面接に通る確率をアップさせるための転職エージェント活用法

外資企業へ転職することを考えているのであれば、様々な事例を見てきた転職エージェントの協力を得ることが重要です。日本企業とは人材採用の基準が異なっているため、実情を知らないと面接に失敗してしまう可能性があります。

 

転職エージェント

 

一例をあげると、自分から積極的にスキルをアピールするといったことです。日系企業の基準だと、押しが強すぎてマイナスと評価されるぐらいの積極性がないとダメですが、これは日本人の想像以上なので、自分の経験を軸に判断してしまうのは危険です。

 

そのため、担当の経験豊かな転職エージェントからアドバイスを受けることが重要です。同時に、十分な打ち合わせをして、自分の経歴の再確認や、キャリアプランの作成を行っていくことも必須です。

 

転職エージェントは、そのビジネスマンに合った情報を提供できるように、常に外資企業の雇用状況について把握しています。キャリアアップのための具体的な計画を立てる段階から、多岐にわたるアドバイスをもらえるので、早めに問い合わせをするほど有利に動けます。

 

自分だけでは気がつかなかった部分を修正すれば、希望する外資企業へ転職できる可能性、それだけ高まります。

 

履歴書の作成に関するアドバイスも重要

外資の面接では、日系企業以上に履歴書が重要です。業界ごとにまとめるべき項目、PRポイントが違ってきます。適切な表現、文体というのも、業界ごとに特徴があります。

 

非常に細かいので、自分一人でPR力が高い書類をまとめるのは、まず不可能ですが、転職エージェントにチェックしてもらうことで、人事担当者に好まれる魅力的な書類に仕上げることが出来ます。面接に成功した事例を数多く知っているので、的確なアドバイスをもらえます。

 

面接時における第一印象が変わってくるので、大きな武器となります。なお、履歴書は、何度も書き上げるほど洗練されていきます。エージェントも、このことを知っているので、何度も書き直しを指示されると思いますが、面倒がらずに取り組んでください。

 

逆にあっさりOKを出すようなエージェントは、手を抜いている可能性が高いので、注意してください。その時には、他のエージェントにもコンタクトしてチェックしてもらってください。

 

条件交渉の方法についても確認しておく

もう一つ、事前にアドバイスを受けておきたいのが、面接時の条件交渉についてです。外資の場合、給与や労働条件については、企業と社員が交渉して決めることになります。面接時において、既に企業から条件提示がされているはずですが、これが決定事項というわけではありません。

 

面接時の交渉次第では、より好条件での雇用契約を勝ち取ることが出来ます。そうはいっても、日本人はこういった交渉に慣れていないので、下手をすると印象を悪くするだけで終わってしまいます。

 

幾ら、自分の要求することが正当なことと言っても、伝えるべきタイミングというものがあります。企業側にあなたの実力を認識させる前に、給与条件の話をしても相手にしてもらえません。交渉スキルがない人間と思われ、評価が下がる可能性もあります。

 

かといって、自分の要求を伝えないままでは、仮に採用が決まったとしても、不満足な結果になってしまいます。

 

このあたりは微妙なさじ加減が要求されます。企業の体質や現在の業績、人材の確保状況についても、交渉の方法が違ってくるので、事前に転職エージェントと相談しておくことが賢明です。

 

  • どれくらいの条件までなら要求出来そうか
  • どのタイミングで伝えるのがベストなのか

 

こういったことについて、アドバイスを受けておいてください。なお、こういった交渉自体が、自分の実力をアピールする場となります。自分を高く売り込める能力がある人は企業からの評価が高くなるので、遠慮せずにPRしてください。

 

非公開求人について確認しておく

最後に、これは補足事項ですが、即戦力の人材を求めている外資企業というのは、求人を一般公開していないケースが少なくありません。いわゆる非公開求人ですが、実績豊富な転職エージェントでなければ、こういった非公開求人にアクセスすることが出来ません。

 

ですから、エージェント選びを間違えると、魅力的な転職案件に出会えないという危険性があります。出来るだけ、実力のあるエージェントから紹介してもらうことが重要ですが、エージェントの実力を事前に把握するのは難しいというのが正直なところです。

 

そのため、転職先を探す時には、複数のエージェントを利用するようにしてください。こうやってエージェント同士を比較検討することで、実力のあるところが見えてきます。

 

外資企業への転職に成功する人というのは、最低でも10社以上のエージェントに声をかけています。手間がかかることではありますが、自分の一生を左右することですから面倒がらずに取り組んでください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

 

大使館・領事館の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