NTTドコモの中途採用事情

 

携帯電話等の無線通信サービスを提供するNTTドコモ。言わずと知れた、日本電信電話株式会社(NTT)の子会社であり、かつ、日本最大手の移動体通信事業者です。日本国内の携帯電話市場におけるNTTドコモのシェアは約45%となっており、契約台数は7千万台を超えています。

 

(ソフトバンクやauに押され気味の印象を受ける人もいるかもしれませんが、それでも、まだまだ、高いシェアを維持しています。)

 

現在は第3世代・第3.5世代携帯電話「FOMA」と、LTE方式の第3.9世代携帯電話「Xi」、第4世代携帯電話「PREMIUM 4G」の運営サービスを主軸として、衛星電話やインターネットプロバイダ事業も展開しています。

 

また、NTTドコモは、そういった通信分野だけでなく、教育・金融・医療・農業・広告・コンサルティングなど、様々な業種に、ビジネスフィールドを広げている多角企業でもあり、様々な分野において、NTTドコモは人材採用を積極的におこなっています。

 

ただし、中途採用については、常時募集がかかっているわけではないので、NTTドコモへの転職を目指すのであれば、少ないチャンスを的確にモノにすることが重要です。

 

このページでは、NTTドコモの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与体系、社内の就労環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

NTTドコモの中途採用求人の傾向

これまでの中途採用求人の実績としては、営業、マーケティング、技術開発、サービス開発、テクニカルサポート、コールセンターオペレーター、総務、経理財務、広報、人事、法務など、事務系・技術系を問わず、様々な職種を対象に、求人が発生しています。

 

ただし、繰り返しになりますが、今のところ、NTTドコモは新卒採用をメインとしており、中途採用求人の発生頻度は少ないので、気になる求人が見つかったら、問い合わせるなり、応募するなり、すぐに行動に移すことをオススメします。

 

求人情報の入手方法

求人情報の入手方法ですが、NTTドコモの公式サイト内にある採用情報ページにおいて、現在、募集がかかっている求人の一覧について、確認することが出来ます。
https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/recruit/

 

また、中途に関しては、転職会社経由でも募集がかけられることがあるので、そちらに問い合わせることでも、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職会社、どちらでも、入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、様々な企業の求人案件を扱っているので、NTTドコモだけでなく、他社の求人のことについても知りたいという時には、まとめて情報を教えてもらえるので便利です。

 

また、転職会社の場合、一度、求職者登録(会員登録)をしておけば、その後、自分が希望する条件に合致した求人が、新規で発生した時に、その都度、リアルタイムで通知してもらえるので、情報源としても活用出来ます。

 

NTTドコモのように、求人の発生頻度が少ない会社への転職を目指す時には、かなり助かります。このページの最後に、NTTドコモの中途採用求人を扱っている代表的な転職会社をリストアップしておきますので、今のうちに登録しておくことを、オススメします。

 

NTTドコモの社員の年収・給与制度について

NTTドコモに勤務する社員の給与水準ですが、職種別に、年収事例を挙げると、以下のようになります。

 

  • 営業 25歳 年収450万円
  • 営業 30歳 年収650万円
  • 営業 36歳 年収900万円
  • 営業 主査 32歳 年収800万円
  • 営業 課長 35歳 年収900万円
  • 経営企画 27歳 年収400万円
  • 経営企画 30歳 年収700万円
  • サービス企画 課長 40歳 年収1100万円
  • 研究開発 25歳 年収500万円
  • 研究開発 29歳 年収700万円
  • 研究開発 30歳 年収700万円
  • 研究開発 35歳 年収800万円
  • 技術 33歳 年収700万円
  • 技術 課長 38歳 年収1000万円
  • 経理財務 30歳 年収700万円
  • 経理財務 35歳 年収800万円
  • 経理財務 40歳 年収1000万円
  • SE 27歳 年収520万円
  • SE 29歳 年収700万円
  • ネットワークエンジニア 30歳 年収600万円
  • ネットワークエンジニア 係長クラス 38歳 年収800万円
  • マーケティング 26歳 年収500万円
  • マーケティング 30歳 年収650万円以上
  • 人事 26歳 年収400万円
  • 人事 30歳 年収800万円

 

NTTドコモの給与制度は、毎月の基本給に加えて、年2回の賞与が支給されるというオーソドックスなものとなっており、給与水準は一般的な企業と比較すると、やや高めです。

 

ボーナスについては、1回につき基本給の約2.5か月分に加えて、業績に応じた額が支払われていますが、昇格して、ポジションが上がるごとに、業績に応じて加算される金額の割合が、増える仕組みとなっています。

 

上級職になればなるほど、実績主義(実力主義)になると考えれば、分かりやすいでしょう。

 

昇給は年1回あり、人事評価に応じて、昇給額が決まることになります。一般社員の場合、平均的な評価であれば3000円程度、最も良い評価であれば1万円程度、昇給します。

 

ただし、NTTドコモは年功序列の傾向が強く、同等の職級であれば、収入差は、殆ど生じません。また、目覚ましい実績を挙げたからといって、年次を超えて昇格していくということはないので、急激な給与アップもないと、あまり期待しないほうがいいです。

