応募時にフランス語スキルが必須とされる求人案件というのは、IT業界においては、決して少なくありません。英語や中国語といった言語と比較すると、さすがに数は限られてきますが、それでも常時、一定数の求人が出ています。

 

IT関連の要フランス語求人

 

特に、海外営業、プログラマー・システムエンジニア(オープン・Web系)、ゲームエンジニア、ゲームローカライズ(翻訳)といった職種において、募集頻度が多くなっています。いずれも、ビジネスレベル、もしくはネイティブレベルのスキルが必須とされるので、フランス語を活かして働きたいという人にとっては、満足出来ると思います。

 

フランスを含む欧州、及びアフリカに進出している企業からの求人が中心となりますが、現地における新規事業開発、現地法人の事業管理・経営管理といった業務内容の案件も出ており、海外における事業立ち上げ経験、経営企画経験、マネジメント経験などがあれば、かなりの好条件(年収1000万円以上)が提示されることが珍しくないので、該当する人は是非チェックしてみてください。

 

なお、日本に進出しているフランス系ラグジュアリーブランドからの求人で、Webディレクター、Webマーケター、プログラマー、社内SEといったIT系ポジションの案件が出ていることもあります。フランス本社へのレポート等で、フランス語に対応出来る人材が募集されていますが、要求度はそれほど高くないので、フランス語スキルが若干劣る人でも大丈夫です。

 

このように、色々と選択肢が存在するので、自分が希望する条件に合う求人がないかどうか調べてみてください。下記に、フランス語が必須スキルとされる求人案件の取り扱い数が多い転職エージェントをリストアップしています。IT業界絡みの求人もカバーしているので、こういったエージェントに相談してみるのもオススメです。

 

彼らは転職のプロなので、あなたにあった求人を探し出して、紹介してくれます。手間が省けて便利ですし、興味がある仕事がみつかれば、年収等、条件交渉を代行してもらうことも出来ます。中途採用の場合、転職時の給料というのは、後々まで響いてくるので、かなり重要です。

 

そういった意味でも、交渉に長けているエージェントを活用するというのは賢い選択肢と言えます。積極的に利用してください。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

高年収のハイクラス求人専門の転職エージェント。即戦力とみなされるだけの高い専門スキルを持つプロフェッショナル人材の転職支援に特化しており、フランス・アフリカに進出している日系IT企業からの求人案件についても、常時扱っています。

 

海外営業、事業開発、経営管理といった職種におけるマネージャークラスの求人が中心となっているので、実務経験、フランス語スキルに加えて、マネジメント経験も必須条件となってきます。ビジネスレベルの英語力が求められるケースも多いです。

 

また、ビズリーチは海外事業拠点の経営幹部(社長、執行役員)を募集する求人の取り扱い数も多いので、このポジションの案件を探している人は、是非一度連絡を取ってみてください。

 

なお、ビズリーチでは、ゲーム会社からの求人も押さえており、フランス語スキルが関連する案件としては、ランゲージリード(翻訳のディレクション、納品物のチェック、エディット)の求人が出ています。

 

 

JACリクルートメント

日系グローバル企業、外資系企業専門の転職会社。語学が得意な人材を募集する求人案件の取り扱い数が多く、フランス語のスキルを有する人材を募集する求人についても、扱っていることがあります。

 

フランスのラグジュアリーブランド、メーカー(自動車、製薬、機械など)や、フランス国内に進出している日系メーカーからの求人が中心となりますが、フランス語のスキルが絶対条件というわけではなく、『フランス語が良ければ、尚良し』ということでの募集となります。

 

語学に関しては、英語のほうが重要視されていますが、日本語・英語・フランス語の3カ国語に対応出来るのであれば、採用プロセスにおいて、武器になること間違いなしです。

 

募集対象となる職種は、多岐に渡りますが、そのなかでも、営業(国内・海外)、サービスエンジニア、セールスエンジニア、マーケティング、薬事、臨床開発、財務、調達購買、人事といったものだと、求人の発生頻度が高くなっています。

 

なお、求人数自体は限られたものとなりますが、特殊な事例で、アフリカにおいて、事業を展開するゼネコンや建設会社、測量会社などから、募集がかかることがあります。

 

フランス語圏の国を相手にしているため、フランス語のスキルが必須ということになります。駐在を前提としての採用となる案件もあるため、興味がある人は要問い合わせです。

 

なお、これは、全ての求人に言えることですが、該当業務に関して、最低でも2~3年程度の実務経験がないと、採用されるのは難しいと考えてください。(フランス語、英語といった語学だけでは通用しないので、未経験者だと、かなり厳しいです。)

 

リクルートエージェント

9万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。語学が得意な人材の転職支援に力を入れており、フランス語が出来る人材を募集するIT企業からの求人についても、多数保有しています。

 

アフリカ、フランスに営業拠点を置くITソリューション企業、システム開発会社、通信インフラ会社からの求人が中心です。海外営業、海外事業企画、経営企画、エンジニア(オープン・Web系)といった職種の案件が多くなっています。また、これらの業務を統括するマネージャー(課長・部長待遇)の募集案件も扱っています。

 

いずれも、該当業務に対する実務経験とビジネスコミュニケーションに支障がないだけのフランス語スキルを有していることが採用条件となっています。また、ビジネスレベルの英語力も必須条件に加えている求人も少なくないので、語学に関してはハードルが高くなっています。

 

将来的にフランス、アフリカに駐在することが想定されている案件もあるので、海外勤務に興味がある人は要問い合わせです。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

アージスジャパン

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。高級消費財業界の求人を得意としており、フランス系ラグジュアリーブランドの日本法人からの求人案件を常時扱っています。仏語関連の求人としては、社内SEの求人のなかで、フランス語のスキルを持ち合わせている人材を募集する案件が出ています。

 

ただし、語学に関しては、英語がメインとなり、フランス語に関しては補助的な位置づけとなっています。業務内容としては、ERPシステムの導入・管理・社内ユーザーサポートなどを担当するものとなっています。

 

AXIOM

経営能力を有するリーダー層の転職支援サービスに特化している人材紹介会社。アフリカ、欧州に事業拠点を構える日系ITソリューション企業からの事業開発マネージャー募集案件を扱っています。

 

現地における市場調査・分析、事業企画立案・推進、ビジネスパートナー開拓・アライアンス管理、営業企画立案・推進といった業務を統括することになり、海外における事業立ち上げ経験・事業管理経験を有している人材が募集されています。(ITに関連しない業界での経験も可となっています。)

 

語学に関しては、ビジネスレベルの英語とフランス語が必須とされています。入社後、一定期間は日本本社勤務となり、出張ベースで対応、その後、現地に赴任するといった流れとなります。

 

クリエイティブビレッジ

クリエイターの仕事に関連するお役立ち情報、求人情報をまとめて掲載しているポータルサイト。求人に関してはWeb業界、ゲーム業界、映像業界、アミューズメント業界、広告・出版業界からの案件を押さえており、転職支援サービスを受けることも可能となっています。

 

海外向けゲームのローカライズにおける品質管理、コーディネーション業務を担当するランゲージリードの求人が出ています。様々な言語に対応出来る人材が募集されており、そのなかにフランス語も含まれています。

 

ゲーム会社におけるローカライズ実務経験、もしくは日本語→フランス語の翻訳経験が1年以上あることが応募条件となっています。