年収480万円
  • カスタマーセンター 34歳 年収340万円
  • カスタマーセンター 37歳 年収300万円
  • カスタマーセンター 課長クラス 30歳 年収700万円
  • 経理財務 33歳 年収650万円
  • 経理財務 34歳 年収450万円
  • 経理財務 主任クラス 37歳 年収700万円
  • 経営企画 主任クラス 26歳 年収650万円
  • 経営企画 29歳 年収700万円
  • 経営企画 主任クラス 31歳 年収850万円
  • 経営企画 課長クラス 33歳 年収900万円
  • 一般事務 27歳 年収450万円
  • 一般事務 32歳 年収400万円
  • 新規事業開発 課長クラス 33歳 年収800万円
  • 商品開発 27歳 年収420万円
  • 商品開発 主任クラス 31歳 年収680万円
  • 商品開発 課長クラス 34歳 年収850万円

 

住信SBIネット銀行の給与体制は月給制で、年2回の賞与と年1回の昇給からなります。中途採用の年収の幅は、600~1500万円となっています。細かく給与テーブルが分けられており、その年度の成果によって給与の上がり幅が変わります。

 

手当として、時間外勤務手当、休日勤務手当、深夜勤務手当、通勤手当全額支給があり、保険は、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険等完備しています。福利厚生として、確定拠出年金制度、総合福祉団体定期保険、リロクラブなどの利用が出来ます。

 

寮などはありませんが、対象者には社内規定により住宅補助が有ります。

 

中途採用で入社する時の注意点

住信SBIネット銀行は、中途採用を積極的に採用しており、年収は基本的に前職次第で決定されます。外資系と異なり入社後の降格があまりないため、入社時の交渉が極めて重要になります。

 

そのため、会社側からの提示額に納得がいかない時には、そこで妥協せず、自分の希望を伝えて、キチンと交渉することをオススメします。ここで、会社の意向を受け入れてしまうと、入社後、同僚との給与差が大きいことに気づき、後悔することになりかねないので、要注意です。

 

条件交渉が苦手という人は、前述した転職エージェントに代行を依頼してみてください。彼らはこの手の交渉経験が豊富なので、うまく話を進めてくれます。交渉ベタな人が、自分で強引に進めるよりも、よほどうまくいく可能性が高いので、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

住信SBIネット銀行の評価制度について

住信SBIネット銀行の評価はかなりフェアに行われています。ただ、真にイノベーティブであるか、会社にインパクトのある仕事をしたかが評価の基本的な目線(いわゆる外資的な評価目線)なので、コツコツと指示内容を着実に遂行するタイプや評価は自分から得るものだというマインドがないと不満を感じます。

 

どの会社でそうですが、働く人はそれぞれ考えがあり行動をしています。その中で、部長、役員、人事など直接伝えられる機会があれば、基本的に自ら積極的に働きかけることが大前提となりますので、そういった人は評価の対象となります。

 

住信SBIネット銀行の教育制度・成長環境について

住信SBIネット銀行では、歯車の一つという感じが全くなく、自分の成果が直接経営者の目に触れるため、会社としての意見が直接耳に入ってきます。多くの社員が前向きで、お互いに助け合う空気もあり、役員から現場まで皆が仕事に対するモチベーションが高い環境です。

 

基本的に自分のやりたいことは比較的自由にやらせてもらえます。ただし、成功するか失敗するかは本人次第というところがありますが、大きな経験値が積める環境ということ間違いありません。

 

教育に関しては、業界未経験の中途採用者もいますが、先輩や上司のサポートや現場での実戦経験などもあり、十分スキルは身に付けることが可能です。さらに行動力のある方であれば、リテール金融でやりたいことは全て出来る環境なので成長は確実です。

 

ワークライフバランスについて

先ず残業に関してですが、昨今は会社全体で残業削減を進めており、早く退社できる環境になっています。例えば『19時までに帰ろう運動』というものがあり、アシスタントマネージャー以下は概ね実践されています。なお、月の平均残業時間は36.3時間となっており、そう多くはありません。

 

休日休暇に関しては、土曜、日曜、祝日、年末年始休暇(12月31日~1月3日)、年次有給休暇(初年度10日)、厚生特別休暇(3日)が整えられています。比較的容易に有給休暇は取得しやすいですが、休暇中の仕事は他の社員のサポートが必要になりますから、事前の打ち合わせが必要になります。ちなみに有給消化率は50%とまずまずの数字となっています。

 

女性の働きやすさについて

住信SBIネット銀行では、男女平等の文化は根付いており、男女の違いでの不公平さは全くありません。やる気がある人であれば、性別に関係なくキャリアが積めます。現段階では、女性の役員はいませんが、管理職の立場の女性は複数います。これも将来的には、もっと多くの女性が抜擢されていくと思われます。

 

育児支援制度に関しては、産休育休など会社規定の決まりはありますが、取得している人も多く、時短勤務なども利用しています。ただし部署によっては、シフト制を採用していることから2か月前に申請が必要なところもあります。

 

住信SBIネット銀行の転職先としての価値

住信SBIネット銀行は、収益性の高いローン系で多くの顧客をつかんでおり、他のネット銀行に無い強みを持っています。これは将来的に業績を支えてくれる収益基盤になり得る環境です。また、最先端の金融機関を志向しており。新しいことに挑戦する姿勢が常にある銀行です。

 

このような特色をもつ住信SBIネット銀行に向いている人というのは、ベンチャー気質があり、ゼロから一を作り出そうという価値観を持つ人が向いていると言えます。もちろん、収益性や安定性もあることから、こういった面を考えている人も合致します。総じて、金融機関を志望する人は、一考する価値はあるのではないでしょうか?

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、住信SBIネット銀行への転職の判断を下すようにしてください。

 

最後に、住信SBIネット銀行の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。住信SBIネット銀行以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。

 

<住信SBI銀行の中途採用求人を扱っている転職会社>