 

とはいえ、先ほども触れたように、NTTドコモは、給与水準自体が高いので、あまり不満を感じることはないでしょう。(社員の納得度は高いです。)

 

また、NTTドコモは大企業だけあって、福利厚生が、かなり充実しています。基本的な社会保険が完備されているのはもちろんのこと、財形貯蓄制度や退職金制度、住宅補助や社宅、保養所や提携のスポーツ施設なども、用意されています。

 

社宅については、45歳までの社員が利用可能ですし、借り上げとなる場合には、3万円~5万円の住宅補助が出ます。転勤に伴う引っ越し費用は、会社が全額負担してくれますし、単身赴任となった場合には、家族のもとへ帰るための交通費が、半年で9回分、支払われます。

 

また、カフェテリアプランも用意されており、人間ドックや脳ドック、財産形成貯蓄活用給付金や育児支援サービスなど、自分のライフスタイルに合わせて、好きなものを、自由に選択することが出来ます。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職の給与額や、これまでの実績などを加味して、基本給が算出されることになりますが、交渉次第で数字が変わってくるという要素もあります。

 

そのため、NTTドコモからの提示額に納得がいかない時には、そこで妥協するのではなく、しっかりと自分の希望条件を伝えて、交渉するようにしてください。中途半端に受け入れてしまうと、その条件が後々まで、自分の待遇に影響を与え続けることになるので、要注意です。

 

こういった条件交渉が苦手ということであれば、前述した転職会社に代行を依頼することを、オススメします。彼らは転職のプロなので、この手の交渉事に慣れており、うまく話を進めてくれます。

 

転職会社に任せてからといって、必ずうまくいくとは限りませんが、少なくても、交渉ベタな人が、無理に自分で進めるよりも、良い結果に落ち着くことは間違いないので、最初から一任してしまったほうが賢明です。

 

NTTドコモのモチベーション・評価制度について

NTTドコモでは、業績評価が年2回、総合評価が年1回行われるようになっています。業績評価は仕事の成果のみを基準に評価を行い、その結果は、その次のボーナス、及び、その後6か月間の給与に反映されます。

 

一方、総合評価は、仕事の成果だけでなく、仕事に取り組む姿勢も評価の対象となるなど、プロセス評価の要素が、入ったものとなります。総合評価の結果は、基本給に反映されますし、また、昇格にも影響するようになっています。

 

具体的な評価の流れとしては、定期的に面談を行って、その場で、目標の設定、及び、その目標の達成度合いを確認、その内容を踏まえて、上司が査定を下して、その結果をもとに、人事部で最終査定を行うというものとなります。

 

ただし、このなかで、最も影響力があるのは、直属の上司の査定であり、彼らの意向は、そのまま反映されるといっても、良い状況となっています。

 

そのため、NTTドコモで良い評価を得るためには、ただ真面目に仕事をしているだけでなく、普段から上司としっかりとコミュニケーションを取って、上司の期待に添うパフォーマンスを残すことが必要不可欠です。

 

また、NTTドコモには、公務員のような、役所的な風土が残っており、学歴、勤続年数などが、出世に影響するといった慣習が消えていないので、その点は頭に入れておいたほうがいいでしょう。

 

(実力勝負の世界を好む人にとっては、不満を感じる機会が、あると思います。)

 

ちなみに、NTTドコモでは、複数名のチーム単位で業務を遂行することが多いこともあり、協調性が高い人のほうが、高評価を得やすいです。

 

NTTドコモの成長環境・キャリア開発について

NTTドコモは、社内研修は非常に充実している会社です。強制参加ではありませんが、積極的に参加するよう、推奨されており、自分の業務やキャリアプランに沿った研修であれば、ほぼ希望通りに、参加が認められます。

 

通信教育のメニューも豊富に用意されているので、研修に参加する時間が取れないということであれば、こういった制度を利用して、自宅で勉強するというやりかたも可能です。(受講費用は無料ではありませんが、会社からの補助があるので、少ない負担で利用出来ます。)

 

ほかにも、国内外のグループ会社で1年間のOJTトレーニングが経験出来たり、海外へのMBA留学のチャンスがあったりと、NTTドコモ以外でキャリア開発が出来る機会も多々、用意されています。(こちらは、公募制となっており、試験や面接などで、対象者が選別されます。)

 

キャリアパスという観点で見た場合には、NTTドコモでは、3年に1度のサイクルで、部署を異動する仕組みになっており、専門性を高めるというよりは、幅広く様々な仕事を経験するという形になります。

 

一つのことに集中したいという人にとっては、魅力を感じない制度かもしれませんが、定期的に、新しい業務に取り組めるので、仕事に飽きない、嫌な人間関係でずっと悩まなくて済むといったメリットがあり、社員からは、おおむね好評のようです。

 

ちなみに、自分が理想となるキャリアプランがある場合、人事部や上司に相談することで、そのキャリアを実現出来るように、人事異動を考慮してもらえるので、意味も無く、ローテーションを強制されるというわけではないです。

