パラリーガルとは

パラリーガルというのは、弁護士の監督のもとに法律的知識を活かして、法務業務を行う人を指します。リーガルアシスタントとも呼ばれています。

 

弁護士と違い、顧客に直接的なアドバイスをすることは出来ませんが、訴訟手続きのための書類作成や顧客のための資料作りなど、法律的なことに突っ込んだ仕事を行うことになります。

 

パラリーガルの求人

 

リーガルアシスタントという名のように、弁護士のアシスタントとして実務的な作業を全て行うことも珍しくありません。

 

<パラリーガルの業務範囲>

  • 顧客管理
  • 法律のリサーチ
  • 依頼案件の調査分析
  • 訴訟書類準備
  • 契約書、法律文書のドラフト作成

 

日本ではアメリカと違い、訴訟の案件数が少ないため、民事訴訟関連では、あまりパラリーガルの需要がありません。それよりも、資本取引やM&Aといった企業法務に対する需要が高くなっています。

 

パラリーガルになるには?

 

パラリーガルは弁護士と違い、資格なしで働くことが出来ます。ただし、法律に関する高度な知識が必要となるため、専門教育を受ける必要があります。(独学でパラリーガルに必要な知識を身につけるのは、厳しいです。)

 

アメリカだと、パラリーガルの養成講座を開講しているスクールが多いのですが、日本ではそこまでは環境が整っていないので、ロースクールや資格スクールの専門講座に通って勉強する必要があります。

 

資格スクールだと、LEC東京リーガルマインドが講座を開講しています。
http://www.lec-jp.com/paralegal/

 

こういった講座もあります。
http://www.paralegal-web.jp/03_summary/

 

パラリーガルの就職・転職事情

 

実際のところ、パラリーガルという仕事に就ける可能性はどれくらいあるのでしょうか?

 

新卒であれば、法学部法律学科卒でポテンシャルが高く、英語力があれば高い確率で採用されると思います。

 

中途採用の場合、パラリーガルとしての実務経験が問われます。未経験でも可という求人の場合は、金融、不動産業界などの出身者、ビジネスレベルの英語力(TOEIC920点以上)、ある程度の法律知識がある人が有利になってきます。

 

ただし、これも20代の人に限定した話であり、翻訳担当のパラリーガルを除いては、30代で実務経験がない人がパラリーガルへ転職するのは、ほぼ不可能でしょう。

 

未経験者の場合、どんな職種でもいいので、金融・不動産業界で働きながら、上記のような講座を利用して法律知識を身につけるというのがキャリア戦略になってきます。

 

パラリーガルとしての勤務先

 

パラリーガルというと、法律事務所で働くイメージが強いかもしれませんが、不況の影響もあり、法律事務所の求人は年々、少なくなっています。

 

その反面、冒頭でも触れたように、企業法務部の求人が増えてきており、働き場所としては、こちらのほうが現実的な選択肢となっています。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

パラリーガルの求人に強い転職支援会社ベスト3

様々な業種・職種の求人を幅広く扱っており、数としては少ないパラリーガル向けの募集案件についても、常時カバーしています。特に、東京・大阪といった大都市圏であれば、いつでも何らかの求人を紹介してもらえるので、一度、連絡を取ってみてください。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。高い専門性を持つプロフェッショナルを募集する求人の取り扱いに力を入れているため、パラリーガル向けの求人についても、紹介してもらうことが可能です。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。企業法務関連の求人案件の取り扱い数が多い会社なので、要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。パラリーガルを募集する求人についても、常時、複数の求人を確保しています。

コメントを残す

このページの先頭へ