大同生命保険の中途採用事情

 

中小企業相手の生命保険販売(経営者保険)に、圧倒的な強みを持つ大同生命保険。他の生命保険会社の多くが、家計市場(個人)をメインとしているのに対し、大同生命保険は中小企業市場(法人の経営者、個人事業主)に特化した営業活動を行なっています。

 

中小企業は日本企業の99%を占めていますが、大同生命保険では、税理士会など、中小企業経営者と密接な関係にある各種団体と提携することで、効率的にクライアントを獲得する独自のビジネスモデルを構築しています。

 

近年では『企業市場における就業不能保障分野』の開拓に注力するとともに、ドイツ上場保険グループ『ニュルンベルガー社』と戦略的な業務提携を行うなど、『新たな挑戦』を通じて企業価値の安定的・持続的な増大に取り組んでいます。

 

業績としても、順調に契約高を伸ばしており、平成27年にリリースされた介護系の新商品も、好調に推移しています。

 

そのため、組織を拡充する動きが強く、人材採用を積極的に行っています。中途採用に関しても、常時、募集がかかっているので、大同生命保険への転職を目指すには、良いタイミングとなっています。

 

このページでは、大同生命保険の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、社内の就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

大同生命保険における、中途採用求人の傾向

中途に関しては、営業、及び、企業福利厚生プランナーの2職種の求人が中心となります。営業は、提携代理店の研修・指導、自社営業マンの採用・研修・指導など、自社の販売体制の構築を行うことが、主業務となります。

 

こちらは、日本国内全域を対象とした異動が発生する全国型、及び、転居を伴う異動がない地域域型の2つに分かれており、前者のほうが、好待遇となっています。

 

一方、企業福利厚生プランナーは、他社で言う、保険営業マン(セールスレディー)であり、実際に、中小企業に訪問して、保険商品の提案営業を行うことになります。

 

どちらの職種に関しても、応募資格として、要求されているのは、普通運転免許のみであり、職務経験は不問、未経験者でも応募可となっているので、この業界が初めてという人でも、大丈夫です。(年齢条件が課せられることがあるので、注意してください。)

 

求められる人材像としては、「自ら考え、自立的に行動し、挑戦し続ける人材」となっており、具体的には、問題の本質を見極め、解決に向け自主的に取り組める人材、個の力をチームの力に変えて主体的に取り組める人材が求められています。

 

このあたりは、採用時に厳しくチェックされるので、面接の時には、意識しておいたほうがいいでしょう。(うまくPRしてください。)

 

なお、上記の2職種以外では、アクチュアリー、リスク管理、商品開発、資産運用、法務、人事、経理財務、経営企画、マーケティング、広報といった職種において、募集がかかることもありますが、求人の発生頻度としては、少なめです。

 

こちらに関しては、該当業務に精通している人材が募集されるケースが大半なので、実務経験が必須です。

 

求人情報の入手方法

大同生命保険では、求人情報をまとめた専用サイトを開設しており、そちらから、募集要項、及び、現在、募集がかかっている求人の一覧について、確認することが出来ます。
https://www.daido-life.co.jp/recruit/

 

また、転職会社経由でも、募集を行っているので、そちらに問い合わせることでも、求人情報を入手することが可能です。

 

公式サイト、転職会社、どちらでも、入手出来る求人情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、様々な企業の求人情報を扱っているので、大同生命保険を含む複数の会社の求人を見比べてみたいといった時には、まとめて情報を教えてもらえるので、便利です。

 

このページの最後に、大同生命保険の中途採用求人を扱っている、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

大同生命保険の社員の年収・給与制度について

大同生命保険に勤務する社員の給与水準ですが、幾つか具体的な年収事例を挙げると、以下のようになります。

 

大同生命保険の社員年収

  • 営業 28歳 年収250万円
  • 営業 28歳 年収650万円
  • 営業 35歳 年収350万円
  • 営業 主任 27歳 年収650万円
  • 営業 課長 35歳 年収1000万円
  • 財務 係長 30歳 年収900万円
  • 人事 29歳 年収300万円
  • 経営企画 31歳 年収800万円
  • 資産運用 30歳 年収650万円
  • 資産運用 30歳 年収800万円
  • 資産運用 40歳 年収900万円
  • 契約管理 27歳 年収600万円
  • 契約管理 30歳 年収650万円
  • 支社 営業 28歳 年収560万円
  • 支社 営業 30歳 年収750万円
  • 税理士代理店 27歳 年収650万円
  • 税理士代理店 26歳 年収450万円

