真空技術を基礎に、半導体、自動車、ディスプレイ、太陽電池、食品、薬品など、様々な分野に貢献し、発展してきた株式会社アルバック。海外拠点を含め、グループ50社以上、従業員数5,904名(連結)、創業60年を迎えた東証一部上場企業です。

 

株式会社アルバックの中途採用事情

 

真空機器事業を中心として、真空技術を用いた様々な製造装置の製造・販売・設置・保守を行っています。なかでもFPD(フラットパネルディスプレイ)分野の製造装置に関しては、モバイル機器や大型テレビの需要拡大に伴い、大きな成長を遂げています。

 

今後の成長が期待されるアジア圏でのシェア確保のため、中国・台湾・韓国・シンガポール・マレーシア・タイ・インドへ拠点を展開しており、現地での製造・販売も行っています。このため海外売上比率も高く、業績成長を続けています。

 

株式会社アルバックの中途採用事情

エンジニア採用では、工程設計、制御設計(電気・ソフト)、ソフトウェア開発、評価・検査、設備立ち上げ、社内インフラ開発(ソフト・ネットワーク)など、様々な求人が発生しています。管理部門においては、経理、財務、法務といった職種において、募集がかかることがあります。

 

どの求人においても、実務経験を必須としており、入社後は即戦力として働ける人材を募集していますが、経験年数については、特に縛りはありません。能力と主体性を評価して、仕事を任せる社風を持つ会社なので、興味のある求人が見つかったら応募してみることをオススメします。

 

中途採用の情報入手に関しては、まず公式サイト内のキャリア採用ページを確認することが一つ。
http://www.ulvac-recruit.jp/career/

 

もう一つは転職会社に登録して、募集が開始されたら連絡をもらうという方法ですが、こちらのほうが、より確実です。アルバックでは、中途採用に関しては、転職会社経由で募集をかけることが多いからです。

 

そのため、公式サイト上では、求人が掲載されていない場合でも、転職会社に問い合わせると、求人を紹介してもらえるというケース多くなっているからです。

 

アルバックのサイトを見て、求人が見当たらないからといって、『募集がない』と判断してしまうと、チャンスを掴み損ねることになるので、要注意です。

 

このページの最後に、アルバックの中途採用求人を扱う転職会社を数社リストアップしておきますので、参考にしてください。

 

なお、過去の中途採用の選考プロセスですが、書類選考後に採用部門との一次面接、役員との二次面接、その後、直近の役員会で採用決裁を経て内定、というプロセスになっています。(場合によっては、三次面接まで行うことがあります。)

 

株式会社アルバックの社員年収について

アルバックの社員年収について、いくつか具体的な例を挙げると、以下のようになります。

 

  • 真空装置の制御設計(電気・ソフト設計) 27歳 560万円
  • 真空装置の制御設計(電気・ソフト設計) 30歳 640万円
  • 技術 49歳 1100万円
  • 法務 30歳 610万円
  • 経理 27歳 520万円
  • 経理 30歳 600万円
  • 研究所 34歳 610万円
  • 知的財産部 29歳 450万円
  • 管理部 30歳 400 万円
  • 海外子会社 42歳 830万円

 

基本給は年功序列制の要素が強く、年齢ごとに基本給が設定されています。また、目標評価制度を導入し、成果主義に変わったため、評価ポイントとコミットした分が、別途給与に反映される仕組みになっています。

 

昇給に関しては、給与テーブルが定められており、テーブル内で年次ごとに昇給していきます。テーブルは5段階程度しかないため、昇給後5年以内に昇格しなければ、給与は頭打ちとなります。

 

ですが、ホウレンソウなど、当たり前のことをしっかりとやっていれば、標準評価は問題ありませんので、一定のポジションまで昇格することは難しくないでしょう。

 

そのうえで、高評価を目指すのであれば、自分のやりたいことを上司に進言して、周りを巻き込んで実現していく、積極性・自主性が必須となります。(課題・困難の解決に、リーダーシップを発揮出来るような人材は、アルバックでは高く評価されます。)

 

賞与は年2回支給され、賞与額は業績により決定されます。業績次第では賞与が支給されない年度もありますが、ここ数年は、基本給6ヶ月分と、安定して支給されているようです。通勤手当、残業手当、昼食補助、退職金制度、独身寮と、待遇面も充実しています。

 

成長環境について

人材育成の意識が高く、年齢、経験に関わらず、責任ある仕事を任せてもらえる風土があるため、やりがいを感じながら仕事を行うことができます。業務に関して1から10まで関わることが出来るため、幅広い知識・スキルを身につけることが可能です。

 

全体的には風通しが良く、積極的に若手の意見を聞くという土台があります。提案の内容が良ければ、プロジェクトとして採用され、そのまま担当者として抜擢されるなど、仕事を任せてもらえるケースが多いので、主体的に動ける人にとっては、働きがいのある職場です。

 

通信教育講座を会社の支援で受講することができるなど、人材育成については、総じて高い意識をもっている会社です。

 

ワークライフバランスについて

厳しい残業規制を敷いており、人事部・労働組合、双方が過重労働を監視しているため、週3回の定時退社日が設定されているなど、かなり残業時間は少ないです。

 

また、有休消化率100%を目指していることもあり、前もって有休を使用する旨を伝えれば、嫌がられることもなく、ほぼ希望通りに調整してもらえます。

 

技術職の場合、客先への納品設置、保守などで、長期出張や休日出勤が発生するなど、クライアントの意向に左右される面があります。

 

ただし、客先の都合により、業務を休日に行った際は、代休取得が可能なので、休みは確保出来ますし、出張手当も支給されるなど、給与面でも、しっかりフォローしてもらえます。

 

女性の働きやすさ

アルバックでは、女性管理職の数が徐々に増えるなど、女性にもキャリアアップの機会が開かれています。女性だからといって、そんな立場に立つことはないので、働きやすい職場と考えて間違いなしです。

 

女性特有のライフイベントへのケアもしっかりしており、産休・育休・時短勤務といった制度を、取得・申請しやすい雰囲気があります。もちろん産休・育休から復帰した社員へのサポートも万全なので、子育てとの両立がしやすく、長く勤めることが可能な職場です。

 

株式会社アルバックの転職先としての価値

ここまで、アルバックの就労環境について、様々な角度からお伝えしてきましたが、給与水準は決して悪くないですし、労働環境も整っているので、転職を目指すには良い会社です。

 

下記に、アルバックの中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社をリストアップしておきますので、具体的に、どんな求人が出ているのか、ぜひ確認してみてください。(社内事情に精通しているので、就労環境について、より詳しいことを教えてもらうことも可能です。)

 

なお、当たり前の話ですが、転職会社は様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人について確認することも出来ます。転職先に希望する条件を伝えれば、それらの条件を満たす会社の求人を探し出して、紹介してくれます。

 

もしかしたら、アルバック以上に魅力的な求人が出てくるかもしれないので、併せて問い合わせてみてください。

 

<アルバックの中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社>