 

ワークライフバランスについて

NTTドコモの就労環境は良好です。週に1~2日、定時退社デーが設定されていますし、月間の残業時間についても、上限がしっかりと管理されています。

 

有休についても、付与された休暇をすべて取得することが推奨されており、仕事の配分やスケジュール調整さえ、うまくいけば、希望通りに取得することが出来ます。

 

実際に、NTTドコモにおける、有休取得率は90%以上と高いので、ワークライフバランスを重視する人にとっても、まず満足出来る環境です。

 

ただし、仕事の量自体が少ないわけではないので、あくまでも、自分の仕事をこなしていることが、前提の話となります。

 

また、休む際には、その間、同僚に自分の仕事をカバーしてもらう必要があるので、日頃から周囲の人間とコミュニケーションを取って、お互いにフォローしあえるような、協力関係を築いておくことも大きなポイントとなります。

 

なお、NTTドコモでは、フレックス勤務が採用されているので、勤務時間については、自由に調整出来ます。

 

残業に制限がかかっているので、生産性や業務効率を上げて働くことは求められますが、そこをクリアしていれば、かなり自由に働ける職場と考えてください。

 

女性の働きやすさについて

NTTドコモには、女性社員が多く、女性にとっては、働きやすい環境が整っています。女性も男性と同様に仕事を任され、平等に評価されていますし、会社として、女性の活躍を促進することに力を入れており、昇進のチャンスも多いです。(管理職に占める女性の割合は高いです。)

 

コンプライアンス重視の意識も強く、研修等もしっかりとされているため、管理職の人たちの間には、部下を平等に扱うという意識が根付いているので、女性ということで、働きにくさを感じるような場面は、まずありません。

 

産休・育休・時短勤務といった育児支援制度も整っており、実際に産休・育休を取得したうえで、復職して、時短勤務で働いている人が多いです。

 

なお、時短勤務に関しては、8時から14時半まで、10時から16時まで等、個別に勤務時間の調節が可能なので、保育園の送り迎え等の都合に合わせて、設定出来ます。

 

また、時短勤務のほかにも、日数に制限はありますが、在宅勤務が認められていますし、急な予定が入った時に、勤務時間をずらすことが出来るスライドワーク制度などもあるので、仕事と子育を、しっかりと両立出来ます。

 

ちなみに、先ほど、有休の取得が推奨されていると書きましたが、補足すると、1時間単位で休めるので、保育園や学校の用事などにも、問題なく対応しやすく、ここも、ワーキングマザーにとってありがたいポイントの一つと言えます。

 

一方、注意点としては、男性と同様に、女性も遠方への転勤が命じられる可能性があり、ここは、既婚者だからといって、免除されることはないので、状況によっては、やむなく退職する人がいるということは、覚えておいてください。

 

NTTドコモの転職先としての価値

NTTドコモは、ずば抜けて給与が良いというわけではありませんが、日本の会社のなかでは、間違いなく上位に入る企業であり、かつ、福利厚生の充実度は抜群なので、待遇面において、不満を感じることは、まずないでしょう。

 

休みが取りやすい、残業が制限されているなど、就労環境も良好なので、ワークライフバランスを大切にする人にも、オススメ出来る会社です。

 

一方、マイナス面を挙げるとすれば、人事については、年功序列の要素が色濃く残っており、かつ、学歴なども影響するので、大きな実績を上げたからといって、それだけで、人並み以上に、昇給・昇進出来るということはありません。

 

そのため、自分の実力で勝負して、その結果に相応する見返りを得たいと考える人にとっては、物足りないと思います。

 

また、3年ごとに、所属部署が強制的に異動となるなど、ゼネラリストを育てる意識が強い会社なので、スペシャリストを目指している人にとっては、ここも満足出来ないところだと思います。

 

もちろん、これらは善し悪しで、ポジションが安定している、色々な仕事をこなして、幅広い経験を積むことが出来るなど、見方によっては、長所にもなることです。

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らし合わせながら、NTTドコモの転職先としての価値を判断するようにしてください。

 

最後に、NTTドコモの中途採用求人を扱っている、代表的な転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うところがあれば、一度相談してみることを、オススメします。客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらって、比較してみるのもアリです。比較することで、NTTドコモの価値が、より明確になりますし、もしかしたら、NTTドコモ以上に、魅力を感じる会社と出会えるかもしれません。

 

転職先を決める際には、転職会社は何かと頼りになる存在なので、うまく活用してください。

 

<NTTドコモの中途採用求人を扱う転職会社>

 

※補足
NTTドコモの場合、中途採用の求人が少ないので、自分が希望する職種・ポジションで、募集がかかっていないケースもあり得ますが、その時には、他社の求人で、似たようなものがないかどうか、探してもらってください。

 

一つの会社に、こだわりすぎると、転職のタイミングを逃します。今は、売り手市場であり、好条件の求人が見つかる可能性が高いだけに尚更です。ぜひ、視野を広くして、転職活動に取り組むようにしてください。