 

大同生命保険は、基本給に加えて、年2回賞与が支給されるというオーソドックスな給与体系となっています。毎年1回昇給していきますが、同一ポジションにいる限り、それほど大きな金額ではなく、等級が上がった時に、月額4~5万円ほど、増額する仕組みとなっています。

 

本社部門と営業部門、また、勤務先地域によっても、年収水準は異なりますが、大同生命保険の給与額は同業他社と比べて、決して高いほうではありません。

 

しかしながら、昇格すれば、伸び幅が大きく、課長ともなると、年収1000万円を超えることも期待出来ます。優秀な実績を残した人だと、早くて、30代前半で到達するケースもあるので、若いうちから、高収入を得ることも、見込める会社です。

 

残業代については、営業職に関しては、基本給に営業手当が上乗せして支払われる形になり、別途残業代が支給されるということはありませんが、それ以外の職種については、働いた分だけ残業代が支払われるようになっています。

 

福利厚生については、退職一時金制度、財形貯蓄制度、従業員持株会制度、社宅・住宅手当など、かなり手厚くなっています。

 

住宅手当については、地域差がありますが、都内の場合、独身で7.5万円程度、結婚後は10万円程度支給されるので、かなり大きいです。

 

ちなみに、営業職で東京以外の地域に配属される場合、自家用車が必要となります。自家用車を持っていない場合には、自費で購入しなければならず、かつ、それにかかる保険やメンテナンスなどの費用も自己負担となるので、注意してください。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途で入社する場合、前職の給与やそれまでの経歴、能力・年齢などをもとに、基本給が決められることになりますが、交渉次第で、数字が変わってくるという要素が強いので、会社側からの提示額に納得がいかない時には、そこで妥協せず、しっかりと交渉するようにしてください。

 

もし、こういった交渉ごとが苦手ということであれば、下手に自分で実行しようとはせず、前述した転職会社に、交渉の代行を依頼することをオススメします。彼らは、転職のプロなので、この手の交渉に慣れており、より良い条件で転職出来るように、うまく話を進めてくれます。

 

結果的に、数字の上積みに成功するケースが少なくないので、一任してしまったほうが賢明です。

 

大同生命保険の評価制度について

大同生命保険の人事評価は、実績評価と、プロセス評価の2面評価となっていますが、営業職の場合には、目標達成率が評価指標の大半を占めており、営業成績と定期的に行われる資格試験の結果が、評価に大きく影響します。

 

一方、管理部門をはじめとして、個人のパフォーマンスを数値化するのが難しい部署においては、営業職のように、評価に大きく個人差が生じることはなく、よほどのことがない限りは、全員が標準的な評価となります。

 

営業職のように高い評価を得ることは難しく、昇進にもほとんど差がなく、モチベーションが湧きづらい環境ですが、一定の水準が保たれるというメリットもあるので、安定性を好む人にとっては、魅力を感じることが出来る制度設計とも言えます。

 

なお、大同生命保険では、新しいことにチャレンジすること、コスト削減を目指すことなど、業績以外のところで、目標を設定して、その目標を達成することで、査定を上げるといったことが出来るようになっていますが、人事評価に占める要素としては、限定的です。

 

昇進に関しては、大同生命保険は、試験制となっており、昇進するためには、一定の人事評価を受けたうえで、昇格試験をパスすることが必須となります。

 

大同生命保険の成長・キャリア開発について

大同生命保険の入社時の研修は、非常に充実したものとなっており、未経験者でも、仕事に必要な知識を身につけることが可能です。

 

そのうえで、営業職であれば、代理店や契約者への対応・取引が一任されるなど、年次の浅いうちから、責任者として仕事を任されることになります。

 

結果として、嫌でも緊張感を持って、仕事に取り組むことになるので、個々の成長スピードは、かなり速くなりますし、先述した通り、昇格にも関わる資格試験や商品知識テストなどが定期的に行われているため、保険業界に関する知識を、常に最新の状態に保つことも出来ます。

 

営業職の場合、顧客として税理士や中小企業経営者と関わる機会が多くあり、日頃から、経営的視点で物事を考える思考パターンが磨かれるというのも、自己成長という観点から見た場合には、大きなメリットと言えます。

 

