フランス語が出来る人材に対する求人需要は著しく限られているというのが、日本の実情ですが、建築関連の仕事に関しても同様であり、求人を探すのは困難です。日本国内において業務を展開する企業、建築事務所などにおいては、当然フランス語の需要はありませんし、アフリカ等、フランス語圏に進出するゼネコンなども、必要としている語学は英語が第一です。

 

建築業界の要フランス語求人

 

フランス語の社内通訳、翻訳といった案件が出ていることもありますが、かなり稀であり、英語が出来る人材に対する需要のほうが、遙かに多いです。

 

これが現実なので、日本国内においては、フランス語スキルを活かせる仕事を探し出すのは難しいと考えてください。それこそ、フランスに渡るといったことでもしない限り、建築関係の仕事で、フランス語スキルを活かせる職場には就けないと思います。

 

こういったことを踏まえたうえで、どうしても求人を探してみたいということであれば、下記の転職エージェントに相談してみることをオススメします。どのエージェントも海外に積極的に進出している日系グローバル企業、及び外資系企業の求人の取り扱いに力をいれています。

 

JICAの国際協力プロジェクトに参加して、現地におけるインフラ建設工事を請け負っているゼネコンなどからの求人もカバーしており、そのなかでフランス語が出来る人材が歓迎されている案件が出ていることも、過去にはありました。

 

すぐに求人を紹介してもらえるとは限りませんが、一度求職者登録をしておけば、新規案件が発生した時には、すぐに連絡をしてもらえるので、情報源として活用することも可能です。登録料は無料なので、ダメ元で登録しておくことをオススメします。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

補足)英語力も重要

最後に、これは補足ですが、過去に出ていた建築関連の求人で、フランス語能力が求められる案件の場合、英語も出来るバイリンガルのほうが高い評価を受ける傾向が強く、英語というのが重要な要素となっていました。中上級程度(TOEIC700以上)でも、英語が出来れば、かなり有利なので、この点を頭にいれて、転職活動に取り組んだほうがいいです。

 

また、建築業界とは全く関連性がないのですが、フランス語を活かせる仕事という意味で、最近、何気なく需要があるのが、ゲームのローカライズです。日本製のオンラインゲームやソーシャルゲームをフランス語に翻訳するといった仕事ですが、どこのゲーム会社も全世界対応を進めているので、英語だけでなく、様々な言語に対する需要が発生しています。

 

ゲーム会社は業界的に業績が良いので、給与なども悪くありません。在宅勤務が可能な求人も少なくないので、地方の人でも大丈夫です。今現在、フランス語に対する需要が最も高い仕事の一つなので、興味がある人はチェックしてみてください。

 

上記にリストアップしたエージェントでも、こういった求人を扱っていますし、また、下記のエージェントはIT業界に強いので、やはりこういった案件を押さえています。