【年齢別】商社への転職戦略と成功確率

商社への転職に成功するために求められる条件は、年齢とともに変わってきます。年齢が上がればあがるほど難しくなるので、本気で商社へ転職したいのであれば、若いうちから準備を進めるべきです。

 

このページでは、年齢別に転職の可能性や条件をまとめてみます。

 

年齢別の商社への転職戦略

 

25歳まで

 

20代前半であれば、中途採用のハードルが高い商社であっても、ポテンシャル採用(未経験者、第二新卒)で採ってもらえる可能性があります。

 

25歳までであれば、業界と職種を同時に変えるような転職が可能ということですね。ただし、どんな業界であったとしても、業務経験を積んでいることが条件です。言うまでもないことかもしれませんが、フリーターやアルバイトで働いていますではダメなので、そこは勘違いしないようにしてください。

 

この年代であれば、資格を取得したり、独学で勉強して知識やスキルを身につけることが高く評価されるので、自己投資をするのも転職成功の確率を高めることにつながります。

 

25〜28歳

 

25歳を過ぎると、業界と職種を同時に変えることが難しくなってきます。ただし、弁護士や社労士、会計士といった専門性の高い資格を取得していたり、有名校でMBAの学位を取るなどすることで、転職が可能になることもあります。

 

28〜32歳

 

30歳前後になってくると、さすがに業界と職種を一度に変えるのは難しくなってきます。商社の仕事のなかでも、今までの職歴とかぶるようなことでなければ、転職の可能性は薄くなります。

 

今まで、営業の世界で働いてきたのであれば、商社でも営業マンの求人に申し込む、飲食業界で働いてきたのであれば、食品を扱う部署の求人案件に申し込むといったことが必要となってきます。

 

ここがぶれなければ、資格も武器になります。たとえば、今まで自動車業界で営業の仕事をしてきたけど、会計士の資格を取ったという人であれば、自動車関連の事業を運営する事業部で、財務や経理の仕事に転職するといったことも可能になってきます。

 

32〜35歳

 

32歳を超えると、即戦力としての採用となるため、資格や学歴ではなく、実務経験と実績が求められることになります。実績がなければ採用されることはないですし、ましてや経験がない仕事に転職することは100%不可能です。

 

転職すると今の会社に伝えたとき、『君がいなければ困る』と引き留められるぐらいの人材でなければ、商社へ転職するのは難しいと考えてください。

 

ですから、こんなふうに言われるだけの実績を今の仕事で出すことが大前提となってきます。

 

35歳以上

 

35歳を超えると、マネジメント能力が問われます。一般的に、どこの企業でも35歳前後で係長になり、その後、課長・部長と昇進していくことになります。 そのため、35歳を超えた転職では、管理者としてのスキルが重要な要素となってきます。

 

もしくは、何か特別な専門性を持っていれば、その分野のスペシャリストとしての能力を買われて、採用されることもあります。

 

ですから、35歳以上の年齢での転職を考えているのであれば、マネージャーとしての能力を伸ばして実績を出すか、武器となるスキルを見極めて、誰にも負けないくらい専門性を磨いていくかのどちらかが必要となります。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

商社の求人に強い転職支援会社ベスト3

いずれも、外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、商社からの求人についても得意としており、情報源として最適です。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。総合商社、及び、そのグループ会社からの、管理職・役員クラスの求人案件を多数保有しています。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。総合商社、専門商社、いずれの求人も押さえています。フランスなど、欧州資本の商社(流通企業)からの求人を扱っている頻度も高いです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。商社の求人についても、一通り押さえています。海外勤務を前提とした採用となる求人も多いです。

コメントを残す

このページの先頭へ