また、大同生命保険は、コンプライアンスに対する意識が高いので、法令遵守に対する理解を深めることも出来るというのも、魅力の一つです。

 

ちなみに、社内で違う職種に就いてみたいと思った時には、大同生命保険は、社内公募制を敷いている会社なので、試験を受けて合格すれば、異動することが出来ます。そのため、同じ会社にいながら、様々な職種の経験を積むことも可能です。

 

ワークライフバランスについて

大同生命保険の就労環境ですが、休みが取りやすく、残業が少ない支社・部署もあれば、休みが取りづらいうえ、毎日、遅くまで会社に残って働かなければいけないという雰囲気の支社・部署もあるなど、職場によって、大きな違いがあります。

 

会社としては、基本的には労働時間の削減を推進しており、パソコンを19時半に強制的にシャットダウンするといった対策が為されていますが、実際には、その後、パソコンを必要としない業務を行う、朝早く出社して仕事を行うなど、長時間労働が常態化している部署もあります。

 

また、営業職の場合、目標数字が達成していないと、休みづらい雰囲気があり、仕事を優先せざるを得ないという事情もあります。

 

元々、休みの際にも、クライアントからの電話連絡に対応しなければいけないなど、プライベートの時間が仕事に浸食されるような状況になっているので、プライベートの時間をしっかり確保したいという人にとっては、なかなか難しい面があります。

 

ただし、そうはいっても、営業として働いている人のなかにも、スケジュールをうまく調整して、しっかり休んでいる人はいるので、自分次第で、どうにかなるという側面もあります。

 

なお、営業職以外では、土日・祝日はカレンダー通りに休むことが出来ますし、大型連休もしっかりあるなど、休暇制度は充実しています。前述した、長時間労働が多い部署においても、この点は一緒なので、プライベートを充実させながら、働くことが出来ます。

 

また、大同生命保険は、社員のワークライフバランスを改善するための取り組みについては、継続して行っているので、今後は、もっと改善されていく可能性が高いです。

 

女性の働きやすさについて

大同生命保険は、子育て支援など一定の基準を満たした企業を厚生労働省が認定する『くるみんマーク』を得ているなど、女性が働きやすい環境作りに、力を入れている会社です。

 

当然、産休・育休・時短勤務といった、育児支援制度は充実しており、実際に取得している人が多いです。ちなみに育休については、子供が満3歳になるまで、取得可能となっていますし、時短勤務についても、子供が小学校2年になるまで、利用可能です。

 

有給の取得についても、育児中の社員を優先するなど、かなり配慮されているので、小さな子供を持つ人でも安心して働くことができます。

 

ちなみに、大同生命保険は、配偶者の転勤等にあわせて転勤を認める『ファミリー転勤制度』や、結婚・育児等を理由に退職した社員を再雇用する『ジョブリターン制度』を導入するなど、生活環境の変化に合わせて、社員が働き方を調整出来るようにしています。

 

現場の状況としては、女性も男性と同じように責任を持って働くことが出来ますし、実際に活躍している人も多いのですが、管理職に就いている女性はほとんどいないので、バリバリ働いて男性同様にキャリアアップを目指したいという人にとっては、物足りないかもしれません。

 

とはいえ、会社としても女性が管理職になれるよう、数年前に人事制度を改定するなど、環境は改善されつつありますので、今後は女性の登用も増えていくはずです。

 

大同生命保険の転職先としての価値

ここまで、大同生命保険の就労環境について様々な角度からお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。魅力を感じるところもあれば、嫌だなと感じる部分もあったかもしれません。

 

このあたりは、個人の価値観次第とも言えるので、自分が求めるものを満たしている職場なのかどうか、冷静に見極めたうえで、転職の判断を下すようにしてください。

大同生命保険の中途採用求人を扱っている転職会社

下記に、大同生命保険の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、判断に迷う時には、アドバイスを求めるのもアリです。プロの視点で、客観的に意見してくれるので、参考になるはずです。

 

その結論として、大同生命保険は違うという話になるかもしれませんが、その時には、他社の求人を紹介してもらうことも出来ます。

 

転職会社は、様々な企業の求人案件を保有しており、転職先に希望する条件等を伝えれば、それらの条件を満たす求人を、探し出してくれます。もしかしたら、大同生命保険以上に魅力的な会社が出てくるかもしれないので、興味がある人は、ぜひ調べてもらってみてください。